もののはじめblog

コメント歓迎 ! 
必ずコメントに参ります by iina

CVTオートマ車

2018年08月08日 | 雑感
オートマ車がアクセルとブレーキだけで走りエンストしない仕組みを、すこし前に識った。 それでは、誰がこんなケッコウな仕組みを考えたのか ❔ 1939年、ゼネラルモーターズ(GM)発売の、4段式遊星歯車変速機とフルードカップリングが組み合わされ、これが実用水準に達したATの始まりといわれている。 最も古い例は、1905年にアメリカのスタートバンド兄弟考案の2段変速機で、単板クラッチ2組を遠心力を利用 . . . 本文を読む
コメント (4)

金太郎ネコ

2018年08月03日 | 雑感
 に乗ったネコ 遊びつかれると    ・    ・    ・    ・    ・    ・    ・    ・    ・    ・    ・     ↓        . . . 本文を読む
コメント (6)

子猫

2018年07月19日 | 雑感
我が家に猫がきた。         それも子猫が♂2匹も・・・。 娘が連れ帰ったが、はじめは勘弁してくれと思ったが、遊び相手がいるためじゃれ合って、それはそれで好いかと思ってしまった。 さて、どう悪戯されるか心配ではある・・・・・・・・・・。    . . . 本文を読む
コメント (13)

オートマ車の仕組

2018年07月14日 | 雑感
自動車は、マニュアル(MT)で育った身に、オートマ(AT)ではギアチェンジ直後のスピードアップに物足りなさがあった。 それも、オートマ車に乗り慣れると、下り坂のエンジンブレーキもかなり効くし、坂道でうっかりエンストを起こすこともなく快適に乗っている。 しかし、エンストしない仕組みがイマイチ理解できないので、調べてみた。 オートマチックトランスミッション(AT) 自動でシフトチェンジしてくれる便利 . . . 本文を読む
コメント (8)

日本で買いたいもの

2018年06月23日 | 雑感
外国人専門家集団=「視察団」を日本に招き、さまざまな場所や人を視察した6月16日の「世界が驚いたニッポン!スゴ~イデスネ!!視察団」を見た。 彼らが思わず「ニッポン、スゴ~イデスネ!」と言ってしまった“母国と大きく異なる、日本のスゴさを感じること”を紹介していく。 この日は、買い物目的で訪れた外国人の「この街にコレを買いにきました!」をアンケートして、日本で買いたいものベスト16を選んだ。 浅草 . . . 本文を読む
コメント (6)

留守のお知らせ

2018年05月26日 | 雑感
きょうから6月4日まで留守します。 留守の間は、いままでにアップしたカテゴリーのまとめを一覧にして 再したのでご案内します。 ただ、コメント欄を閉じている場合は、お手数ですがオリジナルの記事にコメントを お願いいたします。     記事の下方に、次の案内をしています。    「 * コメントはコチラに願います  」   海に滝       . . . 本文を読む
コメント (2)

大雪

2018年03月01日 | 雑感
先日1月23日の大雪のときに撮った庭の雪景色を。 きょうのiinaの『WEB遊び』 【しりとり川柳】 「 応えたい 阿吽の呼吸 君となら 」          を受けて、iinaは 「 君と奈良 観光できたら 倖せだ 」と返した。*異端で恐縮 【川柳しりとり】 「 路地裏の 隠れた名店 見つけたよ 」              を受けて、iinaは 「 よく来たな ここが地獄の 一丁目 」と返 . . . 本文を読む
コメント (5)

クレーマー②

2018年02月23日 | 雑感
迷惑な若者がいた。 満員電車で混み合い肩触れ合っていると、ブルブルっと身体を震わせて濡れた犬がするみたいに触れぬなというシグナルを放つ。 不快だから、少し離れることにした。しばらくすると、違う相手にまた同じ仕草をした。当方と同様に黙っている。 誰もが混雑に辛抱しているのに、触れぬ意識を強いられるのはストレスだ。 触さわらぬ神に祟りなし、というより触ふれぬ阿呆に祟りなしの方が的を得ている。 こん . . . 本文を読む
コメント (10)

クレーマーたち

2018年02月19日 | 雑感
古代歴史文化賞シンポジウムでのできごと。 並ぼうと列の最後尾に着くと追い越すなという。追い越してなく、その人と同じ列に着いた積もりなので、そのようにいうとグジグジいう。 しばらくその人の後に並んで進むと、振り返って一緒に聴くからという❔ こんな奴と並んで聴くなんて不快なので「遠慮する」と伝える。 (火種を抱えた初対面の男と隣り合わせに座るなんて落ち着かぬからご免こうむりたい) それが主義だとも申 . . . 本文を読む
コメント (4)

古代歴史文化賞シンポジウム

2018年02月18日 | 雑感
第5回「古代歴史文化賞」大賞受賞の記念シンポジウムは、満席。 第1部 演題「縄文人とダイズ」 小畑弘己おばたひろき熊本大学教授 第5回「古代歴史文化賞」大賞受賞 現代では大豆の90%超を輸入に頼っているが、日本固有の品種ではダイズとアズキがある。 弥生時代から稲作が伝わり栽培もはじまったと思い込んでいたが、縄文人もダイズを育てていたことの痕跡が見つかった。ダイズに限らず縄文人は工夫して育ててい . . . 本文を読む
コメント (8)