岩国矯正歯科クリニック(山口県)院長の矯正日記

院長が、健康・矯正に関すること、日々の出来事などを綴っています。

ユニクロ社長 2021年どう変わるか。

2021-01-03 14:51:57 | 感動した書籍
正月休み、たまっていた雑誌や書籍を読んでいます。その中で、やはり鮮烈はインパクトがあるのは、ユニクロのトップ柳井正氏の主張です。

常に変革を求め、実行力のある方で、主張も過激です。2020年9月7日付けの日経ビジネス誌でのインタビュー記事からです。

・コロナウイルスによって景気悪化が本物になり、そしてコロナウイルスで10年歴史が早く回転し始めた。

・うわべだけのものは全部ばれ、本質的なものが要求されるようになった。変わる時代に合わせて行動、実行しないといけない。

・存在意義があれば、生き残れるけど、存在意義がなければ、生き残れれない。強いブランド力がない限りだめです。消費者は都合に良い方を選んでいる。だから、存在意義が欠かせない。

・全てをデジタル、グローバル、ロボテック、全自動化といった考え方に変えていき、世界をつなぐということを目指しています。

・全産業がボーダレスになっていきている。だから、より魅力的な環境で、いい店で、いいブランドで、いい商品を扱わないと売れなくなる。

・お客さんに満足を提供する。そういう物を売って、もう1回、ここで買い物したいな、このブランドのもの買いたいなと思ってもらわないといけない。リピートする客を増やさないといけない。

・業界の境界はなくなると、当社は最高のものを取る優れた人の集団でなければいけない。今後はやはり人材の質は問われる時代だと思います。

・一流の人と一流の人は知り合いですよね。だから、本当にいい人たちの世界の中に入らないといけない。そういう企業であり、世界に必要とされる企業でないと大きくなれないでしょう。

・グローバルブランドとして充実させます。日本で、アジアで、ダントツの1位にならないといけない。グローバルというのは、その重合体ですから。

柳井氏の主張中の当社を日本に置き換えて考えると、今年こそ日本を変革しなければなります。

私にとっても、自分の生き方や考え方に関して、自分が柳井氏に叱咤激励を受けているようにも感じます。

 広島ブログ

コメント

澄川喜一先生文化勲章受章記念式典でのエピソード

2020-12-26 09:21:25 | 日々のこと
澄川喜一先生が文化勲章受章を今年受賞されて、その受章記念式典が12月23日に地元で開催されました。

澄川喜一先生は、元東京芸術大学学長です。また、岩国市名誉市民であり、地元に帰った心の開放感から、アットホーム感あふれる式典でした。

高校時代、映画館でポスター作成のアルバイトせいで遅刻の常習犯であったようです。理解のある教師のお陰で、無事修学した昔話を面白く披露してくれました。

会場の高校生からの質問を受けてくださり、「自分はロボット作成しているのですが、アイデアが行き詰まっています。先生は作品作成で行き詰まると、どうされていますか?」と聞かれた回答が見事でした。

「僕は、ずっと行き詰まっていますよ。その時は、上から、下から、横から、考えます。粘り強く考えることです。そうすると、何とか道が開けるんですよ。」
ユーモアたっぷりに、平明な言葉で、創作のヒントを説明していました。

今年一年間、明るい話題に欠けました。年の瀬に、私は地元の英雄の慶事に立ち会え、とっても幸せな気分のなりることができ、幸運でした。

昔のCMに、「みんな悩んで、大きくなった」と有名作家が独白していることを思い出します。

 広島ブログ
コメント

未曾有のパンデミックを迎えて、我々の行動の判断基準

2020-12-05 10:34:33 | 感動した書籍
中国由来の新型コロナウイルスが世界中を席巻し、日本でも第三波の真っ盛りです。

未曾有のパンデミックを迎えて、どのように我々は行動するのが賢明か、決断に迷います。副作用のないワクチン接種の前までに、自らを守るためにあらゆる局面において、どのように行動すべきか、その判断基準が問われます。

12月3日付けの日経新聞の世界経営者会議の抄録が掲載されていて、その中の一橋ビジネススクール教授楠木建氏の考えを知り、面白いと感じました。

『働く側として、不確実な時代に判断基準として頼りになるのは人間の本性だ。本性はいつの時代も変わらず、変わらないものの方が基準として頼りになる。

新型コロナで表面化した人間の本性は「面倒なことは嫌いだ」ということだ。面倒なことを避けようとする人眼の本性が社会を発展させた。・・・面倒な因習に対して、本性が突き破って出てきた。

今、新型コロナによっていろんなところで因習と本性のせめぎ合いが起きている。当たり前だった因習を問う機会になっている。』

従来通りの行動をノーマルあるいは因習と呼べば、人間の本性に基づき行動変容し、ニューノーマルを作るということでしょう。自分にとって、何が面倒なことかを深く問うことが必要になります。

残念ながら、何が最善か、と問うのは理性です。不確実な時代に対応するには、理性ではなく本性であると、何が人間に考えを邪魔しているのですかね。楠木建氏の説では、何が最善か、は時代に応じて変わるということなのでしょうか。

 広島ブログ
コメント

コロナ禍でも、記憶に刻むエピソードを作ろう!

2020-10-17 09:22:00 | 感動した書籍
毎週金曜日、中国新聞に掲載される春日キスヨ女史のコラム「夕映えあとさき」を楽しみにしています。今週のコラム「コロナ時代の時間」は秀逸です。

『コロナ禍、子供家族や友人に会う回数も減り、旅行もせず、同じ日常の繰り返し。暮らしの節目を作る出来事がなく、平凡と言えば平凡、毎日朝起きて、食事をして、寝るという形が日々過ぎていったからだろうか。

人は365日、1年という「時間」を生きる。だが、人生を刻む「時」は、記憶に残る出来事が生じた「時」エピソードとして、物語としてつなぎ合わせ、自分が「生きた時間」を立ち上げるのではなかろうか』

ある人は、「思い出を作る」とも表現します。ありふれた日常の連続では、記憶に残りません。得てして、順調の時よりも、苦労した時や失敗した時や緊張したた時に方が記憶に残ります。

コロナ禍では、あらゆる行事、入学式、結婚式、葬式、文化祭、運動会、学会、旅行など、規模を縮小あいは中止しています。これでは、無味乾燥な、弱い記憶として残ります。

記録に強弱がある訳ですから、強い記憶にするには、気のあった人と共に外へ出かけ、主体的にエピソードを作ることが、この世に生きた痕跡を残すことに通じるのだろうと感じます。

 広島ブログ
コメント

インターネットからの情報の正しい活用としての「新聞」

2020-10-15 10:31:32 | 感動した書籍
私の敬愛する藤原正彦氏(お茶の水女子大名誉教授)が、新聞週間に際して久々に文章を出しています。

『若者が情報を得ているインターネットには無限の情報があるが、99.99%はそのままでは何の役にも立たない情報だ。常に情報の洪水の中で溺れかけており、大量のジャンクの中からどの情報を選択するかが非常に重要になってくる。正しく選択してこそ、情報は生きる。

この正しい選択の手伝いをするのが、新聞だ。新聞は世界に無限にある情報の中から、何が本質なものかを示し、正しい方向付けをしてくれる。この過程を経ることで、正しい知識として読者が摂取できるものになる。

新聞で身につけた知識を読書によって組織化して、教養まで高める。この段階を踏むことで、初めて大局観が生まれる。そして大局観がなければ、適切な選択ができない。

コロナ禍で、テレビでは恐怖を煽る番組も散見される。だが、新聞は冷静な統計を示し、理性的思考を促すメディアだ。』

ジャンクとは、「非常に安価だが、正式な保証を受けることができないもの」という意味に解釈したいと思います。インターネットからの情報は、玉石混交どころか、大半は石であり、場合によればフェイクです。

インターネットから情報を正しい知識に抽出するに「新聞」が役に立ち、抽出した正しい知識を読書によって教養にまで高め、さらに大局観を育てる。さすが、藤原正彦氏の導きは、素晴らしいと感じます。

若者よ、新聞を定期購読し、毎日新聞を読む習慣をつけてほしいと願います。

 広島ブログ
コメント