行政書士中村和夫の独り言

外国人雇用・採用コンサルティング、渉外戸籍、入管手続等を専門とする24年目の国際派行政書士が好き勝手につぶやいています!

廃棄する紙媒体記録の溶融処分

2012-08-31 08:43:14 | 行政書士のお仕事

 我々行政書士は、個人や企業の非公開情報や

 場合によっては秘密情報となるような情報も

 日常的に取り扱っている職業である。

 従って、コピーや文書の写し等で廃棄する場合には、

 必ずシュレッダーを通してから廃棄する。

 また、デスクにあるパソコンでさえも、

 席を外す時には、その情報をダウンロードされないよう

 直ぐにロックが掛かるように設定して注意を払っている。

 これは、我々には民事上の守秘義務の他に、

 刑事罰のある守秘義務も課せられているからだ。

 通翻訳者などの民間人などは、無過失の場合には、

 刑事責任まで追求されることは無いが、我々行政書士には、

 無過失であったとしても、刑事責任を負わされる事がある。

 従って、当たり前のことだか、その取扱には細心の注意を

 払わざるを得ないのである。

 一方で、行政書士には一定の期間、業務で扱った紙媒体記録の

 保管義務があるのだが(最近はPDFとして保管する事も多くなった)、

 一定期間を経過した紙媒体記録はどうしても処分せざるを得ない。

 そこで、私の事務所では以下のような紙媒体の溶融サービスを

 時として利用している。

H240601

 概ね、10年を越えた紙媒体による申請等の手続記録は、

 一部をPDFで残す以外は、この様に処分させて頂いている。

 依頼人の個人や企業情報の漏洩防止の基本作業なのである!

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

会議→ミーティング→徹夜カラオケ→勉強会

2012-08-28 11:03:58 | 行政書士のお仕事

 24日金曜日、夕刻6時半からの千代田支部の理事会に出席して、

 年末12月までの各行事の方針と予定、それに終了した行事の報告、

 ウェブサイト変更に関する報告、暴対に関する報告等々があり、

 引き続いて、9時から場所を変えて研修部4名でのミーティング。

 夕食を食べていなかったので、久しぶりにマックのバーガーを

 囓りながら若者のようなミーティング。

 日頃は、意見の食い違いが余り無いのですが、

 今回は微妙なテーマという事もあってか、

 全員の意見が微妙に食い違ったままでの散会。

 帰ろうと思ったら、支部長以下数名が某居酒屋に居る

 とのことで急遽合流したのですが、別なテーマで

 こちらもちょっとしたミーティングに早変わり!

 気が付いたら1時20分で終電に乗り遅れ・・・。(-_-;)

 仕方がないので、始発電車が走る朝5時頃まで

 カラオケで過ごしますか?って事になり、6名でゾロゾロと移動!

 結構皆さん元気、元気で、歌いまくって楽しいひとときでした!

 でも、帰宅したのが朝6時半で3時間ほど仮眠してから、

 今度は午後2時からのイミグレーションロー研究会の勉強会へ。

 元オーストラリア大使館で査証担当官をされていた

 足利弥生講師によるオーストラリア移民法の勉強会。

201208251201208252

 夏休みということもあってか会の人員が不足なので、

 急遽司会として、私もお手伝いしました。

 早速、ワークショップ形式でのセミナー開始へ。

 講師からの一方通行による講義ではなく、

 各テーブル、各参加者からも意見を求めた

 ユニークな勉強会となりました。

201208253_220120825_52012082584

 最後に、人口の減少が確実な日本の現実として、

 これからの日本が採るべき移民政策について、

 各参加者から、次のような意見が述べられました。

 ★ なし崩し的な移民の受入には反対。

 ☆   介護、看護、留学生などの大胆な開放が必要。

 ★ 地方で不足している人材や不足職業のみでの開放。

 ☆ 現実問題としては難しいが、医師・教員の一層の開放も。

 ★ 江戸時代のような少ない人口での生き残り策も検討すべき。

 ☆ 若い美人の外国人女性をどんどん入れて、人口を増やすべし!

 という若い元気な女性からの意見も飛び出して、

 盛況のうちに勉強会は終了しました。

 この後、人形町グルメ通の事務局の俵さんに連れられて、

 近くの美味しいイタリアンでの足利講師を囲んでの慰労会

 に主催者の中井先生と共に参加させて頂きました。

 このまま帰宅すれば11時前には帰宅できる筈だったのですが・・・。

 なんと!うっかり、途中地下鉄で居眠りをしてしまい、

 気が付いたらとんでもない駅に・・・。という訳でこの日も、

 夜中の12時を回っての帰宅となってしまいました。

 さすがに、連日の夜中過ぎの帰宅でしたので、

 日曜日は買物等々の家事の手伝いでご機嫌取り。

 それにしても、あっという間に8月最後の週末も終ってしまいました。

 9月は夏の疲れが出やすいので、気を付けることに致しましょう!

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

国王の結婚式で歌ったことのある、あの超有名な・・・

2012-08-24 08:46:35 | アート・文化

 国王の結婚式で、歌わせて貰える歌手は、

 世界広しといえども、そうそうざらには居ない!

 日本でいえば、天皇の婚姻の儀で、

 陛下や皇族の方々の面前で歌うようなものである。

 そんな、凄いことをした歌手とは!そう、あのABBAなのである!

 36年前の1976年6月18日、スウェーデン国王、

 カール16世グスタフの結婚式で、国王と王妃、それに、

 歴史絵巻のような衣装に身をくるんだ貴族達の前で、

 堂々と歌ったのだから凄いのである!

 あのビートルズさえ、そんな経験は無いと思う。

 ちなみに、歌った曲はあのDancing Queen 

</object>
YouTube: ABBA DANCING QUEEN

  それにしても、このABBAが世界を席捲した当時、

 私は、20歳をちょっと過ぎた東洋からやって来た

 ごくごく普通の若者で、このDancinng Queenが17歳といっても、

 さほど年の差は無かった程若かった青年だったのであるから、

 時の早さを痛感せずにはいられない。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

尖閣領土問題の先に見える日中間の危険な関係!

2012-08-20 09:56:07 | 国際・政治

 日本の自衛隊が、不法に実効支配されている竹島や

 不法に占拠され続けている北方四島奪還のために、

 軍事的な上陸作戦を展開したり、或いは、

 韓国軍やロシア軍と交戦することなどはまず考えられない。

 しかし、日本が実効支配している尖閣諸島奪還の為に、

 中国人民解放軍が軍事的な奪還行動を起こすことは、

 昨今の中国側からのリポートや報道により、

 可成りの確率で起こる可能性がある!

http://japanese1.china.org.cn/jp/txt/2012-08/23/content_26318032.htm

http://japanese1.china.org.cn/jp/txt/2012-08/23/content_26316390.htm

 それを予測して、海上保安庁、特に防衛省や在日米軍では、

 具体的なシュミレーションを始めているようだ。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/120822/chn12082211080002-n1.htm

http://sankei.jp.msn.com/world/news/120822/chn12082216020003-n1.htm

 つまり、近い将来日中戦争が起こる可能性がある。

 不幸にも、そうなってしまった場合、

 局地戦で終わるのだろうか? 或いは、戦火が拡大して

 本格的な日中全面戦争に拡大してしまうのであろうか?

 まして、最悪のシナリオである日中核戦争にまで

 発展してしまうのであろうか?

 理想は、すべての国連加盟国に於ける領土問題は、

 国際司法裁判所の審判を仰ぐ義務を負う!

 この形が最も望ましい形だと思うのだが・・・。 

 何か、とてもいや~な雰囲気の昨今の状況なのである。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

お盆休みもロンドンオリンピックも終わりました!

2012-08-16 09:16:37 | 旬なお話

 カレンダーどおりに、お盆休みも取らずに

 事務所で、何となく仕事をしていた私でしたが、

 オリンピックは気になりましたので、時々ネットで見ていました。

 そんな、スポーツ競技に無関心な私にも

 多くの感動を与えてくれたロンドンオリンピック、

 日本のマスメディアや公式ウェブサイトでは、

 金メダルの獲得個数順に国別メダル獲得順位が表示され、

  http://sankei.jp.msn.com/london2012/board/MEX000000M_L.htm

 http://www.london2012.com/medals/medal-count/

 金メダル獲得数7個の日本は、金メダル獲得数

 13個の韓国や8個のフランスより下の11位と表示していましたが、

 米国やカナダのマスメディアでは、

 メダル獲得総数順に 国別メダル獲得順位が表示されていて、

   http://www.ctvolympics.ca/medals/index.html

   http://www.cbc.ca/olympics/content/results.html

 メダル獲得総数38個の日本は6位と表示されています。

 公式ウェブサイトが金メダル獲得数別だからと言われそうですが、

 オリンピック精神からすると、何か釈然としません。

 ****************************************

 余談ですが、自宅にTVもPCも、

 ワンセグ携帯さえもない変わり者の友人が、

 男子体操の実況放送をラジオで聞いていたそうですが、

 「コバチ、続いてE難度D難度・・・」などと実況されても、

 その演技のイメージが野球中継のように浮かばなかったので、

 聞くのを諦めたと、ぼやいていました。

 オリンピックで一番笑えた話でした。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする