かまくらdeたんか   鹿取 未放

「かりん」鎌倉支部による渡辺松男の歌・馬場あき子の外国詠などの鑑賞

 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブログ版 馬場あき子の外国詠421(ドイツ)

2018年07月29日 | 短歌一首鑑賞
 ブログ版馬場あき子の外国詠58(2012年11月実施)
   【ラインのビール】『世紀』(2001年刊)213頁~
    参加者:K・I、崎尾廣子、曽我亮子、藤本満須子(紙上参加)、T・H、渡部慧子、鹿取未放
   レポーター:渡部 慧子
   司会とまとめ:鹿取 未放
  

421 マーラーの曲高まれる窓の外(と)の闇に物食む猫の音する

     (レポート)
 「マーラーの曲高まれる」は「窓の」そして「外(と)の闇に」まで掛かると解したい。そこに物食む猫の音がする。動物の生きる本然たる物食む音を消していない。後述のマーラーの概要に頼るのだが、万象を包み込む壮大で雄渾たる曲の「高まれる」とは、ささやかな音を一首に対比するというような思惑を超えており、命の営みを湛える視点をもって詠われたのだと思う一首である。    (慧子)
  *マーラー:西洋のクラシック音楽の大作曲家達の中で故郷を持たない唯一の存在だ。ドイツ        語圏の外れ、オーストリア帝国の三重文化地域(ドイツ、ユダヤ、スラブ)に生        まれ、民族主義的な時代にあって、国家的なところに根を下ろしていないと言わ        れる。彼の交響曲に代表的な「大地の歌」があり、壮大で類例がないほど語りか        ける力を持っている。『ソルフュージュ選書 マーラー』(白水社)

     (紙上参加意見)
 ホテルに泊まっている時の歌だろう。外ではマーラーの曲が高らかに鳴り、きこえてくる。そんななかで猫が何かを食べる音がしている。猫はすぐ窓の近くにいるのだろう。静まりかえった夜の闇を想う。ラインのほとりで、夜のホテルで、マーラーの曲が鳴っている。といってもマーラーのたくさんあるどの曲を思い浮かべたらいいのか。初期の歌曲なのか、それともたくさんある交響曲の一つか、その中のアリアなのか……と想像してみる。
 ユダヤ系のマーラー、キリスト教に改宗したマーラー、作曲家として二十世紀に入りその業績が認められた偉大なマーラー、マーラーと聞くだけでわが胸は高まるのだが……。妻に去られ、娘は病死という悲運の中で、自らも病に倒れ、最後の「交響曲10番」は未完に終わる。作者はマーラーへ強い思いがあったのだろうか。生誕百五十年、二年前はマーラーイヤーだった。(藤本)


      (当日意見)
★先生は部屋の中にいた。窓の外を覗いたら、マーラーの曲とは対照的に猫がものを食べていた。
   (曽我)
★面白い取り合わせで、こういう発想は考えられない。マーラーの曲も猫の食べる音も両方聞こえ
 ているというところがユニーク。(T・H)
★作者は猫のそばにいるのではないか。(慧子)
★いや、室内にいてマーラーの曲に耳を傾けていたけれど、何か気配を感じて窓を開けてみたら、
 すぐ下に猫が何か食べていて、食べる音が聞こえた、というんじゃない。藤本さんの意見は、窓
 の外にマーラーが鳴っているということですが。(鹿取)

    (まとめ)
 マーラーの曲はどこで鳴っていたのか、内か外か両方の意見があった。しかし「窓の外の闇」だから、闇の中でマーラーが鳴っているとは考えにくい。闇の向こうの遠くから聞こえるとすると「高まる」とまではいえないだろう。ということは室内でマーラーが演奏されていて、その外の闇に猫がいるという構図になる。楽曲の高まりの中で猫がものを食む音が聞こえる(もしくは気配が感じられる)としたらよほど窓際にいたことになる。それとも窓は開いていたのだろうか?ロビーのような場所で生演奏を聴いていたのだろうか。(鹿取)

 ※後日藤本さんより、レポーターのマーラーについての解説の件で「一冊の本をこんなふうに抜
  粋すると正確さを欠き、誤解を招く。筆者が誰かも書いてほしい。」という意見が寄せられた。
  筆者はマルク・ヴィニヤルだそうだ。(鹿取・注)


コメント

ブログ版 馬場あき子の外国詠420(スイス)

2018年07月28日 | 短歌一首鑑賞
 ブログ版馬場あき子の外国詠58(2012年11月実施)
   【ラインのビール】『世紀』(2001年刊)213頁~
    参加者:K・I、崎尾廣子、曽我亮子、藤本満須子(紙上参加)、T・H、渡部慧子、鹿取未放
   レポーター:渡部 慧子
   司会とまとめ:鹿取 未放
  

420 ローレライの岩は絶壁でその上にバス止めて菩提樹の疎林に遊ぶ

  (当日意見)
★「ローレライの岩は絶壁でその上にバス止めて」までの措辞はかなりの字余りである。なるほど
 古歌の通りローレライの伝説の岩は絶壁だった。その岩の上は平らで広場のようになっていた。
 そこにバスを止め、しかしライン川の絶景を眺めるのではなく、岩や川とは反対方向に広がる菩
 提樹の疎林を散策した。さまざまな文学作品を思わせて疎林も魅力的ではあるが、敢えて川の方
 向に背を向けたのはなぜなのか、どうもよく分からない。(鹿取)
 
コメント

ブログ版 馬場あき子の外国詠419(スイス)

2018年07月27日 | 短歌一首鑑賞
 ブログ版馬場あき子の外国詠58(2012年11月実施)
   【ラインのビール】『世紀』(2001年刊)213頁~
    参加者:K・I、崎尾廣子、曽我亮子、藤本満須子(紙上参加)、T・H、渡部慧子、鹿取未放
   レポーター:渡部 慧子
   司会とまとめ:鹿取 未放
  

419 ゆきてかへる心こひしき夕暮の半歌仙速しドイツの秋を

     (レポート)
 旅の地は「ドイツ」そして「秋」そこで「半歌仙」を巻いた。歌仙は懐紙を折りたたんでしたためてゆくのが元々の起こりで、旅やある場での即興にふさわしい座の遊び(文芸)であった。36句の形式を半分の18句に収めるのだから「半歌仙速し」となろう。下の句から読み始めたが、上の句「ゆきてかへる心こひしき夕暮の」とは下の句の為の序詞の働きをしていよう。「半歌仙」が速く終わってしまったそのはかない感じへみちびくべく、上の句から下の句への流れである。と言葉から受けるイメージによって上の句を解したのだがどうであろう。(慧子)


     (当日意見)
★いつも外国旅行すると終わりの方で半歌仙をやるんです。ただ時間が無くてあわただしい。でも
 現地でやるのは気分が高揚しているから面白いんです。(鹿取)
★「ゆきてかへる心こひしき」が分からない。里心がついたことか。(T・H)
★日本からやって来て帰ってゆく、そういういっときのはかない気分を愛しんでいるのでしょう。
   (鹿取)


     (まとめ)
 「読者と行く吟行の旅」であるから、作者は旅の終盤に講師として半歌仙のとりまとめをする。旅の途上だから正式ではなく、月の座、花の座、ここは恋を詠むなど簡単な決まりを設けて行う。36句続ける時間は無いので半分の18句ですませるのだが、旅の終わりに巻く半歌仙の慌ただしさとはかなさ、速く終わるのが惜しい気分を詠んでいる。(鹿取)


コメント

ブログ版 馬場あき子の外国詠418(ドイツ)

2018年07月26日 | 短歌一首鑑賞
 ブログ版馬場あき子の外国詠58(2012年11月実施)
   【ラインのビール】『世紀』(2001年刊)213頁~
    参加者:K・I、崎尾廣子、曽我亮子、藤本満須子(紙上参加)、T・H、渡部慧子、鹿取未放
   レポーター:渡部 慧子
   司会とまとめ:鹿取 未放
  
418 嘆きなくうたはぬ日本の女らがビールに眺めるラインの流れ

     (まとめ)
 目の前のアメリカの労働者たちには、長い年月労働に携わってきた共有の苦労があり、その分厚い感情がほとばしって彼等をうたわせていると作者は感じていたのだろう。それに比較して自分たち日本人はあからさまな共通の歎きをもっていない。だから個々人が軽い旅情にひたりながら、いくぶん倦怠の気分を抱えてぼんやりとラインの流れをながめているのである。(鹿取)


コメント

ブログ版 馬場あき子の外国詠416(ドイツ)

2018年07月24日 | 短歌の鑑賞
 ブログ版馬場あき子の外国詠58(2012年11月実施)
   【ラインのビール】『世紀』(2001年刊)213頁~
    参加者:K・I、崎尾廣子、曽我亮子、藤本満須子(紙上参加)、T・H、渡部慧子、鹿取未放
   レポーター:渡部 慧子
   司会とまとめ:鹿取 未放

  
416 長い長いソーセージ二本で飲むビールドイツの秋の陽ざしは静か

      (レポート)
 「長い長い」という「ソーセージ」は文献によると14世紀までさかのぼり、〈歴史的ソーセージの店〉や〈ことに長いソーセージの店〉などあるらしいが、世界的に有名なドイツの「ビール」と「ソーセージ」の絶妙な味わいに舌鼓を打ったであろう。ところは「ドイツ」「秋の陽ざしは静か」と訪問先の名品をそろえ挨拶歌である。(慧子)


      (紙上参加意見)
 歌集も終わりに近づく頃の一連である。ドイツと言えば長いソーセージ、ビールであろう。夜の店でたくさんのお客が飲み、うたいおどりという情景ではなく、旅の観光の途中おそい昼食をかねてか静かにビールを飲んでいる。やわらかな秋の日射しの中に。少々旅愁も漂っているうた。(藤本)


      (当日意見)
★ドイツはソーセージもビールもおいしいので有名な国。そのおいしいものを二つながら味わって、
 満たされている感じが伝わってくる。「秋の陽ざしは静か」にその気分が出ている。(崎尾)
★慧子さんのレポートに挨拶歌とあるが、馬場先生もそんな気持ちで読まれたのか。(T・H)
★軽い挨拶の気分だと思う。(鹿取)
★いかにも平和でのどかな様子が伝わってくる。(曽我)
★先生は土地と食べものを結びつけて詠むのがお上手。(慧子)

 
コメント

ブログ版 馬場あき子の外国詠355(スイス)

2018年07月23日 | 短歌一首鑑賞
 ブログ版馬場あき子の外国詠49(2012年2月実施)
   【ロイス川の辺りで】『太鼓の空間』(2008年刊)176頁~
    参加者:N・I、井上久美子、崎尾廣子、曽我亮子、藤本満須子、渡部慧子、鹿取未放
   レポーター:N・I
   司会とまとめ:鹿取 未放

 
355 ロイス川の白鳥に餌をやりゐしがはぐれたり紛れたり雨のスイスに

      (当日意見)
★こういう観光地だから白鳥の餌が売られているのだろう。おじいさん貌や意地悪な教師貌などい
 ろんな貌をしているものだと面白がって餌をやっていて、ふと気がついたら周囲に同行者はいな
 くなっていた。「雨のスイスに」とは随分大きく出ているが、見知らぬ国で迷子になり、雨さえ
 降っていて心細いのだろう。反面、迷子になったことを楽しむような気分が「はぐれたり紛れた
 り」の弾んだ畳みかけに表れているし、はぐれた自分を客観視して面白がってもいるようだ。
  (鹿取)
★ロイス川の長さや大きさが伝わってくる。(崎尾)


      (後日意見)(2016年)
 最新歌集『渾沌の鬱』(2016年刊)には「芭蕉より一茶に人気ありといふフランスにけふ初雪が降る」という、やはり国名を詠み込んだ歌がある。(鹿取)

コメント

ブログ版 馬場あき子の外国詠354(スイス)

2018年07月22日 | 短歌一首鑑賞
 ブログ版馬場あき子の外国詠49(2012年2月実施)
   【ロイス川の辺りで】『太鼓の空間』(2008年刊)176頁~
    参加者:N・I、井上久美子、崎尾廣子、曽我亮子、藤本満須子、渡部慧子、鹿取未放
   レポーター:N・I
   司会とまとめ:鹿取 未放

 
354 白鳥の貌つくづくみればおぢいさんいぢわる教師あり大方はをとめ

      (当日意見)
★じっくり眺めるとおじいさん貌の白鳥や意地悪な教師貌の白鳥もいるという発見が面白い。しか
 し「大方はをとめ」と収めたところがいい。大部分の白鳥はおとめのような可憐さなのだ。
  (鹿取)


コメント

ブログ版 馬場あき子の外国詠353(スイス)

2018年07月21日 | 短歌一首鑑賞
 ブログ版馬場あき子の外国詠49(2012年2月実施)
   【ロイス川の辺りで】『太鼓の空間』(2008年刊)176頁~
    参加者:N・I、井上久美子、崎尾廣子、曽我亮子、藤本満須子、渡部慧子、鹿取未放
   レポーター:N・I
   司会とまとめ:鹿取 未放

 
353 漂鳥はここに住みつき声あぐる栃の花蔭に椅子あれば座す

     (当日意見)
★人間のありようと鳥のありようの二つの違い。(慧子)
★「漂鳥」とは「一地方の中で越冬地と繁殖地とを異にし、季節により小規模の移動をする渡り鳥。
 夏には山に近い林にすみ、冬は人里近くに移るウグイスのほか、ムクドリ・メジロなど。」と広 
 辞苑にあります。鳥の名を言っていないのはあまり馴染みのない鳥か。もしくはウグイスなどの 
 ように分かりすぎて、ある情趣がまとわりついてしまうのを避けるためわざと言わなかったのか。
 あるいは漂う鳥というイメージを大切にしたかったのか。次に白鳥の歌があるのだが、白鳥は通
 常長い距離を移動するので「漂鳥」ではないように思う。ここでは、その「漂鳥」を栃の花蔭の
 椅子に腰掛けてしばらく眺め、鳴き声に耳を傾けていたい気分なのだ。(鹿取)


コメント

ブログ版 馬場あき子の外国詠352(スイス)

2018年07月20日 | 短歌一首鑑賞
 ブログ版馬場あき子の外国詠49(2012年2月実施)
   【ロイス川の辺りで】『太鼓の空間』(2008年刊)176頁~
    参加者:N・I、井上久美子、崎尾廣子、曽我亮子、藤本満須子、渡部慧子、鹿取未放
   レポーター:N・I
   司会とまとめ:鹿取 未放

 
352 そこにゆく秘密のおそれアンティクの壺に魂を吸はるるやうな

      (当日意見)
★古いものには歴史の重みがあって、それに魂が奪われてしまいそうだと言っている。(曽我)
★「そこ」は、壺のことをさしている。(藤本)
★作者には「やうな」に類するまとめ方は少ない。(崎尾)
★「やうな」という危うい収め方が、アンティックのすばらしい壺に否応なく魂が吸い寄せられて
 いく恍惚感をうまく表現している。(鹿取)
★作者は快い気分になっている。その欲しいものが有るところへ、店でもよいが行きたくなるのだ。
  (曽我) 


コメント

ブログ版 馬場あき子の外国詠351(スイス)

2018年07月19日 | 短歌一首鑑賞
 ブログ版馬場あき子の外国詠49(2012年2月実施)
   【ロイス川の辺りで】『太鼓の空間』(2008年刊)176頁~
    参加者:N・I、井上久美子、崎尾廣子、曽我亮子、藤本満須子、渡部慧子、鹿取未放
   レポーター:N・I
   司会とまとめ:鹿取 未放

 
351 十九世紀の陶芸の花に灯を当てて騙されてゐるゆたかな時間

     (当日意見)
★ホテルなどでランプや人形などを見ているのだろう。(藤本)
★日本人ならまず花といえば生花。露を帯びた花のイメージが強いのに陶器でできた花を見て騙さ
 れている気分になった。文化的な差。(慧子)
★「花」にこだわらなくてもよいのではないか。(藤本)
★「陶芸の花」は陶で作った花、または陶の壺や皿などに描かれた花の絵か、あるいは象徴的に陶
 芸のすばらしい作品と言うことかも知れないが「華」ではないのでこの解釈は苦しいかもしれな
 い。次の歌に壺に「魂を吸はるうやうな」の歌があるので花が描かれた壺かもしれない。博物館
 でもホテルや物産館などでもよいと思うが、十九世紀に作られたものだという陶芸の花に照明が
 当てられて、とてもすばらしく見える。贋作も混じっているかもしれないが、それを眺めている
 豊かな時間がここにある。「土産物の店」ととると、「ゆたかな時間」が短くなる気がする。た
 だ、歌の流れからいうと対岸、アンチックの店と出てくるので、店という解釈も棄てがたい。
  (鹿取

コメント