銀城歌劇団楽屋日記@BUCK-TICKさん

某月某日、櫻井敦司魔王の電磁波にやられ、気づけば支持暦20年(ブランク有)の輪迦(わか)の日記です。

12・29B-T@日本武道館2010・壱

2010年12月31日 15時28分29秒 | BUCK-TICKライブレポ

ども。今朝ラジオを聴いていたら、今日は大晦日であると同時に1931年に新宿に日本版のムーラン・ルージュが出来た日でもあると知りました♪

なんとタイムリーな話題と言う事で、今日は12・29のBUCK-TICK「RAZZLE DAZZLE追加公演@日本武道館」の感想前半を

南西の2階席は丁度前の席が一段低かったのもあってかなり視界良好!ステージはやや斜め上から見下ろす感じだったけれど、客席はほぼステージ中央でLED額縁も全部見られる角度だったので○!

照明がババッと消え(他の会場はボヤ~ッと段階的に消える感じなのに、武道館のはいきなり消える感じなんだよね・・・・。この感じも武道館に来たっ!って思える瞬間ですね)、OPの宇野さんの煙絵の所では会場全体で大きな手拍子が!!

ウチの席からは距離があったせいか、今までのホールに比べるとスクリーンの映像がやや暗めに見えたかな・・・・?

この日は「RAZZLE~」の追加公演だったのでメンバーの衣装の新調は無しだったのだけど、あっちゃん(櫻井敦司)のシルクハット&真紅の燕尾ジャケ&白フリルブラウスの組み合わせは他の公演で一回も見ていなかったので見られて良かった

今井先生の噂の毛先真っ赤ボブは、よく見ると右側だけまとめてアップにしているのが昔のロック系女子みたいでなんともキューティー

あとゆうたの髪型が再び外ハネ仕様になっていましたね!年末になってまたまた可愛さ倍増

ヒデはタイダイ染めの方で(スカートの方は寒くなってから活躍すると会報で言ってた割には、タイダイ染めの方が多く着ている気がするのですけど)、アニィは最後もベージュのスーツでした。

最初の「RAZZLE~」では、早速前の三人が低位置からフロントに移動して会場を盛り上げ、後ろのゆうたも顔を前に突き出してニッコニコ!

続く「独壇場~」では、上手花道に今井先生、下手花道にヒデが行ってサビで先生が一人ラインダンスを披露!周りに他のメンバーがいないから目立ちまくり!

終盤は敦がいきなり下パートで歌うと立位置を交換したギタリスト二人がコレに続き、ラストは先生一人でフロントに出て足をグーパーグーパー→右足を思いっきり蹴り上げて曲げるフリをキメッ!!

そして、早口で敦が「ダンスダンスダンス」と呟いて「PIXY」

終盤の「暗黒宇宙空間~」の所では、敦が四方八方からライトの集中砲火を受けるのですね。で、暗転。

武道館ではPAが不調なのか、ヒデのコーラスがあんまし目立ってなかったのが残念

3曲終って最初のMC「ウェルカーム!」←いつもココの呼びかけは腹から搾り出す様に発音しているのか、メチャクチャ馬鹿でかい声でちょっとビビる

続いて、「今日は来てくれてどうもありがとう」だったけな・・・・?すみません、失念しました

その後の「羽虫のように」では、今井先生が間奏部分でピタッと止まる瞬間を見られて感激し(でもアレって止まっているのはほんの数秒なのね)、続く「ボレロ」ではラストの敦が横を向いた瞬間、先生が上を向く瞬間もバッチリ見られました!!あっ、同曲ではアニィから順番に敦がメンバーを一人ずつ紹介していましたね!

そして、「ジャンゴ」の前に言う「ビビディ、ババディ、ブー」の呪文はタメバージョンではなく、呟きバージョンの方。ブッで尻上りになる言い方がお茶目

ジャンゴはもう今井先生の一人舞台で、外ハネステップを中心にサビの「ジャンゴ!」に合わせて繰り出すハイキックも鮮やかに決まってカッコいい!敦も「~奴はトリックスター」と指差してるし

かと思えば、間奏~四字熟語の所ではステージ中央にしゃがみこんでギターを弾いている所に敦が後ろに立って歌い、その後敦が下手に向かう後ろで両手を顔の前で交差→顔横で手拍子の動作を素早く披露するなど、もぅ一瞬一瞬がキメポーズの連続連続で目が話せませんでしたね!「ジャンゴ」は

間奏ではゆうたもフロントに登場して今井先生が巻き起こすバカ騒ぎに合流!

次の「狂気~」では、オタマちゃん達との競争も最後と言う事でラストのクロールの所では敦がスクリーンに向かってバイバイしていたのが印象的だったな~

だけど、相変わらず「君は私の、太陽ー!!」でビックバンの如く絶叫するのは、うるせ~!!!

間奏部分にて今度はヒデが上手花道、先生が下手花道に行ってギターを弾きましたけど先生は花道先端の柵に足を乗せて弾いていましたな

と、言う訳で今日はココまで。

続きはまた来年と言う事で皆様、良いお年を!

コメント

B-TのXマスカード2010

2010年12月24日 21時14分52秒 | BUCK-TICK

ども。今日はクリスマスイブと言う事で、BUCK-TICKの公式HPをチェックしたらB-T-Bが寿々に更新されていたので感想、行きます!

(櫻井敦司)

今年は猫ちん単独の写真ではなく、魔王様自ら猫ちんを抱っこし堂々の2ショットで登場!・・・・なのはいいが、写真写りが最悪すぎる!それと室内で取っているのに(!?)、ファーが付いているコート着用なのは何故?

最初見た時、てっきり私ゃサングラスをかけて写っているのかなと思ったら・・・・単に加齢による下まぶたのドス黒を修正していないだけやんけ!

この写真を撮ったのは多分身内だと思うのだが、1ファンとしては声を大にして言いたい!!

「もぅちょっと、旦那をカッコよく撮ってよ!」

流石に素人にレフ版用意して撮れなんて事は言えないけどさ、ハッキリ言って熟れすぎて茶色くなったバナナの様な見苦しい顔を人前に晒すのはやめて欲しかった言うか、あくまでも旦那の「仕事先」の公式HPに載せる写真と意識して欲しかったよ・・・・

やっぱりスターのカミさんは「良い人」すぎても駄目だな・・・・私だったらもっと綺麗にこだわって撮る!

(今井寿)

今回はXマスネタではなく自宅の絵画コレクションの様だが、こう言うひねくれた可愛さを前面に押し出した子供の絵は先生の好きなモチーフなのかしら?

宇野亜喜良氏の、アンニュイな表情の少女画に通ずる物がありますね

(星野英彦)

サンタ→トナカイ→雪だるまと来てまたサンタのイラスト再び。

だけど、今年のサンタは小人さんみたいだな。「じゃ、メリクリ」って・・・・略しすぎ!

(樋口豊)

雪だるまパン可愛い!あと後ろのコロネを逆さまにしたツリーパンも!!

コレはゆうたがよく買うベーカリーで撮らしてもらったのかしら?(普通、お店の中の陳列された商品って取材でもない限り個人じゃ写真取らせてもらえないよね?)

つーか、ゆうたと菓子パンと言うモチーフがちょっと意外だったな・・・・(お酒好きな人ってあんまし甘い物好きじゃなさそうだし・・・・あ、でも今井先生はドーナツ好きだな)

(ヤガミ・トール)

ツアーTシャツイラストの流用なのは・・・・この間は宇梶剛士氏の忘年会に行かれたみたいですけど、今の時期はあっちこっちの忘年会に結構呼ばれたりして忙しいのかしら?だったら、許そう。

コメント

アニィが宇梶剛士さんの忘年会に!?

2010年12月22日 20時55分31秒 | BUCK-TICK

ども。昨日寿々にブログを更新した後ネサフしていたらなんと!BUCK-TICKのアニィが俳優の宇梶剛士氏の忘年会に参加していた事を知ってビックリ!!ちなみに、大石善也氏と言うギタリストの方のブログで知りました

いや~っ、12・18の名古屋でRAZZLE DAZZLEのホールツアーが終ったのにもかかわらず寿記は全然更新されていないしB-Tのメンバーはどうしているのかな~?と思っていたら・・・・意外な方の所に顔を出していて驚きました!

フロントの3人(今井寿、櫻井敦司、星野英彦)はどちらかと言うと同じ業界のバンドマンとの付き合いばかりがWeb上でも目に付きますが、樋口ブラザーズは2人ともバンドマンから俳優さん、コメディアンの方まで結構交友範囲が広いですよね~

あっ、今井先生はナンチャン(南原清隆氏)とも面識があったんだっけ今年初めに寿記に書いてあったのにすっかり忘れていたわ

そう言えば、昨日自室に戻ってTBSラジオをかけていたらTHE ALFEEの12・23/24の日本武道館のライブ告知CMが流れていたのを聞いたのですけどBUCK-TICKの日本武道館の主催がニッポン放送なのに対し、アルフィーはTBSラジオ主催なのですね(まあ、コレは高見沢俊彦氏がTBSでレギュラー番組を持っているのも関係あるのでしょうけど)

ちなみにB-Tの武道館告知CMは、2年前に一回だけニッポン放送で聞いた事があります。この時は08年末だったからアナウンスのバックに「HEAVEN」が流れていましたね

コメント

今週のかりあげクン@12・20

2010年12月21日 20時41分27秒 | かりあげクン

一般住宅向けの暖炉の火って焼却炉代わりになるのかいな?火力的に←1本目の暖炉の話。

今は空気中のCO2排出規制が厳しくなり、自宅の庭や田んぼとかでの焚き火も禁止されて見なくなったけれど別荘の暖炉とは規制の対象には入らないのだろうか?

2本目のレストランの話は・・・・確か昔プリンに醤油をかけて食べるとウニの味(でしたっけ!?)がするなんて話があったけれど、ポタージュにピーナッツバターを加えると一体何の味になるのでしょうか?

3本目のハンカチの話は・・・・今時デートの時にベンチにハンカチを広げて紳士きどりっつーのも古典的なシチュエーションだけど(デートの場面がまず出てこないコボちゃんにはあんまし登場しないけれど、他の植田まさし作品には結構出てきます)、かりあげのはあまりにもストレートすぎと言うか、オチの部分だけ切り取ってみると外国の大して笑えない1コマ漫画みたいだなぁ・・・・

4コマ目のコーヒーカップの話は・・・・人間の口唇は灰皿じゃないんだから・・・・ね

コメント

コボちゃん来年から小学生に!?

2010年12月15日 20時52分35秒 | かりあげクン

ども。BUCK-TICKは今日、大阪でライブですが正直このカテで書くのはすんごい寿ぶりですね

今日は図書館に行ったのですが、本を借りるついでに新聞コーナーにて読売新聞のコボちゃんをチェックしたら、なんと!コボちゃんのおじいちゃんとおばあちゃんがデパートにランドセルの下見に行くと言う話が載っていてビックリ!

コボちゃんと言えば今年の6月に妹の実穂ちゃんが生まれて大いに話題になりましたが、植田まさし先生はこの事に関して

「妹に関しては、生意気な口をきく様になる3歳位まで成長させたい」

みたいな話を実穂ちゃん誕生前後にWeb上の記事で話されていたのを見ましたけど、どうやらこの流れからしますと植田先生は作品の時間を進めるのに本格的に取り組み始めたと言う事なのでしょうか?

と言う事は、来年四月には小学校へ進級したコボちゃんのランドセル姿が紙上で見られるのかな?気になります

漫画で思い出したのですが、スポーツ関連の本棚で適当に読んでいたらゆでたまご先生の「キン肉マン」に出てきたウォーズマンの必殺技の「パロ・スペシャル」が実在する技だと知ってまたまたビックリ!!

正式名称は「スタンド式波乗り固め」で書籍には詳しい写真も載っていたのですけど、実際の技は相手の真後ろから足を絡ませて両腕を引っ張るのではなく、相手の背中に反対向きにまたがり両腕を引っ張りながら片方の足で相手の左腿を押さえ、もう片方の足は相手の右足に絡ませると言う感じでパっと見はメチャクチャド派手な技だけど漫画版のに比べると、スキがありありっぽいかな・・・・

写真よく見ると、技かける方の体が密着していないし

ちなみに、この技は1960年代にイギリスで活躍していたジャッキー・パロ選手の得意技だったから「パロ・スペシャル」なのだそうです。

 

コメント