goo

G350 あぁ安心

納車された日にBSのスタッドレスに交換。小淵沢はここのところ雪はご無沙汰のようで雪道爆走とはならなく、少し残念。

不謹慎だが去年ぐらいの雪が降って欲しいなぁ、一回でいいから。

納車後2週間で1300km走った。2回給油して燃費は8.5と8.9km/l。
前のG500からしたら天国だ。800km無給油は本当にありがたい。
エンジンが冷えている状態や渋滞でも7km/Lくらい走る。
逆に空力無視の重量級であるから高速でも10km/lを超えることは少ない。
結局近場でも遠乗りでもあまり燃費は変わらない。

意外にも毎日乗っても苦にならない。サイズも完璧。
とにかく色んなストレスがない。駐車場、ガソリン代、天候、農道の路肩、渋滞、遅い車の後ろ。
あおられても腹立たない。睥睨感がたまらない。事故にあってもオレだけ助かる感も。
G独特の世界は今後も不滅だろうな。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

今度こそ最後…のつもりのG350BlueTec

個人的にはベンツを買ったら車趣味はもうおしまいである。
大多数の人がが良いというものを良いと言ってどうする?
今までの私なら完全にディスコ4行ってたろうなぁ。それで1年ぐらいで飽きて大暴落かなぁ。
GT500を売ることは決めていたものの次の車が見つからなかった。考えに考え抜いて考え疲れてもうこれしかなかった。
レンジかゲレンデ。しかし新しいレンジは三菱のアウトランダーに見えて仕方ない。そしてリセール、ゲレンデディーゼルはもう間違い。
3ヶ月オークションを追ったが成約率100%、取得税いれたら新車より高い。
近くのディーラーで値引きあり、今年のモデルから所得税、重量税全額免除、4月から値上げ、何より2月に1台入庫(次は4月)。
もう買わない理由はなかった。ゲレンデにしては即納に近いが、2ヶ月待ったのも初めてだ。

先にクロスポロからB180に。
メルセデスの凄いところは何に乗っても何から乗り換えても、まぁこれで良いか、と思わせるところ。
だいたいの車は買ってしばらくは浮かれてその後飽きる。メルセデスは最初から飽きていて、だんだんいい車だなと。
しかしGは違った。味の濃さが半端ない。10年近く前にG500を所有していたものの、納車されて一週間、こりゃやばいぞ。
アクセル、ハンドル重い、直進安定性はあるのかないのかわからん、荷物は載らない、2回に1回は半ドア、そして狭い。
車高が高すぎて子供の乗り降りができない。
まだ慣らしなので速いのか遅いのかはわからないが、そもそもアクセル重すぎて踏み込む気になれない。
エルグランドから比べたらもう不便きわまりない。こんなに消費者に媚びない車があっていいのだろうか。
唯一無二だと思っていたが、ランクル70も再販したな。しかし悲しくもイスラム国の宣伝に…
そしてアブドラ国王はGに乗っていたのだった。
ガレージの図は全く車好きには見えない。単なる成金の家のようである。
でもSじゃないから許してちょうだい。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )