かまくらdeたんか   鹿取 未放

「かりん」鎌倉支部による渡辺松男の歌・馬場あき子の外国詠などの鑑賞

 

渡辺松男の一首鑑賞 254

2015年09月18日 | 短歌一首鑑賞
 渡辺松男研究31(15年9月)
    【はずかしさのまんなか】『寒気氾濫』(1997年)107頁
     参加者:石井彩子、泉真帆、M・S、鈴木良明、曽我亮子、渡部慧子、鹿取未放
     レポーター:泉 真帆
      司会と記録:鹿取 未放


254 見て見てと少女がひかる指を差す秋日の中のお馬のpenis

      (レポート)
「(略)『寒気氾濫』の特徴の一つと言っていいこうしたもの悲しく滑稽な男性の生と性は、今世紀の終末にある人間の哀しいほど素直な存在の裸体にもみえる。ことにも渡辺が自らの男性性にこだわり世界からの照り返しをこうした身体の部分に象徴的に受けていることに注目したい。ここに描かれた男性身体の部分は、なにか円滑に循環する生の流転からはぐれて奇異であり、意味と居場所を失って途方に暮れている。三首めの少女の無邪気は、その性の滑稽とあてどなさを指し、残酷でさえある。(略)」
     (川野里子著 『寒気氾濫』歌集評―欲情しつつ山を行く―  「かりん」98年9月号 ) 
〈解釈〉少女は一頭の馬の異様におどろき、面白がり、指を輝かせて「見て見て」と差ししめす。見るとそれは物悲しい秋の日の中に照らされている馬のペニスだった。

〈鑑賞〉「見て見て」と詠いだされる調子はとても弾んでいて、次に続く「少女がひかる指を」まで読み進むと、いったい何が始まるのだろうと期待する。すると風景は物悲しい秋の日に転じ、それが突出しているペニスだったとわかる。馬ではないが私も似た体験がある。娘が幼いころ春の上野動物園に連れて行ってしまったときのことである。物珍しく好奇心の目にさわぐ娘に、なんとも説明のしようがなく、そそくさと鳥類の方へ連れていった。一首は、「ひかる」という語を全体に響かせ、馬を「お馬」と愛らしく呼ぶことで明るさを出しているが、男性の作者は一体どんな気持だったかと思うと、笑っていいような哀しいような妙な気がする。(真帆)


      (当日意見)
★レポーターは「秋日」を「しゅうじつ」と読まれましたが、音数や音感からすると
 「あきび」あるいは「あきひ」と読むのかなあと私は思いました。「しゅうじつ」
 だと重い感じがして。(鹿取)
★私も「あきび」か「あきひ」と思ったのですが、辞書には載ってなくて。(真帆)
★歌では辞書にない読みをさせる場合があるから、辞書的な読みにそれほどこだわら
 なくていいんじゃないかなあ。(鹿取)
★優しい視点だから、お嬢さんのことを詠っているんだと思う。(曽我)
★真帆さんが引用している川野さんの意見だけど、自らの男性性に拘りというのは違 
 うんじゃないかなあ。少女は無邪気に言っているので、もっと軽い歌じゃないか。
    (鈴木)
★川野さんは抽象的に総括していらっしゃるんだけど、「なにか円滑に循環する生の
 流転からはぐれて奇異」ってちょっと言い過ぎかなあと。私は真帆さんの感想の部
 分をいいと思いました。とても具体的に解釈していらっしゃって。(石井)
★私の引用の仕方が悪くてすみません。川野さんは3首あげて書いていらして石井さ
 んが触れられた部分は3首全体について書かれたところです。(真帆)
★3首のうちの他の2首はこうです。(鈴木)
平原にぽつんぽつんとあることの泣きたいような男の乳首
  山よ笑え 若葉に眩む朝礼のおのこらにみな睾丸が垂る
★254番歌について直接触れている「三首目の少女の無邪気は、その性の滑稽とあてど
 なさを指し、残酷でさえある」の部分についても、川野さんの解釈よりずっと無邪気な
 歌だと思います。ちょっとずれますが、「山よ笑え」の歌にしても、以前鑑賞したとき
 言ったと思いますが、初句は「山笑ふ」という季語を命令形にしたものです。「山笑ふ」
 は「草木が萌え始めた、のどかで明るい春の山」の形容ですから、明るい春の山と睾丸
 の垂れた少年達の景が二重になって、命を肯定する暖かい歌だと思います。この254 
 番歌についても同様に思います。(鹿取)

『短歌』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 渡辺松男の一首鑑賞 253 | トップ | 渡辺松男の一首鑑賞 255 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いろいろ (泉真帆)
2015-09-18 19:18:40
ホント、鹿取さんがおっしゃるように、命を肯定するあたたかい一首ですよね~。
コメント、ありがとう! (鹿取未放)
2015-09-18 20:33:24
この歌の結句にひかれてか、今日はいつもの5倍くらいの訪問がありました。何に引かれても、ブログ覗いてくださる方が増えるのは嬉しいこと。
作者の視線が優しくて明るくていいですね。

コメントを投稿

短歌一首鑑賞」カテゴリの最新記事