喫茶 輪

コーヒーカップの耳

『菱』216号

2024-05-21 09:41:52 | 

鳥取の詩人手皮小四郎さんからお贈りいただきました。

 

お手紙付きでお送りいただきました。

こういうのを送るのはなかなか大変で、手紙を添えるのは本当に面倒なのです。

手皮さんありがとうございます。

 

読ませていただきました。

同人のみなさん、わたしにも解りやすい詩を書いて下さってます。

といってレベルが低いわけではありません。

落ち着いた書きぶりで、みんさんベテランの書き手と思われます。

奇を衒う必要がないんですね。

これは手皮さんの「樹よーその名は昭和」。

手皮さんはわたしと同年代だと思います。

書かれている内容がわたしとピッタリというほど重なります。

父親がシベリヤ抑留者というのまで。

ほかの人の作品も共感できます。

花房睦子さんの「予約(一)(二)」も程よい皮肉が効いていて共感しました。

エッセイも楽しく読ませていただきました。

手皮さんの「浜乃木はどこだ――田村のり子追悼」。

山陰の詩の歴史にとって貴重な記録だと思います。

この中に出てくる「鳥取民芸美術館の童子地蔵」ですが、この鳥取民芸美術館は宮崎翁に縁が深かったのではなかったかな?そしてわたし、手皮さんからこの絵ハガキを戴いたことがあったはず。

鳥取民芸美術館、いつか行く機会があるだろうか?

 

手皮さん、ありがとうございました。

 

『コーヒーカップの耳』 おもしろうてやがて哀しき喫茶店。

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

58歳のわたし

2024-05-21 08:27:30 | 新聞記事

以前書いたブログにいまごろアクセスが入っています。

「む―さんの背中」と言う記事に。

20年以上昔の記事を引用しています。

懐かしい。

 

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「電子音」

2024-05-20 08:43:01 | 
今朝の神戸新聞文芸欄。
特選作「電子音」です。

選者の評にもあるように、優れた掌編小説のようです。

ただ、わたしなら行分けにしないで、散文詩にしますが。

『コーヒーカップの耳』 おもしろうてやがて哀しき喫茶店。井原西鶴の世界が現代に。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

字が小さすぎる件

2024-05-19 23:09:25 | 用海のこと
夕、6時半から用海地区団体協議会の総会でした。
勤労会館ホールで。

葛馬さんが議長で進んだのですが、予算案書に不備がありました。
少し時間がかかりましたが、たいしたことではなく無事終了。
それにしても決算書、予算案書の文字が小さすぎます。

以前はもっと大きな紙に印刷されていたのに、経費節減のためか、A4の紙です。
わたしにはよく見えません。
これは再考してほしいですね。

『コーヒーカップの耳』  井原西鶴もびっくり。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

誤植のこと

2024-05-19 09:36:25 | 神戸っ子
思わぬ人から電話があった。
元創元社のフリー編集者、高橋輝次さんから。
著書は沢山あるが『誤植読本』はわたしもいつも手の届く所に置いている本だ。



電話は、『KOBECCO』5月号のわたしの「喫茶店の書斎から」を読んでくださり、
そこに載っている記事で引用されている本『KOTOBA』の誤植についての箇所のコピーが欲しいとのことだった。
そこには、引用した以外に誤植についての興味深い記事があった。
高橋さんのお役に立てるでしょう。
すぐにコピーして投函した。
あ、そうだ。この人との交流はもう10年以上も前、神戸のホテルで「KOBECCO」のわたしのページを読み、編集部を通じて電話をくださったことに始まる。
熱心な人なのだ。

因みに『KOTOBA』のこの号は「ネコ」の特集になっており、ネコ好きにはたまらない本になっている。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

久保直子さんラジオ関西に

2024-05-18 07:49:36 | 地蔵さん
このあと、ラジオパーソナリティーの久保直子さんがラジオ関西に出演です。
8時15分から。



堂本地蔵さんの話も出るみたいですよ。

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

時の流れが

2024-05-17 11:59:09 | 原稿
以前より減ったのだが、毎月書かせてもらっているのが、2誌ある。



思うのだが、毎月の連載を持っていると時が早く経つのではないだろうか?
原稿が書けたと思ったら、またすぐに次のを考えなくてはならない。わたしの背中を猛スピードで時間が通りすぎて行く気がする。
ぼやっとしてたら時間もゆっくり流れるのではないだろうか?
でもそんなことしてたら、何も残らないしなあ。
やっぱり書き続けるしかないかなあ。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2024 名筆展

2024-05-16 19:01:31 | アート・文化
第58回「名筆研究会展」の案内状をいただきました。


今回のテーマが「輪」とあります。
これは行かなくっちゃ。


楽しみです。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

堂本地蔵さん、もう一度お引っ越し。

2024-05-14 10:36:05 | 地蔵さん
堂本地蔵さん、もう一度お引っ越し。
この前お嫁入りしてこられた堂本地蔵さんです。



外に鎮座してもらったのですが、あまりにも小さく可愛いので、夜の間に盗まれる恐れがあり、また風化の心配もあり、堂内に入ってもらいました。



この方が安心でしょう。



こうするかもしれないと、堂本さんにも言ってありましたし、あの時の導師、信行寺ご住職にも許可を得ておりました。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

コロナで中止だった

2024-05-13 09:04:17 | 新型コロナウイルス
昨日の信行寺さんでの落語会ですが、ご住職が言っておられた。
「この催しは4年前に予定されていました。準備を全て整え、檀家さんなどに案内状を発送する直前(一日前)に西宮でコロナ患者が出、その時は緊迫感に包まれている時期で、泣く泣く中止にしたのでした」
この通りではなかったが、このような意味のことを話された。
それじゃ、わたしと同じだ。
先日の信行寺さんでの朗読会も、4年前、東京で行われることになっていて、わたしは新幹線チケットを購入し、ホテルを予約して備えていた。それが直前にコ ロナで中止になったのだった。
ということで、同じような事情の催しが、信行寺さんで相次いで行われたということになる。
なんという偶然‼️

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

町内で落語会

2024-05-12 16:24:46 | 日記
落語会に行ってきました。
町内の寺院、真宗本願寺派信行寺さんの行事。
親鸞上人さんの降誕会(ごうたんえ)の一環として。



月亭方正さんと、そのお弟子さんの月亭柳正さん。



前座の柳正さん、予想以上に面白かったが、流石、方正さん、大爆笑の連続。
56歳になっておられるのだ。



もうベテランなんですね。
やはり鍛えの入ったプロの芸は違います。
目と鼻の先での観覧。



ああ、楽しかった。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

佐川満男画集

2024-05-12 10:48:54 | 菅原洸人画伯
本を探していたら、その本は見つからず、この前探していたのが、出てきた。
こういうことはよくあることで。

佐川満男画集。


わたしへのサイン。

菅原洸人画伯のページ。

画伯が佐川ご夫妻の肖像を描いておられます。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

久しぶりのウォーキング

2024-05-11 21:48:00 | 健康・病気
ここ一、二ヶ月忙しかったので、ウォーキングが出来てなかった。
今日、久しぶりに以前のコースを歩いた。
8時過ぎに家を出たのだが、星乃珈琲店はまだ営業していた。



西宮大橋のたもとまで行って、左折し、帰ってきた。



3800歩だった。
汗かいた。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『どぎまぎ』

2024-05-11 10:46:16 | 文芸
先日、柳人の中野文擴さんを通して小林康浩さんから戴いた川柳句集『どぎまぎ』(2020年発行)。です。



巻末のプロフィールを見ると、1957年のお生まれ。
そして33歳の時に時実新子さんを知り川柳を始めると。
その後、2003年に 週刊朝日「川柳新子座」大賞など数々の受賞歴をお持ちだ。
新子さんに認められた実力者なのですね。
2006年に初句集『道化師』を出し、この『どぎまぎ』は第二句集とのこと。

大きさがいいですねえ。ソフトカバーの新書版。
ページ数も100ページに満たないのでポケットにも入る。
そこがねらいだったとあとがきにある。

265句が載っている。
この背後に「数多の没句が鬱然と樹海を形成している」とのこと。
ということで、数多の自句の中から厳選されたもの。

でもね、全て紹介するというわけにもいきませんので、わたしの独断でいくつか。
章分けがしてあって、「つべこべ」、「じたばた」、「どぎまぎ」、これだけで川柳ですね。


   押したドア軽過ぎて乱入となる
   
   誠実で百万人に嫌われる  

  落ちぶれた鬼なら追ってみたくなる

   セレモニーの鳩そそくさと帰りゆく

   村人が息を殺している帰郷

   野辺を行く花嫁の手に脈がない

   帰り道さてこんな道だったっけ

   たくさんの駅を飛ばして幸せか

  照れるなあ低額所得者だなんて

   花子ちゃんは花が嫌いでイジワルで

   一度だけ母を叱った日の小雨

   鳴るものはみな風鈴になりたがる

   釣り上げた魚が海を振り返る

   見ましたねポストの前の合掌を

   臆病って病気なのかと問う烏

   ともだちの生る木があったその昔

   華やいだ街へと帰る見舞客

   犬もまた遠い目をする川の風

   コンパスで描かれて月は怒り出す

  誰が知るみどりのおばさんの孤独

   忘れたいところに貼っている付箋

   訃報欄が好きだとどなたにも言えず

   極楽の絵もじゅうぶんに恐ろしい

  やわらかいナイフのような「お大事に」

   罵られた言葉を辞書で確かめる

   気付かない 切り離された一輌に

   深々とお辞儀をすれば草千里

   された事していただいた事も夢

  エンドロール 鐘が響いているばかり

いろんな角度からの視線が感じられて、多様な趣の句が楽しめます。
人生経験が豊富なんですね。人間を見る眼が深く鋭いです。
そうでないとこれだけの作品を創ることはできないでしょう。
そこを新子さんはしっかりと見ておられたということ。

小林さん、ありがとうございました。




   

   



   
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「リブィエール」194号

2024-05-11 10:33:06 | 
わたしが忙しくしている間に届いていた同人誌『リブィエール』194号です。



永井ますみさんからお贈り頂いていました。
同人の方々はご高齢の人が多いようです。
それに関する作品が多いです。

永井さんの作品を紹介しましょう。
「種なし西瓜の種」です。

題を見ると、なんか皮肉っぽいのかな?と思いましたが、そうではなく、昔の故郷の思い出です。
方言も交えて貴重な詩となっています。

永井さん、お礼が遅くなりました。
ありがとうございました。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする