Kon-Chan's Scale Modeling Life

航空機模型を中心にしたページです

1/48 IAI Kfir

2018-04-30 23:24:51 | 1/48 Jet Air Crafts
デカールは厚め、その分コシがあって扱いやすいですが、白色は下地が透けてしまいます(ハセガワのみたい)ので国籍マークを貼る箇所を白で塗っておく必要があります。

脚がついて立った状態になりました。主脚が内股になるのが面白いです。







9割がた完成といったところです。次の4連休で仕上げます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1/48 IAI Kfir

2018-04-22 23:23:34 | 1/48 Jet Air Crafts
塗装開始。制空グレーというよりは緑の入ったエキゾチックな砂漠迷彩のイメージが強いので、トレーシングペーパーを適当に切って型紙にして3色迷彩にします。ところでこのキットは、戦闘爆撃型のC2と、対地攻撃に特化したC7(F15やF16に取って替わられた)が選べますが、C2を選択しています。レトロフィットの機材が多いのはあまり好きでないぐらいの理由ですが。

クレオスの特色を使いますが、各色ともビン直でなく少し白を混ぜて色合いを落ち着かせています。中東の太陽にさらされていれば白っぽく褪色するというのもありますが、茶系迷彩の場合一番濃い茶色が妙に主張するというか、模型的にあまり美しくないように思います。









今日はサークルの例会だったので、チマチマとデカール貼りをしようと思って持っていったら、往年のレベルの1/32のミラージュをコンバージョンパーツを使ってクフィルに改造している会員の方がいました。こんなとこで被るとは!ずいぶん研究していらっしゃるので、恐れ入りました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1/48 IAI Kfir

2018-04-08 23:21:25 | 1/48 Jet Air Crafts
どうやらインテイク内部は白で塗っておけば大過ないようです。丸みのあるインテイクはとかく合いに苦しむものですが、このキットは問題なく組み上がります。



しかしながら、恐ろしい精度でハマる箇所がある一方、とんでもない隙間ができるパーツもあります。胴体後部のこのパネルはバリエーション展開?のため別パーツなのですが、埋めるのに0.3㎜のプラ板が要るぐらい隙間ができます。



主翼上面も胴体と隙間ができますので、薄いプラ板を貼り足したりして目立たないようにします。下手な言い訳がましいですが、これはどうも胴体パーツが経年変形?で丸まっているからのように思います。



今週基本色の吹き付けまでいけると思ってましたが、ちょっと停滞。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1/48 IAI Kfir

2018-04-01 23:15:03 | 1/48 Jet Air Crafts
CH-46は暗礁に乗り上げてしまいました。ちょっと寝かします。そうすると脳内で問題が整理されてやる気が出ることもある、かな。

こういうときは素性のいいキットで気分をリフレッシュしましょう。

数年前に突如、最初で最後であろうクフィルの発売ラッシュがあり、そのとき買ったアヴァンギャルド・モデルの1/48です。この箱絵の機体は何か太短い感じで、新谷かおるの書く猫背のスカイホークみたいです。お値段も高いのでキネテクにしようかなとも思ったのですが、新しいメーカー研究も模型のうち、ということで勇気を出して買いました。その後、永らく積みキットに埋もれてました。



バスタブ状のコクピットを作って左右の胴体で挟み込む、のはいつもどおり。コクピットの方を少し削ってやらないと隙間ができますが大きな問題はありません。で、ここでストップ。例によってインテイクの内側の塗装が分からない。。。ネットで調べてみます。



小さな機体ですがエンジンはファントムと同じJ79です。本来マイナー機のはずが日本でよく知られるのは、マンガの影響。空中戦で活躍してましたが、実際は空戦で敵機を墜としたのは1回だけで、主な任務は対地攻撃だったようです。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

模型サークルトライアングル第17回展示会

2018-03-17 19:19:39 | Weblog
1か月放置のあとは連投です。

去る3/10-11に私が所属するサークルの展示会が、藤沢市湘南台で開催されました。



今年のテーマは「空(そら)」。シトロエンのトラックで空の下の屋外カフェのジオラマを作ってみました。街路樹は、100均で買った樹脂製植物を束ねたものです。石畳のベースは単調になってしまうので、街路樹の根っこの部分を土と芝で作ることでアクセントにしました。テーブルは木材とプラ板で自作。だいぶスペースを埋めたものの、ジオラマとしては情報量が足りないかな。来場者投票で2位を頂きました。



これも「空」テーマで出してみました。過去作ですがあまり出す機会が無いので。。。



その他、最近凝っていた「1/24二馬力」の連作を出しました。



タミヤ製。基本形とでもいいますか。農道をイメージ。



レベル、チャールストン。フィギュアはICMのヘンリーフォードから。このフィギュアはポーズが決まってますね。



エブロの英国海兵隊型。フィギュアはタミヤのレーシングセットのものを改造。しかし1/24-1/25のフィギュアは選択肢が無くて困ります。



多くの人から最近飛行機作らないの?と言われました。もともと現用ジェットをやっていたのですが、作品を完成させたあとの広がりが無いといいますか。。。見かねてサークルメンバーの一人が、ヘリコプターのキットを廉価で譲ってくれました。そろそろ戻りますか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1/24 Citroen H Mobile Kitchen

2018-03-17 18:46:28 | Other Scales
2月は逃げる、3月は去るとはよくいったもので、このブログも1か月間更新なし。

とりあえずシトロエンの移動カフェは完成。





このキットは従来の荷物運搬型を流用しているので、左側面に重大な省略があります。それは、看板を閉じたときに、隙間があいてしまうということです。

これはサンダーバード2号の荷物搭載シーンの矛盾みたいなものですが、解決策は意外と簡単。インストで不要となるパーツから切り出せばいいのです。

切り出したパネルを接着するだけでは「強度が不足では?」というモデラ―的発想で、チェーンで吊るように工作してみました。




この上に木製と思しき折り畳みのカウンターを乗せればOK。

ショウケース、パンやサンドイッチ、ドリンクの瓶などはキット付属品。ガスレンジやコーヒーメーカーもありますが、ガスや電力はどうしてるの?調理や洗い物用の水は?どうやってドリンクを冷やすの?などと他人事、というか模型事で考えてしまいますが、杞憂です。だって天板を付ければ細かいところなど見えないから(笑)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

二馬力作り比べーーー延長戦

2018-02-12 00:35:49 | Other Scales
昨年タミヤとレベルの2CVを完成させたものの、どうにも納得がいきませんでいた。毎日駅前の中古車屋さんで見る2CVの、華奢といいますか、ブリキ小屋と称される薄っぺらい、軽い感じがしないのです。キットの出来が悪いわけではないのですが、外板が肉厚な気がします。

で、またEBBROです。ここが出している2CVのピックアップ・トラック、乗用車タイプでないですがパーツの薄さがまさにあの中古車屋さんの2CVではないですか!

民間用と英国海兵隊仕様の2種類がありますが、ここは捻りを入れて後者を選択。空母の甲板を走ったり、ヘリコプターでの吊り下げ移動が可能な軽車輛ということで英軍が目をつけたそうです。さすが、あるものを利用するのは英軍の十八番ですね。



ヒケやピン跡を直すぐらいでサクサク作ります。1日で塗装まで完了!クレオスのブラックグリーンを吹いたあと、陽の当たる箇所にタミヤのアクリルのオリーブグリーンを吹きました。











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1/24 Citroen H Mobile Kitchen

2018-01-28 18:53:54 | Other Scales
EBBROさんごめんなさい。

知らないというのは恐ろしいことです。前回、後縁のはみ出しのことをくどくど書きましたが、その後実車写真を見るに横板は何センチか後ろにはみ出しているし、EBBROのキットもそうなるようになっているではないですか!


ここで選択肢は①素知らぬ顔で完成させてしまう、②ギヴアップ・ゴミ箱行き、③部品を調達し再起を図る、です。ここは③で行きます、ストックが1個潰れますがやむなし。オープントップだとどうしても塗装を並行しないといけないとはいえ、仮組をちゃんとやらないからこうなる。それにここで完成させないと来月のサークルの展示会のコンペに出すものが無いという切実な事情もあり...

そう、このはみ出しが重要でした。実際、そうでないと色々歪が出て来ます。



ボディ色は、クレオスのインディブルーを瓶直で吹いた後、少し白を混ぜた色をオーバースプレイして褪色感を出しています。



今日は久方ぶりにモデルアートを買いました。特集はファントムです。最近はデジタル迷彩なんてやってるんですね。もし年老いて、最後に一つだけ作れるとしたら、ファントムを作ると思います。あの破天荒なデザイン、漫画での大活躍、インテイクダクトなどモデラ―泣かせの箇所、航空祭で聞いたうるさい音、最期を飾るにふさわしいアイテムとして譲れませんね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2018年

2018-01-09 22:47:11 | Other Scales
年が明けて9日も経ってしまいました。

正月休みとこの3連休でバートルを完成と目論んでいましたが、機体パーツの分割ラインやカーゴドアを開けたときに生じるスカスカの天井など、一気にやる気が失せてしまいました。

そこでこちらにエスケープ。



5月のホビーショーで気になったEbbroというメーカーの、1/24シトロエン・トラックの"Mobile Kitchen"。いい訳が思いつきませんが移動カフェとでもしときましょう。Ebbroはミニカーを主に扱っているようですが、インジェクション・キットも幾つか出しているようです。キッチンのにぎやかな小物が正月らしくていいかと。

見たこともない薄くて半透明(?)のプラで成型されています。パーティングラインが殆ど目立たないのがいいですが、ちょっとプラ自体はもろい感じです。ピンなどがすぐ折れます。

7割がた完成といったところ。荷台を箱組みしますが、板状の壁面パーツを90度に接着するのでなく、鋭角断面のパーツの組み合わせでエッジを出すという攻めた設計です...が、どうにも箱にならず、床面との間に隙間が生じます。こりゃ組み方が悪かったかと思いつつ、ボックス横の作例を見ると、なんと片方のパーツが数ミリ、臆面もなく後ろにはみ出てるではないですか!泣く泣く端を削って合わせました、こうするとボディ後部が左右非対称になるので、ちょっと残念。(このあたり実物見ないと何を言ってるのかよく分からないと思います、ごめんなさい)






キッチンも徐々に充実してきました。おしゃれなデカールを貼った缶詰が棚を引き立てます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1/48 CH-46

2017-12-10 23:45:42 | 1/48 Helicopters
日曜日の午後は、横浜のランドマークタワーで開催された、松本州平さん・R工廠さんのコラボ展示にお邪魔しました。松本さんはクオリティが高いうえに作品数も多いのがすごいです。。昔将棋の羽生現永世七冠を称賛して「勝率もすごいが対局数も半端ない、指して指して勝ちまくる」というのがあったのを思い出しました。奥ではパナホームの社員の方が普通にお仕事なさっており、不思議な空間でした。



さて私のバートルはというと、

後部エンジン収納部に手を入れました。一番気になるのは放熱用グリル部分で、ここは割と大きな開口部があります。くりぬいて細切りプラ板で再現しました。あとメッシュ部分はお約束の金属メッシュに。



うーむちょっとオーバースケールか?





後部ハッチを開状態にする予定ですが、キットは一体成型になっています、ここは両脇の部分がヒンジでぶら下がっているようにします。





パーツを切断するとメイン部の両端が短くなるので、プラ板を貼って幅を増して整形しました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加