銀城歌劇団楽屋日記@BUCK-TICKさん

某月某日、櫻井敦司魔王の電磁波にやられ、気づけば支持暦20年(ブランク有)の輪迦(わか)の日記です。

11・16B-T@CLUB TITTA’川崎ライブレポ・参

2014年11月24日 21時44分30秒 | BUCK-TICKライブレポ
ども。一日空いちゃいましたが今日で川崎のレポは完結です!

まず最初に弐の記事の「絶界」の項で書き忘れたのですが、同曲前にあっちゃんがライト使って倒れた人を照らしている最中に1階フロアから「あっちゃーん、お水ちょうだい!」とおねだりコールが起きたのにはビックリ!

オイオイオイ、仮にも仲間が大変な目にあっているのに自分勝手なリクする奴がいるか!

その後、私のほぼ真横にいた男性もつられて

「あっちゃーん、タオルちょうだい!」

なんて野太い声でコールしてたが相手にされなかった様子

結局、あっちゃんは投げやり気味に再び水を撒いていましたが(自分の前のみ)

EN1は「DADA~」、「NOT~」「形而上~」そして「無題」の或アナから4曲。「NOT~」の前では敦が「何もない(見つからない?)…なんにも」と繰り返し呟いていたっけ。あとラスト退場する時にゆうたがタオルを高く放り投げたのはいいが、ステージに垂直にビターン!となってしまった瞬間、ボー然としてたっけ…その後、拾い上げて客席にポイッと投げ入れてたが

EN2ではヒデがおしぼりの束を持って登場し、髪の毛を軽く撫でる振りをして(ゴシゴシ拭いていないのがミソ)客席へポイッ

一発目の「SURVIVAL~」では大トリの「REVOLVER」でもそうだったんだが、ヒデが結構本気で歌う事を楽しんでいるのが伝わってくるコーラスっぷりだったと言いますか、昔音楽誌の記事にてヒデは飲み会で結構カラオケを歌うと読んだ事があったけどプライベートでも歌う時はこんな感じなのかなぁ・・・・!?

「天使は誰だ」ではあっちゃんが「天使は・・・」の呟きに「誰だー!!」とレスポンスしたり

この曲ではあっちゃんの3度目の来訪があったが(だったっけ!?)、髭がなくなった分、前髪で常に顔が隠れていたのはちょっと残念だったなー(ヒゲ有の時はおでこ全開だったんだけど)

最後にステージから退場する際にはアニィが上手側に来てくれてスティックバウンドを目前でやってくれたっけな

今回のライブの総評ですが、かつては上手=まったり見たい人向けなんて言われてきたけど今回は結構本気で英彦ラ~ブな人が多くて、曲間の休止タイムになるとすぐさまラブコールが飛ぶわ上手に来ると手を伸ばして押し合いへし合いになるわと何かと上手側が熱かったライブでしたね

その証拠に大抵あっちゃんや今井先生が上手に来ると後ろから人がドッと押し寄せるので軽い圧迫感を感じるのだが、今回はソレがなかった…様な気がしたし

そんな熱いファンにヒデは口元だけをとんがらせて笑ったり、一瞬だけ「んっ?」と下を覗き込む時に目が二重まぶたになる顔を見せたりと多彩な表情を見せてくれて(!?)、照れくさそうにファンのアピに答えていたのが良かったですね

やっぱりあの白スーツには女子ファンを引き付ける何かがあるのか・・・・今井先生も対抗して着て来ただけに、ね!?
コメント (6)

44年前、大阪。反逆の塔の正体は?

2014年11月22日 22時38分15秒 | BUCK-TICK
ども。BUCK-TICKは今週末、大阪でライブですね。今回書くネタは9月14・15日のオリックス劇場公演の時にUPしようと温めていたネタだったのですが、出しそびれてしまったので丁度2度目の大阪公演をやっている今日UPする事にしました。よって、今日川崎のレポはお休みです。続きを待っていた方、すみません

そのネタと言うのは・・・今アルバム曲の「ONCE UPON A TIME」について

この曲は歌い出しが「昔々~」とありますが、皆様はどれ位昔だと考えたでしょうか?

私は歌詞を読んでいる内にコレは44年前の大阪で開催されたあのイベントの事を書いているのではないかと即座に感じたと言いますか、「DADA~」に出てきたGJTHBKHTDと言うワードからして歌詞に出てくる「反逆の塔」は今もかの地に立つあの建造物なのではなかろうか?

実際に上記イベント&建造物関連やその成り立ちについて書かれた本を読んでみると、GJTHBKHTD氏は創作コンセプトについてとにかく「べらぼー」なものを作りたいと語っており、ついにはアバンギャルド・反権力を信条とする芸術家仲間から「裏切り者!」と非難GO-GOだったそうだが同氏は一向に意に介さず、

「反博?なに言ってんだい。一番の反博は●●●●(建造物名)だよ」

とさらりと言い放つ始末。

このやり取りを見ているとますますあの建物=「反逆の塔」説が濃厚になって来たと言いますか、国家の一大プロモーションとも言えるあのイベントにて税金を使い「反逆の塔」を建ててしまったGJTHBKHTD氏のスケールの大きさにはただただ感服せざるを得ない

話は変わって一番の歌詞にはスフィンクスやビーナスと言った国家レベルの宝物の名詞が登場するが、私は5年前に上野の美術館でやった上記イベントの企画展を見に行った際、蒸気じかけのスフィンクスならぬ空気じかけの文楽人形を見たんですよね

人形は3体展示されていて側のボタンを押すと歌が流れ、圧縮空気のピストン仕掛けの人形がその場面の動きを自動的に再現するのだが人形遣いが3人がかりで動かすのと違い、ピストン仕掛けの人形は可動するたびにシパシパと空気音がうるさく現在もテーマパークで見られるオーディオ・アニマトロクス並みに動きがぎこちなくて「40年前もこんな感じだったんだから、まだまだ人型ロボット完成の道のりは遠いなぁ・・・」と何とも言えない気分になったのを思い出しましたね

未来では文楽が人形遣いを必要とせず、オール自動で上演される様になるだろう(あくまで推測ですが)と言う発想も実に大阪らしいなぁ…と思いましたが

改めて歌詞に目を通すとサビの歌詞も突き詰めれば人類の進歩と調和と言う事なのかな?

・・・そう言えば、この年はザ・ビートルズが解散した年でもあったんだっけな

コメント

11・16B-T@CLUB CITTA’川崎ライブレポ・弐

2014年11月21日 22時35分05秒 | BUCK-TICKライブレポ
ども。上記の写真は勤務先に向かう途中のセブンで撮った物なんですが、個人的には何で今ツアーチケットの方のアー写使わないのって感じ。やっぱり今井先生がスカーフで顔を隠しているのがいかんのか…?(なんのこっちゃ)

ソレはいいとして、昨日のレポの続き。今回のライブでは割と早い段階であっちゃんが我々に水撒きサービスを実行したと言いますか、「あっちゃ~ん、お水頂戴」といきなり独り言ちるなり下手~中央~そして上手にPETボトルからジャバジャバ

いや~っ、上手にいると魔王様の聖水ってまず浴びる事がないんだけど今回は上手にも来てくれて…サービス満天の魔王様

「M・A・D」終了後、マイク前で「ラーブ、ラーブ、IN、OUT、●ーックス、サターン!」と言い放って「サタン」。あっちゃんは寿々の背面指ピタピタをやってくれたな。指の動きが何ともエロチック。最後はまたマイクスタンドを自らに突き刺してTHE END

そして「世界は…闇で…満ちている、聞いて下さい」で同曲。「ほら新しい光~」の所ではメンバー一人一人を指差していたのが印象的だったな。そして、バラードでも一回転する今井先生

曲終了後、「妖しい…妖しい…妖しい…妖しい曲です。masQue!」と言って「masQue」が始まったのはいいが、「サタン」の前のMCと言いコレと言いやたら同じ単語を繰り返すセリフ回しはカッコよく台詞を決めようと思い付きで喋った結果、妙な印象しか残らないのには思わず苦笑と言いますか(実際、「妖しい」を3回繰り返した時点で周りから笑いが漏れてたしな)、あっちゃん無理してカッコいいセリフを決めようとしなくてもいいッスよ…

今回は仮面さんにマイクスタンド&マダム帽が着いたのでほぼ人間サイズの姿になり、あっちゃんと繰り広げるラブシーンは見てる方もドキドキ

次の「宇宙サーカス」の前では上手からの熱烈ラブコールにヒデが両腕で「○」を頭上に作るジェスチャーをするとソレを見たあっちゃんが「何一人で盛り上がってんだよ!?」とつかつかとヒデに詰め寄り、ヒデが両手を前に広げて「ひえ~っ、ご勘弁を」と後ずさりするシーンが展開し、場内大爆笑

実はヒデのジェスチャーに関しては正直黄色い声援に答えるためにやったのかと思ってたのだが、真相は上手側で倒れた人が出てたと知って驚いたと言いますか、丁度脱落した人が出た頃、周りがしきりに上を向いてキョロキョロしていたので私はてっきり2階にまたすみれーずが見に来ているのかと思ったのですよね。だけど、実際はそんなのんきな事態じゃなかったんだな…

いつもはまぶたに埋もれた細い目のヒデが白目向いて必死に上手のスタッフに流し目を送っていたのは、こう言う訳だったんだな…

続く「ONCE~」ではあっちゃんが再び上手に登場し、目の前で「サブマリン~」の片手をクネクネさせるフリをやってくれました~~~

「メランコリア」の前には「エレクトリア」と曲紹介したかな?「真っ赤な夜」の赤黒白の画面がバチバチなスクリーンは目に毒だ。あと何かの曲で「5、4、3、2、1~××(失念)」と謎のカウントダウンをやってたな

「絶界」前にはあっちゃんがフットライトを担ぐなり、いきなり下手側を照らし出したのでどうしたのかと思ったらまた脱落者が出たらしい。無事、救出が確認されると同曲開始。あっちゃんは間奏にて闘牛士が赤い布をチラつかせるフリをしつつ、リズムが合ってないお約束の手拍子連発

今回は何とも波乱な展開のライブでしたが、本編は「惡の華」をもって終了。EN編はまたこの次
コメント

11・16B-T@CLUB CITTA'川崎ライブレポ・壱

2014年11月20日 22時19分35秒 | BUCK-TICKライブレポ
ども。ライブのあった翌週に限って残業続きで、それでも早くUPしたかったので週末を待たずに更新しました

この日はまたもや急性胃炎になってしまい(今回は家人のいぬ間の暴飲暴食ではなく前日に家族&伯母と従姉妹のライブに行った際、夜遅くにピザとかの脂っこいつまみ系の物を一緒に食べたのが原因だったらしい…寝る前に胃薬飲んだのに)、大宮のライブん時の恐怖を思い出したのでライブ前の食事もバナナ豆乳&ゼリー飲料だけだったなのに加えて整番が遅かったのでロッカーは3階のしか使えず、フロアに入れたのは開演20分前と言うもう踏んだり蹴ったり状態に(トイレも行けなかったし)

最前に近いゾーンはすでに前へ進めるスキも無くそれでも何とか理想ポジをキープした!と思ったら…開演アナウンスが入って数分後、またまた予想外の敦縮が起こり、上手く泳いで赤坂の時とほぼ同じベストポジションをゲット!

いや~っ、今回はライブ前に何かと辛い事が重なったから本当にコレは奇跡でしたわ!

暗転するとLEDスクリーンに今回のツアータイトルが白く浮かび上がり、OPテーマが数分流れた所でゆうた登場!おっ、チェックの衣装って事は…ヒデはまた白スーツだね!!ワーイワーイ

メンバーの衣装は赤坂の時と一緒だったが今井先生だけは水玉の方ではなくもう片方の白ジャケットを着て来たので驚いたっつーか、やはりシンボルカラーを相方に取られてしまった事に脅威を感じているのか?(何せ寿記の壁紙も真っ白けに変わったし…)なんか本気で張り合ってるっぽく見えたな

そして、最後にあっちゃんが頭からすっぽりベールを被って登場!

OPはアイコノでバックには火花がスパークする映像が。この日はヒデが例のカウントを取ろうとして右腕を上げてたが(!?)本来の役割じゃないのか途中でやめてたな

アイコノが終わるとノンストップでDNAに突入、その後「PHANTOM~」。あっちゃんはマイクスタンドを両肩で担ぐおなじみのパフォをしたり狂った様に笑ったり。次の「ボードレール~」前のメロウな前奏は最初一体何の曲か分からなかったな~

フロアがゆったり横揺れで和んだのもつかの間、「踊っちゃって下さい(!?)」のMC後は「独壇場~」「LIMBO」「M・A・D」と強烈ダンスナンバー連続投下で、あたかも最前ベストポジをキープした人達の愛&スタミナを試すかの様な選曲に私も「ここで脱落するもんか!」と体調不良なのも忘れて踊る×2

「独壇場~」では早くも上手に今井先生が登場!赤坂の時はついに一回も来なかったからついガン見してしまったが、白ジャケ下のインナーは鈍い光のスパンコールのシャツでズボンは茶色と珍しく渋めな組み合わせなだけに白ジャケのサテンのテカテカが際立ってたね

先生は時々リズムに合わせて一瞬だけ腰を振るパフォーマンスをするのだが、今回もソレを見られて感激!だって可愛いんだもん(←殴。顔は相変わらず皺シワだったが…)サビではヒデのマイク使ってコーラスしてたな

あとラストのサビの頃にはあっちゃんの最初の来訪があったが、上手来訪時一発目のパフォが股間にパーにした片手を当て、腰をグルグル動かすと言う変態純度100%もんでソレを目の前で2回もやられたと来たら・・・・プププ

「M・A・D」は動画でしか見た事がなかったゆうたの直立不動ベースプレイが真近で見られてその真剣な不動っぷりにまたもや衝撃!ヒデも「子守唄~」の所のみだったが、上パートのコーラスが聴けて嬉しい♪あっちゃんも側に来て敦英2ショットも見られたよ、素敵

個人的に「M・A・D」のバック画像は同曲PVの高速トンネルの映像を思い出したな~~~

今日はココまで。またお願いします
コメント

B-T×キティちゃんコラボスマホケースの事

2014年11月08日 22時18分56秒 | BUCK-TICK
ども。今日はBUCK-TICKとキティちゃんのコラボスマホケースの事について。

B-T×HELLO KITTYコラボについては正式発表する前からヤ●ーの検索ワードに上がっているのを夏頃から見てたので密かに気になってはいたのだけど、本当に実現するとはね

B-Tと有名キャラのコラボと言えばつい最近ゆるキャラグランプリ1位を獲得したぐんまちゃんとのコラボハンカチが販売中ですけど、超メジャーなキャラクターその物と「合体」する試みは今回が初めてなんじゃないかな!?(まぁキャラとの合体は12年にニコ生のマスコットキャラクターで既に発表済みだが、そんなメジャーじゃないしね)

当初表題を聞いて私が考えてたデザインはてっきりキティちゃんが顔に「B-T」って書いてかつアニィの立て髪&黒い衣装でマイマイギターを持っているみたいなB-Tをよく知らない人が目立つメンバーのイメージを一つに寄せ集め、キティにコスプレさせているのを想像していたのですが今回はホールツアーの衣装姿で5人一緒にキティに変身!こりゃ快挙だね

デザインを見た感想はと言いますと、あっちゃんはニコ生の時もそうだったが目と眉毛を異常接近させないと櫻井敦司に成り得ないんだな。まぁ、あの鋭い目つきこそが最大のチャームポイントなんだが

ちなみに他のメンバーは眉毛が生えているが、今井先生だけは眉なし&目元グレーの死人メイクで毒のある可愛さが先生のキャラとマッチしているね

ヒデは口ひげを強調したいから邪道ともいえる(!?)口ありのデザインになってしまっているのだが、口ありのキティはつい最近まで不二家とコラボしたペコキティがいたから珍しくはないのかもね

全体的に見て樋口brosのキティが一番本物と調和している気がするっつーか、ゆうたキティが一回り小さいのはお約束だね

上記のマンガについては…実は私はB-Tがキティちゃんとコラボする前、既に彼らとキティちゃんが共演している漫画を描いていたのですよね(正確にはキティちゃんではなく彼女のBF・ダニエル君なんだが)いや~っ、まさか15年後に本当に共演するとは!!

それにしても15年前の自分の絵、超絶下手すぎるのですが(苦笑)…ちなみにこのマンガは2ページ構成になっていてオチのヒントはあっちゃんが驚いて発している「バウハ!!」と言う文句。あっちゃんが影響を受けたミュージシャンと言えばBAUHAUS(バウハウス)が上げられますが、このバンドのGと言えば・・・・?

※このマンガはフィクションです。実在の人物・団体・バンド・メンバーには一切関係ありません。
コメント