オレンジジュース

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今年初で今年1かもしれない

2008-01-28 01:15:28 | レミオロメン
レミオロメン ツアー 2008『Wonderful&Beautiful』札幌厚生年金会館、行って参りました!

それがね、それがですね…メチャクチャ良かったのです!
今まで見たレミオのライブの中で1番です☆
ダントツです☆

もう一回見れるなら、絶対また行きたい内容でした。
今回はアルバム出してのツアーじゃないので、きっと古い曲も色々やるんだろうな~って思ってたら、案の定、やりましたよ~あんな曲やこんな曲。

名曲ぞろいだった今回、中でも一番印象に残ってるのは「蛍」。
これ、CDやテレビで聴いてる時は、正直ちっとも好きじゃなかったんです。でも、生で聴いたら、最高に良かった!ゾワゾワしたし、涙が出た。亮太くんの声が延びやかで、本当に良かったんです。こんなにいい曲だったんだなぁ~。
そして、「電話」「ビールとプリン」…もう泣くしかない。(「電話」は治くんのリズムで始まるんだけど、すぐに「電話」と気づいた私は、勝手なわがままだけど、「頼むから手拍子止めて?」って思ってた…。あれはじっくり聴きたい曲だもん。)


相変わらず「南風」はキュン死にソングだし。「モラトリアム」ではリズムが裏打ちなんだけど、歌に合わせるか・リズムに合わせるかでみんなの上げてる手が合ってない感じとか見ちゃって、気になっちゃった。(笑。難しいよね。)あと、両手で人差し指出して上げてるのとか(意味分かるかな?)、「GLAYか!」って思ったけど。(笑)
3人の(いい意味で)どうしようもないMCも健在で、変に上手になって欲しくないなぁ~って思っちゃった。前田くんは中でも異彩を放ってます!(サポートメンバーの皆川さんは言うまでもなくいい味だしてるんだけど、今回から新加入・クシくん?嫌いじゃないわぁ~。)

本当は物販で買い物する気なかったんだけど、アンコールで治くんが着てきたツアーTシャツが真っピンクでかわいくて、段々買いたくなっちゃって、一緒に行ってたgonちゃんにジュンスカのチケ代として払う予定のお金をそのまま使ってしまいました…。

…治くんは『王子星』の人間だからまたやるだろうとは思ってたけど、やっぱり期待を裏切らない!前の人たちと握手をして回り、最後にはタオルやら何かを投げてニッコニコ笑顔で去って行きました。時々ドラムを叩きながら口をアヒルにするのが…………か…か…かわいかったです…。(笑、なんだかんだ言っても好っきやねん。)

いや~、本当にいいライブだったなぁ~。
亮太くんのバラードの高いとこの声の延びはホントにすばらしいと思う。引き込まれます。だから、「粉雪」は売れたんだね。サビの「こなぁ~~~ゆきぃ~~」でみんなの心をガッシリ掴んだんだよね。

あぁ、RSRで夜中サンステで「蛍」聴きたいなぁ。最高だと思う。
コメント

Wonderful&Beautiful

2007-12-13 02:46:27 | レミオロメン
や~っと実家分の年賀状作りが終わった…。
私、ホントにWindows苦手かも…。だって、取説見なきゃわかんないんだもん!その点Macは「なんとな~く」で大体できる。私、あんまり取説読まないんだよね、何でも。必要に応じて読むけど、基本読まないで始めてみちゃうタイプです。
あぁ、これからまたPCを買い替えることがあっても、私は自分の分はMacにするわ!


レミオロメンの新譜、いいッスよ。
何がいいって、「粉雪」を出す前みたいな感じなとこ。
「粉雪」はいい曲だけど、正直そんなにめちゃくちゃ好きじゃない。でも、あれが爆発的に売れてしまったことによって、多くの人がそれを求める。あれは紛れもなくレミオロメンの代表曲になったんだ。そしてあれ以降徐々に、藤巻亮太の作る曲は嫌いじゃないけど、つまらなくなった…。誰でも歌える歌を歌ってる気がした。特にシングル。もう正攻法を得てしまって、その中であれこれ選んで作ってた感じ。
けど、戻ってきたって感じがする。
そこから一つ抜けた感があるのです。

もう『電話』や『ビールとプリン』みたいな日常の中の小さな幸せと微かな寂しさは作れないのかと思ったし、『南風』や『モラトリアム』や『雨上がり』みたいな晴れ晴れとした突き抜けた曲や疾走感のある曲は作れないのかと思った。(ここで出した曲は『粉雪』よりも何倍も好きな曲なのです。)

…次のライブ、そしてその先に出るであろうアルバム、楽しみです!
私が好きだという『レミオロメン』はまさにこういうこと。
良かった~、戻ってきてくれて!
コメント

イカになりたい

2006-12-04 01:05:47 | レミオロメン
レミオ、行ってきました~☆

かなりギリギリに着いたので、なんだかソワソワしてしまって、会場に慣れるまでに時間がかかっちゃいました…。それにしても、アイスアリーナでライブを見ることがないので違和感がありましたね~。

やっぱり「電話」や「ビールとプリン」は名曲!「雨上がり」も「モラトリアム」も「南風」も「太陽の下」も温かくって大好き!「HORIZON」からの曲が中心なので仕方ないんだけど、もうちょっと「エーテル」からも聴きたかったなぁ~。(「エーテル」大好きなので。)
「アイランド」も良かったし「スタンドバイミー」も良かったけど。

MCのグダグダ感も、あれはあれでレミオらしさね。上手くなる必要もないんじゃないかなぁ?だって、きっとあれが身近に感じさせるんだと思うし。

で、好きだからこその軽いダメだしもしてみます。(笑)
まず、セットリストがね~・・・1~2曲目にもっと上がれる曲やればいいのにって思っちゃった。もっとグっと惹き付ける感じの。なんだか、会場も大きいからか、私は完璧にのまれちゃったもん。私なら「スタンドバイミー」から贅沢に始めちゃう。

そして、後のスクリーンで流れてる映像も悪くないけど、目が奪われちゃって、やりすぎな気がしちゃった。ちょっと怖いし。それならもっとメンバーを映しておけばいいのになぁ~って思っちゃった。治くんなんてかな~り使いこなしてたよ?(笑)いや~、治くんは凄いわ!彼はね~、『王子の星の人』なんだと思う。(笑)生まれついての王子気質。(ってどんな?)帰りの私と友だちの会話でも、「いや~、治くんは凄いね!」って話でしたもん。

前回もそうだったんだけど、前田くんはおもしろい!今回なんて「イカになりたい」って言ってたよ?イカが甘くて美味しかったから、生まれ変わったらイカになりたいんだよ?おばあちゃんがバレンタインデーにおはぎくれたんだよ?(笑)千歳空港の水槽の魚が大きくなってるのを密かに観察してるんだよ?

最終的に、私としてはやっぱりアイスアリーナは大きすぎるって思っちゃったなぁ。Zeppとかでいいじゃん!って。一体感が必要なバンドかどうかわかんないけど、もっとそれを観てみたいって思っちゃった。

PS.gonちゃん。残念ながら「札幌~!」とは亮太くん叫んでたけど、「真駒内~!」とは言ってなかったよ・・・。
コメント (2)

HORIZON

2006-05-17 18:33:15 | レミオロメン
レミオロメンのアルバム『HORIZON』が発売になりました。
昨日入手して聴いてるのですが、まだまだ聴き足りて無い気がして、どんなアルバムでどう思ったかなんて私には書けません。

ただ、先行プロモで流れてた1曲目の「スタンドバイミー」はかなり好きです!最近の天気の良さがこの曲にマッチしてて、よく自転車に乗りながら口ずさんでました。

僕らは風の始まりの音聞かないかい
涙は乾くよ夏の太陽で
飛び出せ 世界は広く深くそして限りなく
続いているのさ壁は僕らの中


なんだか歌詞だけじゃなく、曲の感じが私の中でサッカーっぽいんです。「始まる!」って感じ。もう前奏からかなりヤバい!上がる!走ってる感じ。プロモもいいですもんね~、滑走路が合ってるし。
レミオはアルバムの1曲目の持ってき方がかなり上手いですね~。気持ちを掴む。私がレミオをそんなに好きじゃなかったとしても、きっと試聴したら1曲目で買っちゃうと思うもん。
これからいっぱい聴いてまた書くことがあるかもしれないけど、とりあえず、今はまだこんな感じかな。


それはさておき・・・
ここからはまた別の話で。
亮太くんと前田くんが結婚してるって話じゃないですか!亮太くんは子どももいるって。しかも1歳になる。よ~っく今までバレずに来ましたよね~。私は別に結婚しててもしてなくてもどっちでもいいんですけど(それは治くんじゃないからか?)。まぁ、プライベートなことだから発表しなくてもっていう考えからきてるのかもしれないけど、発表してもいいですよね。
みんないいお年ですもんね。全然あることですよね。おめでたい話ですよね~。だからこそ、言ってもよかったような?って思っちゃうんだけど。
コメント

輝く太陽の下

2006-03-02 01:10:28 | レミオロメン
レミオロメン新曲『太陽の下』発売になりました!
うちでは、シナモンロール作りや洗濯のバックミュージックとして、今日一日中リピートなのです。

春らしく温かく優しい一曲です。未だ『粉雪』がヒットチャートを賑わせてるわけですが、この曲もヒットしちゃうかもね~。だって、いい曲だもん。この間のライブでもやってたんだけど、生で聴くとよりいいですよ~、この曲!

この曲の発売で、ツアー中にもかかわらず、TVや雑誌等の露出が多いレミオ。まぁ、そのたびにキュ~ンとしてる私なのですが、ちょっとそのキュ~ンポイントを紹介。

*まず、オリコンスタイルの写真!この治くんのベルト!お揃いだからぁ~、私と☆(あ…間違った。私が勝手にお揃いにしたんだった…。)前に雑誌でつけてるのを見て、あまりのかわいさに即購入。さすがにちょっと大きいからお直しして、穴を増やして使ってます。(…スタイリストさんのかもしれないけどね。)

*治くんのブログでも、今回のスペシャのGROWNでも北海道でのツアーの模様だったんだけど、やっぱりね~、北海道にっていうか札幌に居たんだわぁ~って思うとキュ~ン。GROWNで着てたピンクの薄手ニットもきれいな色でかわいかった♪

*Exciteでインタビューが載ってるんだけど、そこに最近のマイブームを紹介するコーナーがあって、治くんが『ル・クルーゼのお鍋』を紹介してるの!私も欲しいんだよぉ~、ル・クルーゼ!だって、かわいいんだもん。しかもおいしくできるっていう噂でしょ~?まぁ、お値段はちょっとしちゃうけど。憧れです。そんなお鍋を使ってるなんて、やっぱりね~・・・いいよね~。鍋でご飯炊いちゃったりしてんだよ?たぶん………治くんじゃなきゃ引くよね~。(笑←あっ、ってことはみんなは引いてる?)
コメント (2)

UNDER THE SUN

2006-02-20 00:32:34 | レミオロメン
レミオロメンのツアー札幌公演、行って来ました!(かなりピンクを意識的に取り入れたカッコをして行きました。道路ツルツルなのに、ピンコン履いて。)

キラキラして、切なくて、泣いて笑って、恋がしたくなった。(笑)

本当にそんな感じなんです。レミオのライブ、いいですわ!RSRの時も思ったんだけど、音が厚い。まぁ、3ピースにキーボードが入ってるからっていうのはもちろんあるんだけど、みなさんのきっと想像以上に演奏力あります!拳がずっと上がってるっていうような曲じゃないし、常に飛んだり跳ねたりっていうノリじゃなけど、みんなに届く音楽だなぁ~っと。

途中の前田くんの「荒川静香と結婚する」っていう妄想話を聞いて、思わず友だちと「同じ匂いがする…」っと共感。しかも、こんな大勢の人の前で妄想話をするあたり…今日決定しました。「会長」だと。(笑)

そんなことはさておき…本題の曲のこと。
今日は何回ゾワゾワしたかわからないってくらい、頭がしびれました。「春夏秋冬」最高だったぁ~♪「モラトリアム」「南風」の流れで気分は「生クリームたっぷりのケーキの後にチョコパフェ」みたいな。(笑←私の中では贅沢って意味ね。)写真はパンフの裏面とステージから飛んで来た銀色のキラキラテープ。(このテープ、文字入りで高そうなの!)
「電話」「粉雪」の流れで涙。「3月9日」でさらに涙。こうやって聞いてみると、レミオってキーになる曲を結構持ってるバンドだと思います。新曲「太陽の下」も、そうなるでしょうね~。

治くんのドラムを叩く姿は、ドラムセットが小さく見える程体が余ってる感じでした。思えば、割とドラマーって背が小さかったり、ガッシリ体型の人多いですよね。治くんはスラ~っとしてて、手足が長くて顔が小さくて(あっ、それはあんまり関係なかった?)、なかなかドラマーにはいないタイプの体型ですよね。それもあってか、結構難しいことをやってても難しそうに見えないっていうか、余裕に見えるんですよね。ニコニコ笑いながら叩いてるのもあるけど。
「南風」でPVの時のように首を左右に振りながら叩く姿も愛おしかったぁ。アンコールではステージから降りて来て握手とかしちゃったりして。らしさ炸裂。最後も前にいた小さな子に着てたパーカーを手渡ししてたし。

亮太くんの声の延び、好きです。いい曲作るわ彼は。『春夏秋冬』の「僕は君に恋をしてしまった」って本当にそのまんまの歌詞なのに、亮太くんの声や曲の感じがそんな単純な歌詞を特別な響きを持たせてストレートに伝えます。

ホント、レミオは恋したくなる。CD聴いてるだけでも思うのに、ライブで聴いたらもっともっと思ってしまった。あと1日くらいライブ見たくなっちゃった。
コメント

どこまで売れるかな?

2005-12-15 01:34:58 | レミオロメン
レミオロメン『粉雪』かなり好調な売れ行きですなぁ~。
ヒットするべなぁ~(道産子丸出し)とは思ってたけど、まさかこんなにヒットしちゃうとは・・・。「粉雪」人気で「3月9日」もまた売れちゃうんじゃない?ドラマの中でも「3月9日」も結構かかってるもんね。

そんなこんなで今日の私のBGMはアルバム「エーテル」です。
このアルバム、今年一番聴いたなぁ~。これ以前のアルバムと決定的に違うのは、抜けてる感じ。前のアルバムが好きだったという人にとっては、きっと受け入れられないものかもしれないけど、私は「エーテル」かなり好きです!凄く澄んでる。音も曲も歌詞も、すべてにおいて澄んでる感じを受けるんです。それは「南風」に代表されると思うんだけど、「南風」を出したことで、レミオロメンは新しいステージに上がったと思うんです。表現できるフィールドを一つ大きくしたような。

それまでの曲ももちろん大好きなだけど、聴いてて「痛い」ってことを感じずにはいられないというか、亮太くんの内面の痛々しいところに入って行ってるような気持ちになってしまって。そこに共感ももちろんできるんだけど、「エーテル」は暗く深いところだけではなくて、澄んでて明るいところも見せてる印象を受けるんです。

レミオロメンには可能性を感じます。まだまだ新しい一面を見せてくれるような可能性。そしてその新しい一面が「変わってしまった…」ということではなく、新鮮で好ましい気持ちで受け入れられるような期待感が持てるんです。

亮太くんの描く曲は、日常を上手く描いてるけど、ただ描いてるだけじゃなくて、彼の目線や感性の豊かさは、凄いものがあると私は思いますよ。素直な感じがするんです。きっと自分が置かれている環境や状況がそのまま曲に表れるタイプなのではないかと。


っとちょっと真面目にレミオロメンを語ってみました。しかも、「粉雪」のタイミングで「エーテル」のことを。「エーテル」は最初の曲「春夏秋冬」で、もう、決まってしまってます、いいアルバムだって。あの曲で一気に持って行っちゃってるから。


さ、ここからは最近の治くんのこと。
遂に「STUDIO GROWN」が来週で最後になってしまいます。淋しいなぁ~。私の休日のお楽しみだったのに。今日なんて海北くんに「嫁に欲しい」とまで言われてましたよ?わかる!わかるよ、海北くん!確かに、お料理好きだし、裁縫するって言ってたし、あの笑顔だし、いい子だし。まぁ、きっぱり断ってたけどね。
あ~、来週は生で見れないんだよぉ~。せっかくの治くんのラストなのに、仕事なんだよぉ~。残念。とりあえず、髪は少し切ったらいいと思う。(笑)

昨日BUMPがゲストで出てたラジオ「スクールオブロック」を聴いてたら、アジカンとレミオが最後に見に来て、ちょっとビックリしました。やっぱり仲いいんだね~。んで、今日、「スクールオブロック」のHP見たら、その時の写真が載ってて、なんと治くん、キャメル色のダッフルコート着てるじゃないですかぁ~!(トキメキ☆)キャメル色は結構どうでもよかった(←ゴメンネ…正直で)んだけど、『ダッフルコート』ってとこにときめいちゃいましたね~。亮太くんの黄金コーデもよかったけどね。(でも、緑のパーカーは私の中にはないわ…。←ゴメンネ…ここでも正直で)

いつもキャッキャキャッキャ言ってるミーハーファンみたいだから、ちょっと真面目に書いてみたんだけど、最後は結局キャッキャ言っちゃった・・・。



コメント (2)   トラックバック (1)

夢の対談

2005-11-25 01:51:17 | レミオロメン
レミオの新曲「太陽の下」が映画の主題歌になるそうな。
最近のレミオの飛躍は目を見張るものがありますね~!ヒットしちゃうかな~?それはそれで淋しくなちゃうんですけど。今度のツアータイトルが『UNDER THE SUN』なんだけど、これはこの曲を引っさげてってことなんだね?

いや、でも、きっといい曲だと思うなぁ~。

そしてそして、次号のbridge、なんと表紙・巻頭インタビューはミスチル・桜井くんとレミオ・亮太くんなんだって!?こりゃ~、おもしろいでしょ~。むか~し、ミスチル大好きだった私にとっては、現在大好きなレミオとの夢の対談と言ってもいいくらいでしょ。

ミスチルはでかくなりすぎて、ダメになりました。今でも良い曲を書く人だとは思うけど、昔程夢中になれる存在ではなくなりました。そのきっかけの一つは、桜井くんの「東京ドームに似合う曲が書きたい」っていう発言。冗談だったのかもしれないけど、「自分を表現して、沢山の人に伝える為の曲」ではなく、「ドームに似合う曲」なのか?って思ったら、私の中でミスチルは終わったな・・・って感じてしまったのです。ドームでやることが、沢山の人に伝えることになるのはわかるけど、どこで演奏しても曲って伝わらないと意味がないから、あえて「ドーム」って言っちゃうあたりが、私には理解できなかった。でも、事実ドームもいっぱいにしちゃうぐらいミスチルはモンスターバンドになったんだから、やっぱり桜井くんは凄い人です。

bridgeで思うことが一つ。よくバンプの藤くんの記事とかの説明で、「美麗フォト」みたいなことが書かれてるんだけど、それってどうなの?確かに藤くんといえば、かなりのフォトジェニックですよ?でも、そこを売りにしてる人じゃないし、なんならそういうこと言われるのイヤそうな人なのに。とか言いつつ、どんな美麗っぷりかはこの目でしかと確かめますけど。(今回のJAPANのチャマのかわいさにも『キュ~ン』としてしまった・・・。ホント、常に思うんだけど、・・・チャマって・・・いつでも抱きしめてあげたい・・・←気持ち悪い・・・)


今日は、ちょっと色々思うところがあってモヤモヤしたり、大好きなはずの甘い言葉を人が言ってるのを聞いて、「寒い・・・」って思ったり、まぁ、色々あったんだけど、また後日書きます。(特に甘い言葉が大好きだってとこらへんは、じっくりと・・・え?いらない??←1人ツッコミ。)
明日から遂に二重生活スタート!しかも、いきなりホールを1人で回さなきゃいけないかも・・・。大丈夫か?メニューもわからないし、ドリンクとかも作れるのか?明日は一般企業は給料日で店込みそうだけど??
な~んてことよりも、早起きできるか?が今一番心配・・・だったら寝ろよ!って感じですね。寝ます。

コメント (2)

読んでくれてるあなたとも

2005-11-20 00:25:55 | レミオロメン
レミオロメンの新曲『粉雪』をずっと聴いてます。札幌はここのところ雪が降って、うちの周りは軽く積もってます。きっとまだ根雪にはならないけど、こんな季節に聴くのにピッタリの曲です。聴く度に私の耳に残るあるフレーズがあります。

一億人から君を見つけたよ

亮太くんの書く詩は、幻想的とか壮大とかそんな大袈裟な感じじゃなくて、ごく普通の日常の隣にあるような言葉。目線が温かかくて深い。日常にありつつ、キラキラしてる。

でも、このフレーズが耳に残るなんて、私もまだまだ乙女気分だな。(笑)大好きな人のことだけじゃなく、友だちも同僚もすべてそうだよね。みんな出会うことがなかったかもしれない人たちなんだもん。周りにいる人たちはみんな、一億人の人から見つけた人たち。きっと、出会うべくして出会った人たち。みんな何か意味があって出会った人たちなんだよね。

恋の歌のたった一行のフレーズから、私はそんなことを感じました。
コメント (2)

亮太くん押しで?

2005-10-27 12:06:55 | レミオロメン
レミオロメンの新譜『粉雪』のPVがオンエア中。

ここで私の疑問。

『なんでこのPVは亮太くんしか映ってないの?』

そう、このPVに治くんや前田くんの姿はないのです。亮太くんと女の子だけしか出て来ない。(しかも、亮太くん上半身裸で、またもやセクシー路線ねらってるのか?)なんでなの?そういうコンセプト?

『蒼の世界』でも、治くん・前田くんのシーンは少なくって、ほぼ亮太くんって感じなんだけど、まさか今回にいたっては映ってないって・・・「1リットルの涙」の挿入歌になってるこの『粉雪』、きっといろんなチャート番組や音楽番組でこのPVが流れると思うんだけど、なんで3人だってことをアピールする作りにしなかったんだろう?

それにしても、レミオのPVに出てくる女の子はドラマとかに出てますね。『3月9日』の掘北真希(『野ブタ。をプロデュース』『電車男』)、『南風』の貫地谷しほり(『大奥』)・・・そうやってステップアップして行くんだね~。なぁ~んてことを思ったりして。


そうそう!今回のエントリーで、なんと200エントリー目(使い方合ってるのか?)なんです。昨日足し算してみたら、そうなりました。7ヶ月で200。これが多いのか少ないのかよくわかんないけど、小さな節目ってやつです。
コメント