行政書士中村和夫の独り言

外国人雇用・採用コンサルティング、渉外戸籍、入管手続等を専門とする24年目の国際派行政書士が好き勝手につぶやいています!

行政文書開示決定通知書

2017-03-09 12:16:22 | 行政書士のお仕事
 ある入管手続上の裏付資料として、

 法務省入国管理局入国在留課長からの

 某通知文という行政文書の開示請求をして、

 その開示を決定した旨の通知文が届きました。





 必ずしも地方入管への申請にこういった

 法務本省の文書を添付する訳ではありませんが、

 事案や内容によっては添付する場合もあります。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へにほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

注解・判例 出入国管理実務六法 平成29年版
クリエーター情報なし
日本加除出版


平成29年版 戸籍実務六法
クリエーター情報なし
日本加除出版
コメント (1)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 待ち時間、6時間半? | トップ | 気が付けば、ブログデビュー... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
法律にまつわる翻訳 (影山弥生)
2021-08-25 16:39:58
法的文書には、伝えなければならない要件が具体的かつ明確に書かれています。一方で、形式、スペース(行間)、または構成にわずかな変更が加わるだけで、文章全体の論理性が怪しくなってしまう恐れがあるのは怖いところです。誤訳が法的な問題や、裁判の長期化の原因となるのは避けなければなりません。特許申請書や事業の契約書なども法律文書に含まれますが、そのような文書での誤訳は、特許権取得の失敗やビジネス上の合意あるいは契約の不成立といった事態も招きかねません。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

行政書士のお仕事」カテゴリの最新記事