四十路男の失敗日記

40代独身男(永遠の三十路)の苦闘の日々。不安障害を患うアラフィフ男の青春の挽歌。

トミーテック 1/12 ジャイロキャノピー 標準車 レビューもどき

2014年06月04日 | その他・趣味
先日、衝撃的なツイートが流れてきました。
それがこの「ジャイロキャノピー」のミニカー(玩具の)

その画像では、S.H.フィギュアーツのキュアハートさんがハンドルを握っておられた。
他にもfigma等、小型の可動フィギュアのアクセサリーに最適!とのことで。

いろいろとお嫁に出したことだし、これくらいは良いだろう…ということで購入してみました。



結構大きいです。1/12というのは、バイク模型としては標準スケールだそうです。



ヘルメットが付属しますが、フィギュアの頭に合わない場合が多いみたい。




現代版オート三輪。
ワイパーが向かって右に寄り過ぎな他は、実車に忠実な造り。
リアのランプはクリアパーツですが、フロントウインカーは黄色い塗装なのが若干残念です。



実車の話ですが…
水冷4サイクルエンジン搭載で、燃費も良好。
2サイクル時代には、リアのBOXが付いた「ワゴンタイプ」がありましたが、2008年に
水冷化されてからはBOXなしの「デッキタイプ」のみになりました。
業務に合ったBOXを自分で付けろ、ということでしょうか。
実車には荷台にフックがあるので、荷物を紐で縛るのも良いです。



模型の話に戻って…
メーター、ハンドル(可動)は勿論、パーキングロックレバー(動きません)まで
再現されとります。ステップには滑り止めのデコボコつき。
でもやっぱりワイパーが寄り過ぎ…個体差かなぁ。。



フューエルインジェクション搭載で、セル一発始動しますが(実車)、バッテリーが
あがった時にも安心のキックペダルも再現。細かいなぁ。



右左折するときは、後輪の部分以外をスイングさせて曲がります。
屋根がかなり内側を通るので、左折の時にはあまり傾けずにハンドルで曲がるようにします。
内輪差にも注意(実車)。

ノーマルの状態だと、後ろタイヤの中心と中心の間が495ミリメートルで、所謂「原付」。
法定最高速度は時速30kmで、指定交差点で二段階右折しなければいけません。
ヘルメット着用義務あり。免許は原付免許でOK

後ろタイヤの中心と中心の間を、個人的に500ミリメートルを越えるように改造して
「ミニカー」として登録するのが流行り。
普通免許以上が必要ですが、原付の規制からは解放されます。
税金は高めで、扱いも普通自動車なみになります。自動車専用道路は通行不可。一人乗り。
ヘルメット着用義務はなくなりますが、安全のために被るべし。
ありゃ、また実車の話になってる…

模型としては、金属製ではないので丁寧に扱わないと。部品がポッキリ…とか怖い。
タイヤがコロコロまわるので、置き場所に注意。
全体的に、プラモデルの完成品に近い感じです。



フィギュアと組み合わせるといっても…可動フィギュアを現在持っていないので
もいもいさん(?)を並べてみました。
実車は、屋根を含めて高さ169cmですが、そこまでスケールを気にする必要は無い気もします。

このようなバイクが、完成品模型として商品化されるとは思いませんでした。
オーナーでなくても、変わり種バイクとして面白いかと思います。
プリキュアさんがピザ屋さんみたいに…とか。
大森ごはんも、配達に使えば(ねえよ

そうだ、仮面ライダーさんの可動フィギュアを乗せたら面白いかも。
オート三輪に乗って颯爽とオレ参上(ぇ
コメント (4)

やるっしゅ倶楽部

  
来海えりか/キュアマリンをしつこく応援し続けようと思うんだ。
ハートキャッチプリキュア!を、何かとオカズにホンホンするクラブ。2011,09,01現在、部員2名(えー
  • RSS1.0 RSS2.0