ジャズとレコードとオーディオと

音楽を聴く。人によって好みが分かれるでしょうが、このブログでは主に女性ジャズボーカルを紹介させていただきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ベイシーでこのBASIEを聴いてから

2012年02月10日 | この1曲が好き
昨年の4月に一関のベイシーに行った時に聴いた後に入手したレコード。一関ベイシーと全く同じ盤のつもりですが、レーベルまで確認したわけじゃないのでどこか違うかもという気持ちは残ったまま。入手した盤はPABLO LIVEレーベルでCOUNT BASIEのCOUNT BASIE JAM MONTREUX'77・レコード番号は2308-209。本盤をベイシーにいるような気分で目一杯の音量で聴いていると5分も経たないうちに家族からボリュームを下げなさいと指導を受けたアルバム。PABLOレーベルの事は相変わらずの勉強不足でよく知らずこれがオリジナルか再発かも分からないのです。PABLOにはPABLO・PABLO LIVE・PABLO TODYと3種のレーベルが有りドイツPABLOと米国PABLOの音質の違い等が当然あるようだが聴き較べしてないので不詳です。元来はドイツがオリジナルって事でよろしいんですかね?独盤でも米盤でも高価格ではないが独PABLO盤のサラ・ボーンのように入手難なアルバムもあるらしい。が集めてないので今のところそういう感覚には乏しいです。このアルバムは同じPABLO LIVEレーベルから1977年のMONTREUX JAZZ FESTIVALシリーズとして発売された内の1枚でPABLO LIVEレーベルで僕が所有しているのはコレ1枚だけ。ベイシーは好きなので別アルバムでBIG BANDも聴いてみたいと思っているがまだ購入してません。いつでも買えると思っている内に入手した方が得策とは分かっているのですが(笑)。なおPABLO TODYもジャケデザインの野暮ったさに敬遠気味のアルバム。
このアルバムを録音が良くないという事を言う方もいるが、僕は録音は良いアルバムと思ってます。ただ部分的にトロンボーンがマイクから外れたりして音が遠く感じるのはあるしSHE'S SUNNY THAT WAYの途中では5秒ほど再生音量が変調するところもあるが(僕の盤だけの症状かな)あまり気にならない。まぁライブではあり得る事なので気にしてないとも言える。ところで僕が好きなのはA面のBOOKIE BLUESで本アルバムはこの1曲が僕にとってベストの聴きモノです。ベイシーを聴くとやはり音量を上げて音のシャワーを浴びるつもりで聴くと良さと爽快さが増すと思う。できれば大型スピーカーで聴くと更に良しでしょう。ベイシーのようなビッグ・バンドを敬遠する向きもあるようですし昔のジャズ喫茶ではお客に帰って欲しい時はビッグ・バンドをかけたもんだという話も聞きましたが、カウント・ベイシー素晴らしいジャズ・ピアニストです。あのピアノの1音がたまりません。
コメント   この記事についてブログを書く
« サテンドールに痺れる | トップ | SILVIA TELLESの3番目のアルバム »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

この1曲が好き」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事