もののはじめblog

コメント歓迎 ! 
必ずコメントに参ります by iina

わがまま

2007年07月31日 | インターネット
昼は、ファミレスにでかけ、注文した料理が運ばれてくると、小バエが飛んできてライスについてしまった。厭だな思っていると、くっついたまま・・・。ヘマな奴。 ヘマな部分を取り除き食べてしまった。あるいは、小バエではなく何かの虫なのでしょう。 いま、ブログを『エディタ・コミュニティ』に参加してたのしんでいます。 まだまだ試行錯誤の最中ながら、コミュニティの方々は手処理しているのかなと思える話題でも提供し . . . 本文を読む
コメント

飛不動尊

2007年07月30日 | 東京エリア
むかし、訳があって当寺の住職が奈良の大峰山に本尊を安置し修行していたところ、一夜にして本尊がこの地に飛び帰りご利益を授けられたことにより発している。 場所は、浅草の一葉記念館の傍で歩いて1分ほどのところにある。 『一葉祭』のときに撮っていたものです。 . . . 本文を読む
コメント (2)

隅田川花火大会

2007年07月29日 | 東京エリア
ひさしぶりに浅草の話題。昨晩は、隅田川花火大会で盛り上がりすぎ、二日酔い気味で夜8時に投稿というのも珍しい。 今年は、30周年というので約2万2000発の花火は、一割増。75万人の人出。 Ⅹ字に光るのは、隅田川に架かる桜橋。 自前の撮影は、難しいため省略。 でも、これを撮影したヘリコプターは花火と一緒に見た・・・かも・・・。 . . . 本文を読む
コメント (2)

パンダ×2

2007年07月27日 | 笑撃画像
パンダ機とパンダ犬が話題に . . . 本文を読む
コメント (4)

ミロのボーナス

2007年07月26日 | 笑撃画像
きみはボーナスを見たか      おとなのおりがみ では、 「ミロのビーナスの両腕」がどうなっていたか、きみは見たか . . . 本文を読む
コメント (4)

朝 5

2007年07月25日 | 雑感
通勤途上の話題、第五弾は、4~5年前のできごと。 早朝6:30前後に、公衆電話をかけている若者がいる。どうかすると、電話ボックスの中で待機している姿から、公衆電話に架かってくるのを待っているらしい。 それが2年ほども雨の日も嵐の日も雪の日も毎日つづいた。(もちろん、休みの日はどうであったかはわからない? しかし、あの様子だと連日と思える。) 携帯電話のいまどきの時代に、固定電話でもなく公衆電話と . . . 本文を読む
コメント

愛の価格

2007年07月23日 | 映画
『逃亡者』THE ONE THAT GOT AWAYに、チャールズ・ブロンソンがゲスト出演した作品。 25万ドルを持ち逃げした犯人を追って、船長の資格のあるラルフ刑事(ブロンソン)が任務についた。主犯の夫を捕まえるべくミセス・ブリアを泳がせている。ブリアはメキシコ行きの船をチャーターした。 船長にラルフ刑事が紛れ込んだ。 刑事は、念のために船で下働きするキンブルの身元を洗うべく指紋採集して、寄 . . . 本文を読む
コメント

iinaコミュニティ

2007年07月21日 | インターネット
ブログをもっているなら、『エディタ・コミュニティ』を無料利用すると便利です。登録して6日目ながら面白いのでご紹介します。 「コミュニティ」では、自分のブログ読者をサムネイル画像で一覧表示させ、サムネイルから、読者ページに飛べます。 また、読者一覧だけでなく、足跡機能に近い“最近このブログを訪問したメンバー”がサムネイル画像で表示されます。足跡コメントを残すと、訪問してくれた会員にコンタクトを取れ . . . 本文を読む
コメント (9)

クロ

2007年07月19日 | 雑感
初お披露目の我が家のクロたん。 ご覧のように"ちょい悪"風だけど、いたって穏やかな性格。このショットは、食卓でのいつものポーズ。 普通、猫と戯れていると知らぬ間に引っかき傷をつくるものなのに、そんなことが一度もない不思議な猫。 何をされようと、されるがままに怒る気の薄い気の好い猫なのです。たとえば、豚の丸焼き姿に吊るしても平気・・・。 野良猫が隣家に棲みつき、生まれた六匹の中の一匹。こどもたち . . . 本文を読む
コメント (4)

朝 4

2007年07月17日 | 雑感
通勤途上の話題、第四弾。朝、家の玄関をでるとよく出遭う人がいる。 自分の乗る電車に合わせてiinaの家の前を通るのが、たまたまiinaが家を出る時間帯なのだから仕方がない。しかし、お互いに気まずい。 多少、時間の工面をしているらしいが、電車の都合もあってか、また出遭うという繰り返しだ。 今朝は、気配を感じたか、ひとつ前の角を曲がって行った。 家の前を避けるには、駅までを斜めに進めば済みそうなので . . . 本文を読む
コメント