もののはじめblog

コメント歓迎 ! 
必ずコメントに参ります by iina

マンホール・キャップ

2019年01月11日 | 雑感
お題「ご当地マンホールを紹介して!」に参加中!
マンホールのふたを開けたら、こんなおっさんがいた。                            神奈川県の「マンホール・キャップ」を集めた。その内の36面。 箱根の関所の御用提灯 箱根越えの駕籠 関所札 等 伊勢原は大山 鎌倉駅舎 茅ヶ崎は烏帽子岩 平塚は七夕 等 横浜はベイブリッジと帆船日本丸 等 相模原のマンホール その他の地方マンホールは、コチラ。 [ マンホ . . . 本文を読む
コメント (6)

宝島

2019年01月09日 | 雑感
お題「読書の秋にオススメの小説は?」に参加中!
HIRO’s ISLAND著者:真藤順丈(しんどうじゅんじょう)  第九回山田風太郎賞受賞 新聞に読むべき一冊として紹介され、タイトルが「宝島」なので冒険小説だと思ったら、ちがっていた。 「沖縄問題」に横たわる底辺をえぐる。 沖縄は、アメリカが基地として手放さず、島民と日本政府の攻防があるし、さらには中国が触手を伸ばすなど、まさに「宝島」といえよう。 図書館に予約すると、人気であるらしく提供さ . . . 本文を読む
コメント (4)

2018年の足跡

2018年12月31日 | 雑感
数学と芸術の未来 . . . 本文を読む
コメント (10)

メリークリスマス

2018年12月24日 | 雑感
 クリスマス 着ぐるみコスチューム           . . . 本文を読む
コメント (4)

いただきもの

2018年12月23日 | 雑感
贈答品を話題にするブログを散見するので、年の瀬に悪乗りした。 リンゴは田舎から贈られた蜜入りで、カニは学生時代の友が鳥取から贈ってくれた。松葉がに名札つきで鮮度いいのに、刺身に調れないから茹でるとおいしかった。 カニの真上にあるのは、プレミアムモルツについていたコップ付きの神泡体感キッド。巧い具合に、泡を配合してくれる。1ダース買うとついてきた。 使い方      . . . 本文を読む
コメント (10)

ことしのショット

2018年12月20日 | 雑感
 ことしも残り少なくなりました。  ことしを振り返り、これはと思うmyショットを集めてみました。 江の島の岩屋 茅ヶ崎からの江の島 磐梯山と猪苗代湖 前沢曲家集落 福島県 龍王峡 虹見の滝 栃木県 大谷観音 栃木県 ひまわり 山寺 開山堂と納経堂(左の小さい方) 東京駅広場      . . . 本文を読む
コメント (8)

真の友人と有害な友人

2018年12月16日 | 雑感
真の友だちとは、あなたが本当に困っているときに、そばにきて、あなたを支え、励ましてくれる。 損得抜きであなたのためにできる限りのことをしたいと思ってくれている。 しかし、違うタイプの友人もいる。彼らは本当の友だちではないのかもしれない。 真の友人かどうかを見極めるのは必ずしも簡単なことではないが、次のイラストを見れば一目瞭然だ。 はっと気がつかされることだろう。 次は、ライフハックのサイトから . . . 本文を読む
コメント (8)

心血管病について

2018年12月12日 | 雑感
心臓外科の名医と評判の地元の成和病院で医学講座を聴講してきた。 死因別では、心疾患は日本では2番目だがアメリカではトップになっている。 また、所得別の分布では低所得国が感染症なのに対し、全世界では虚血性心疾患が一位で、脳卒中・その他の脳血管疾患が二位になっている。 「人は血管と共に老いる」といわれ、血管は全身にくまなく巡っている。 毛細血管まで含めた全身の血管は、地球一周分すなわち400 . . . 本文を読む
コメント (10)

11円健康法

2018年09月22日 | 雑感
人体は60兆個の細胞から構成されていると言われている。 これらの細胞はすべて分子からなり、分子はさらに原子、原子はさらに、原子核と電子から作られている。 このうち、原子核はプラスの電気、電子はマイナスの電気を帯びているため、体内では微弱の電流が流れている。これを、生体電流と言う。 生体電流は、体内を駆け巡り内臓などの働きを支配する一種のエネルギーであって、これを東洋医学では、「気」とよぶ。 「 . . . 本文を読む
コメント (8)

正宗

2018年09月16日 | 雑感
  正宗まさむねといえば、鎌倉の刀鍛冶が作った名刀が有名だが、きょう採り上げるのはお酒のほう。  ← 短刀 日向正宗 無銘(国宝) 現在、万を超える「日本酒」の銘柄が販売されているが、その中でも多いのが「正宗」の名を使った銘柄。 菊正宗、浪花正宗、山形正宗、沖正宗、 国光正宗等、正宗と名のつく日本酒は相当あるも、一番はじめに名付けたのは、 江戸は天保年間に登場した桜正宗がはじめであった . . . 本文を読む
コメント (6)