行政書士中村和夫の独り言

外国人雇用・採用コンサルティング、渉外戸籍、入管手続等を専門とする24年目の国際派行政書士が好き勝手につぶやいています!

日本国籍の喪失にご用心!

2014-09-30 06:33:52 | 行政書士のお仕事
 本邦の国籍法第11条によると、「日本国民は、

 自己の志望によつて外国の国籍を取得したときは、

 日本の国籍を失う。」とされています。

 これは、意思決定の出来ない赤ちゃんや幼児であっても、

 その法定代理人である両親が手続を行った時点で、

 自己の志望でなされたものとみなされます。

 一方、米国やその他の南北アメリカ大陸諸国のように、

 両親の国籍に関わらず、その地で生まれたことを以て、

 国籍を得られる出生地主義国で生まれた日本人の子や、

 外国人を親に持つ子が、望むと望まないとに関わらず

 日本国籍とは別に外国籍が与えらるような場合など、

 出生を届出ることによって自動的に外国籍が

 授与される場合には、日本国籍喪失の対象とはなりません。

 昨今の国際結婚の急増により、この様に二重国籍を持つ

 子供達が急増しているので、結果として重国籍の子供達が、

 今では当たり前に普通に見られるようになっていることから、

 多くの外国人と婚姻したご夫婦は、子供は22歳まで当然に

 二重国籍者となれると思い込んでいる方々が多数おり、

 多くの国際結婚をしている方々の中で誤解や勘違いが

 生じているのが実情です。

 更なる問題は、戸籍の専門家であるべき行政書士でさえ、

 不知であったり、勘違いしている者が多数いることです!

 例えば、在ロシア日本大使館のウェブサイトでは、

 日本国籍を失ってしまう可能性があるので注意喚起しています。

 渉外戸籍を専門の一つとする行政書士であれば、

 この様な知識は当然知っておくべきだと思います。

 とはいえ、国際結婚をした一般の日本人の方々は勿論のこと、

 渉外戸籍を専門としない行政書士も、外国人と婚姻した日本人と

 外国人との間で、本邦で生まれたお子さんの出生の届出を、

 在日外国大使館に行い、そのお子さんの外国旅券取得手続を

 行う場合には、その国の制度を慎重に確認する必要があります!

 確認をせずにお子さんの外国旅券を取得したことで、

 お子さんの日本国籍喪失という事態に発展してしまう

 という思わぬトラブルが起きてしまう可能性もあるからです。

 なお、この様な重国籍の子供達は、22歳に達する迄に

 日本国籍を選択する旨の宣言をしなければ、

 日本国籍を失ってしまうので、この点でも充分に

 注意喚起していただきたいと思う次第です!

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へにほんブログ村


にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへにほんブログ村



市民のための国籍法・戸籍法入門
クリエーター情報なし
明石書店
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

李香蘭こと山口淑子さんのお父様と私の母方の祖父との謎の関係

2014-09-26 11:43:03 | 海外事情
 戦前、日本語の達者な中国人美人女優・歌手

 「李香蘭」として一世を風靡し、

 戦後は、ワイドショーのMCや政治家として活躍された

 山口淑子さんが94歳で亡くなられた。

 大変な人気女優であった李香蘭こと、山口淑子さんの

 中国での活動については、諸説が流れてはいるが・・・。

 ところで亡き母の弟、つまり私の叔父と

 この山口淑子さんの弟が、北京の日本人中学

 (旧制中学)で一緒だったそうだ。

 更には、何よりも不思議というか、謎だったのは、

 実は、山口さんのお父様は、北京の祖父宅へ頻繁に

 訪れて、何か話し込んでいた姿をよく見かけたという

 叔母(母の妹)の証言があったのだが・・・。



 謎の多かった祖父(森重之)には、軍籍もあったらしいが、

 英語が得意で、中国語、ロシア語、仏語も操る

 中国実業界とも接点のある謎の実業人だったらしい。

 祖母の口癖は、「お父様は無口な方で、あなたもペラペラと

 軽率に話すのではありません」とよく諭された記憶がある。

 しかし、最後の生き証人であり、昨年亡くなった叔母によると、

 
 「本当は、無口というよりは人に話せない事が

 沢山あったから、無口になったのかもしれない。・・・」

 できれば、祖父の持つ謎の手掛かり解明の為に、

 
 一度は山口さんにはお会いして、お父様と祖父について

 何か知っていることがあれば伺ってみたかったのが・・・。

 山口淑子さんや最後の生き残りの証人であった叔母も

 亡くなってしまった今、もう祖父の謎が解き明かされることは、

 おそらくもうきっとないと思う。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へにほんブログ村


にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへにほんブログ村



李香蘭 私の半生
クリエーター情報なし
新潮社


「李香蘭」を生きて (私の履歴書)
クリエーター情報なし
日本経済新聞社
  
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Google Glassを試着させて貰いました!

2014-09-24 18:19:15 | 行政書士のお仕事
 東京商工会議所千代田支部の新聞社見学で、

 今、話題のA新聞のメディアラボにお邪魔した。

 そこで、日本ではまだ発売されていない

 あのウェアラブル端末「Google Glass」を使った

 今後提供されるサービスのお話を伺った後で、

 私も含めた数人に、実際に試着させていただいた!

【第二世代】Google Glass グーグルグラス Explorer Edition 開発者向け【並行輸入品】 (ブラック)
クリエーター情報なし
Google


【第三世代】Google Glass V3.0 2GB RAM グーグルグラス XE-C 開発者向け (White ホワイト)
クリエーター情報なし
Google(グーグル)






 右目で、この眼鏡を通して見える小さな画面の中にある

 新聞記事にフォーカスしてゆくと、そこに予め隠されている

 別な情報にヒットして、それが表示される仕組みだ!

 フォーカスする時は、あの映画「ロボコップ」

 になったようで、視点を追ってフォーカス・マークが出て来て

 動き回るので、SFの世界でサイボーグに変身したような気分だ。

 ただし、画面の拡大機能が無いので、

 特定の記事にヒットさせるには顔を近づける必要があり、

 まだまだ改良しないと便利とは言いがたい。

 とはいえ、体の不自由な方の場合には、

 それでも相当便利であることは間違いなさそうだ。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へにほんブログ村


にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへにほんブログ村

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

リニア新幹線に乗車体験できるそうです!

2014-09-23 13:27:47 | その他
 2027年、つまり13年後に品川-名古屋間で

 
 開通予定のリニア新幹線に、11月と12月の8日間、

 実際に乗車体験(2席で、\4,320)できるそうです!

 乗車時には、ボディーチェック、所持品チェックされ、

 名前入り搭乗券による乗車する方式は、

 航空機そっくりのようです。

 まあ、お時間の無い方は、こちらのサイトの映像

 疑似体験という手もあるようです。

 2027年というと、私は、既に73歳になっていますが、

 現役バリバリの行政書士として、

 是非出張で実物のリニア新幹線に乗車したいと思います。

 また新たな目標ができました。 がんばろうっと!

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へにほんブログ村


にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへにほんブログ村



徹底詳解 リニア中央新幹線のすべて
クリエーター情報なし
廣済堂出版
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

処分中の行政書士がウェイブサイトで分かります!

2014-09-20 12:24:15 | 行政書士のお仕事
今年3月24日に理事会で承認された

 「懲戒処分等の情報の公開に関する規則」に従い、

 東京都行政書士会のウェブサイトでは、

 現に処分中である行政書士の氏名を

 やっと一般市民に恒常的に公開するようになりました。

 これで、刑事事件を起こして処分中の行政書士や、

 会長によって処分された素行等に問題があり、

 東京都行政書士会会員としての権利停止中の行政書士が、

 一般市民に方々にも簡単に分かるようになりました。

 なお、会長によって処分されている行政書士は、

 知事によって業務を停止されている訳では無いので、

 業務そのものは継続していますので、

 一般市民の方々におかれましては、

 多々の問題がある行政書士として、

 呉々も注意を喚起した上でご利用いただきますよう

 お願い申し上げます。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へにほんブログ村


にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへにほんブログ村

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする