行政書士中村和夫の独り言

外国人雇用・採用コンサルティング、渉外戸籍、入管手続等を専門とする24年目の国際派行政書士が好き勝手につぶやいています!

日行連主催の研修会

2014-01-29 16:14:49 | インポート

 昨日1月28日(火)、日本行政書士連合会主催の研修会が開催されました。

 テーマは、「ブラジル家族法に関するセミナー」で、

 実務的に役に立ちそうなので、期待して参加したのですが・・・。

 司会の大阪会の中野先生もハラハラされたでしょう!

 在日ブラジル総領事のマルコ・ファラー二氏の長~いご挨拶がありました。 

 続いて、サンパウロ大学教授でブラジルの弁護士でもある二宮正人氏が

 概ね3時間に渡ってブラジル家族法についてお話しされました。

 この二宮氏、1954年5歳の時にブラジルにご家族と共に

 移民された方なのだそうで、元日本人です。

 また、学生時代は、東京大学大学院に留学されていたのだそうで、

 その後、日本国籍を捨ててブラジルに帰化された方だそうです。

 ブラジルの東大ともいわれるサンパウロ大学の教授ですから、

 日系移民の中では間違いなく成功組なのでしょうね!

 ことばの端々から、上から目線で話されていたような印象を受けました。

 何度も「分からないことがあったら、日行連を通じてお尋ね下さい!」

 とは言っていましたが、ブラジルに詳しい人によると、

 「あれは常套句ですから、本気にされない方が良いですよ!」との事です。

 ブラジルの相続手続は難しいから、現地弁護士を使った方が良いと、

 ちゃっかりと弁護士として儲かる仕事の宣伝(報酬は、相続財産の6%)も

 お忘れで無いようで、日本の学者さんとは違って、

 アカデミック度が全く異なるようです。

 まあ、期待が大きかったせいでしょうか、期待していた程の内容では

 なかったので、もうお聞きしたいことは何もありませんけどね!

 それよりも、日本社会で翻弄されている在日日系ブラジル人達の地位向上や

 その子供達の教育問題の解消にでもご尽力頂きたいものです。

 にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

 にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

こいつら、どう見ても狂人でしょう!

2014-01-24 08:00:10 | 国際・政治

 中国の軍人さん達は、こんなゲームで遊んでいるそうです!

 http://japanese1.china.org.cn/jp/txt/2014-01/17/content_31227623.htm

 世界で、こんな非常識な軍隊など見たことがありません。

 というより、こいつら明らかに狂人ですね!

   また、現役の将官クラスの幹部である羅少将が 

 「中国と日本が開戦すれば、中国のミサイルで日本は火の海になる」

 と語ったそうです。

  こんな非常識で好戦的なコメントを現役の将官クラスの軍人が、

 平気で発する国は北*鮮と中国しかありません!

 http://sankei.jp.msn.com/world/news/140122/chn14012217070006-n1.htm

 その狂った軍人達を他の問題とをすり替えて擁護する

 中国外務省外交官も、北*鮮の外交官とまったく同じです。

 つまり、中国軍とは戦争がしたくしたくでたまらない狂った連中なのです。

 世界の常識のある人々に、この実態をどんどん知らせましょう!

 中国軍とは狂人の集団であることを!

 それにしても、中国人の末端の兵士達は本当に気の毒です。

 習近平、温家宝、胡錦濤、江沢民などの一族は、海外タックスヘイブン

 に設立した法人名義で数千億の資産を隠匿していて、

 決して命を落とすことはありません。

 こんな国民資産の盗人達がシャンパンでも飲んでいる間に、

 命をかけて戦うように命ぜられるかもしれない

 中国軍の末端の兵士達が本当に哀れです。

 にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

 にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

建設業の決算報告届と許可更新申請が無事受理されました!

2014-01-21 19:38:39 | 行政書士のお仕事

 悪戦苦闘していた、建設業の決算報告届と許可更新申請が

 本日、何とか受理されました。

 入管手続きでは、受理イクオール許可とは必ずしもなりませんが、

 許認可系の申請では、受理されれば、

 まず許可される可能性が高い点が大きな違いです。

 とはいえ、慣れないので、午前中に行きましたら、誰も居ずに、

 担当官に親切に審査していただきましたが、

 「注記表のここと、ここには”該当なし”と入れて下さい!」とか、

 「ここの数字は切り捨てにして合わせてください。

 合計が違っても構いませんから!」とか、注意されまくりで、

 挙げ句の果ては、「あれ、賃貸借契約の他の頁は?」とか、

 副本の押印をコピーで済ませていたことが発覚して、

 「これでは、受理できませんが折角いらしたので、全部チェックしましょう!」

 と、チェックしていただき、「次に来られる時は、私を指名して下さい!」

 と親切にしていただきました。まあ、他に誰も居なかったことも

 あったのでしょうが・・・。

 終わってから、依頼人に電話をしたら、奥様が代わりに押印してくれる

 との事なので、急遽その会社さんの事務所へ再度お邪魔して

 押印して頂き、足りなかった賃貸借契約書のコピーを頂いて、

 午後に再びリベンジで再申請に行ったら、なんと、

 10人待ちくらいの大混雑! これが、普通なんでしょうか?

 その上に、同じ千代田支部の建設業関連手続ではベテランのT先生に

 ばったりとお会いして、「珍しいですね!建設業課でお会いするとは。」

 と驚かれてしまいました。本当はT先生にお願いしたいところなのですが、

 顧問先でもあって安く手続してあげなければならず、

 廻すことも出来ないので、仕方なく悪戦苦闘して準備したと、

 ちょっと言い訳がましく弁解をしてしまいました。

 それにしても、T先生は審査官から何一つ言われることもなく、

 さっさと審査を受けて、受理されて帰って行かれましたので、

 さすが専門家だな!と、いたって感心してしまいました。

 一方では、自分の不甲斐なさで今日一日潰してしまったことで、

 やはり”餅は餅屋だな”と思った、十数年前の新人の頃の自分を

 思い出させてくれた新年2014年1月のお仕事風景でした。

 ちなみに、明日は東京入管でのちょっとややこしい申請です。

 にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

 にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

建設業許可の更新と決算報告届に悪戦苦闘?

2014-01-20 08:20:34 | 行政書士のお仕事

 建設業許可の更新手続と決算報告届で悪戦苦闘している。

 建設業の新規許可、更新、決算変更届やその他の変更届など、

 行政書士である以上、ひととおり扱った経験もあるのだが、

 何せ取り扱った件数が少ない為に、手際良く、てきぱきと

 書類を作成し、申請準備・・・という訳には行かない。

 国際業務関係では、当たり前だが手際よく準備できるのだが・・・。

 まあ、初心者になったつもりで頑張りましょう!

 にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

 にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

中国の軍備拡張が止まらない!

2014-01-16 09:22:56 | 国際・政治

 中国の軍備拡張が止まらない!

 http://japanese1.china.org.cn/politics/txt/2014-01/07/content_31114899.htm

 http://japanese1.china.org.cn/politics/txt/2014-01/14/content_31187283.htm

  http://sankei.jp.msn.com/world/news/131220/chn13122007430001-n1.htm

  http://japanese1.china.org.cn/politics/txt/2014-01/13/content_31172115.htm

 http://japanese1.china.org.cn/politics/txt/2014-01/09/content_31139955.htm

 http://japanese1.china.org.cn/politics/txt/2014-01/08/content_31125275.htm

 http://japanese1.china.org.cn/politics/txt/2014-01/07/content_31117436.htm

 http://japanese1.china.org.cn/politics/txt/2014-01/10/content_31148815.htm

 http://japanese1.china.org.cn/politics/txt/2014-01/14/content_31185445.htm

 http://japanese1.china.org.cn/culture/2014-01/15/content_31195099.htm

 http://japanese1.china.org.cn/politics/txt/2014-01/08/content_31126214.htm

 まだまだ貧しい人民が何億人もおり、公害に苦しむ人々も多いにも関わらず、

 一体どこまで殺戮兵器の装備に国家予算を使い続けるつもりなのだろうか?

 http://japanese1.china.org.cn/politics/txt/2014-01/14/content_31186465.htm

 外交官を使って、世界中で日本の右傾化を口実に

 自国の軍備増強や領海膨張政策を正当化する中国外務省!

 そんな中国という狡猾で、今世界で最も危険な独裁国家に

 更なる軍備増強という米国をも脅かす危険なカードを切られてしまった、

 尖閣列島の国有化と安倍総理の靖国参拝に、

 米国が失望したとコメントするのも分かるような気がする。

 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00260356.html

 にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

 にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする