演劇やまと塾公式ブログ

神奈川県大和市で活動している市民劇団「演劇やまと塾」のブログです☆なお、掲載されている画像、動画等の無断使用を禁じます。

通常記事は活動情報の下で更新中!

2027年12月31日 23時33分47秒 | top

            市民劇団  演劇やまと塾                         

   公演及び活動情報!(通常記事は次の記事でほぼ毎日更新してます)

     

        青葉が目に染みる風薫る季節。

 コロナウイルスとの共存が、当たり前になってきているように感じます。

   だからこそ油断大敵。

     手洗いと3密を避けて、 

         皆さんも、抵抗力を落とさぬよう、

     明るく毎日を過ごされることをお祈りしております。

 

 やまと塾」のホームページが引っ越して新しいURLになりました。

このブログと合わせてご覧ください http://engekiyamato.com/

                                                    

  令和2年度、3年度は、コロナウイルスの感染拡大のため、

 本公演をなど予定していた舞台活動が、行えなくなりました。

そのような中、

 令和2年に大和市から、大和市文化芸術振興賞をいただきました。

                  

 これまで、ご支援くださった皆さんのおかげと、心より感謝しております。

 ありがとうございました。

 この賞を励みに、

 さらに地域に根差した市民劇団として、前進していきたいと考えております。

 ご指導ご鞭撻をよろしくお願いいたします。

 

          

 やまと塾のこれまでの活動 

平成29年~令和元年度の公演 ここを ここをクリック

 

平成29年度以前のやまと塾の活動 ここを クリック

 

  やまと塾では・・・ 塾生募集中です。    演劇に興味のある方はどなたでも歓迎です。

    塾本部へお気軽にお問い合わせください。

   定例の稽古は月3回です。お知らせいただければ、見学はいつでも可能です。

   市民劇団演劇やまと塾、今年も地域に根ざした活動を継続いたします。皆様からのご意見、ご感想をお待ちしております。お気軽におよせください。 

 ・サポーター・ボランテアも大歓迎です。 

    公演等についてのお問い合わせは下記へ

やまと塾メールアドレス    engekiyamato@mail.goo.ne.jp  

          


心と身体の充電

2022年05月24日 16時32分46秒 | webbling

皆さまこんにちは。

今日は朝から良いお天気で、ラジオ体操を終えて買い物に。

私たちのラジオ体操は10時からなの。

先日、お友達が出演するので久しぶりに歌を聞きに行ってきました。

日本の歌からオペラまで聞いてきました。

それはそれは、癒されましたよ。もう聞き惚れてしまいました。

また、衣装が素敵! 夢を与えてくれますよね。

オズの魔法使いの時、衣装を提供してくれた友達。

疲れも吹っ飛んで・・・ずっと余韻に浸っていたかったですよ。

歌声はすばらしく、また晴れやかな衣装も一段と輝いて

驚いたことに、米寿、傘寿、喜寿とおめでたい記念すべき歳を

迎えられた方たちのサークルでした。

ピアノ伴奏されたかたも素晴らしくて、その方のピアノリサイタルの

チラシもおいてあったので頂いてきました。

たまには、このような充電できる、ホットできる時間をとらないと、

人間ダメだな・・・とつくづく思いました。

 

帰りに友だちと偶然一緒になり、お茶を楽しんで帰宅。

                       育子でした。


5月22日(日)雨上がりの晴日

2022年05月22日 16時02分07秒 | 「子育てのうばさま」稽古日誌

午後から気温が上がり少し蒸し暑い日曜日。

日曜日は稽古の日程が身についてしまい、今日も稽古かなとつい台本をめくってしまうmizutakaです。

今日は、ゆっくりできる....と、新聞を広げ読むうちに、また戦争が起こらねばよいが、と不安になりました。ウクライナでは、連日で報道される悲惨な映像。つい目をそらしたくなる光景です。

私は戦中のうまれで、東京から母の実家の山形へ縁故疎開した戦争っ子。防空壕に入り、夜中に警報がだされてそこで夜を明かしたこともあります。

食料不足は言うまでもなく、薄いおかゆに大根の葉っぱを入れた糧飯(かてめし)でした。毎日の食事に母は苦労し、しまいに栄養失調でたおれてしまいました。子どもには食事をとらせ、自分は十分食べることをしなかったのです。

私の小学校時代を思い出すと、自然に涙が溢れます。

平和の尊さを噛み締め、毎日を過ごしたいものです。いま、来年のやまと塾公演脚本、構想中。「平和な国」と仮の題を決めました。水野昂子


これぞやまと塾

2022年05月21日 15時32分46秒 | 「子育てのうばさま」稽古日誌

大女優です。

 今日は小雨が降り、少し肌寒い天気でしたね。

やまと塾も8月の公演に向けて事務作業が始動しています。

 

 前回の稽古の時は代表が印刷してくれたチケットをみんなで分類し、

分けました。招待者は封筒に名前を書きその中に入れ、塾生にわたす分、

前売の分、当日券、予備の分などナンバーを控えながら分類しました。

 

 舞台装置については代表が本を買って勉強し、舞台のミニチュアを

作ってくれたので。それを見て説明を受けました。

 これから作る予定の大道具も試作品を作り見せてくれました。

運んでくれたのはUさんです。

 Mさんは蝶番のねじの細工をしてくれることになりました。

 

 Tさんが作成してくれた大和市や大和市教育委員会、大和市スポーツ・よか・みどり財団

への公演名義申請書も19日に無事提出が終わりました。

また市民の掲示板7月号への掲載依頼も同日に終わりました。

 Sさんはこれら事務作業の段取りと指揮、当日の受付などボランティアの手配

スタッフへの連絡等色々やっていただいています。

 

 今までは一部役員がこれらのことをやってきましたが、これからはみんなが公演に向けての

仕事を知って、受け継いでいってもらえるようみんなで作業しました。

 

 それぞれの人が自分のできることを積極的に分担してやってくれ、うれしいです。

これぞやまと塾。みんなやまと塾を愛しているのですね。

 

 


遅ればせながら・・・

2022年05月20日 22時06分48秒 | 「子育てのうばさま」稽古日誌

先月他界された漫画家藤子不二雄(A)氏は「人は考えられないほど残酷な行いをするが、一方でより良き道を歩む向上心と言う働きがある。そしてその向上心は、あたたかくて、ユーモアを秘めたものである」と言うようなことを言われていました。

その言葉に私は深さと重さ感じました。

相方の藤本弘氏とともに藤子不二雄として活動。
共作の「オバQ」をはじめ子供たちにたくさんの夢を与えてくれました。

「笑うせぇるすまん」は大人も楽しめました。

 

日テレの「怪物くん」は面白かったで〜す。

  余談ですが、主人公は大野智君でした。

   私はそれ以来、孫❓を応援してるみたいな気持ちで大野智くんに

頑張れコールを送るようになりました。(俗に言うファンで〜す)

 

嵐の解散後、みんなは活躍しているのに大野智くんの情報がないのはなぜ?でしょう。

きっと第二の故郷と公言している宮古島で、好きな芸術活動や釣りでもしてスローライフを送っているのでしょうか?

アラ、あら、ちょっと脱線してしまいました。

藤子不二雄(A)さん、大人にも子供にも大きな夢や希望、それに世界観などたくさんの幸せをありがとうございました。遅ればせながら  合掌。

      かっちゃんでした


愛車よ、さらば!

2022年05月19日 21時12分51秒 | 「子育てのうばさま」稽古日誌

友人とのLINEビデオ通話でのオンライン飲み会で、つい話し声が大きくなり

家族からひんしゅくを買った“あきひろ”です。

遠出用として約11年愛用していた自転車を廃棄することにしました。

購入当初は休日を利用して江ノ島まで約30km強の川沿い遊歩道を往復

したこともあり、大変可愛がっていた愛車で、少し寂しい気持です。

最低限度のメンテナンスはしていたので、長年愛用していたわりには傷みは

少ないと思いますが、最近は利用頻度が極端に減り、両輪のチューブやタイヤの

劣化、全体的な錆等が目立ち、自転車店での修理・交換は止めて思い切って

処分することにしました。明日は感謝を込めながら、粗大ゴミのステッカーを

貼るつもりです。今後は買い物等の近場用として保有している通称ママチャリを

利用したいと思います。愛車よ、さらば!では、また。


「ことばの日」

2022年05月18日 23時57分38秒 | Weblog

じゅんきーです

きょう5月18日は「ことばの日」だそうです。

 

ことばのパワーを大切にしたい演劇人の端くれとして、

「ことばについて考える日」にふさわしい、文を書きたいところですが、

今日は、ちょっとそんなパワーもなく・・

 

「ことばの日」とつぶやいて終わりにします。   


2022年05月17日 21時23分31秒 | Weblog

  こんにちはタッキーです。

雨模様が続きすっきりしない天気ですね。

穏やかな日々を過ごしたいものです。

それでは。


感情を抑えきれず

2022年05月12日 21時39分42秒 | 「子育てのうばさま」稽古日誌

自宅の植木の枝切りを行い、見た形の良さより“バッサリ切る”ことを優先した

にわか職人の“あきひろ”です。

先日、演劇プロデュー「螺旋階段」の「静寂に火を灯す」を観劇してきました。

ひきこもりの長男を抱える製菓業を営む家族と従業員や出入りする業者が、

自ら命を絶った長男の四十九日でそれぞれの思いをぶつけ合い、語り合う

なかで見えていなかったことが見えてくる。家族が抱えた重いテーマを

個性的な役柄の演者が、ある時はコミカルな掛け合をテンポ良く演じ、

明暗の減り張りがあり、約100分の上演時間が短く感じられました。

理由は分りませんが、客席のご年配の女性が感情を抑えきれず、途中

退席する場面があり少々驚きました。演出でお世話になっているI先生も

ご覧になっており、久しぶり挨拶ができ、大変有意義な観劇でした。

では、また。


また日常が始まっています。

2022年05月12日 11時05分45秒 | 「子育てのうばさま」稽古日誌

新緑が眩しいこの季節。

気温の変化が激しく戸惑いをおぼえているmizutakaです。

GWは子どもや友人と会って、楽しい時を過ごしました。

その反動か体調不安に襲われましたが、現在は、もとに戻りました。この年齢になると、ゆっくりしていることがいいのかなとも思いますが、それでは面白くないとも思ってしまう、欲張りなわたしです。

せっかく、2年半ぶりに公演ができることになったので、なんとか、成功させたい、またその翌年も、よい公演になるよう、頑張りたいと思います。

公園の木々の成長ぶりを見ても、小鳥を見ても、ブランコを揺らしてみても、どうすれば、面白い脚本ができるかと、頭はついそちらに向かってしまいます。

こつこつ、ただこつこつ、積み上げたいものです。今日はこれで。