銀城歌劇団楽屋日記@BUCK-TICKさん

某月某日、櫻井敦司魔王の電磁波にやられ、気づけば支持暦20年(ブランク有)の輪迦(わか)の日記です。

11.23B-T@赤ブリライブレポ・参

2011年11月28日 21時40分00秒 | BUCK-TICKライブレポ
ども。BUCK-TICKの赤ブリライブレポも今日でやっと完結です。他のブロガーさんは1回の投稿で上手にまとめている方が多いのに、私は余計なレトリックetrがどうしても多くなるから数日に渡って書く羽目に・・・・それでも根気よくお付き合いして下さった方には本当に感謝いたします。今日も箇条書き形式で↓

○「Jonathan~」まではずっと箱向けのアッパーなナンバーの連続でしたが、ラスト一曲になって正統派バラードの「RAIN」が登場。敦は時折、水たまりを飛び越える様な小ジャンプを壇上でやったりしていたのですが、サビからは余計な動き無しで切々と歌い上げ、ファンの感動を誘ってました

○私は2月の時のセトリをすっかりド忘れしていたので、「あぁ、このしっとりとした余韻を残したまま本編は終わるのかな?」と思っていたら、突然!しんみりとした空気をブチ破るハードなギターソロが耳に飛び込んで来た!!そうです、シメは「真っ赤な夜」でしたわ。フロントの3人もステージ中央に揃い踏みしてお客をあおり、全ての力を出し切った所で本編終了!

退場時には珍しくヒデがゆうたの後ろについて背中を押している場面が♪

○「真っ赤な夜」が終わり、場内が暗くなったのと同時にアンコールの声があちこちで起こる。バラバラだったそれはやがてテンポを同調させて一塊となり、場内に響き渡った。

しかし、いくら見知らぬファン同士が調子を合わせてコールしてもステージは点灯せず、代わりにステージ中央に出てきた赤いTシャツのスタッフが櫻井敦司のマイクを借りるなり言い放ったのは・・・・「只今機材トラブルが起きましたので、もう少しお待ち下さい」との告知!

・・・・・

その通告にコールを力の限り張り上げていたファンは騒然、私も下手したら今回はEN無しの不完全燃焼で会場を去らなければならないのか・・・・と一瞬不安がよぎりましたが、数分後、スタッフが再び登場して「お待たせしました。機材トラブルの方が直りましたのでもう一回、アンコールの方をお願いします」と告げると場内からは拍手が!

○ステージが点灯し、まず入ってきたのは樋口Bros.

ゆうたはタオル、アニィはバナナを1Fに投げ入れていたっけな

続いてヒデ、今井先生、敦が登場し、敦は開口一番、ヒデに向かって

「ギター大丈夫?」

と聞くとヒデは無言で首をコクン。何故返事しない?そういうキャラだからいいのか?

○EN一曲目は「Love Letter」でヘヴィーに始まり、2曲目は敦がローヴォイスで「スゥ~~~パァイダァァァァ~~~!」と告げると「スパイダー」。アニィは襟に赤い縁取りが強烈に生える黒のジャケットを着用していましたが、退場する際、後ろからインナーの赤シャツの裾がピラピラ出ているのが気になったかなぁ・・・・ジャケの丈はもぅちょっと長い方が良かったかも

○EN2ではゆうたが登場時にリストバンドを自ら手首から外して上手へポーン!最前とは握手もしていたな。ヒデも水入りペットボトルを1Fに投げ入れていたが、放ったのはなぜか上手側ではなくほぼ中央

上手側のヒデファンからは「なんで真ん中なの!?自分側の目の前で投げろよ」と不満の声が

○最初は「くちづけ」で珍しくアルバムver.のOP。ラストのオルゴールの所では横を向き、白目をむいて天を仰ぐポーズが印象的でしたな。「月下麗人」はやらず、残念

○2曲目はゆうたがアップライトに持ち替えたので「すわ、「DIABOLO」か!?」と身構えたのですが「Alice~」だったので嬉しい不意打ち!!(トラブルとかあったから、2曲でサヨナラかなと一瞬覚悟していた)

敦は「天使のラッパ~」でのトランペット構えるフリもイイのだが、個人的には「ベッドの中~」の両手を顔の左側で合わせ、首をかしげる「おやすみ」のポーズが・・・・乙女すぎてかっ・・・・可愛いすぎ!!(余談だが私は同様のポーズを、幼稚園のお泊り保育時の集合写真で取らされた事があります)

今井先生の間奏部分にて朗々と歌い上げるパフォーマンス(両腕広げて手先をピラピラする奴)もバッチリ見られたし、サビ前の「パンパン、パパパパン」の手拍子もタイミングよく決まって楽しかったー

○敦の最後のMC「今日は色々ありましたが、後一曲みんなで・・・・明日もあるけどね」と言って始まったのは・・・・「RENDEZVOUS~ランデヴー」!

大トリのMCにてついに敦は巻きスカートを取っ払い、噂の櫻井2:50スタイルになったのはいいが正直、この目で見た感想は・・・・「セクシー」「いやらしい」と言うよりはオムツの取れない姪っ子のタイツ姿に酷似しててなんか微妙な気持ちに・・・・プププ

多分コレはレギンスの素材が化繊ではなく木綿でマット感のある生地だったのと、パンツを2枚重ねばきしていたのが原因なんじゃないかな・・・・お尻の辺りがモコモコしていたし

あと、上に着ているハートマークのTシャツとレギンスの組み合わせは志茂田景樹を思い出しちまったぜ

ラスト樋口Brosの挨拶があって、まずゆうたがヒデのマイクを使って

「今日はありがとー!」と叫んだ後、続いて今井先生のマイクで「武道館来てね♪」とPRして退場。続いてアニィがダメ押しに同じマイクで「(ライブ)全部来てね」と一言言って退場・・・・うわー、ゆうたの声に続いてアニィの声も聞けちゃったよ!嬉しいなぁ~!!

と言う事で、私の赤ブリライブレポはコレでお終い


コメント (6)

11・23B-T@赤ブリライブレポ・弐

2011年11月27日 21時26分16秒 | BUCK-TICKライブレポ
ども。今日は昨日のレポの続きです。今回も箇条書きで↓

○「独壇場~」、「Baby~」、「Madman~」と初っ端から強烈なパンチ力のある3曲を終えた所で重低音がバクチク頭の櫻井敦司が「お久しぶりですetr・・・・(失念)」とお客に語りかけ、次の曲は「RAZZLE DAZZLE」

魔王様は右手のライトをドクロステッキに持ち替えてクルクル回しまくる!途中、先端を顔に押し当てて棒部分を横笛を吹く様に指をピロピロっとさせてたっけ。ゆうたもサビで身体を車のワイパーの如く、左右にしならせていたけど脇腹が吊らないか心配だ・・・・

○そしてお約束のヒデの「シーッ!」が楽しみな「狂気のデッドヒート」。

改めて聞くとギターのカッティングのヘヴィーさが目立つ構成で、CDの電子音ピコピコのチープなノリとはまた違った味わいがするなぁ・・・・。あと敦のクロールもホールでは全力で泳いでるって感じだったけど、箱ではコマ送りっぽくてコミカルな感じが

○「You,re」の所で敦は両手合掌→前へならえのフリを繰り返していたが、合掌した両手が小刻みに震えていたのがちょっと心配

○「シーッ!」直前、あんなに騒いでいた上手が「シーッ!」の一瞬を見るために急に静かに。敦が「オーディエンス~」の一節を歌い上げた瞬間、ヒデはすまし顔から突然口をとんがらせて人差し指を唇の前に持って行き・・・・「シーッ!」炸裂

瞬間、「キャー!」の声に混じって「ヒデカッコいいー!」のコールも立ち、素直な反応にヒデも目を細めちゃう!?「狂気の~」後は同じくヒデ作曲の「夢幻」で、敦は私達に向かって手を振り今井先生はラスト近くの転調でターンを決めたり

○魔王様の指パッチンもパチンと決まって始まった「ジャンゴ」。ここへ来て敦が上手に接近し、ヒデの手前のモニターに足をかけて大胆にも右足ふくらはぎを披露!その後、敦は今井先生の方に行って同様のポーズを取っていたのですが、上手側から下手側を見るとスリットから右足全体が全て見えるのでついつい視線が向こう側に・・・・御免、ヒデ

曲終盤ではヒデのアコギがトラブったのか、スタッフが途中ステージに入ってきて代わりのギターと交換していましたな。それと同時に(!?)アニィが敦に向かって思いっきり目ン玉ひん剥いてベロ出した変顔をかましたのにも驚いたな~(アニィの変顔はめったに見られないし)

傍のファンの方も「ねー!今のアニィの顔見た!?」と興奮気味に後ろの友人に話しかけていたっけ(だけど相棒さんの答えは「御免、あっちゃんしか見てなかった」。トホホ)

○「絶界」では今井先生の軽やかなステップと敦のリズム感無視の手拍子が見られ、暗転して今井先生の気だるい生SEが流れると「LullabyⅢ」

敦はひな段に足を組んで座り、時々肩のマラボー(黒の羽根マフラー)を弄くりながら酒をあおる仕草を。退廃っぷりを身体全体で表現していた敦に対して今井先生は「タン、タタン」の所でジャンプしたりターンを決めたり

○続く「TANGO~」では間奏にて今敦2ショットが実現!ステージほぼ中央に陣取ったお二方、敦はマラボーを先生の肩にかけてモフモフしたり。敦のちょっかいとは裏腹に、今井先生は淡々とギター弾いていたのが面白かったな

ラストではYMOの「ファイヤークラッカー」の一節をアドリブで弾き、敦がお尻ぺんぺん(笑)、何でだ?

○「羽虫~」ではヒデのギターに続いて敦のマイクまでもがトラブってしまい、ラストのサビでイラついた敦が上手へツカツカと向かうなり、いきなりヒデのマイクスタンドをガシッ!と乱暴に掴んで強引に90度ターンさせ、歌うと言う衝撃的なシーンが!

曲が終わると敦はスタンドを元の位置に戻し、何事も無かったかの様に去っていきましたが、いきなり眼前であんな事されても「やれやれ・・・・」てな感じで顔色一つ変えないヒデは大人だよね・・・・(自分のトラブルについても「畜生~!音出ねぇよ!!」とイラついたそぶりは全く見せていなかったし)

○ここで「生きている内は楽しもう!」と呼びかけた後、「Memento mori」。手拍子とギターのツインコーラスで大いに盛り上がった勢いで「Jonathan~」。敦はヒデ前のモニターにて片足で立ってよろけたと思ったら転調で御馴染みの貼り付けポーズを・・・・

・・・・またまた中途半端になってしまいましたが今日はココまで。続きはまた後日
コメント

11・23B-T@赤ブリライブレポ・壱

2011年11月26日 21時54分35秒 | BUCK-TICKライブレポ
ども。約9ヶ月ぶりに足を運んだBUCK-TICKライブはそれはそれはとっても楽しい時間でした。改めて、この半年以上の間に大きな事故も無くケガも無くB-Tの5人に再び出会えた奇跡に感謝します!

そして、そしてこのブログを通じてこの日のチケットをトレードして下さったyumiko様に感謝いたします・・・・

以下は箇条書きで進めますね↓

○この日は整理番号の都合で上手最前列5~6番目の所にいたのですが、開始直前にお約束の圧縮が起き、気が付いたら前から2列目に!それに加えて、今回は森(盛り)ガールも山ガールも狂人女子もいなかったのでラッキー!!

そしてステージ全体が青白く発光し、OP前のテンションを盛り上げるリズムにアレンジされたR.D.Fが流れるとあちこちで手拍子が!!

曲が一旦収まった所でメンバーが入場。楽器隊が各ポジにつくと最後に櫻井敦司が登場した途端、周りの人々は彼の髪型を見て一際大きな声を上げてました!!

上記のイラストが敦のその日のステージ衣装なのですが(最初はキリン柄コート着用&長袖だった)あっちゃんは25年前に戻ったかの如く、髪をツンツンにおっ立てていたのです!!!

2月の新木場モバイル会員限定ライブでは今井先生が寿々に髪を立てていたのがWebで話題になりましたけど、あっちゃんのツンツンヘアーはそれ以上のインパクト!

なんせ、耽美オーラ全開の魔王キャラに転向してからはパンキッシュな髪型はもはや生では見られないと思っていただけに(ちなみに髪を立てていた頃の敦は雑誌でしか見た事がなかった)、その登場の仕方はただただ強烈でしたね!

OPは「独壇場Beauty」であっちゃんもタンバリンをシャンシャン鳴らすわ、「~俺が黙って見ててやる」の所で一瞬腕組みポーズをしたりサビで妖しい手つきの振りで歌うなど次から次へと絵になるポーズを繰り出してくるので早くもあっちゃんから目が離せない状態に!ギター2人も頑張ってコーラスしてたけど・・・・

テンションMAXのまま「Baby~」へと繋ぎ、今回目の前で「~ゆうたを見せるか♪」のアドリブが聞けたのには感激しましたね!

なんか曲ラストでは敦がゆうたのそばに行き、目の前で両肘を曲げて「カモンカモン」みたいなポーズを取るなど今回は敦がやたらゆうたに絡んでゆうたがニコニコと言う構図が随所に見られたなぁ(笑)。

ゆうたはゆうたでずっとニコニコで「Baby~」の転調の人差し指を高く上げ、身体を終始揺らして客席にアピールするおなじみの仕草はいつ見ても可愛いすぎ

「Baby~」はファンのコール協力と魔王様の「ベイベ~、ここは赤坂(だったっけ?)」のセクシーローヴォイスで締め、続く「Madman~」では今井先生もメインvoに参加!

先生が歌っている間に敦は足元のライトを軽々と持ち上げて肩に担ぎ、ステージ上のメンバーに次々とスポットを当てていくのですが、アニィには手元が狂わない様に当てる時間がわずか数秒に控えているのがグッジョブ

サビともなれば照明パカパカはさらに上に下にエスカレートし、すっかり魔王様は光の狂気に取り憑かれたご様子だ

つーか、あっちゃんは懐中電灯を振り回すノリで照明用ライトをブン回してますけどあのライト何kgあんのかな・・・・?相当重い物だと思うのですが

・・・・まだ3曲しか感想書いていませんが今日はココまで。続きはまた後日よろしくお願いします
コメント (2)

赤ブリ終了後のすっぴんあっちゃんの巻

2011年11月25日 21時36分38秒 | BUCK-TICK
ども。BUCK-TICKの赤坂BLITZ2Daysの方は、無事終了したみたいですね。1日しか参加しなかった方も2日通しで参加された方もお疲れ様です!

自分の行って来た11.23のライブレポは9ヶ月ぶりの参加だった上に2日たった今でもうまくまとめられず、ブログには後日掲載する事にする予定です。もう少し、お待ち下さいませ

さて先程他のファンの方のライブレポをネサフしてましたら、たまたまドラマーの高橋まこと氏のブログにてライブ後の素の櫻井敦司と2ショットで写る高橋氏の写真を発見しました!(どうやらライブ後の打ち上げ会場で撮ったらしい)

あっちゃんはほぼすっぴん状態で、ちょっとお疲れ&ほろ酔いなのか眠たげな表情なのが印象的だったのですけど口元には笑みを浮かべて・・・・やっぱりノーメイクでもです。そして可愛いすぎ・・・・

こんな素敵なあっちゃんの写真をUPしてくれた高橋氏に感謝します
コメント

寿記11・22~プレッツェルは受け取りません!?~

2011年11月22日 21時52分52秒 | BUCK-TICK
ども。明日はいよいよ赤坂BLITZでのうたかた振替公演!ライブ前日なので寿記はどうなっているのやらとチェックしてみたら、昨日の記事は早くもファンの方から大きな反響を呼んだみたいですね!

・・・・ただしファンの方の興味は怪物くんのカレー皿の方ではなく、その横に写っていた堅焼きプレッツェルの方だったみたいですが

今井先生はメールの文面からして

「ブログにプレッツェルの写真を載せたせいで、ファンが堅焼きプレッツェルを送ってきそうだ」

と自分が載せた記事の反響についてかなり心配している様子なのですけど、高価なお酒はともかくコンビニで簡単に手に入るお菓子をわざわざ送ろうとするのって・・・・別に先生はそれこそ嵐じゃないけど売れっ子のアイドルよろしく、一人でちょっとソコまで自分の買い物をしに行く時間も無い訳じゃないんですからねぇ・・・・

確かライブ会場には入ってすぐの所にメンバー宛のプレゼントやファンレターを入れる箱が設置してあったのを見た気がしたのですが、前日にブログで呼びかけているって事は冗談で堅焼きプレッツェルを差し入れてくるファンを牽制するためなのかしら?(深読みしすぎ?)

しかしプレッツェルを見ると、即座に「輪ゴムポッキーリレー」を連想してしまう私は嫌なファンかしら・・・・
コメント