Kon-Chan's Scale Modeling Life

航空機模型を中心にしたページです

1/48 UH-34

2018-09-24 19:43:44 | 1/48 Helicopters
「ライト・スタッフ」を読んだりしてたので、あまりすすんでいません。

コンソールは透明パーツとなっています。インストには無いですが、メーターのデカールを裏から貼って、ガラス部分を丸く残して塗り分けてやると、メーターパネルがそれっぽく再現できます。このキットは、さりげなく上級工作の余地が残してあるのが面白いです。



シートベルトはエッチングが付いていますが、中華系のキットでよくある厚みのある真鍮製で、正直なところ扱いづらいです。金具のところだけ使って、ベルト部分は他の素材にした方がいいかも。

コメント

1/48 UH-34 featuring "The Right Stuff"

2018-09-15 22:15:05 | 1/48 Helicopters
仮組みしてゲームプランを練ります。エンジンはネットで写真がけっこうあるので、コーデイングを追加すればそれらしく作れそうです。ポイントとなるのはエンジン周囲のメッシュ部分ですが、キットにエッチングが入っています。初級者は機体の該当箇所に上から貼ってスミ入れしてください、腕に自信がある方は機体を繰り抜いてメッシュを固定しては如何?となんだか挑まれているような気がします。機体のリベットも凹モールドでありますが、どうにも数が少なくて物足りません。キャビン内部もあっさりしていますので、壁面など見えるところは手を加えましょう。



H-34シリーズは、ベストセラーでありながら地味な存在です。唯一(?)活躍するのが映画「ライトスタッフ」で、宇宙から帰還して海面に着水した2号カプセルをフックで回収しようとするシーン。しかしこの時、開いてしまった脱出ハッチから海水が入ってカプセルが重くなってしまい回収を断念、カプセルは海没してしまいます。これが「事故で沈んだのか」「飛行士の過失で沈めてしまったのか」は明らかではありません(飛行士の過失を匂わせてはいますが)。ここまで書いて、映画「ライトスタッフ」はエンターテイメント性が高い作りなので、このエピソードは本当にあったことなのか?という疑問が。。。早速図書館でトムウルフの原作本を借りて読んでみました。1981年出版です。

読んでみると、このエピソードはほぼ原作どおりでした。回収にあたったヘリがH-34(S-58)とは書かれていませんが、「ハントクラブ1」というコードネームは原作通り。映画で当事者がその後もメンバーの一人として普通にいることにやや疑問を感じましたが、原作によれば「失敗」といえば宇宙計画(とそれを推進する政権)が否定されることになってしまう情勢下、そこは責めないといういわゆる忖度があったと説明されています。

この映画はイェガーに感情移入したくなる作りですが、歳を食ってから観ると、自らがピエロとわかっていながら使命を果たす宇宙飛行士達の成熟した態度に感心したくもなります(オトナになったってやつですね)。
コメント

1/48 UH-34

2018-09-02 16:57:00 | 1/48 Helicopters
結局ここへ帰って来る。。。

サークルのメンバーから安く譲ってもらった。モノクローム(トランぺッター)のUH-34。このシリーズはMRC/ギャラリーモデルとして海外展開されているようです。



今回は私の禁断領域である「エンジン」をやります。私は模型は好きですがメカニズムにはあまり興味が無く、自家用車のボンネットを開けたことも殆どありません。このキットにはR-1820星型エンジンが入っていますので、それをベースにやってみたいと思います。
コメント

1/48 AH-64 JGSDF --- Completed

2018-08-26 19:02:30 | 1/48 Helicopters
完成!







下面。機材やアンテナでカバーされるので、つぶれたリベットの再現はやらなくてもいいかも。



アーマメント。ヘルファイアは真鍮製を使ってラックに装着しています。



陸自機はアンテナが追加されています。インストの接着位置があいまいなので注意。



テールローターとアンテナ。アンテナは真鍮線を使って細くしていますが、実機はテーパーがついているのでもう一工夫要ります。



おまけ。タミヤの1/48の軽装甲機動車。組み合わせて何か作れれば。。。

コメント

スゴいモデラ―

2018-08-23 21:40:46 | Weblog
遅めの夏休み中です。アパッチはあと一息ですが、ヘリコプターは小物が多くて神経を痛めますので、ちょっと休憩。

夏休み企画ということで私がスゴいと思うモデラーを3人紹介します。

①最も高貴なモデラ―:ジョージ6世
映画「英国王のスピーチ」の主人公。彼は兄が王位を捨てて米国人女性と出奔してしまい、期せずして英国王となるが、吃音症に悩んでおり国民の前で演説が出来ない。とある診療所の自称医師のライオネルとともにその克服に挑むうち、ナチスドイツが欧州大陸で戦端を開く。王は国民を鼓舞すべく演説に挑むが...という話である。ストーリーの途中、王が模型飛行機作りを趣味にしているというやや長めのエピソードがあるが、これはもう内向的な人物をステレオタイプに描くという例のアレであり、私は映画館で軽く舌打ちをした。しかも字幕で「プラモデル」とあり、これはもうあり得ない。プラモデルは和製英語の商標名だ(王が作っているのは木と紙の複葉機)。ダメ押しで「私がそこに"糊”を付けましょう(ライオネル)」と字幕に出たときには完全に鑑賞意欲を失ってしまった。吹き替え版でも「プラモデル」なのだろうか。王がモデラ―だったかは定かでないが、これ以上偉いモデラ―は見たことがない。(まあ冷静に見ればアカデミー賞らしい、いい映画である)

②最も凶悪なモデラ―:フランク・アンダーウッド
ハウス・オブ・カーズ(The House of Cards)」の主人公。彼は米国の上院議員。選挙戦で頑張ったのに大統領に冷遇されたことを恨み、手段を問わず、その追い落としに掛かる...
彼は選挙区の南北戦争記念イベントに参加した際に、自分の祖先が南軍兵士だったことを知る。復讐の鬼と化した彼は兵士の祖先を自分に重ね、ジオラマづくりを始める。彼は大統領からの電話に、兵士や大砲に筆で色を塗りながら応える。大統領を小僧扱いしているからだ。すごいぞフランク!またアメリカらしく彼のジオラマは巨大であり、日本の4畳半ぐらいありそうだ。ジオラマにはストーリー性など無く、ただ南軍と北軍が戦っているだけのようだが、それでいい。モデラ―の力を見せてやれ!

③最も渋いモデラ―:黒崎潤一
マンガ「事件屋稼業
彼は主人公の探偵:深町と腐れ縁関係にある、インテリ・ヤクザ。語学堪能で美術、哲学、文学に造詣が深く自らを「過激な企業家」と称する。彼の多彩な趣味の一つが鉄道模型で、事務所の自室には大きな蒸気機関車(台湾の阿里山登山鉄道の車輛)が飾ってある(第4巻)。彼自身がそれを作ったと思われるのは、ある登場人物が模型を見て「黒崎さんは手先が器用だなぁ」と言っているから。このマンガは長期にわたって描かれたため画風がだんだん変わっているが、初期~中期の彼は藤竜也をモデルにしているようにしか見えない(画:谷口ジロー)。頭が切れ、粋なセリフを吐く彼は最高に渋いモデラ―だ。黒崎のようになりたかったが、私には頭も度胸も無い、残念。ちなみに上述のセリフは頭を使って巧妙に事を成す黒崎に対する、ダブル・ミーニングなのだと最近気づいた。

「事件屋稼業」とはもちろんチャンドラーの「Touble Is My Business」の日本語訳を借用したものである。

今日はこの辺で・・・・
コメント

1/48 AH-64D JGSDF

2018-08-19 21:54:37 | 1/48 Helicopters
ところで私が作っている「限定版」とはどういうキットなのか、今頃になって気になりました。インストやネットの情報を総合するに、
①AH-64の陸自導入時、当然ながら米国仕様のキットしかなかった
②AH-64の陸自版は、翼端の空対空スティンガーを装備した最初のタイプ
③その他諸々装備の変更があったが、定番化するにはさらに分析が必要だった
というわけでメーカーは新型機導入の熱が冷めないうちに、②のスティンガーのパーツを追加し、陸自のデカールを入れて「限定版」としたようです。現在の定番では細かい仕様変更が行われ、デカールも細かいものが追加されているようです。
うーむ、ここまで作って何ですが、機首の電子機器のうち上のものの形がパッケージの写真と違うのでどうなんだろうと思ってました。顔が違うのは、結構、気になりますよね。
知ってしまったら動いてしまうのがモデラ―です。定番で追加された部品を入手し、可能な限り仕様変更を行うことにしました。顔を直すだけで随分雰囲気が変わりました。テールにある水平安定板が四角でなく菱形ですが、これはもともとプラ板で薄く作り替えていたので問題なし。あとは使用していない装備のカバーとか、追加されたアンテナの類です。よし、これなら限定版と定番のハイブリッドということでOK.

ほぼ完成に近い状態です。



キャノピーパーツは箱型になってますが胴体との接着はパチピタとはいかず、隙間が開きます。プラ板の細切りを使って密着度を高めてました。



キャノピーは閉状態としました。前・後席の間の仕切りが少し沈んだ感じになっていますが、ここのアールを合わせるのはちょっと難しいですね。



パーツ取り換えでイカツい感じが穏やかになった顔。



30mmチェーンガン。ポリキャップで回転可能ですが、間違いなく壊れるのでやめておきましょう。銃身の上下も弾帯が動かないので実質固定です。



なぜこのキットが中古屋さんにあったかというと、定番が出たので不要になったからかもしれませんね。キットに歴史あり。。。




コメント

1/48 AH-64 JGSDF

2018-08-05 19:49:26 | 1/48 Helicopters
暑くて模型部屋の塗料類が全滅するのではないか、と危惧する今日この頃です。

さてアパッチはようやくエンジンも付き、脚も生えました。武装など小物を仕上げつつデカール貼りも開始。デカールは白い部分の黄ばみが顕著なので、日の丸は塗装で白丸を抜いておいて、赤丸はデカールを切り抜いて貼り付け。小さいですし、リベットの出っ張りがあるので全部塗装で、というのは難しいです。

「陸上自衛隊」の文字が、リベットやヒンジにもろに被るのが厳しいです。ここは先読みしてせめてヒンジを削って小さく作り直しておけばよかったかも。マークセッターで馴染ませましたが、「衛」だの「隊」だの画数が多くてつぶれてしまいます。








コブラもいいですが、アパッチの重厚感もいいですね!二つのエンジンの回転をシャフトにつないでブレードを回しますが、ブレードの回転が速すぎると役に立たないので、トランスミッションで減速しているそうです(世傑#34より)。
コメント

1/48 AH-64 JGSDF

2018-07-30 22:10:29 | 1/48 Helicopters
前回、緑色を#340の薄松色と書きましたが、#320の濃松色の間違いでした。いよいよ暑さでやられたか?

塗装はいよいよクライマックスです。3色迷彩の黒。ここは大した面積が無いので筆でちょい塗りすればいいように見えますが、茶と緑の境目にシャープな形で入りますので、筆はよほど上手くないと泣きを見ます。ここは忍耐強く、マスキング→エアブラシで仕上げましょう。インストの拡大コピーを使って、マスキングテープを切り出すといいです。寸足らずになる箇所は、マスキングテープの細切りで補完します。

形もそうですが、黒は主張が強いので全体から浮いて見えます。私はクレオスの#40ジャーマングレーを混ぜて色を落ち着かせています。昔は塗装図に「黒」とあると「お、楽勝」と思ったものですが、今は「うるさい色」と感じます。年齢的なものでしょうか?





コメント

1/48 AH-64 JGSDF

2018-07-23 22:08:38 | 1/48 Helicopters
基本塗装に入ります。3色迷彩の一番薄い色を最初に全面に吹きますが、これが茶色、いやオリーブドラブの茶色っぽいやつだ、いや箱絵は黄色っぽいぞ、というので心が乱れます。どうやって作ったか分からないのですが、茶色ベースで明るめの色としました。

平たい箇所にはインストの側面図を拡大しコピーて型紙に使います。このとき固定に両面テープを使いますが、粘着力が強いので注意しないと剥がしたときに塗装を持ってかれます。全部そうだと非効率なので、機体後半はマスキングテープを使用。マスキングテープの細切りで境界部を決めて、間を小間切れで埋めます。







さて、マスキングはエアコンの効いた居間でやってますが、塗装は灼熱の模型部屋です。滞在可能時間は、イギリス上空のメッサーシュミットより短い!蒸し暑いのでエアレギュレータ使っても時折水が噴射されます。

で、居間に戻って恐る恐るマスキングを剥がしたところ、おっと意外といい感じになりました。緑はクレオスの#340で、空自のF1で使う薄松色ですが、ビン直で吹き付けた上から、同じ色に白をまぜてオーバースプレーしています。茶と緑はあまり食い合わせがよくない印象がありますが、これは上手くまとまりました。





一部両面テープで剥がれが生じましたが、そういうときは同じ色を筆でぼてっと塗ってパテ替わりにし、乾いてから優しく紙やすりを掛けてやると周囲との段差が目立たず綺麗に修復できます。でも一番いいのはマスキング剥がしを慎重に行うこと!次の週末は黒い部分をやります。
コメント

1/48 AH-64 JGSDF

2018-07-16 16:52:29 | 1/48 Helicopters
前回ドリルの刃のことを書きましたが、①折れやすい、②無くしやすい、③ピンバイスに挟みにくいという問題を一気に解消する刃がタミヤから出ていました。従来の刃の途中までを太くしたもので、これは優れモノ。模型で開ける細い穴など精々数ミリなので、刃先以外の部分は太くていいのです。目からウロコです。



アパッチの方はというと、ほぼほぼ形になったので塗装に入りたいですが、塗る順番で悩んでいます。迷彩塗装をするにはなるべく出っ張りが無い方がいいので、左右のエンジンは後で接着するとして、機首から胴体に伸びるアーマー部分をどうするか。スポンソン接着との兼ね合いもあって難しいです。


細部に目を転じると、前・後席のワイパーのパーツがごついので作り直した方がいいですが、そうすると手すり、足掛けが太すぎるのが気になってきます。0.4mmの真鍮線で作り替えました。



コメント