行政書士中村和夫の独り言

外国人雇用・採用コンサルティング、渉外戸籍、入管手続等を専門とする24年目の国際派行政書士が好き勝手につぶやいています!

ついに地球外生命体からのメッセージを受信?

2015-02-08 15:07:58 | ニュース
 高速電波バーストという名の通り短い電波の放射を、

 2012年にオーストラリアのパークス天文台、

 2014年4月にも、世界最大級の電波望遠鏡を持つ

 プエルトリコのアレシボ天文台での観測でも、

 その信号が確かに存在することを研究者が確認しました。

 しかし、その信号の正体はわかっていないそうで、

 地球外生命体からのメッセージかも知れないと

 話題となっているそうです。

 地球外生命体が居たら、既に人間になんらかの

 接点があっても不思議ではないのですが・・・。

 今日まで、どこの政府も研究機関も認めてはいません。

 しかし、よく考えてみたら、宇宙は、少なくとも

 半径100数十億光年もある訳ですから、

 地球からの延長線上に100数十の生命体があり、

 そのうち高度に進化した生命体が1つだけあったとしても、

 地球に電波が届くには、早くて1億年、遅ければ

 100億年前後待たなければ届かない計算になります。

 これを上下前後左右129,600箇所の方向から届くと

 仮定しても、早くても771年、遅ければ7万7千年ほど

 掛かる計算になります。

 従って、生命体1万に対して1しか

 高度な生命体が誕生しないと仮定した場合、

 電波が届くのは、早くて7万年もかかります。

 ですので、数年、数十年単位での観測ではなく、

 千年万年単位の観測をしないと地球外生命体との

 コンタクトはできない計算です。

 やはり、私が生きている間は、きっと無理なのでしょうね!

 多分、人類は太陽の異常な膨張活動の為に

 千年万年数十万年後、或いは数百万年、数千万年後、

 もしかしたら、数億年後には、必ず遠い宇宙に向けて

 地球を捨てて旅立たなければならない、

 重大な局面を迎えるかと思います。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へにほんブログ村


にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへにほんブログ村


NHKサイエンスZERO 地球外生命体を探せ (NHKサイエンスZERO)
クリエーター情報なし
NHK出版


地球外生命 9の論点 (ブルーバックス)
クリエーター情報なし
講談社
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

昨年の今頃の事務所は、お隣の火事の影響で散々でした!

2014-02-25 07:58:33 | ニュース

 昨年の今頃は、2月19日に起きたお隣の”藪蕎麦”さんの火事で、

 事務所ビルの配管や揚水ポンプが焼けて、

 水が無いので事務所としては使えない状態でした。

 また、水回りが回復しても建物全体が焦げ臭くて、

 とても依頼人に来て頂ける状態ではありませんでした。

 ただ、幸いにも書類や資料などへの被害はありませんでした。

 間接的には、焦げて一部溶けた窓枠の修理が終わった

 秋頃までは、なんやかやの影響はありましたが・・・。

 まあ、原因が漏電だったそうですから、

 古民家のような歴史的なお店を失い、

 1年以上も営業が出来ないでいる藪蕎麦さんが、

 一番痛手を被っているのかもしれませんが・・・。

 今、新しい店舗の建築が始まっていますが、

 どのようなお店になるのでしょうか・・・。

 真っ青な顔をして詫びに来られた経営者の方に、

 再建されるお店は、是非とも延焼しないような建物にしてください!

 と言うより他に言葉はありませでしたが・・・。

 さて、どのような新店舗が出来るのでしょうか?

  Dsc00527

 にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

 にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする