かまくらdeたんか   鹿取 未放

「かりん」鎌倉支部による渡辺松男の歌・馬場あき子の外国詠などの鑑賞

 

馬場あき子の外国詠102(スペイン)

2018年10月15日 | 短歌一首鑑賞
 馬場あき子の外国詠12(2008年10月実施)
  【西班牙3オリーブ】『青い夜のことば』(1999年刊)P61~
   参加者:F・I、N・I、T・K、崎尾廣子、T・S、藤本満須子、T・H、渡部慧子、鹿取未放
   レポーター:N・I まとめ:鹿取未放

102 オリーブを竿に落してゐる二人紀元前からずつとかうして

     (レポート)
 太古からの方法を今に続けている。スペインの希望は農業の機械化である。(N・I)


     (まとめ)
 オリーブの実を竿で叩いて落とすという紀元前からの収穫法が小規模の農家では今も採られているのだ。旅行者にとってそれは牧歌的な風景かもしれないが、はなはだ効率の悪い農法である。機械化をはかりたくとも資力が伴わず、国も貧しいため援助も期待薄なのだろう。旅行者としてははがゆい面があってもどう手出しすることもかなわない。おそらくアフリカやネパールなど貧しい国に働く人々を前にした感慨は、似たようなものがあるのだろう。眼前の懐かしげな光景に反して、そんな認識も働いているのかもしれない。(鹿取)



コメント

馬場あき子の外国詠101(スペイン)

2018年10月14日 | 短歌一首鑑賞
 馬場あき子の外国詠12(2008年10月実施)
  【西班牙3オリーブ】『青い夜のことば』(1999年刊)P61~
   参加者:F・I、N・I、T・K、崎尾廣子、T・S、藤本満須子、T・H、渡部慧子、鹿取未放
   レポーター:N・I まとめ:鹿取未放


101 生きる智恵や努力はさびし整然とオリーブ植ゑて乾ききりたり

      (レポート)
 広大な荒野に整然とあるオリーブ畑には智恵とか努力以前の、人間の原点の逞しさ、土俗性を見たのだと思います。(N・I)


       (まとめ)
 オリーブの山々を震動させて機械で実を落とすダイナミックな前歌(震動幾山河震動させにつつオリーブの実を落す西班牙)から一転する。実を棹で落とす次の歌からするとこれは小規模な農園を詠んでいるのだろうか。生きるために人々はオリーブを植える。持てる智恵を全て傾けて、整然とオリーブは植えられている。しかし努力もかいなく厳しい風土に土地は乾ききっているのだ。「生きる智恵や努力はさびし」と風土に生きる人々の厳しい生活状況を捉えながら、「さびし」に作者のやさしいまなざしがある。(鹿取)


コメント

馬場あき子の外国詠100(スペイン)

2018年10月13日 | 短歌一首鑑賞
馬場あき子の外国詠11(2008年9月)
   【西班牙3オリーブ】『青い夜のことば』(1999年刊)P58~
    参加者:F・I、N・I、T・K、N・S、崎尾廣子、T・S、
       藤本満須子、T・H、渡部慧子、鹿取未放
    レポーター:渡部慧子 まとめ:鹿取未放


100 震動幾山河震動させにつつオリーブの実を落す西班牙

     (レポート)
 思えばアルタミラ洞窟壁画に始まりタルシンと記述されているタルテソス王国の存在、諸民族の侵入と攻防、一時ローマ帝国の版図になり皇帝を輩出、キリスト教、イスラム教の変遷、またコロンブスの新大陸の発見、それに始まる(日の没することのない帝国)と言われた繁栄と凋落、独裁政権から民主国家への移行など。その変遷のいかなる時も「オリーブ」はみのり「オリーブの実を落す西班牙」であった。このスペインの時空の象徴として「オリーブ」は動かない。オリーブの収穫時の轟きを「震動」と詠い「震動幾山河震動させにつつ」と初句から3句までの破調と重複にスペインの激動とそれへの作者の深い感慨がこめられる。特に「震動」4音を初句に据える大胆さが一首によく働き、「つつ」で下の句へ繋がり「オリーブの実を落す西班牙」と作者の感動は一首を分けられない。その上の句の破調から下の句へのおだやかな調べへのうつりもなべてを肯定している作者の心のようである。西班牙の魅力的な歴史と山河、そこへ象徴として響きのあまやかなオリーブを配し、すべてを一挙につかんでスケールの大きい一首に仕上げた手法に感服する。(慧子)


      (当日発言)
★機械でオリーブを落としている音(藤本)
★米や小麦ではなく副食でもっている国。スペインという国を詠っている。(崎尾)

                             
     (まとめ)
 韻律が非常にいかつく、漢字も厳ついが、ダイナミックな印象を与える為の計算上のことである。結句をアンダルシアなどと産地の名前にせず国の名前「西班牙」と据えて大胆、豪快だ。スペイン中が轟きながら揺れているような時空の広がりを感じさせ爽快である。私の見たテレビ番組では手作業でオリーブの実を落としていたが、大規模の農園では機械を使うのだろう。一連を軽い歌で終わらせることの多い作者だが、ここはスケール大きく重厚に締めている。     (鹿取)


コメント

馬場あき子の外国詠99(スペイン)

2018年10月12日 | 短歌一首鑑賞
馬場あき子の外国詠11(2008年9月)
   【西班牙3オリーブ】『青い夜のことば』(1999年刊)P58~
   参加者:F・I、N・I、T・K、N・S、崎尾廣子、T・S、
       藤本満須子、T・H、渡部慧子、鹿取未放
   レポーター:渡部慧子 まとめ:鹿取未放


99 西班牙のオリーブの樹人口の五倍を立てりその実の津波

      (レポート)
 オリーブと人口の具合を計数化させたものをまず据えて近代を詠っているようだ。そのスペインの近代化への分岐点はEC(現在のEU)加入であったかもしれない。オリーブ栽培を近代農法に切り替え、EC市場へ輸出をはかるのだが96番歌(ユーカリの鬱たる汚れの辺に群れて葦は考へるちから捨てたり)のレポートはここにも若干当てはまる。さらに加入による援助を受ける一方で、農業技術の効率化、それに伴う農業人口削減、それらの人々の海外へ出稼ぎ、また輸入が恒常的に輸出を上回る等の事実が生じる。総合判断すれば効果大なりというところへ達していないことも考えられる。「オリーブの樹人口の五倍を立てり」であればその状況如何は人々の生活にたちまち影響し、時代の様相となるであろう。スペイン近代化に伴う大きな痛み、揺れの部分をオリーブの実に照準を当て「その実の津波」ととらえた一首である。(慧子)
 

      (当日発言)
★レポーターはそこまで深読みする必要があるのか。(崎尾)
★こんなに収穫できても国が豊かになれない、社会詠(T・H)


     (まとめ)
 レポーターのいうような農業技術の不足や農業政策の貧困、輸出入の問題などオリーブ栽培には問題は山積しているのだろうが、それは措いて歌に限ってみることにする。この歌、まずはオリーブの木が人口の五倍もあることの驚きをいっている。オリーブの木が見渡す限り豊かに実って津波のように波打っているのだろう。実(ミ)と津波の「ミ」が弾んだリズムを生んでいる。スペインはオリーブ生産量で世界一だが、その七割をアンダルシア地方でまかなうそうだ。収穫は2月でジブラルタル海峡を渡ってはるかモロッコから季節労働者がやって来る。灌漑を利用して半月に一度はオリーブの根元に充分な水やりもしている。収穫したオリーブはその日のうちに工場で搾られ良質なオリーブ油になるという。(鹿取)

コメント

馬場あき子の外国詠98(スペイン)

2018年10月11日 | 短歌一首鑑賞
馬場あき子の外国詠11(2008年9月)
   【西班牙3オリーブ】『青い夜のことば』(1999年刊)P58~
   参加者:F・I、N・I、T・K、N・S、崎尾廣子、T・S、
       藤本満須子、T・H、渡部慧子、鹿取未放
   レポーター:渡部慧子 まとめ:鹿取未放


98 ほつといてくれとばかりに樹なければ煙突に巣づくれり鸛

     (レポート)
 かつて伝統的農法は野生動物とよいバランスを保っていたと思うが、スペインでも近代化の為の自然破壊がすすんでいるかもしれない。ヨーロッパの伝説・童話によく登場する鸛だが、樹木が少なくなったのであろう、木のてっぺんに巣を作る習性から煙突を代用しているらしい。そこを「ほつといてくれとばかりに」と作者のユーモアと少々強気な部分がのぞく。いつかヨーロッパで農機を動かす人の傍らを鸛がゆっくり歩いている映像を見たが、当時かれらも煙突に巣を作っていたのかもしれない。(慧子)


     (まとめ)
 樹木がないのでやむなく煙突に巣を作っている鸛の哀れさを、初句の俗語が和らげている。その俗語の効果で明るい歌になった。(鹿取)

コメント

馬場あき子の外国詠97(スペイン)

2018年10月10日 | 短歌一首鑑賞
馬場あき子の外国詠11(2008年9月)
   【西班牙3オリーブ】『青い夜のことば』(1999年刊)P58~
   参加者:F・I、N・I、T・K、N・S、崎尾廣子、T・S、
       藤本満須子、T・H、渡部慧子、鹿取未放
   レポーター:渡部慧子 まとめ:鹿取未放


97 突兀たる巍々(ぎぎ)たるそしてふくらなる山越えて群翔しくる鸛(こふのとり)

      (レポート)
 「突兀」は(岩、山などがつきでているさま)、「巍々」は(高大なさま)、「そしてふくらなる山」と写生されている大地。その大地にあるスペインは、ヨーロッパ・アフリカを往来する渡り鳥の通り道になっている為、鳥類がきわめて豊かである。それを示すようにイベリア図式美術というものがあって、新石器時代、青銅時代の岩面画に図式化・抽象化された動物がある。鹿、鶴、亀、鸛などが単純な線に表されているという。常々鳥をこまやかに象徴的にさまざまに詠ってきた作者だが、はるかな昔からこの大地をゆききしているであろう鸛の種としての生命力をたたえるように「群翔しくる」と詠いながら、山河もろとも大きくとらえて、爽快な一首だ。(慧子)


      (まとめ)
 現代ではあまり使われない「突兀たる」、「巍々たる」という漢文調の描写が、文字づらも厳めしく、険しい山の姿を読者にイメージさせてくれる。その上「ふくらなる」ときて、険しいだけではないやさしいなだらかな山容もあるところが楽しい。険しく厳しいばかりの山容では渡ってくる鸛の表情もけわしいものになるが、彼らは「ふくらなる」山の上をも飛んでくるのだ。そのあたりが馬場の鸛への優しさなのだろう。日本では日常見慣れない鸛が群れをなして飛翔してくるイメージが珍しくたのしい。(鹿取)

コメント

馬場あき子の外国詠96(スペイン)

2018年10月09日 | 短歌一首鑑賞
馬場あき子の外国詠11(2008年9月)
   【西班牙3オリーブ】『青い夜のことば』(1999年刊)P58~
   参加者:F・I、N・I、T・K、N・S、崎尾廣子、T・S、
       藤本満須子、T・H、渡部慧子、鹿取未放
   レポーター:渡部慧子 まとめ:鹿取未放


96 ユーカリの鬱たる汚れの辺に群れて葦は考へるちから捨てたり

     (レポート)
 アンダルシアなどスペイン南部大規模農園は非効率的農業の象徴であったが、近代農業へ移行されている。しかし保守的気質、資本投入不足、乾燥した荒々しい気候の影響などの諸条件で、その生産性はヨーロッパ基準からすれば低レベルである。それゆえかつて華やかだった時代の活気は見るべくもないであろう。そういう状態を「ユーカリの鬱たる汚れ」に託していよう。そして「辺に群れて葦は考へるちから捨てたり」と続くのだが、「葦」とはパスカルの言う人間だ。その人間へ前述の状況下で個人としての輝きを失い「群れて」「考へるちから捨てたり」と作者の見解を示している。しかし旅先の人々を「葦」に託し、寓言めいた表現をしているのは一旅行者としてあからさまな言挙げをつつしんだのであろう。(慧子)


         (当日発言)
★下の句は字義通りではないか。(崎尾)
 
      (まとめ)
 レポーターのように葦を人間ととると、土地の農民たちが、収穫も思うようにならない汚れたユーカリの木の辺りに無気力に群れているということか。作者独特の「ちから」の語を用いているが、ここではそれが発揮できない状況で、為す術もない人々をうたっているのだろうか。なんだか土地の人を蔑しているようで、あまりしっくりしない。また、こういう解釈をすると直前の歌〈アンダルシアのユーカリは汚れし手を垂れて泣けてくるやうなやさしさにじます〉のやさしさ、3首前の歌〈乾大地赫ければ半裸かがやかせオリーブ植うる南へ南へ〉の逞しさなど一連の中で見るとき、どうもこの歌だけが異質な感じになる。では葦を植物ととると、葦はふつう湿地に生えるものなので乾燥地のユーカリの木の周りに生えていたかどうか気になるところだ。実景ととるならユーカリの周りに群生している葦たちも力なく萎れきっているというのだろう。(鹿取)


コメント

馬場あき子の外国詠95(スペイン)

2018年10月08日 | 短歌一首鑑賞
馬場あき子の外国詠11(2008年9月)
   【西班牙3オリーブ】『青い夜のことば』(1999年刊)P58~
   参加者:F・I、N・I、T・K、N・S、崎尾廣子、T・S、
       藤本満須子、T・H、渡部慧子、鹿取未放
   レポーター:渡部慧子 まとめ:鹿取未放


95 アンダルシアのユーカリは汚れし手を垂れて泣けてくるやうなやさしさにじます

     (レポート)
 サハラ砂漠から季節風が吹き、雨量の少ない地であるから「ユーカリは汚れし」は想像できる。だが葉ではなく「手を垂れて」としている。即物的に葉を垂れてではおもしろみがないからであろうか。手を詠い込むことの多い作者の単純な比喩とも思えない。私たち日本人と違って手足の長いアンダルシアの人々を暗示させるべく「手を垂れて」と言葉を置いたように思われる。ここから作者の心はひそかに人々に向けられ、アンダルシアの長い時空の中のつかのまを生きる人々への目差しとなる。その陰影深い風貌、暑い地に暮らすゆえの気怠い感じ、また攻撃型よりは受動型であろう民族性などを「泣けてくるやうなやさしさにじます」と詠っている。それは対象に距離を置かない作者の心の表白であろう。(慧子)

          (当日発言)
★レポーターは少し考えすぎでは。馬場は動物にも植物にも人間のようなシンパシーを持つ人なの
 で、この歌もユーカリに対して人間のようにゆかしさを感じているのでしょう。(鹿取)

      (まとめ)
 ユーカリの木は六年で成木になるそうだ。1メートルの成木もあるが、高いものでは100メートルにも育つという。多くの種類があるが、ここでは柳の葉に似た細長い葉を垂れる種類なのだろう。乾燥地にあって水分不足で葉が垂れているのかもしれないし、土埃で汚れているのであろう。
 下の句は八・八とたっぷりにうたわれて、こちらの情を誘い込むようだ。「やさしさにじます」の主語はユーカリの木であろう。(鹿取)
コメント

馬場あき子の外国詠94(スペイン)

2018年10月07日 | 短歌一首鑑賞
  馬場あき子の外国詠11(2008年9月)
     【西班牙3オリーブ】『青い夜のことば』(1999年刊)P58~
     参加者:F・I、N・I、T・K、N・S、崎尾廣子、T・S、
         藤本満須子、T・H、渡部慧子、鹿取未放
     レポーター:渡部慧子 まとめ:鹿取未放


94 万の起伏の変化に沿ひてオリーブの畑うねり出すアンダルシアより

     (レポート)
 アンダルシアはスペイン南端部の地方で、行政的には一自州をなす。アメリア、カディス、コルトバ、グラナダ、ハヘン、ウエルバ、セビリヤ、マラガの八県からなる。
 アンダルシアは紀元前にタルテソス王国、八世紀にカリフ朝王国があり、十三世紀末までイベリア半島の先進地であった。農業、商業、文化いずれも発展し、高度な都市文化を築いた。その遺産としてグラナダ、コルドバ、アルハンブラ宮殿などよく知られている。地中海、大西洋、ヨーロッパ大陸、アフリカ大陸が交差する地理性、文化性からヨーロッパの玄関と呼ばれ、高い文化を持つ民族のエネルギーがうねりだしていた。その後キリスト教徒によるコルドバ奪回、グラナダ陥落によりアンダルシアは広大な地を貴族に分割され、不毛な大地所有が形成された。
 掲出歌はその歴史の変化を思い、実際アンダルシアのおだやかにうねる丘陵の美しさを視野におさめたところの「万の」であり「起伏の変化に沿ひて」という上の句である。(慧子)


      (当日発言)
★「うねり出す」がこの歌の力(崎尾)
★結句の倒置が活きている(藤本)
★レポーターのように歴史とかに深入りしないで、ここは作者が圧倒され感嘆しているダイナミ
 ックな景が見えればよいと思う。「万の起伏」は起伏に富んだ地形の面白さを言っているのだろ
 う。(鹿取)


     (まとめ)
 整然とオリーブの木が植えられている情景の写真をよく目にするが、日本の茶畑のような単純な丘ではなく、起伏に富んだダイナミックな地形なのだ。その地形に沿って植えられた見渡す限りのオリーブの木、「うねり出す」という表現でみごとに情景がとらえられている。(鹿取)
コメント

ブログ版  馬場あき子の外国詠 93(スペイン)

2018年10月05日 | 短歌一首鑑賞
馬場あき子の外国詠11(2008年9月)
   【西班牙3オリーブ】『青い夜のことば』(1999年刊)P58~
   参加者:F・I、N・I、T・K、N・S、崎尾廣子、T・S、
       藤本満須子、T・H、渡部慧子、鹿取未放
   レポーター:渡部慧子 まとめ:鹿取未放


93 乾大地赫ければ半裸かがやかせオリーブ植うる南へ南へ

     (レポート)
 「乾大地」とは92番歌(ラ・マンチヤはゆけどもゆけども向日葵の黄の荒寥に陽の照るところ)のラマンチャをも含むメセタの乾燥型大地を指していよう。さらにこの地方の写真の赤い大地を、代表的景として紹介している。それを「赫ければ」と詠っているのだが、その正体は次のように説明されている。イベリア半島は、〈石灰岩、泥灰岩、粘土など海底堆積物〉が変動により半島内部のメセタをなし、〈石灰岩、泥灰岩、粘土など海底堆積物〉が激しい風化をうけたことによる石灰岩中の不純物に由来していると。
 一方「半裸かがやかせオリーブ植うる」とは高温乾燥の大地に働く人々へ涙ぐましい思いを起こさせ美しい賛歌となっている。その賛歌は「南へ南へ」の結句に収斂されている。(慧子)


     (まとめ)
 この歌も明るい牧歌的イメージなのか、貧しさゆえに苦労している農民の姿なのか意見が分かれた。私は赫い大地と人間が対峙している力強い風景をうたっているように思う。「南へ南へ」は大地の広さと移動のダイナミックさを伝えて躍動感がある。半裸をかがやかせて乾大地と格闘している人間の姿は、慧子さんの評のように、ある意味で涙ぐましいともいえる。 (鹿取)

 
コメント