銀城歌劇団楽屋日記@BUCK-TICKさん

某月某日、櫻井敦司魔王の電磁波にやられ、気づけば支持暦20年(ブランク有)の輪迦(わか)の日記です。

ゆうたから暑中見舞いメール♪

2014年07月29日 22時11分00秒 | BUCK-TICK
どもども。いよいよ明日明後日は渋谷公会堂でBUCK-TICK2Daysですが、私はお留守番組なので見に行かれる方は大いに楽しんで来てほしいですね

しばらく更新していないので近況を話しますと、先週の土曜に友人と毎年恒例の海水浴に行ってきました

いつもは市内の無料ビーチに行くのだが、今年は私の提案で逗子の海水浴場まで行ったんですよね。公共施設のビーチとは違い本場の海水浴場は実に色々な人がいたと言いますか、町ではあまり見かけないタトゥーを入れた男女のグループや外国人・・・・タトゥーに関しては見た目が怖いと言う事で結構問題になってはいるけど、私は結構バンド関係の人達で見慣れているから何とも思わなかったな

それよりも問題なのは真っ昼間から○ッ○ワ○○を浮き袋代わりにして泳ぐ輩がいた事!「彼女」にまたがって泳ぐ姿は正にSix OR Nine(BY「LIMBO」)と言いますか、昔週刊少年マガジンに連載されていた「激烈バカ」って漫画の海水浴の話に浮き輪だと思ってふくらましたら「彼女」だったと言うネタがあったけどまさか実践する奴がいたとはな~~~wwwつーか、子供が「人型の浮き袋」を見たら親はなんて説明するんだ?

だけど今回は天然の海なのもあり(無料ビーチは人口浜なのだ)、泳いでいると波の間から魚が跳ねたり向かってくる波の中に小魚の群れがいたりと思わぬ自然との遭遇にとっても感激しましたね♪

自分の話が長くなってしまいましたが、今日会社の帰りにケータイを見たら寿ぶりにメンバーからメールが来ていましたね

今回はゆうたからだったけど、文面からして相変わらずの腰の低さが伝わってくるな~って感じ

つかの間の夏休みは一体どう過ごしていたのかな?ゆうたはともかく他のメンバーは家族サービスか?・・・・やめとこう、ライブ前にテンション下げる様な発言は

さ~て、渋谷の二日間は一体どうなるなるのかな~っと
コメント

ついに来た会報72号とNHKホールの先にある物

2014年07月22日 22時07分11秒 | BUCK-TICK
パンパカパーン♪今、私はこれまでにない幸福の連続ですっかり舞い上がっています~~~

まず第1に発送メールからやっと一週間遅れで会報72号が届いた!嬉しー!(郵便事故らなくって本当に良かった・・・・)

第2に会報到着と同時に重いPMS(月経前症候群)から解放されたー!!嬉しー!(今月は特に酷くて3連休中はずっとウツ状態でだるかった。天井のBUCK-TICKのポスターに見守られながら(?)激痛に耐えていた学生時代の頃と比べるとコッチはダラダラと続くんだよな。激痛に関しては正しい鎮痛剤の飲み方をマスターしたから克服できたのだが、コレに関しては具体的な解決方法がないのが悔しい)

第3に大宮ソニックシティのチケットが届いた!嬉しー!(1階だがオペラ使わないと見えない席。市川→静岡→と段々席番が後退していくな。果たして横須賀は・・・・???)

第4に関東が梅雨明けだ~~~!嬉しー!  

そしてそして、第5は・・・・予想はついていたけれど10月からスタンディングツアー決定だ!嬉しーーー!!!

個人的に今回気になっていたのは去年の10月に地元・横浜BLITZが閉鎖したのでFC限定ライブは東名阪+仙台の4か所になってしまうのかと心配していたのだが、今回関東は赤坂BLITZとZepp Tokyoの2ヵ所開催で行くみたいですね!FCさん太っ腹☆

横ブリが無くなった代わりなのか11月にはCLUB CITTA’川崎が単発で入っていますが、関東でこの規模の会場使うのは珍しいよね。そして今回は前回結構ファンに好評だったTDCホールが無い代わりに東京EX THEATRE ROPPONGIが初登場となっていますが平日公演だから私には関係ないな

はぁ~~~大宮・横須賀2DAYSの前にまた新たなる戦いに勝たなきゃいけないのか・・・・まぁくよくよ考えても仕方ないわな、月末だしまた明日から仕事頑張ろう(月末と言えばB-Tも渋公でライブだけど私は不参加です)
コメント

FC会報72号が来ない~~~!

2014年07月19日 20時27分18秒 | BUCK-TICK
ども。世間は三連休でもBUCK-TICKさん達は昨日は倉敷、そして明日は奈良、明後日は神戸と相変わらず働いていますが、私は他のB-Tファンの方のブログ&レポを読めずにいます。と言うのも・・・まだ私の元にはFC会報72号が届いていないからで~す!ワーン

今週の水曜日にはFC経由で「会報72号が7月15日に発送されました」でメールが来たけど、待てども待てども灰色の封筒は配達されず今日は一日家にいたのでバイクの音が聞こえたら即、郵便受けへダッシュしたりしたのだが入っていたのは何故か親の旅行関係のDMばかりで(JTBの平日格安パックをよく利用するんだよね)、

「もしかしたら、夕刊と一緒に配達されたりすんのかな?」

と一縷の望みをかけるも(たまに、朝刊と一緒に配達されていたりするしね。新聞配達と郵便局って関係なさそうなのに何で?って思う)結局今日は配達されず・・・・

FCと言えば前回会報が届く前にメールでツアー決定のお知らせが届いてしまい、えらくガッカリした覚えがあるけどやっぱりアレは評判が悪かったのだろうか・・・・(後日ネサフしてたら他にも同じ思いをした人がいて驚きましたが)

なんか今日の記事は愚痴っぽくなってしまいましたが、いっつもウチの方は配達されるのが遅い地域なのは解っていながらも休み中にネタバレが嫌でネサフ出来ないのはやっぱり辛いものがあるな・・・・そんな中、先々週の静岡の記事に複数の方がコメントを寄せて下さったのにはビックリ!

コメ返しの方、遅れていて御免なさい。もう少し待っていて下さい
コメント (2)

7・6B-T@静岡ライブレポ・参

2014年07月13日 21時21分31秒 | BUCK-TICKライブレポ
ども。今夜、BUCK-TICKは新潟でライブでしたね。でもって、私の静岡ライブレポもこれでお終い。

写真の黄シリアス君と一緒に写っているのはライブ前に入った「炭火焼 さわやか」って店の卓上シュガー&会計時にもらった飴ちゃんなんだけど、ここのメニュー&サービスってのが地元横浜の「ハングリータイガー」とほぼ同じなのにもかかわらずセットで頼んでもハングリーの半分以下だったのには驚いたなー!だけど、「さわやか」は静岡以外では出店していないみたいなんですよね・・・・残念

ちなみにウェイティングリストには「櫻井」「今井」の名前もw店内にはB-TのツアーTを着てる子もいたなぁ。みんな肉食女子だね

レポの続き。EN1の始まりはツンドラ教再び!

私的にはこの曲って武道館のクライマックスのイメージがあったから普通のホールツアーで頻繁にやられるとちょっと違和感を感じるんだけど、手っ取り早く盛り上がるには使いやすい曲なのかな~?(実際、会場は2階未使用で1階も後ろは空いてたし)

2曲目はゆうたにアップライトが手渡されたので「おっ!?VICTIM再び聴けるのか?」思いきや「DIABOLO」でした

この曲は寿々だったのか、あっちゃんが歌詞飛ばしてたな~・・・しかし、すぐ気を取り直してなんと!背中の後ろに回した左手を最前のお客さんに触らせる今ツアー初の(⁉)お触りパフォーマンスを決行!いきなり振られたお客さんも「えっ?いいの!!?」と言う感じで恐る恐る触っていたのが面白かったな

ラストのテンポが速くなる所では今井先生の一人ラインダンス&高速ステップの華麗なる足さばきも見られたよ

EN1トリは意外にも市川で大トリだった「形而上 流星」だったのでビックリ!最後の「ラララ~」の所の音程がズレていたのでまたイヤモニ不調か!?と思ったら今井先生が歌ってたのでした・・・御免

EN2ではDADATシャツ&シルクハット(あっちゃんのとは違うタイプで両端が反りあがっている)姿になった今井先生が客席を写メろうとしたらゆうたがいきなりジャンプしてお邪魔虫wその決定的瞬間は寿記にも載ったけど、先生はゆうたに関しては寛容なんだね~。もう一人のギタリストに対しては容赦なく見きれ写真の刑にするのにwww

最初の2曲は映画主題歌。「STEPPERS」では先生が再び軽やかなステップを踏み、ゆうたが間奏にて先生の所でベースを弾いていた気がする。ラストはみんなして花道に散らばる中ヒデだけが先生のマイク使って「パーレ!」のコーラスを頑張っていたのが健気だったなぁ・・・と。「ラブパレ」ではあっちゃんが顔の前で小さく拍手をするのがなんか可愛い

個人的には新幹線の時間が刻々と迫っていたので内心もうコレで終わりにして欲しいと思ってたのだけれど、B-Tの進撃っぷりは止まらず3曲目は今ツアー初耳の「Les Enfants Terribles」!

大トリの前に更にアゲアゲになるこの曲を持って来たのは正に今燃え尽きようとする火にガソリンを注ぐ行為と言いますか、曲前にあっちゃんが最後の気力を振り絞るが如く怖い顔をして仁王立ちしていたのが印象的だったな

大トリは「NATIONAL~」でOPはお約束のクラップで盛り上がり、間奏ではゆうたがまた出て来てステージ真ん中の一段高くなった所にて先生と2ショットを決め、サビでは先生も両手を胸の前に持って行き「ハ~ア」とオペラ歌手の様なポーズをとってました

最後の4人同時に「ジャーン!」と鳴らす所では珍しくあっちゃんが最後まで残っていて(いつもは先に退場してから4人でやる)、退場時にはゆうたがジャンピング投げキッスをしてからアニィがメンバー全員のサイン入りドラムヘッド(小)をブーメランの如く客席に投げ入れて終了!

いや~っ、今回は新幹線でわざわざ遠征して見に行って良かったと思えたほど充実した内容のライブだったけど、アンコールを奮発するあまり先に書いた様にあっちゃんが満身創痍な表情になったり曲の途中でマイクを客席に向けてほとんど歌わないなど相当無理しているなと思ったのも事実と言いますか、最初にアンコ4曲やっちゃうと途中で3曲に減らす訳にもいかないのかな・・・・個人的にアンコはあくまでもオマケなのだから無理せずにベストをつくせる範囲内でやって欲しいですね

コメント (2)

7・6B-T@静岡ライブレポ・弐

2014年07月12日 15時23分00秒 | BUCK-TICKライブレポ
ども。今日は昼間から出没ですが今夜BUCK-TICKは長野でライブなんですね。という訳で、昨日のライブレポの続きです↓

「それでは、聞いて下さい。「世界は闇で満ちている」!」との前口上をやってから同曲。

今回は市川の時と比べて歌は安定していたものの、サビの部分になると途端に力んじゃってバランスが悪くなるのはどうにかならないかなって感じ(体屈めて腹の底から絞り出す様な唱法も見た目良くないし)

バラードはムード重視で、できれば不動の姿勢か椅子に座って切々と歌ってほしいなぁ・・・・

続いての「ONCE~」では2番の「サブマリン~」の所で左手をくねらして潜水艦が海底を進む様子を表していたり。間奏にはゆうた登場!

ここでまたMCが入り、「ダンス×4、LIMBO!」と叫んで「LINBO」!!

正直、前回の市川ではこの曲の出来が酷すぎただけに今回元通リに本調子で歌っているのを見た時はプロの意地を見せつけられた思いがして感激しましたよ!それにしてもイントロ時のゆうたはニコニコ顔で身体を左右に振りまくり、その場で一回転☆とテンションMAXであざといを通リこして怖すぎっ。あっちゃんも振り付きで歌うなど絶好調ですっかり会場内はトランス状態に

盛り上がった空気のまんま突入する「宇宙サーカス」も最高だったが、「痙攣してる~」の所で両手を抱え込む様にブルブルさせる振りはちょっと見た目にもヤバすぎwラストは「DNA」の仏ポーズの如く胸の前で合掌し、そのままクネクネと腕を頭上に持って行き自らロケットになってました。

あっちゃんロケット発射!ラブリーwww

お次は「NOT FOWND!」と叫んで同曲。OPのゆうたが高速でベースを弾く手つきは「職人」を感じさせますわ

この曲では定番小道具のドクロステッキが敦の手に握られていて、マイクスタンドに被せたマダム帽をステッキで取ったりBメロの最初を裏声で歌ったりサビにてアニィの後ろ側で歌ったりと目一杯パフォしまくってましたね。今回は歌と曲がズレてなくて良かったわ~

続く「メランコリア」ではシルクハットを被って熱唱!片足でポーズ取ったりサビの「灰は灰に ふう~」の所で指先の灰やら塵やらを吹き飛ばす小芝居をするなど動きの一つ一つが絵になる美しさ!ただし今回は巻きスカートを振り乱して天使が悪魔を赤く染めるSっ気溢れるシーンは無かったですが(今回あっちゃんは最後まで巻きスカートを脱ぎませんでした)

ラストは「無題」。OPの所で「パパ・・・ママ・・・」と呟いていたかな?バックのスクリーンに広がる荒野は愚者の心象風景なのか?足取り重く歌う敦の姿は正に荒野を彷徨う「愚者」でしたわ。で、本編終了

EN待機中、下手側の席から男性の声で「三、三、七拍~子!」の「七拍~子!」と同じ発音で「アンコール!」の野太いコールが聞こえた時には度肝を抜かれたと言いますか、あまりにも独特なコールだったんで「君は応援団長かっ!」とツっ込みたくなったわw

応援団長の熱烈コールのリードもあって(⁉)ステージに照明が着いた後、ゆうたが登場したのですが上手花道に行くなりお客さんの持っていたタオルでいきなり顔を拭いたのにはビックリ!顔拭かれたタオルはその後一体どうなったのか・・・・気になります

上手花道と言えば開演前に「エナジードリンク リゲイン」のラムちゃんみたいな恰好の赤髪ワンレンのビキニ女子がいたけど(ビキニって事はヒデファンなのか?)ヒデが特に構う様子は見られなかったな~。群馬で髪立てて挑んだ男性ファンはフロント3人に指差されたりしてウケてたみたいだけど。う~ん

EN編はまた今度



コメント