銀城歌劇団楽屋日記@BUCK-TICKさん

某月某日、櫻井敦司魔王の電磁波にやられ、気づけば支持暦20年(ブランク有)の輪迦(わか)の日記です。

ウッドベースの自由自在な演奏はスゴい!

2012年10月30日 22時32分12秒 | 劇団楽屋日記
ども。少し間が空いてしまいましたが、昨日私は母と伯母と従姉の4人でジャズの生演奏ライブを初めて見に行ってきました♪

この日のバンド構成はピアノの方(従姉の知り合いでかなり有名な方らしい)中心にウッドベース&ドラムの3人で構成されていて私はBUCK-TICKでゆうたがアップライトを使っているのもあり、ウッドベースの方のプレイをず~っと注目して見ていたのですが、ジャズ演奏でのベーシストのプレイはロックのソレとは全然違う事にカルチャーショックを受けましたね!

普通ロックのベースと言いますとドラムとペアで「リズム隊」と称される事が多いですが、ジャズでは単にリズムを取るだけではなく、ソロパートにて主旋律を任される機会も多いのですよね

ピッキングは基本的にフィンガーピッキングなのですけど、絶えずネック(もちろんフレットレスです)を押さえる指を上下させて瞬時に意中の音階を次々と奏でる演奏はかなりの集中力を要すると言いますか、ソロを一通り終えると会場からは大きな拍手が!

また、ある曲ではいきなりベースのフロントポケットに収納されている弦楽器用の弓を取り出して横に弾きコントラバスの様な奏法を始めたのにも驚いたと言いますか、今井先生が昔自らのギターを弓で弾いていたのとは違い、ちゃんと演奏の低音の一部になっているのですよね

あと気になった事をいくつか上げると、

○ドラムにて先っぽがブラシ状になっているスティックを使用しているのを初めて見た(スネアの上で滑らす様に使う)

○ドラムを力を入れずに叩いて演奏するという事はどういう事なのかがじっくり観察出来てよかった

○あとコレは演奏とは関係ないのだが演奏途中にてスポンサーの某時計会社の社長さんが壇上に登場し、今回ゲストで登場した歌手の方に花束を渡すとその後いきなり歌手の方と生演奏をバックに一緒に歌い始めてビックリ!!(しかも中途半端に上手かったりする)

○ロビーには今回登場しているアーティストのCD販売ブースの他に、上記の時計会社の新製品展示ブースがあった(ショーケース内に時計が何点も飾られている)

○入場時に受け取ったパンフ入りの封筒がズシリと重かったので何が入っていると思いきや、上記の時計のパンフレットだった!(フルカラーかつ中綴じ本形式で無駄に豪華)

もちろん、関連アーティストさん達のチラシも入っていましたが時計のパンフの方が目立ってたりする・・・・

・・・・とまぁツッ込み始めたらキリがないのですが、今回のライブを見て私としましては次回作にてぜひ共ゆうたのアップライトのプレイをクローズアップさせる様な曲を作って欲しいなーと思いましたわ

「coyote」を始めアップライトの出番がある曲目は次第に増えつつありますが、まだまだ「ベース=低音パート」扱いの曲の方が多く、アップライトが独立した「楽器」として扱われている曲はまだまだ無い気がしますので(音的にもギターの存在感に埋もれてしまうのですよね)。

将来的にはゆうたのダイナミックなアップライトソロを堪能できる楽曲を是非是非!希望します!!
コメント (4)

寿記10・24~誕生日ケーキはハートがいっぱい~

2012年10月24日 22時05分04秒 | 今井寿ブログ
ども。そー言えば昨日帰宅したら11月11日の神奈川県民ホールのチケットが届いていたのですが、地元と言えば初日の横須賀の席が散々だったので今度はどうなるのやらと開封したらかなりの良席だったので驚き!!

いや~、実を言いますと神奈川県民ホールって一番身近な会場の割には席運が良くなくて(むしろ横須賀の方が良席が回ってくる方が多かった)ライブの印象が薄かったりするのですけど、7月の横ブリも神番だったし今年の横浜ライブは珍しくツイてるな~。来年もこの勢いが続いてくれれば嬉しいのですが

それはイイとして、今日更新の寿記にはびわ湖ホールでのバースディの様子がアップされてますね!

注目のケーキは、大きなハートのプレートに今井先生の名前とソレを取り巻くチョコペンで沢山書かれた小さなハート模様がなんともラブリー

小さなハートの数はたぶん47個って・・・・大ざっぱですな

ハロウィンTシャツに着替えたラフな感じの先生の後ろには笑顔∞のファンの方達が2階まで満員で本当に楽しそうな様子が画面から伝わってきますね!

一枚目の写真がボケているのはご愛嬌なのでしょうけど

ライブで楽しい日々を送っているバンドがいる一方で、先ほどネサフしてたら7月6日に対バン&9月23日のBUCK-TICKフェスにも出たPay Money To my Pain が今日から始まる予定だったツアーをvoのK氏の体調不良を理由に中止する事が分かってビックリ!!

K氏は半年前から入退院を繰り返していたと記事には書いてあったのだけど、寿記にアップされたライブ後の集合写真に写っていなかったのはそういう事情もあったのかな・・・・

B-Tは来年早々もツアーが決定していますが、どうかメンバーの5人には体調&メンタルの管理を徹底して長いゝツアーを完遂して欲しいですね。旅のご無事をお祈りしています
 
コメント

夢見る宇宙FINALはドームすいません!?

2012年10月22日 21時34分15秒 | BUCK-TICK
ども。一日遅れてしまいましたが今井寿先生、47歳のお誕生日おめでとう御座います!!

最近は作曲だけに限らず、作詞に舞台音楽に日常でもさりげなく使えるツアーグッズプロデュースなど多方面のご活躍が目立ちますが、どうかこれからも尽きない才能でファンを驚かせる存在でいて下さい!!

さて今日BUCK-TICKのFC会報が届いたのですが、いや~っ、まさかまさかとは思っていたけど年明けからスタンディングツアー決定ですか

実はこの事については先週の土曜日、某大型掲示板にておぼろげにキャッチしてはいたのですけど、いざ玄関に届いた封筒の表面を見たら「捨てないで下さい」の表示が無い・・・・!

あれはデマだったのかとドキドキしながら開封し、会報を読んだらやっぱり本当の事だったと判ってビックリ!!

「捨てないで下さい」の御馴染みの表示がなかったのは今回から申込み方法が変わるからなのだそうだが、正直ツアー日程を見て驚いたのは千秋楽の会場名を見て

えっ!?ツアーファイナルは東京ドームでやるの!?いくらなんでもソレは無謀すぎるよ・・・・FC限定なんて特に

って一瞬思っちゃった事。どういう意味かは会報を読めば理解できると思いますので詳しくは書きませんが

それにしても悔しいのは、地元2Daysの1日がモバイル会員限定に充てられている事

今からでもモバイル会員になれば申込み間に合うのかな・・・・地元開催時にはまだ仕事忙しくないし、どーしよ~、う~ん

しかしスタンディングが1~3月となると、仕事が1年で最も忙しくなる時期にライブ重なっちゃったらどうしよう・・・・と心配していたのですが、丁度自分の行きたい所が大丈夫そうな日程だったのにはホッとしましたね

ファイナルは3月入っちゃっているけど、月初めの土日だったらなんとかなりそうだし・・・・ラッキーすぎる日程に本当に感謝、感謝です
コメント

10・12B-T@川口ライブレポ・参

2012年10月20日 20時27分48秒 | BUCK-TICKライブレポ
ども。今日BUCK-TICKは奈良でライブですが、今回で川口のライブレポは完結です↓

EN1は「Coyote」で始まり、櫻井敦司が「抱きしめたらひとつかい?」の部分にてエア相手役を抱きしめ、腕を回す所では今井パートの切ない旋律が原曲よりも鮮明に聞こえるのもあり哀愁度が5割増しなのがムード満点でいいですね(原曲はヒデパートのジャカジャカ~の方が目立つ)

続く「Tight Rope」では横須賀の時みたくあっちゃんがアニィのクレーターの淵を始終歩きながら歌っていたが、バックに空中ブランコがぶら下がる宇宙空間の映像が追加されてましたね

EN1トリの「天使は誰だ」ではあっちゃんが唐突に「ラブラブラブ・・・・愛愛愛(!?)」と呟きはじめ、コール&レスポンスとは別パターンで開始。今井先生がイントロを弾き始めると敦が先生を指差し、追っかけでヒデが弾き始めるとヒデの方を指差してたな

同曲では「拍手喝采の~」の所で両腕を広げてうやうやしくお辞儀するポーズが定着したのはいいが、ラスト近くのBメロ部分にて敦が繰り返し部分飛ばしてサビの歌詞を歌い出しちゃった時は「ちょっ・・・・どうするの!?」と予想外の展開にハラハラ

結局、演奏を中断することなく照れ笑いしたままステージをうろついてその場を持たせてしまいなんとか曲は最後まで歌い終えたのですが、特に取り繕うアドリブも発せずにその場を混乱させる事も無く最後までやり切ってしまうあっちゃんにプロ根性を感じましたね

プロ根性と言えば・・・・EN1か本編のラスト退場時にアニィがスティックをステージに叩きつけてキャッチする技を披露したのはいいが、この日に限ってステージの床材とスティックの相性が悪く、2回、3回・・・・ついにはステージ上にセットした白い通路部分でも試した挙句、6~7回目辺りでやっとキャッチに成功した時は場内からは大拍手が!!

コレに懲りたのか、アニィはEN2ではスティックを適当に放り投げていましたが

あとEN1入場時にヒデが敦のスロープの端をダンッ!と力強く踏みしめてから通って行きましたが、一体いつまで初日ネタを引っ張るつもりだ

EN2ではゆうたがまた上手花道の非常口から元気よく登場!(静岡の時はアニィに気をとられて「いつ登場したの!?」とすっかり騙されましたが)今回はツアーTシャツの着替え無しだったかな

曲目は「独壇場」「HEAVEN」「夢宙」で、「HEAVEN」で敦はやたら身体をのけ反らせていたな。

あと、「狂いゆく~」の所にてこめかみチョンチョン→指クルクルの手振りは●ルク●パーみたいで放送コードに引っかかりそうだわ・・・・

夢宙で先生を残してステージを退場する際にはゆうたはジャンピング投げチュして退場していきましたね

そして、先生のギターがオートで全てのノイズを出し切った所で公演は終了!

このレポを書き終えた頃には丁度奈良公演が終わっている頃だと思いますが、今日のライブは一体どんなだったのかな?

明日は滋賀で今井先生の誕生日ライブですね
コメント

10・12B-T@川口ライブレポ・弐

2012年10月19日 21時50分47秒 | BUCK-TICKライブレポ
ども。写真は会場の裏に停めてあったツアートラックなのですがいざ静岡のリベンジをしようと思いきや、搬入口にピッタリ付けて停まっていたトラックは丁度樋口Brosが影になってしまい、フロント3人しか撮れませんでした

次こそは5人全員撮れる様に停車してほしいなぁ・・・・今回はいつもよりペイントが豪華なのですから、スタッフさんはファンが記念撮影を楽しめる様に配慮して停めて欲しいですね

そんなこんなで今日はこの間の続き↓

「人魚」の次の「夢路」では場内が暗くなり、追悼モードに入りかけた時に関東公演ではおなじみの「ヤガミトールさ~ん!」の掛け声が!

瞬間、場内はお約束コールがまた出たとばかりに笑いが起きていたが折格追悼モードに雰囲気が入りかけている矢先に空気をブチ壊す行為はやめて欲しかったですねっ

歌舞伎にて「○○屋!」と屋号を叫ぶ常連さんは持ち回りで2~3組いるらしいけど、今回は常連ではなく愉快犯の可能性ありだな。タイミング悪すぎだし

リバイバルコーナーの「極東~」ではバックに炎と爆発の追加映像が!

ドカンボカンと言う爆発音が聞こえそうなリアルな爆炎CGと照明までも真っ赤で、ステージが物凄く熱そうに見えたわ

「ジョナサン」ではあっちゃんが積極的にステージ前面を歩き回り、最前客に頭を触らせまくっているのを見た時は新手のスカルプケアか!?と思う位揉みくちゃに

同曲では左端の方の手をしっかり握りしめファンの人は喜んでいたのが印象的だったのですが、横須賀の時も左端の人の手をしっかり握手してたよね?(この時は櫻井敦司ではなくゆうただったけど)左端の人って何か特別なお客さんなのかしら

そして「誤解~」と進み、「夜想」にてやっとコート脱いで生腕披露!

今回は軍帽に黒革手袋着用で歌ったのだが、生腕に革手袋の取り合わせが中々フェティッシュでムフフ(笑)「夏が逝く~」の部分ではステージの床叩いてたな

「SANE」では敦がラストの「SANE!」のシャウトと同時に今井先生が一回転を決めるシーンがカッコ良かったな

そして駅前の花壇を思い出した「禁じられた遊び」

この日は拘束力の強いブーツ着用だったせいか、前回の静岡よりアクションは控えめな感じがしたのだけど間奏直前の所では一瞬、虚空に視線を向けた後、そのままバッタリ倒れてしまうシーンは勢いがありすぎる分生々しくて本気で演技か!?と思った位

今までは身体を丸める風に倒れてたが、今回は足がやや投げ出しぎみだったな

OPのオレンジのライトの集中砲火が強烈な「ラプター」は、サビの部分を口閉じたまま客にマイク向けて歌わせる場面があるが、バックに敦の録音コーラスが流れているせいか、どうしても私には口パクしている風にしか見えないんだよなー

あらぬ誤解を受けぬためにも録音コーラスを使うんだったら自分も一緒に歌った方がいいと思うのですが

そして「ミステイク」では敦はほぼマイク前で直立不動なんだな。手を胸に当てたり、両手を拝む様に合わせたりと一つ一つの動作がとても美しい

本編トリの「CLIMAX~」では1階のほとんどの人が手拍子&サビで腕を振り上げるフリでノリノリ∞、3階からも大盛り上がりしているのが解って楽しかったですね。個人的には最初の部分にて、今井先生が足を硬直させたまま左右に大きくチクタクと振るステップがコミカルで可愛かったです

ラストのスローテンポになって終わる所では敦が正面向いて手を振り、そのまま気だるく投げチュするフリで終わりましたね。新パターンのもセクシーでグーよん

アンコール編はまた次書きます、よろしく
コメント