喫茶 輪

コーヒーカップの耳

用海、浜脇の下校時

2021-04-21 16:09:50 | まち歩き
子ども見守りを兼ねて図書館まで。
帰ってから郵便ポストへも行きましたので、今日は計5164歩。

これは用海小学校の下校風景。
 


そしてこちらは浜脇小学校。
 

子どもたちは活気があっていいですねえ。にぎやかでした。
コメント

『名筆』600号

2021-04-21 10:43:22 | アート・文化
いつもお世話になっている明石市の書家、六車明峰氏からお贈りいただきました。



4月号ですが、通巻600号とのことです。
凄いことです。ざっと50年間の発行。

この表紙の書(村上翔雲師)に「おっ」と反応しました。
八木重吉の詩「幼い日」です。
昔、書いた文を思い出しました。
←二段階クリック。
兵庫県現代詩協会の会報(2002年11号)に書かせていただいたもの。このころはよく依頼を受けて書いてましたが、最近は忘れられています。
掲載の写真もわたしが撮ったものですが、モデルになってくれた子は今どうしているだろうか?もう20歳は過ぎているのだろう。

そして、『名筆』の「子供詩書優秀作品」のページ。



いいですねえ。
特にわたしがいいと思ったのは、
《しもばしら ふんだら かりっと ビスケット》
《ストーブに 大きな やかん うたってる》

情景がありありと見えて、さらに感触が伝わってきます。
「しもばしら」は小学一年生の山本知怜さん。「ストーブに」は何年生か分からないけど上山春風さん。
字についてはわたしはわかりませんが、選者の中西さんが山本さんの作品を「筆の穂先を使って、小さい文字が紙面に上手に治まっている。」と評しておられます。
子どもの詩(俳句)は邪心がなくていいですね。

『完本・コーヒーカップの耳』

コメント

「動物哲学童話」第2話

2021-04-20 12:09:45 | ドリアン助川さん
年間予約している『青春と読書』5月号が届きました。
ドリアン助川さんの「動物哲学童話」第2話が載ってます。
←二段階クリック。

今回は「キツネのお姉さん」。
《キツネやタヌキは本当に人をだますのでしょうか。》という文があります。そして、こんな言葉も。
《自己は自己で完結せず、他者とつながる「間柄」のなかで息をしているのです。》
これはとても童話に使われるような言葉ではないでしょう。
十分に大人が読むことを意識してのもの。
いや、それだけではなく、ドリさんは、高学年の子どもをも対象に考えておられるのでは?
少々難しくても、こんな言葉をチラッと含めるのも意識してのことだと。
そして、読書する子は成長してゆくものだと。

ところで、今回のキツネの話。感動しました。
そして偶然に驚きました。
わたしがちょうど今、作ろうとしている冊子『縁起・小墓圓満地蔵尊』によく似た話が出てくるのです。
校正刷りのその箇所、ちょっとだけ明かしましょう。
←クリック。
面白いものです。

『完本・コーヒーカップの耳』
コメント

詩集紹介欄

2021-04-20 09:35:45 | 
今朝の神戸新聞「詩集」紹介欄。

森哲弥さんの『少年百科箱日記』が紹介されている。
あれ?この詩集、もう昨年に出たものではなかったか?
わたしブログに書いたと思う。クリック 『少年百科箱日記』
紹介者の細見さんのところにはたくさんの詩集が送られるのだろうな。だから掲載が遅くなる。
溜まる一方なのではないだろうか?
コメント

ちょっと西宮神社まで

2021-04-20 08:50:09 | まち歩き
一日の大半を家の中で座ってますので運動不足になってます。
それで昨日はお天気もいいのでちょっと戎さんまで歩いてきました。



子ども見守りも兼ねての下校時間に。


十日えびすの神事、「福男」がスタートする赤門です。

さらにちょっと調べたいんこともあって。

うちの隣の地蔵さんに縁が深い大村家が寄進した燈籠があるはずなので、探してみましたが、見つかりませんでした。
数が多いので、よう見つけなかったのかも。
それとも震災で壊れてしまったのでしょうか?

往復で約4300歩。
うっすらと汗をかきました。
程よい運動でした。
コメント

地蔵さんの敷地の地権者は

2021-04-19 12:59:01 | 地蔵さん
西宮港そばにある、法務局まで行ってきました。



お地蔵さんの敷地の地権者の名前の確認です。
受付の人は親切に対応して下さいました。
費用600円要りましたが、これでスッキリしました。
地権者お二人のお名前が確認できました。
そして敷地の広さは、138平米もあります。
コメント

笑える話

2021-04-19 08:59:30 | 完本 コーヒーカップの耳
今テレビで「あさイチ」やってますが、松岡修造さんが笑うことの重要性を話してはります。
そこで笑える話。

『完本 コーヒーカップの耳』より「悪友」。

マスター ちょっと聞いて。
この人 ほんまひどいんや。
こないだ 休みの日ィ 一緒にパチンコ行ったんですわ。
この人 負けてスッカラカンになって 奥さんに電話して軍資金持って来させはりますねん。
ぼく 久しぶりに奥さんに会うたから 挨拶しましてん。
ほんで 奥さんが帰らはった後ですわ。
この人 「うちの嫁はん歳いったやろ」て言わはるから いやそんなことない てゆうたんです。
あんまり変わってはらへん て。
そやのに いや 遠慮せんでええ ほんまのことゆうたらええ て しつこいんですわ。
ぼく しまいに面倒くさくなって 誰かてちょっとぐらい歳いきまっせ てゆうたんです。
そしたら 帰って 奥さんにゆうてはるんですわ。
原さんがお前のこと 歳いった ゆうてたぞ て。
ムチャクチャでっせ。
 (原さんの話)

『完本・コーヒーカップの耳』には泣ける話もたくさんありますが、笑える話もいっぱいあります。
コメント

手紙4本。

2021-04-18 10:44:00 | 日記
今日は日曜日。テレビ将棋がある日。
気になっている人への手紙を10時半までに、と書きました。


将棋、居飛車振り飛車の対抗戦になって、わたしのような年配の者には安心して見られる戦法。
うわっ、両アナグマ戦になった。これは長期戦になるか。

『完本・コーヒーカップの耳』
コメント

「これっきり」

2021-04-17 13:54:49 | 本・雑誌
木皿泉さんの『毎日がこれっきり』を読み終えた。

期待通り良かった。
何時も本は「あとがき」から読むことが多いが、この本は今読んだ。
6ページもある長いあとがきだが、最後の三行。

《私は毎日、これっきりと思いながら歩いている。そう思うと、やたらいろんなものが光って見える。そして、その光った何かをひろって、あなたの心の戸口にそっと置くだろう。私のために。あなたのために。みんなのために。》

マネはできないけれどわたしも心に留めておきたい。

『完本・コーヒーカップの耳』
コメント

「ハンプティー・ダンプティー」

2021-04-17 10:33:04 | 懐かしい話

『毎日がこれっきり』(木皿泉)を読んでいて懐かしさがあふれてきた。
「ハンプティー・ダンプティー」という言葉が出てきたのだ。
ついぞ何十年も思い出すことのなかった言葉。
「不思議の国のアリス」に出てくる言葉。
一気に昔のことを思い出した。
長男hitoshiと長女kiyoに読み語りをしてやっていたころのこと。
毎晩のようにソファーで彼らに本を読んでやっていたのだった。
二人はわたしの両脇にベターとくっ付いて聞いていた。
もう40年ほども昔のこと。
今から思うと、あれは至福の時だった。

「金色の時間」と題したそのエッセイの後半に、こんなことが書かれている。
アリスの物語は、作者が子供たちとボートに乗っているときに即興で語った話が元だそうで、それは作者自身の詩「ある金色の昼下がりの思い出」の中に書いてある。アリスの話も、それを聞いていた子供たちも、それを包んでいた金色の風景も、容赦なく流れる時間の中、すべては夢まぼろしになると嘆いた詩だ。》
そうか、そういうことか。
コメント

『蒼き旅』

2021-04-17 09:01:03 | 
昨日、「西宮芸術文化協会」の総会に出席したおり、文芸部運営委員の和比古(かずひこ)さんから詩集と個人詩誌を戴いた。
詩集は『蒼き旅』。


表紙絵も和比古さんによるもの。

21ページにわたって22篇の作品が並んでいるが、みなつながっていて一つのドラマが展開されている。
最初は起伏もなく、淡々とした感じで入ってゆくのだが、後半は重厚感が出てきて、一人の人生が内面的に語られていることに気づく。
最初の「はじめに」という詩に戻ってみると、あ、そうか、となって納得。
その二行。
《蒼き旅とは彷徨う魂の旅であり、
 この詩集はその魂が生きた軌跡である。》


個人詩誌は『遥』3号。


この表紙絵も和比古氏のもの。

音楽と詩についての論考と、論考したうえでの詩作品によるもの。
音楽と詩の関連を語って説得力がある。
勉強になりました。

追記 和比古さんは総会の議長(前半)を務められ、ご苦労様でした。

『完本・コーヒーカップの耳』
コメント

「西宮芸術文化協会総会」

2021-04-16 17:12:56 | アート・文化
20年前に、ちょっと考えるところがあって退会していた「西宮芸術文化協会」ですが、今回、改めてお誘いを受けて入会しました。
今年度の総会が今日、市民会館中会議室でありました。
例年なら総会後に懇親会が催されるのですが、今年は(昨年も)なし。
会長の今竹翠さんが挨拶で「このコロナ禍の中、勇敢にもご出席いただいて…」と。
人数はやはり少なかったですが、委任状も含めて総会は成立。
20年前とはほとんど顔ぶれが替わっている様子でした。
まあ、みなさんマスク姿なのでよくはわかりませんが。
コメント

『風の便り』

2021-04-16 10:46:27 | 本・雑誌
なんと静かな随筆だろうか。
『風の便り』(小山清・夏葉社)。



京都の善行堂さんを通じて購入しました。
小山清という昔の作家の随筆集。
まだ一篇読んだだけですが、まるで生まれたての赤ちゃんの肌に触れるような筆致。
これは一度に読んでしまうものではありませんね。
一篇読んだら、その余韻を味わって、また時をおいて読むものでしょう。
心がささくれ立っているときに読めばなおいいかも。
本文の中に数カ所、高橋和枝さんによる小さなイラストが貼り付けられています。
これも一つの景色。
コメント

「簡単見守り運動」

2021-04-15 14:59:01 | まち歩き
郵便局まで行ってきました。約4000歩。
「簡単見守り運動」に協賛して、下校時に。



途中の「東三公園」の花壇がきれいでした。



子どもが蝶を追いかけてました。

『完本・コーヒーカップの耳』
コメント

認知症テスト?

2021-04-13 14:12:41 | 健康・病気
今日は心臓・脳血管センターでエコー検査でした。
エコー検査室は別棟にあります。
看護師さんがエコー室まで付き添ってくれます。
先ず本館のエレベーターに乗って二階まで。
そこから右へ行って、先の角を右へ曲がると扉があって、扉の上に検知器があり、その下に立つとドアーが開きます。
そこを入ってまっすぐ行くと右側に別のエレベーターがあり、それに乗ります。
そして三階に上ります。
下りると右手にエコー検査室の受付があります。
ここまでは看護師さんが案内してくれます。

検査が済んで、帰りは基本的に自分で同じ道を帰ります。
「一人で帰れますか?」と言われます。
「まるで認知症テストですね」というと、
「ほんとに」と笑っておられました。
わたしはもう5,6回目ですので、大丈夫ですが、初めての時はとまどいました。
自信のない人には帰りも付き添ってもらえます。
コメント