行政書士中村和夫の独り言

外国人雇用・採用コンサルティング、渉外戸籍、入管手続等を専門とする24年目の国際派行政書士が好き勝手につぶやいています!

68年ほど前?の謎の写真

2010-08-14 00:19:17 | 写真

 今年も、あの太平洋戦争が終わった8月15日がやって来ます。

 数ヶ月前、老父の荷物を片付けている時に、

 偶然見つけた写真です。

 今まで一度も見た事のもない、

 生まれて初めて見た写真です!

 一兵卒だった若かりし老父が写っていて

 軍服姿の集合写真もありましたが・・・。

 (済みません、ここではご紹介しません。)

China_before_19455

China_before_19454 China_before_19453

 老父が所属していた連隊で、中国の秦皇島(しんのうとう)に居た頃の

 山海関(さんかいかん=万里の長城の東端)付近の写真には

 間違いはないとの事なのですが・・・。

 しかし、なぜこんな写真が自分の手元にあるのか?

 誰が撮影した写真なのか? そして、誰に貰った写真なのか?

 これらの記憶が一切はっきりせず、

 どうしても思い出せないのだそうです。

 いや、本当は思い出したくない記憶なのかもしれません・・・。

China_before_19452 China_before_19451

 歴史の教科書に出て来そうな貴重な写真なのかもしれませんね。

 ちなみに、老父は

 「自分は技術者だから、士官にはなれません!」

 と本当に一兵卒で通した頑固者だったのだそうです。

 当然ながら下士官や古参兵から顔が歪むほど殴られ、

 実家の弟達からも”非国民”と罵られたのだそうです。

 しかし、何と言われようとも、最後まで自分の主義主張を

 押し通し続けたのだそうです。

 こんな頑固者の父ですが、技術者(菅総理と同じ、応用物理学科卒です。)

 である以上、気象観測やら装備のメンテ等々では、

 それなりに連隊の役には立っていたようです。

 また、父のような頑固者が数人おり、それに手を焼いた連隊長が

 地元中国の方々の民生上のトラブルの相談に乗るなど、

 中国の方々への住民サービス的な役目を任されていたのだそうです。

 ところが、これが功を奏したのか、連隊の撤退時には

 地元中国の方々に助けられ、奇跡的に

 八路軍(はちろぐん=毛沢東率いる中国共産党抗日ゲリラ組織)

 に一度も襲われずに、無事に老父所属の連隊は撤退できたのだそうです。

 老父は、終戦の1年9ヶ月ほど前の昭和18年11月8日付け

 の辞令で、急になぜか招集される前に勤務していた

   某研究所に呼び戻されて、

 結果的には南方の激戦地に送られずに済み、

 命が助かったのだそうです。 

 前述したような老父の頑固なまでの性格が結果的には幸いして、

 本土に呼び戻されたのかもしれません。

 人生とは本当に分からないものですね!何が幸いするのかが・・・。

【ご注意】

 撮影者、著作権者が不明な写真なので、

 転載、転用は厳にご遠慮願います! 

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする