ジャズとレコードとオーディオと

音楽を聴く。人によって好みが分かれるでしょうが、このブログでは主に女性ジャズボーカルを紹介させていただきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

SILVIA TELLESの3番目のアルバム

2012年02月11日 | 女性ボーカルT
BRAZIL)PHILIPS/P-630.419 L/SILVIA TELLES/AMOR EM Hi-Fi/1960年
今日は昼ご飯たべてからボサノヴァを色々と聴いている。ところで以前は女性ボーカル主体にブログ記事をアップしたがここしばらく女性ボーカルが途絶えてしまった。が本当に久し振りの女性ボーカルの記事になる。僕自身しばらく女性ボーカルから離れていたのでボーカル盤をアップしようという新しい意欲が湧かなかった為だが、本アルバムは最近時々お邪魔している大阪の廃盤店へ立寄った時にインスト関係を見てコレッというのがなかったので、首を巡らしてブラジル・コーナーを見ると最初に目にとまった1枚のアルバム。アレなんでこんなのがあるのと少し驚きもした。ブラジル盤ORIGそれもSILVIA TELLESのが有るとは予想もしてなかったものだから。こういう嬉しい誤算というか出会いがあるからレコード店巡りはやめられない。レコードを手に取り一応試聴して購入するかどうか決めようと思った。自分でいうのも気恥ずかしいが以前であれば僕が試聴するはかなり珍しかった。試聴すると購入を躊躇ったりして買わずに数年して後悔するという事が多かったから試聴もせず入手するようにしていた。が最近は試聴する事にしている。というのもボーカルはかなり所有しているのでただ珍しいから集めるのは置き場所にも困るし最近はできるだけ気に入ったアルバムしか買わないように努めている。それでターンテーブルに乗せてもらった。聴き始めて数秒で入手しようと決めた(笑)アルバム。彼女のアルバムを僕のブログで取り上げるのは多分これで3回目。最初は'07年4月29日のSYLVIA TELLES、そして2回目が’'08年9月7日のSILVIA TELLESの10inchですが、SYLVIAだったりSILVIAだったりブラジルでも姓名判断でもあるのかという感じです。ジャケ写真を眺めると彼女の若々しさが溢れてますねぇ~太ももあたりに・・(失礼しました)。
本アルバムは12インチとしては彼女の3枚目となるアルバム。10inchから数えると4枚目のLPという事になる。1958年のSILVIA、1959年に出たAMOR DE GENTE MOCAの翌年'60年に録音なったのが本アルバム。SILVIAは未聴だがAMOR DE GENTE MOCAよりお気に入りだ。ボサノヴァ主体の彼女のアルバムの中でもよりジャズ味が混在されているアルバムだと思う。B面に収録されているDINDIはよく知られている事だがこのDINDIは彼女のPET NAME(愛称)で、彼女の恋人だったジョアン・ジルベルトがそう呼んでいた。
収録曲は最下部に列記したがA面最初のSANBA TORTOを聴いただけでそのカワイイ声に悩殺されて聴いた誰もが入手を決めてしまうんじゃないかと思いつつ自己満足している僕。英語メドレーで歌われるALL THE WAY~THE BOY NEXT DOOR~THEY CAN'T TAKE THAT AWAY FROM METHEも軽快で楽しめる。CORCOVADOはもちろん聴いて欲しい1曲だしTETEも情感を感じる1曲。A面最後のSE E TARDE ME PERDOAは明るいで軽快な1曲でいかにも太陽輝くブラジルのボサノヴァっていう感じがお気に入りで聴けば心が明るくなる。B面-4のカルロスジョビンの大ヒット曲SAMBA DE UMA NOTA SO(One Note Samba)やしっとりと歌われるPOR CAUSA DE VOCEもお気に入りであります。

収録曲A面/1,SAMBA TORTO/2.ALL THE WAY/THE BOY NEXT DOOR/THEY CAN'T TAKE THAT AWAY FROM ME/3.CORCOVADO/4.TETE/5.SE E TARDE ME PERDOA/B面/1,.CHORA TUA TRISTEZA/2,DINDI/3,OBA-LA-LA/4,SAMBA DE UMA NOTA SO/5,GARDEZ MOI POUR TOUJOURS/6,NAO GOSTO MAIS DE MIM
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ベイシーでこのBASIEを聴いて... | トップ | 美空ひばりもアナログが宜し... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
テリスよいですね (azumino)
2012-02-19 21:17:47
こんばんは

シルヴィア・テリスは、僕はLPは、KAPPレーベル仕様の国内盤しか持っていなくて、後は再発のCDで聴いています。彼女の場合は、ボサノヴァもよかったですが、スタンダード・ヴォーカル寄りのものを残してくれたのが、ありがたいです。

この作品も「All The Way」他のスタンダードメドレーに、「dindi」などよいですね。kuirenさんの撮影されたジャケットを見ると、アナログ盤がほしくなります。まあ、諦めていますが(笑)
今晩は (kuiren)
2012-02-20 21:46:35
azuminoさん

コメントありがとうございます。
いま中国へ出張中で素敵な音楽からは離れたような生活です。
パソコンの中のを聴いて気を紛らせています。

このアルバムは内容は間違いなく楽しめますから
あきらめずにアナログで聴いていただきたいのですが。

コメントを投稿

女性ボーカルT」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事