銀城歌劇団楽屋日記@BUCK-TICKさん

某月某日、櫻井敦司魔王の電磁波にやられ、気づけば支持暦20年(ブランク有)の輪迦(わか)の日記です。

植田まさし先生の広告ポスター!?

2017年07月24日 21時30分33秒 | かりあげクン
どもども。今日、会社帰りにケータイを見たらFCからメールが来ていてついにBUCK-TICK30周年ベスト「CATALOGUE 1987-2016」が9月20日に発売決定との事だったが、今日はB-Tの話ではなく植田まさし先生の話

今日もいつもの様に電車に乗り、いざ帰宅しようとしたらいきなり上の写真のポスターが目に飛び込んできたのでビックリ!!

植田まさし先生の広告関係の仕事と言えばJRのViewカードのかりあげクンのポスターが真っ先に思いつくのですが、3本柱(コボちゃん、かりあげクン、おとぼけ部長代理)ではない全くのオリジナルキャラクターによる描き下ろし広告ポスターと言うのはもしかしたら初めてなのではないのでしょうか!?

対象の商品はどうやら介護食の様だが、植田まさし先生のファミリー四コマに慣れ親しんできたサラリーマン世代も最早こう言う物が必要になる世代になってきたって事での起用なのかな?

植田先生も今年で70歳・・・これからもお元気に四コマを描き続けてほしいです
コメント

お目当てのチケット取れました!

2017年07月15日 19時20分52秒 | BUCK-TICK
どもども。暑さに加えて今日は秋からのDIQツアーのチケ当落発表日と言う事で、朝から心と身体の調子が落ち着かなかった、輪迦です(写真は関係ないけどウチのキュウリさん←ここ数年はキュウリカーテン作るのが恒例になっているんだよな。ちなみに家族全員グリーンカーテンの定番ゴーヤーは苦手)

まったく~、なんで当落発表日がよりによって休みの日なんだか!勤務日だったら気にせずに仕事に集中できたのに!と、ソワソワ&ぐったりを繰り返しながら迎えた午後6時過ぎ、ケータイを恐る恐る開いたら・・・

やったー!申し込んだところは全て当選していました!!

正直、6時5分すぎにケータイを開いてメールをチェックしたら大宮と栃木の二ヶ所だけしか当選メールが着いてなかったので

えっ・・・まさか落選するとメールって来ないの!?

と一瞬背中がヒヤリとしたが、一度に同じ所からのメールを大量に受け取るとタイムラグが起こる事が今回初めてわかり(いつも仕事の帰りにまとめて届いているのしか見た事がなかったからね)、数十分たってから他の会場のメールも次々と届いてホッと一安心

よっしゃー!今年は秋が楽しみだ&今年は12月28日も去年の同じ日にヒマで大掃除前倒ししてやった話を持ち出し、許可を得たので武道館2DAYSだぜっ!

30周年楽しんでいくぞBUCK-TICK!!
コメント

七夕、チケ申込、ランデヴー

2017年07月07日 22時30分50秒 | BUCK-TICK
♪Be my baby Be bop a baby She’s my baby love♪

どもども。今日は七夕と言う事で無意識の内にBUCK-TICKの「RENDEZVOUS~ランデヴー~」を口ずさんでいた、輪迦です♪

思えば20周年の幕開けを告げたのはこの曲だったんだよな・・・とふと10年前の事を思い出したのだが(リリースも7月だったしな)、9月の野外ワンマンでは30周年をお祝いする新曲とか聞けるのかな?今井先生も会報のアンケで「新曲 お楽しみに」なんて書いていたし

さて、DIQツアーチケのエントリーを済ましてきたのはいいのですがチケ申し込みの面倒くささが去年のアトムツアーの時とちっとも変わっていなかったのには閉口しましたね!!

この間の野外は寿ぶりに一回の申し込みで2日分エントリー出来たから(つーか2日通し券を指定したのだが)「やっと申し込み方法を改善してくれたか!」と喜んだのだが、まさか全然変わっていなかったとは・・・

やっぱりこの方法っつーのは心理的トラップみたいなもんなのかと申し込んでいる間ずーっとモヤモヤしてたと言いますか、メアドはともかく電話番号は何度も入力している内に「これ本当にウチの番号なのか!?」と段々神経衰弱っぽい気分に・・・子供の頃からずっと慣れ親しんでいる番号だけにね

意味のない言葉の羅列を真剣に考えなければいけない(パスワの事だよ)と言うのも一種の拷問だったな・・・

そんなこんなで無事申し込みは終了したのだが(ケータイに申し込み完了メールが来たしな)、今年も希望のチケットが全部当選しますように・・・!
コメント

B-TのCT映画見てきました2017・弐

2017年07月01日 14時52分23秒 | BUCK-TICKライブレポ
将棋会館って渋谷区千駄ヶ谷にあるんですね

どもども。連日ニュースで上記の地名を聴くたんびになぜかときめいてしまう、輪迦です。ちなみに近くにはビクターのスタジオもあるのですが、Rec中のメンバーも話題の「豚キムチうどん」をオーダーしたりするのかしら!?ムフフ・・・そういえば昨晩はニコ生で30周年ベストAlリクエストのランキング中間発表もあったのですよね

ブログ更新は実は連日残業続きでちょっと間が空いてしまいましたが、今日でBUCK-TICKの映画の話も完結です

次はCTの中でもギタリスト2人がその時の記憶をすっかり忘れていたりと酷い扱いの「悪魔とフロイト」。個人的には一番コレが思い出深いんだけどね~(ステージに近い席だったし)

このパートでは敦とメンバーのわちゃわちゃがやたらクローズアップされていたのが印象的だったっつーか、ラストの敦Uの肩組んでの退場シーンはすっかり忘れてたな~。「BRAN NEW~」のフロント3人のわちゃわちゃは思い出したが(まさか真上からのアングルで撮っていたとはね)

どっちにしろ、お茶目です

あと「楽園」はメンバー寄りのカメラワークだったのでバックの映像と融合した一大スペクタクルが再び見られなかったのが残念だったな(これについての詳しい描写は当ブログ14年9月11日の記事を参考に)9・11からの流れから行くとアレは演奏と映像との融合がキモだったのに・・・。ファンはメンバーの表情がアップで見られて嬉しかったのだろうけど、引きの演出も一つは入れてほしかったよ(実は冒頭の敦のイスラムのお祈りみたいなパフォはすっかり忘れていたのですが)

実はここだけの話、私はこの時の黒シャツ&パンツの敦が一番好きだったりすると言いますか、正直フリフリ&レースの衣装を着たり太もも出さなくても男の色気を感じさせるのはこのシンプルなスタイルだと思うなぁ。思うに最近の敦は少々迷走しすぎ・・・と

そしてパートは一年前の3rdへ。年代が進むにつれて上半身のボリュームが増えていく敦と可愛くなってくるゆうたとの対比が・・・改めて横揺れニコニコなプレイに胸キュン

終盤になって再び「JUPITER」が放映されたのを見た時は、「おぉ!コレで冒頭でループして終わるのか!!」流石は未来志向のバンドBUCK-TICK、大昔の曲で終わらせないのが彼ららしいな、と(つーか、折格同名の曲があるのだからやっぱりコレで締めた方がベストだよね)

最後にインタビューパートの事も。正直敦と今井先生のシーンが多すぎて彦さんの喋るシーンが少なかったのが私的には不満だったと言いますか、意外だったのはゆうたも登場率が少なかった様な・・・・敦今の次に出番が多かったアニィは印象に残る発言が多かったな

それにしても敦のどっかの営業のオジさん的なヴィジュアルは何とかならなかったのかと言いますか、グッズ(パンフ&A4ファイル)のアー写との乖離が凄すぎて・・・レフ版飛ばし&厚化粧の顔(失礼!)が本当の顔と言い張るのならソレはソレで構わないからせめてイメージは統一して欲しいな・・・と

とにかく、この映画を見終わったあとは無性にライブへ行きたくなりましたね。あ~9月が楽しみだっ!晴れろよ~!!
コメント