岩国矯正歯科クリニック(山口県)院長の矯正日記

院長が、健康・矯正に関すること、日々の出来事などを綴っています。

50歳から100歳までの生き方

2018-12-10 18:47:09 | 感動した書籍
2018年12号の「ロータリーの友」に中部大学教授武田邦彦氏の「新しい人生と寿命を延ばす方法」の講演内容が掲載されています。その要旨は以下の通りです。

動物の持つ寿命の原則の中で一番大切なのは、生物は群れで生きているということです。私達の生命力というのは、個人には個別にはありません。集団で命の原動力というものを持っています。集合体という観点から言うと、人は人のために生きている、ともいえます。人から感謝され、その人のためになると考えると進んでその行為をするのです。

人から感謝されることを重ねていれば、自分の寿命が延びると考える人もいます。「あなたが必要」といわれているうちは寿命は延びるけれども、「あなたなどいらない」となったら死んでいます。

「お世話」をしていれば、人のために生きていて必要とされといるということです。祖母の世話をするという行為が、どうも女性の寿命の延伸に関与しているらしいのです。

一方、50歳以上の男性には日常の中に役割がないので、いかに生きるかが問われます。半数は脳血管障害で死に、長生きした半分は癌で死にます。癌はストレスによって発症遺伝子が活性化すると考えられており、笑いが体に良い、笑って暮らしなさいと、とよく言われます。

脳血管障害の死、癌での死、どちらをとなってっも、自ら積極的に生きれば、仕事も遊びも充実します。そのために、楽しくリラックスして生きること、男性と女性とが共生していくことが、比較的に医学的に良いと証明されています。

工学部の教授ですので、数々の例示しながら科学的な裏付けのある教訓を述べていますので、説得力があります。是非、ご本人の著作を求めて、深く読み込みたいと思います。

 広島ブログ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
コメント

日本矯正歯科学会の「ある議論」

2018-11-22 11:33:04 | 矯正歯科に関すること
 今年の慶事に、本庶佑京大名誉教授がノーベル医学・生理学賞を受賞されたことを挙げられます。本庶佑氏が宇部高校出身と知り、親近感を覚えます。研究に対する姿勢は厳しいのでしょう、インタビューでの発言は過激な内容を含んでいました。。

「『ネイチャーやサイエンスに出ているものの9割は嘘で、10年経ったら残って1割。』まず、論文に書いてあることを信じない。自分の目で確信ができるまでやる。それがサイエンスに対する基本的なやり方。つまり、自分の頭で考えて、納得できるまでやるということです。」

 日本矯正歯科学会のとあるセッションでこの文を引用して、ある米国の論文に関して議論していました。「『ネイチャーやサイエンスに出ているものの9割は嘘』なのだから、学会誌に掲載されている論文では、もっと疑ってかかろう。」という気持ちがあるのでしょうか、結論を導く方法を批判する方が質問していました。割と米国での主張を取り入れる傾向にある日本では、珍しいと光景でした。

「長いものには巻かれろ」という気持ちもありますが、心の中ではガリレオの「それでも地球は回っている」と主張を曲げない感じですかね。

 広島ブログ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
コメント

山本五十六大将の育成法

2018-11-09 18:17:13 | 感動した書籍
山本五十六大将の育成法は、いろんな所で引用されています。その詳しい内容を見つけました。参考になります。

やってみせて、言って聞かせ、やらせてみて、ほめてやらねば、
人は動かじ

話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、
人は育たず

やっている姿を感謝で見守って、信頼せねば、
人は実らず

部下を指導するには、指導者の姿勢が問われるということです。言うは易く行うは難し。

 広島ブログ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
コメント

福沢諭吉が唱える企業家像

2018-10-09 18:21:31 | 感動した書籍
稲盛和夫氏が2018年10月13日号の雑誌ダイヤモンドのコラムに紹介してあるの福沢諭吉の文が、以下の内容です。明治時代、日本が近代産業社会に移行する前に「企業家はどうあらねばならないか」という内容を簡潔にまとめています。

思想の深遠なるは哲学者のごとく、
心術の高尚正直なるは元禄武士のごとく、
これに加うるに小俗吏の才をもってし、
さらに加うるに土百姓に身体をもってし、
はじめて実業社会の大人たるべし

高尚なる思想、正直さ、商才、体力が企業家には必要ということです。

この福沢諭吉の文を、稲盛和夫氏が企業家として生きる指針としているということを披露しています。

 広島ブログ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
コメント

日野原重明氏の105歳の時の著作

2018-06-26 17:51:24 | 感動した書籍
日野原重明氏の105歳の時の著作「いくつになっても、今日がいちばん新しい日」を読みました。生きる力を与えてくれる言葉が綴ってあります。その中でも、2章「老いを認める」と3章「老いを整える」の中の「平静心」呼び起こすの項の迫力は圧巻です。

・「善人は悩まねばならぬと昔から言われていることは、本当だと悟りました」という引用からです。悟るということは、知識ではありません。体験の中から生じる知恵であり、迷うことのポジティブな成果として勝ちとれるものです。「迷わぬ者に悟りなし」といえましょう。

・ストア学者エピクテートスの「世にはわれわれの力の及ぶものと、及ばぬものとがある」の引用からです。我々の力の及ぶものに判断、努力などをあげ、力の及ばないものに我々の肉体、財産、名誉、官職などをあげています。エピクテートスは不断の魂の平静の真価を説き、哲学者ヒルティーはエピクテートスの言葉を人間の幸福の礎としました。

・「この平静心があってこそ、古の賢人たちは「どんな逆境に際してもその力を恃んで、自分の忍耐力を数々の不幸と取っ組み合いさせた」モンテーニュは述べています。

・紀元前のアフガニスタンの遺跡の碑文にも敬服です。
  子供の時に良き節度を学び、
  青年時代には感情のコントロールすることを学び、
  中年には正義を学び、
  老年になっては良き助言者になることを学ぶ。
  そして、悔いなく死ぬ。

日野原重明氏の105歳の時に死を現実として迎える為の魂の救いを古典に求めて、苦悩から彼の心が楽になる経過を追っているような気がしました。その姿を読んで、私達に平静心へ導き、あるべき姿を教えてくれます。

 広島ブログ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
コメント