銀城歌劇団楽屋日記@BUCK-TICKさん

某月某日、櫻井敦司魔王の電磁波にやられ、気づけば支持暦20年(ブランク有)の輪迦(わか)の日記です。

B-T@ニコ生郡山ライブ見ました!

2014年01月25日 21時16分05秒 | BUCK-TICKライブレポ
ども~。今週はニコ生でBUCK-TICKweekと言う事で連日日替わりで過去のライブ映像を放映したりしてたけど、過去より今の彼らが好き&映像だと自分目線で好き勝手に楽しめないのが不満と言う事でチェックはしなかったんだよね

だけど昨日放映された郡山のDIQだけは日本武道館でのDIQしか知らない私には興味深い内容だったので、見てみましたら・・・・以下、内容は箇条書き

○ライブ前にメンバーのインタビューがあったがトップバッターのヒデのサングラス&口ベタさ加減にはちょっとイラッ去年の藤岡の試写会の時でも一人だけグラサン着用だったけど何でそんなに人前で喋るのが嫌なのか?ゆうたはまともに喋ってたが緊張してるのか目が座ってたのが怖かったな・・・どしたの?

アニィの銀ピカのインナーはかなり強烈だったなぁ・・・・頭は一部パツ金だし。今井先生は無表情でもちゃんとカメラ目線で喋ってたのは良かったね

・・・・だけどラストのあっちゃん(櫻井敦司)の髪型だけはどうしても頂けなかったと言うか、あのアシンメトリーヘアは左右の髪のボリュームが極端すぎるのに加えてTVカメラ通してたから顔の大きさも横にデカくなりまるで落武者の生首みたいの様なヴィジュアルでがっかり物でしたね

サイド下ろせば丁度バランス良くなるのにな~~~、「若さで頑張る(!?)」とその顔で言われても説得力ねーし

○OPは武道館と同じく「STEPPERS」から。まねき猫ポーズもバッチリ

何か今回の映像ではやたら股間を押さえているカットばかりが目に付いたがソレを大写しにするのもスゴイな・・・・立派なアダルトコンテンツやん

○「ジャンゴ」では最初からシルクハット被って歌ってたのね。しかし、サビで自分の声が流れている時に客席にマイク向けんのは止めた方がいいぞ、口パクと誤解されるから・・・・

○「キャンディ」ではコートを頭から被る演出もあったのね。あと問題のがに股ユ~ラユラもw

○「BUSTER」ではMCにて「叫んでください、ラララララァ!」と半ばやけくそ気味に呼びかけてたのが可笑しかったw

○「ドレス」では結構手で細かい芝居してたんだね。個人的には「約束をかわした~」の所で「指きりげんまん」をやってたのが印象的だったな

○「セレナーデ」の玉すだれはステージ前方ではなくバックに垂れ下がってたが、PCのモニター通してでもいつ設置されたのが解らないのが凄い!!

同曲の最初のギターソロの所で今井先生の側にて腕組みして立つあっちゃんが可愛いwサビではモニターに腰掛けて歌ってたね

○「CREAM SODA」ではズボンの中に左手をつっ込んだりやたら「ア~ン」を連発したりとエロ魔王ぶりを炸裂してましたが、何曲か後の「スズメバチ」でもマイクスタンドしごいたり腰カクカクしたり「オシッコ漏れちゃう」的な手付きをしたりと、武道館での不完全燃焼を見せられた私としましては正直何コレずる~い!と思わず叫びたくなりましたわっ!!

やっぱりコレは、関係者席が無いから暴走できたんだろうね

○驚いたのは「RHAPSODY」にて冒頭、ちゃんとシンセの合いの手が郡山では入ってた事!なんで武道館ではオミットしちゃったんだか・・・・

あとこの曲は会場が会場だっただけに、

「生まれ変わっても ここで生きていくんだ」

の歌詞にはズシンと来る物がありましたね

歌う姿勢も違ってて、武道館ではステージにしゃがみ語りかける様に歌っていたが郡山では力強くまっすぐに客席を見つめて歌っていたのが印象的でしたね。あと間奏では先生がXマスメドレーを即興で弾いてたっけ
コメント

ゆうた誕生日とラブパレ感想

2014年01月24日 21時56分30秒 | BUCK-TICK
どもども。今日はBUCK-TICKの樋口豊さんのお誕生日と言う事で今年もイラストをUPしました↑

なんかコンセプト的には去年描いた物と似た感じになっちゃたのですが、今年は着ぐるみを本家のクリーム色にしまして天使の羽根まで付けちゃいました(コレは某女児向けゲームに出てくる「エンジェリーベア」に触発されて描いてみた)

B-TはREC中だけど、今年のゆうたはメンバーにお祝いとかしてもらったのかな?(もっともヒデ曰く、最近はREC中も別々に録るからめったに会わないなんていってたが映画とか会報でのREC風景とか見ると結構共同作業の場面多いよね)

とにかく、47歳のお誕生日おめでとう御座います!

話は変わって、ニューSgは購入以来通勤中ずーっと「STEPPERS-PARADE-」の方をリピしまくりなのですが、今回「LOVE PARADE」の方も聴いてみましたわ

・・・・う~ん、映画のEDを意識して作ったというだけあって一抹の寂しさがじんわりと来ると言いますか会社行く時にはちょっと向かないかな。ボーカルが加工無しの生声なのはいいけど

感想は去年の6月30日の記事に書いた時とあまり変わらないと言いますか、眠る猫とノスタルジーと穏やかな昼下がり・・・・改めてあっちゃん(櫻井敦司)がヒデ曲に詞を書く時に求めている物って安らぎなんだなぁと思いましたね

正直、今井先生の曲に個人的な理想の癒しの世界を持って行くとなんとなく怒られそうだけどヒデなら許してくれるかな~なんて思っているフシも感じられると言いますか、やっぱり作曲者の人柄で詞世界を書き分けてたりすんのかな?
コメント (2)

CDフラゲとDVD買え買え詐欺疑惑!?

2014年01月21日 22時06分20秒 | BUCK-TICK
どもども。またかなり間が空いちゃいましたが、先週から今週にかけて連休後の仕事が連日21時帰宅のハードさだったり今週初めには初めて急性胃炎で目が覚め、寒い夜だったのに寝汗びっしょりになったりと色々大変な事になっていましたがBUCK-TICKのニューSg&DVD「劇場版バクチク現象」の発売日だけは忘れてないよ!と言う事で今日、会社の帰りに横浜駅へ途中下車したのはいいが・・・・以下ローカルネタで御免↓

横浜モアーズのタワレコっていつの間にか無くなっていたんですね

いや別に特典が目当てだった訳じゃないんだけど、あの店はB-Tの新譜出ると独立した豪華なコーナー作ってくれる事があるからソレが楽しみで寄ってみたのはいいが・・・・

仕方ないので気を取り直して相鉄ジョイナスの新星堂へ行ってみたら・・・・おっ、あったあった!

ジョイナスん中の新星堂も別階に移転してからはすっかり規模が小さくなり目立たなくなってしまったからか、初回版が発売日当日(フラゲだが)に買えて特典のポストカードまでもらえたのは奇跡だったね~(以前4階にあった時は発売日に行っても初回版&特典は店頭で買えない&もらえなかった気が・・・・立地的に一番アクセスしやすいCD屋だったし)

一方、会社帰りにケータイを覘いたら母からメールが入ってた挙句、近い時間に留守電まで入っているので緊急事態でもあったのかと思ったら・・・・某通販サイトで購入したDVDが朝早く(なんと8時過ぎだ!)着払いで届けるとの配送先からTELがあり、母は某通販サイトの名前を知らなかったからてっきり買え買え詐欺と勘違いしたらしい

DVDに関しては割引価格が魅力的だった某通販サイトを今回初めて利用したのだが、ソコは某掲示板とかでは「平気で2~3日遅れる!」と評判は悪かったので「どうせ遅れるんだろ」とのんきに構えて話さないでいたらまさかのフラゲ、しかも早朝・・・・そりゃあ、家族も不審がるわ

結局、母が勇気を出して立て替えてくれたのでゲットできたのはいいが悪い事をしてしまったな・・・・ごめん、母

CDの方は「STEPPERS-PARADE-」の方から先に聞いてみたが、おや、映画で聞いた時はマーチングドラムっぽかったOPのドラムの音がアニィの軽音楽用ドラムの音に変わっているぞ!?

ボーカルは先日武道館で聞いた生声の方が絶対に良かったと言うか、CDのは変な歪んだエコーがかかっていたのが何か微妙だった・・・・な。最後の方のサビにはホイッスルも入ってましたな

これから何回も聞けば、印象も変わってくるのかもしれませんけどね
コメント

音楽と人2月号・感想

2014年01月13日 21時32分40秒 | BUCK-TICK
ども。今日は音楽と人2月号の感想を(いつもだったらBUCK-TICK関連の記事は発売日に即チェックするのだが、先週は仕事始めから忙しすぎてノーマークだったんだよね。トホホ・・・)

まず80Pのあっちゃん(櫻井敦司)の大股開きにズキューン

何もこんな大胆な写真をゆうたインタビューの横に配置しなくたって・・・多分「エリーゼ」の時のか

最初のページの所の今敦2ショットは近年この2人が絡んでいる写真が少ない分、単純に嬉しいですな

個人的にあのギャザーで切り替えになっていたコートは客席から見た際、太めの女性がワンピースを着て歩いている風にしか見えなくて(失礼!)下のシャツとズボンだけの方がいいのに・・・と思っていたのだがズームで見るとそれなりにカッコいいなと

今井先生のインタビューっつーか、今回の明言↓

「ニーズには答えられないぜ、悪い人達だからね~」

結構B-Tファンの中にはこう言う事を平気で言うから今井先生が嫌いって人がいるけど(特にヒデ推しの人は今井アンチの人が多い気がする。偏見かも知れないけどちょっと解る気もするんだよね)、私はロックバンドの心意気が感じられてこれでイイと思うな

これからもワルの美学を貫いて、好き勝手やって欲しいと思いますわ

今井先生はシュルレアリズム美術が好きで、御馴染みのダリもいいが一番好きなのはジョルジョ・デ・キリコだそうで

私も実は良く知らなくてログインする前に名前で検索してみたのだが、う~む、出てきた画像を見たときの第一印象は・・・・

のっぺらぼうなマネキンみたいな登場人物がポーズする人物画に、一点透視のパースを多用した構成の風景に美術室にあった胸像彫刻を組み合わせるモチーフが多く出てくる作品の数々・・・・先生の好きなのはこんな世界観なのかと。勉強になりましたね

ちなみにイタリア出身で今年10月には都内で展覧会もやるみたいだけど、はたして先生は見に行くのだろうか?←つーか、ツアーはいつなんだか

ゆうたの記事に関しては野球の話に興味が無いので飛ばしてしまったが、割とFCの会報に近いノリの話が書かれてた様な気がした・・・・な。ファンへの感謝の気持ちとか



コメント

寿記1・4~武道館だよ全員集合2013~

2014年01月11日 21時11分01秒 | 今井寿ブログ
ども。DIQレポも一段落終えたので遅ればせながら寿記の方もチェック♪(DIQ開始後はネタバレを防ぐためにBUCK-TICK関連のサイトを一切見るのを止めてたし)

おっ、おっ、あのステージから撮った写真はこんな感じに写るのか。アングルは大して去年のと変わんないんだけど。アリーナの人達はステージから距離のある割には顔が良く写っているね。ブレ気味だけど

あらら?昨日の記事で取り上げた関係者らしき席の所がENではごっそり歯抜け状態になってるよ。あの最前列には未成年のお子ちゃまが座っていたけど多分何らかの事情でそばにいたママ達が連れ出したのだろうか?

彼らが終演後何処へ向かったのかが個人的には気になるなぁ・・・・

東北三県の記事も読んだけど客席が以前に比べてカジュアル化しているのがよ~く解ると言いますか、まるで○ャニーズのコンサのノリだなw

シリアスベアーのタオル広げたり、ダッフィーよろしくコリラックマの縫いぐるみを掲げてアピする人もいればこの時期定番のサンタのコスプレもいるし。公式うちわが売られるのも時間の問題だな←嘘です

私的に微笑ましかったのは盛岡の「気になるあの娘」の所

今井先生は意識してピックを投げたみたいだけど結局受け取れなかったみたいで、ブログにて

「ま、人生はキビシーからね。がんばれ」

とフォローしていたが、この口調がすっかりいいパパさんになれそうな感じだね

そして歴代のピックコレクション。DIQのは絵柄からして05年の時の物だね。SCHAFTのは結構レアじゃない?

最後にもう一人の主役の事をw中腰だったりへっぴり腰だったり可愛い物に目がなかったりと、顔が写っていないのに実に多彩な表情を見せているのが何ともラブリーですな

先生もヲチしてて楽しそうな様子が伝わってくるしねwww
コメント