もののはじめblog

コメント歓迎 ! 
必ずコメントに参ります by iina

西本願寺と桂離宮

2012年03月14日 | 歴史街道
西本願寺の枯山水庭園の虎渓の庭<特別名勝>

鴻の間(国宝)は、203畳敷きの大広間。金を拝した襖絵がきらびやかだ。

事前予約が必要な西本願寺と桂離宮を、平日に休みをもらって巡ってきた。
なにしろみぞれまじりの雨が降る2月だったので、爪先が冷たく、能舞台が室外に寒そうな風情だった。
ただ虎渓の庭は、妙に美しかった。
突然降られた雨に傘ももたず、日暮らし門といわれる唐門を早々に見て、その前からタクシーを拾って賑やかな四条に繰り出し熱いコーヒーで人心地をつけた。






桂離宮
は、大小5つの中島を橋で渡る回遊式の庭園。自然の美がこの庭園には凝縮されていて、四季を通して違った顔を見せるとのことだが、あいにく池を清掃していてご覧の通り水を抜いており少し興醒めした。
桂離宮は、江戸時代に建てられた八条宮家の別荘。

 <注> 
写真は、15年ほど前にiinaが撮ったもの。
   

『京都府』 ジャンルのランキング
コメント (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シンクロ・トイレ | トップ | コーヒー・ブレイク »

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
西本願寺 (らいちゃん)
2012-03-14 09:12:15
西本願寺の大広間をiinaさんの写真で初めて見ました。
流石、浄土真宗本願寺派の本山だけありますね。
私の実家はこの宗派ですが、私はまだ一度も西本願寺にお参りしたことがありません。
罰当たりですね。
桂離宮も素晴らしいです。一度行ってみたいものです。
Unknown (tamirin)
2012-03-14 09:40:45
歴史的に有名なところですよね・・・
一度行っただけですけど。。。
すばらしいね・・・ (鷲谷芝嵐)
2012-03-14 11:54:19
回遊式庭園はみんな素晴らしいね。
そもそもは中国から伝わったものなのでしょうかね。
Unknown (ぼたん)
2012-03-14 13:54:11
西本願寺も桂離宮素晴らしい庭園ですね。
時間を作って見に行きたいわ。
Unknown (レモン)
2012-03-14 23:50:02
ドラゴンタトゥーの女のTBありがとうございます。
おすすめできる良い映画だと思いますよね。
内容が暗く女性にはつらいけど。
commentに (●^o^●) (iina)
2012-03-15 08:38:53
(らいちゃん) へ
「六根清浄(ろっこんしょうじょう)」が「六根浄(ろっこんじょう)」を経て、何気なく掛け声にしている
「どっこいしょ」になったとは面白いです。

西本願寺も東本願寺も、浄土真宗だけあって境内には誰でも無料で自由にはいれます。ただ、その奥へ
は予約が必要ですから、都合の好い日を決めて予約の上おでかけください。空いてそうな2月を狙ったら、
寒かったです。




(tamirin) さん へ
「隠し剣 鬼の爪」を観ましたが、秘剣はあっけなく披露されて少しものたりなかったです。
でも、ラストのふたりをぐるっとカメラがまわる命令シーンは、悦にいりました。

昨夜BSのアカデミー授賞式を遅くまで観ていたので寝不足か、まだ ぼぅー としてます。




(鷲谷芝嵐) さん へ
ときどきアップされる今日のような記事は、無理やり広告主にリンクしているように感じられて、
残念ながら読む気になりませぬ・・・(^^ゞ
ずいぶんと時間をかけるのでしょうが・・・。 失礼m(_ _)m



(ぼたん) さん へ
かわいいチョコです。

甘えん坊のような・・・おねだりしているような・・・甘いチョコに、わんちゃんたちもご満悦したことでしょう。




(レモン) さん へ
湯河原の「幕山公園」は、広いですね。
梅の開花には、早すぎたようですが、ことしは全国的に遅れているようです。

熱海梅園には、何度か観梅に行きましたが、此処は高い場所らしく、花の色にも濃淡があって見てみたく
なりました。帰りに温泉につかるとは好いですね。
こんばんは。 (ハイジ)
2012-03-29 22:49:52
藁を巻いている樹木?をみて松にする「コモ巻き」を思い出しました。でもあれは益虫も駆除しますので・・。
清掃中 (更家)
2014-05-15 13:52:50
桂離宮の池は、水を抜いて清掃中とは、ついてませんでしたね。
(更家) さん へ (iina)
2014-05-16 09:37:33
更家さんに「西本願寺と桂離宮」へコメントがありましたから、ブログ内を西本願寺で検索して此方に誘導されました。
想定外の築地本願寺の案内に使われただけでした。
列挙された水天宮については、拙宅でも扱っていますので、ついでに置いて帰ります。
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/4b91a28e98860c922444c07924244ec9

都心を歩くと、いろいろと面白いですね。

そうでした。
水天宮の通りが人形町ですから、春日八郎の「お富さん」の歌詞に出てくる玄冶店(げんやだな)がありました。 ↓
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/f1c953f9fe365a8a82bca4a5f95c4f85

コメントを投稿

歴史街道」カテゴリの最新記事