銀城歌劇団楽屋日記@BUCK-TICKさん

某月某日、櫻井敦司魔王の電磁波にやられ、気づけば支持暦20年(ブランク有)の輪迦(わか)の日記です。

今週のかりあげクン@6・28

2010年06月30日 21時10分15秒 | かりあげクン
サウナスーツもレインコートも材質的にはほぼ同じだよね。←3本目の課長とゴルフの話

高温多湿のこの時期にレインコート代わりにサウナスーツを押し付けるなんて、親切と言う名の嫌がらせですかい?

1本目のクモの巣の話は・・・・クモの巣取りと見せかけて1コマ目で捕まっていたの復讐話になっているのがミソ。

単なる自己満足なんだろうけど、かりあげの弱者に対する優しさが光ります

2本目の片腕の分だけで全身をスッポリ覆う事が出来るアームカバーって・・・・一体どんな材質なんだ?

ほんにゃら産業の新製品?

4本目の注目される絵画って・・・・あんな所で描きゃ誰だって見るよ!っつーか、立派な通路進行妨害でトホホなオチ・・・・
コメント

櫻井敦司の訳ありメモパッドって!?

2010年06月29日 22時13分40秒 | BUCK-TICK
ども。今日、会社の帰りに携帯を見たらFCからメールが届いていたので「メンバーから!?」と思ったら内容はグッズ販売のお知らせだったのでショボ~ン(実は、自分の誕生日だったので。気分的にね)

今回の通販はちょっと変わっていて、なんと!先日FC会報に同封されていて(更新者のみ)ネットでも話題を呼んでいる櫻井敦司画伯のイラストがプリントされたオリジナルメモパッドの訳あり品を、メモパッドが同封されていた人のみに先着順に差し上げるそうな

最近は訳ありの食料品や衣料品を格安で販売するアウトレットが大流行ですけど、BUCK-TICKに関しては過去に何年か前のツアーグッズの在庫をFC会員向けに格安で販売する事があっても、グッズのB級品を送料のみで差し上げると言うのは今回が初めてではないのでしょうか?

訳ありの内訳は表紙の亀裂や汚れらしいけど、実は仕事でメモパッドとか作っている自分としましては確かにそう言う物って大量に発生するんですよね(メモパッドとかは一度に大量に印刷した大きな紙の束を、表紙を一度に接着できる大きさにカットしてから表紙をつけ、さらに小さいサイズにカットして作るんですよ。その中からキレイな物を選んで包装するから不良品が沢山出るのは当たり前)

しかしあのメモパッドのイラストに関しては・・・・他の人のブログでは特に悪意を持って描かれている様な(!?)ヒデの似顔絵に多数ツッコミが寄せられていますけど、ああ言うラフなタッチで描かれた独特かつ異形な人物造形のイラストってヨーロッパあたりのアーティストが描いてそうな感じだよな・・・・。日本人作家ぽくないタッチ

個人的にあのヒデのイラストの第一印象は、妖しい洋館を訪れたら、真っ先に出迎えてくれるこの世の人間ぽくない雰囲気の執事みたいと言うか(または、名前からしてヤバい旅行会社が企画したミステリーツアーの水先案内人)、体型は本人よりも横に大きそう。正直目が笑っていない笑顔が不吉な感じがして怖すぎます。ケツアゴだし

つーか、本人は1年以上も前からクルクルパーマにしたのになんでイラストではモッサリのままなの?ソレが気になるんですけど?

もし櫻井画伯のイラストを文庫本の挿絵として起用するとしたら、個人的には宮沢賢治の装丁に使いたいですね

日本とも特定の外国ともつかない世界を舞台に、これまたどこの国の人間か特定できない無国籍かつ不思議な響きをもつ名前の人物達が織り成す幻想的な物語にあのイラストはしっくり来そうだな~

あと王道すぎるけど、「不思議の国のアリス」!あっちゃんの手による不思議の国の住人達をぜひ見てみたいです!
コメント

絵本コボちゃん読みました!

2010年06月27日 20時59分10秒 | かりあげクン
ども。昨日は寿々にBUCK-TICKの話題に触れましたが、今日はまたまた植田まさし先生の漫画関係の話に戻ってしまい、恐縮です

いや~っ、先週このブログにてコボちゃんの絵本の中身が見られなくて残念!て書きましたけど、昨日会社の帰りにたまたま寄った書店にて絵本が売られていたので内容をチェックする事ができました

内容はイラストでコボちゃん一家の日常・行楽風景が絵日記風に描かれており、コボちゃんが自分や家族の様子を文章で語っております。この本には結婚を機に家を出た竹男さんも久しぶりに登場していますね。

イラストの合間には読売新聞でしか見ることの出来ないオールカラーの四コマが見開き2Pに渡って四本掲載されており、全て芳文社の「新コボちゃん」からの再録です。

個人的に読んだ感想としましては、イラストページの所はコボちゃんの家族内で起きた出来事ばかりなのでお友達キャラ(シゲルくんやアキラくん達など)と一緒にいるシチュエーションの場面も入れて欲しかったかな・・・・(絵本は子供が読むものだし、友達といる所だって日常の一部だと思う)

あと収録されている四コマも最近のほのぼのとした当たり障りの無いネタ中心なので、初めてコボちゃんに触れる子供たちのためにも、初期の子供ならではのドジさを強調したネタを収録して欲しかったけど・・・・大幅に絵柄が変わっているから無理か

それと改めて植田先生の絵にドキッとしたのは、牧場の場面に登場した馬のリアルな表情!

昔は「フリテンくん」で競馬関係の漫画も描いていたから、馬はお手の物なんだよね
コメント

なに?2年連続で全国ツアーだとっ!

2010年06月26日 21時29分58秒 | BUCK-TICK
ども。ここ最近自分の時間も持てないほど忙しくて25日に届いたFC会報も仕事が落ち着いた今日、開封しましたがやっぱり私の予感は・・・・当たりました!

10月から全国ツアー決定!

いや~っ、個人的に嬉しかったのは地元2ヶ所が日曜開催だった事と言いますか、今回のツアーから平日にBUCK-TICKがらみで会社早退するのが全面禁止になってしまったから(会社の人間はみんな私がB-Tファンなのを知っており、入社当時はライブを理由に早退できたのだが、不景気になってからは常時臨時の残業に対応するために禁止に・・・・)、本当にB-Tには感謝しています

ただ残念なのは、今回はツアーならではの楽しみの「知らない街へ行く」と言う楽しみがほとんど無いツアーになる所でしょうか?(新幹線の出番も無さそう)

実は今回はメメモリツアーよりも行く本数が少なめなので、いっその事もっと遠くの地方へ行く事も検討しようかと考え、旅行の経験が豊富な母に

「この県のこの場所だったら、ライブ終ってからどれ位で帰れる?」

と聞いたのはイイが答えは、

「地方ライブは都会まで見に行けないファンの方達の物で、あなたがわざわざ見に行く事はないでしょう。大体、何回も同じ物を見てもしょうがないじゃない」

と、つれない返事。

・・・・・

た、確かにそうだけど私が複数見に行きたいのはライブ前半と後半ではメニューやメンバーが魅せるパフォーマンスが少しずつ変わってくるし、なによりも本音は出来るだけ沢山、櫻井敦司に会いに行きたいから・・・・

流石に上記の理由は言えませんつーか、もうすぐ×4歳になる身としては正面きって話せる訳が・・・・ない

あぁ、マジでどうしよう・・・・。だけど月末はなにかとヤバい・・・・CCレモン

FC会報の感想はまた落ち着いたら書こうかと思います。

コメント

今週のかりあげクン@6・21

2010年06月22日 21時38分05秒 | かりあげクン
確かに、スポーツドリンクと汗の成分って一緒なんだよね。←2本目の汗の偽装の話。

ちなみに、元祖スポーツドリンクのポカリスエットは元は病院の点滴だったんだっけ・・・・?

1本目の操り人形と釣りの話・・・・操り人形劇のネタはよくコボちゃんにも登場するけど、あの様な上から吊って操る方式って日本じゃあんまメジャーじゃないよね

(NHK教育とかでやってるのは下から針金を使って操るのがほとんどで、ヒモで上から操るのは昔やっていた「サンダーバード」位)

3本目のせんべい布団は・・・・最近はあんまし見ないし聞かなくなったよね。

一人暮らしの人でも、布団を直に敷いて寝るのよりベッドで寝る人が増えたからか?(そう言えば、万年床と言う言葉も死語っぽいよね)

4本目の盗撮の話は・・・・黒の革靴の甲部分に穴を開け、そこからカメラのレンズを出して隠し撮りするのってかなり悪質なんですけど本当にあったのでしょうか?

しかし、コレだとどうやってシャッターを切るのやら・・・・

最後になりますが、ここ最近は植田まさし先生の漫画関係の話ばかりでBUCK-TICKの話を全然ブログに書いていませんね

B-Tの話は、FC会報が来てからまた書きたいと思いますのでヨロシクお願いします
コメント