喫茶 輪

コーヒーカップの耳

出石郡出石町奥小野

2010-07-31 21:36:34 | 出石

日帰りで、家内と但馬へ行ってきました。

コウノトリ郷公園のすぐそばの家内のお姉さんの農家で、お米を分けてもらいました。

そして、出石奥小野へお墓参りに。

奥小野の風景です。

Cimg1876 Cimg1877 Cimg1880 Cimg1879

いい所です。

そして、家内の幼友達の住む、尼寺。

その同級生は庵主さんなのです。

足腰を痛めておられるのですが、この坂を足を引きずりながら送りに下りて来て下さいまし

た。

お盆は忙しくなるのに心配です。

Cimg1882

この奥小野には、蓮池が有って、ハス祭りをしてました。

Cimg1874 

帰宅したら、小関智弘さんからハガキが届いてました。

『越後えびかずら維新』の著者です。

読後の感想のお便りを出していたのへの返信です。

お人柄を表わすように丁寧な礼状でした。ホントに誠実なお人です。

コメント (4)

熱中症

2010-07-30 22:09:16 | 日記

   Cimg0066

F西さんの話。 

 ケーサツから電話があって、親父の家のガラス窓、割って入る許可を、と。親父、一人暮

らしやけど、役所の福祉課の人と電話中に倒れたらしいんや。ほんで、役所の人がケーサツ

に電話して、うちに連絡が。熱中症で倒れとったんや。素っ裸やったそうや。体温40度になっ

てたと。親父、昔からエアコン嫌いで、つけとらへんねん。3日間入院して帰って来よった。も

っと入院しとけ言うたんやけど、帰って来よった。そしたら「ガラス割れとる。なんでや?」て言

うから、ケーサツが…、て言うたら、「補償してもらわなあかん」て言いよった。

 それから、いつも電気製品買ってる近所の電気屋へ、エアコンすぐに付けてくれ言うて注文

したんや。電気屋は「すぐにはムリです」て言いよった。ほんなら親父が「死んだらどうしてくれ

る!化けて出て、みんなに”電気屋に殺された“て言いふらしたるぞ」て言いよった。そした

ら、その日のうちについたがな。

 代金79000円、親父、「お前ら(兄弟)で払うとけ。俺は葬式代は安うつくんやから(献体して

おられる)生きてるうちに金使え」て言いよった。

      

kiyoが運転出来ないので、昼過ぎに迎えに行く。

月末の週末で43号線はトラックでよく混んでいた。

滉はやはりハサミ将棋である。はっきりと上達しているが、ママは容赦ない。

Cimg1871 滉、敗勢である。

しかし、母子で体が柔らかい。

Cimg1872 滉、この後、頭を下げて「負けました」。

エライ、エライ!子どもはなかなか「負けました」とは言いにくいもの。

      

「輪」は、明日、明後日(31,1)と休ませていただきます。

よろしくお願いいたします。

コメント (4)

ユーモアのセンス

2010-07-29 16:54:20 | 日記

Cimg1870

店に飾っている絵です。昔、近所に住んでおられた田淵保さんというお爺ちゃんが趣味で描

かれたパステル画。「奥入瀬」だそうです。

田淵さんはもう大分前にお亡くなりになりましたが、頂いた絵はたくさんあります。

ところで上の絵、分かりますか?もう何日もこうしてあるのですが、誰も何もおっしゃいませ

ん。よく見て下さいね。

      

 「おはようございます」と言うと、いつもは、

 「早かったらアカンのかえ!」と言う人が、今日は

 「アッ、おはようございます」と。

 「どうしたん?」

 「ぼく、今日から心入れ替えて上品になるのです」

 「あっそう。心はエエから、その顔入れ替えといてちょうだい」

 「ジャカマッシャエ

      

今読んでいる本、『笑いのこころユーモアのセンス』の137P~138Pです。

おかしいですねえ。

Img282 クリックして読んで下さいね。

Img283

      

2,3日前からわたし、喉おかしいです。咳も出ます。夏風邪?そう言えば家内が一ヶ月ほど

前から咳が止まず、やっと先日医者でレントゲンを撮ってもらって、気管支炎の軽いのと言わ

れたのでした。それ、感染ったらしいです。ちょっと感染るの遅かったですけどね。で、家内が

もらって来た薬を飲んでるので、眠くて仕方ありません。お客さんと喋っていても、つい居眠り

しそうです。二人ともね。

      

明日30日(金)の「輪」のおすすめ定食は

「手づくりハンバーグ」の予定です。

よろしくお願いいたします。

コメント (6)

9650円

2010-07-28 21:58:58 | 日記

Cimg0066

山  「会社で焼き肉パーティーしょうと思たけど、やめた。みな車やからな。

      ほんで、1万円ずつ封筒に入れてやった。自分らで焼き肉食いに行け、ゆうてな」

   「それはいいことをしたねえ。うちには?」

山  「なんでやねん?」

   「この店はあんたとこの会社の出先機関やんか。いつもここでケータイで商売してはる

     やん。だからわたしにも…。9650円でいいわ」

山  「……」

        

店が終わってから、家内と二人で娘のマンションへ。

まだ脱臼の後遺症があるので炊事がしにくいだろうから、おかずを持って行く。

わたしはマンションの下で車の番。

12階から戻ってきた家内は「satoがついて離れないから困って、トイレに行くふりして出てき

た」と。

帰りの車に娘からメール。「さっきまで、バーパどこ行ったんやろと探してました」と。

      

明日29日(木)の「輪」のおすすめ定食は

「冷めん定食」の予定です。

よろしくお願いいたします。

コメント (4)

笑いのこころ…

2010-07-27 18:21:50 | 本・雑誌

Cimg0624

あまりにも暑すぎて、店は暇です。

で、読書。

『笑いのこころユーモアのセンス』(織田正吉・岩波書店)

その55ページ。

ー テレビの子供番組で、小学校一年生の子供に言葉を教える中で、女の先生が「キのつく

もの何か言える?」と言うと、テレビカメラの前だから、みんなしばらくシーンとなった。ひとり

手をあげた男の子が「キンタマ」と言った。先生はびっくりして、「もう少しきれいな言葉を思い

つきませんか」。みんながシーンなったとき、その子がまた手を上げた。先生がしぶしぶ「は

い、あなた」と指すと、「キレイナキンタマ」。ー

 これは『谷川俊太郎対談集2』(冬芽社、1996年)からの引用らしいが、わたしは一人で声

を立てて笑ってしまいました。で、例のごとく、家内に読んで聞かせてやりました。今度は店内

に二人だけの笑い声が響きました。店にはほかに誰もおられませんでした。

    ↓ 9年前に頂いた、織田正吉さんからのハガキです。

Img281

      

明日28日(水)の「輪」の日替わり定食は、

「焼き魚・塩サバ」の予定です。

よろしくお願いいたします。

コメント (4)

宮翁さんの手紙

2010-07-26 18:51:57 | 日記

   Cimg0066

  「いらっしゃいませ。暑いですねえ」

山 「あたりまえじゃ!夏は暑いに決まっとる。あんたの顔見たら、余計に暑苦しいワ」

  「それは失礼。わたしもあんたの顔見たら息苦しいワ」

山 「あんた、重苦しい」

  「あんた、むさくるしい」

山 「あんた、見苦しい」

  「いえいえ、わたしは愛くるしい」

山 「あほか!」

      

神戸の中村信司さんから「てのひら詩集・八月よ」34号が送られて来ました。

縦86㎜横180㎜の小さな手づくり詩集です。

Img278

五月となっているのは?ミスでしょうか。

中村さんは、書もなかなかのものです。

Img279

4篇の詩はみな力作でした。

その中の「年寄りする」がわたしはおもしろかったです。その後半。

Img280

あとがきなどを読むと、中村さん、最近ご病気が続いたご様子。暑さ厳しいです。どうかお大

事になさって下さい。

      

これは先日、宮翁さんから頂いたお茶に添えられていた手紙です。

Img277 ←ポチッ!

格調高い文章です。浅学のわたし、三つの言葉に疑問が。

① 薤露

② 諦観(たいかん)

③ 苦茗

  宮翁さんから頂いている『日本国語大辞典』をひもときました。

① 薤露は「かいろ」と読み、(薤の上の露はかわきやすく落ちやすいところから)人の世や命

  のはかないこと、人の死、またはそれを悲しむ涙などにいう。中国、漢代の田横が自殺し

  たとき、その門人たちの悲しみの歌の中にこの語があったところから、葬送の時にうたう

  歌、すなわち挽歌の意にもいう。

② 諦観になぜわざわざ「たいかん」とルビが、と思いました。ていかんでは?と。すると、

  入念によく見ること。くわしく見ること。とあります。その他あって、3番目に「あきらめさとっ

  てながめること」と。

  「広辞苑」では「たいかん」には「(仏)明らかに真理を観察すること」と。

③ 苦茗(くめい) 「にがい茶。質の悪い茶」

  「広辞苑」には  「茗は、おそくつみとった茶の意。にがい茶、または悪い茶」と。宮翁さん

  がお持ち下さったのは銘茶です。決して茗ではありません。

  こんなことも知らなかったわたしです。勉強になりました。

       

明日27日(火)の「輪」のおすすめ定食は

「冷やしうどん・おにぎり」セットの予定です。

よろしくお願いいたします。

コメント (8)

慶太さん、残念

2010-07-25 14:08:33 | 日記

Cimg1839

kohsatoたちは昨夜、大阪へ帰って行きました。やれやれです。

上の写真は、昨日の様子。

      

今朝、隣の地蔵さんに行くと、こんな光景が。

Cimg1841

セミの抜け殻です。ちょっとギョッとしますね。

足元にはセミ穴が。

Cimg1842

その地蔵さんの藤棚が繁っていて、木陰を作ってくれています。

Cimg1844

3月にはこうでした。木漏れ日です。Cimg0721

      

NHK杯将棋トーナメント戦、今日は我が井上慶太八段が登場。

Cimg1848   Cimg1861

この画面、腹立ちますねえ。「アナログ」と右肩に表示が。

そんなこと分かってる!のに。

人の財産を勝手に来年7月に奪うのだと。その瞬間を見てやろうかとも思っているのですが。

相手は島明九段。そして解説が有吉九段。

Cimg1850  Cimg1852

うれしいですねえ。有吉さんは昔、一緒に会食したことがあります。いい人でした。

結果は、熱戦の末、我が慶太さんの負け。残念。

局後の慶太さんのコメント。

「こんな将棋にするつもりなかったのに、なんでこんな将棋、やったんやろ」

とぼけた味があります。

慶太さん、NHKは負けたけれど、棋士の最も大切な棋戦、順位戦では今2連勝です。この後

も頑張ってもう一度A級に復活してほしいものです。

         

明日26日(月)の「輪」の日替わり定食は、

「豚肉しょうが焼き」の予定です。

よろしくお願いいたします。 

コメント (2)

トウモロコシ

2010-07-24 17:30:32 | 日記

宮水ジュニア将棋教室でした。用海公民館。

今日は、今年度前期、7回シリーズの第4回目でした。

夏休みに入っていて、子どもはスケジュールが変わります。

田舎に行く子や、何かのイベントに参加する子、またサッカーなどの試合とか。

だから出席者は減ります。

それでも市内各地から、20人近くが集まってきました。

講義のあと、二人を同時に指導将棋しました。

途中で時間が足りなくなり、「引き分けにしょう」と言うと、さかんに悔しがっていました。

『現代詩神戸』232号の御恵投を受けました。

ありがとうございます。

Img266 皆さん、よく書いておられますねえ。

22人が27篇の詩を発表しておられます。

偉いなあ。わたしは最近なかなか詩は書けません。

難しいです。詩はエネルギーが要りますね。

どうしても散文に比重が移ってしまいます。

   

滉が植えたトウモロコシ。

6月6日はこうでした。 ↓

Cimg1432

7月9日にはこうなって、 ↓

Cimg1654

今日、7月24日にはこうなりました。 ↓

Cimg1822   Cimg1825

良かった、良かった。

      

今日、明日(24,25日)と、「輪」はお休みです。

コメント (1)

織田正吉さん

2010-07-23 16:52:56 | 日記

        Cimg0066

      

山  「暑い、暑い!」

   「しかし、お宅さんは山の上やから涼しいでしょ」

この人の会社事務所は「輪」の近くなのですが、ご自宅は山の中腹にあって、街を見下ろして

生活されてるのです。

山  「一緒や。そやけど家の中は涼しいぞ。というよりも、冷え込んどるぞ」

先日宮翁さんからお借りした本です。

Img263

大変勉強になります。

この織田正吉さんですが、9年前のわたしの『コーヒーカップの耳』の出版記念会にご出席し

て下さり、お話して下さることになっていたのですが手違いがあり、一週間前に会場にお見え

になり、スゴスゴと帰られたのでした。そして、一週間後の当日にはたしか東北の方

で講演の約束が、とのことで、実に残念なことになったのでした。

      

「輪」は明日、明後日(24,25日)と休ませていただきます。

よろしくお願いいたします。

コメント

海尻巌詩集

2010-07-22 18:36:33 | 本・雑誌

     Cimg0066

      

ページをめくったように梅雨が明けてから、一気に真夏です。

店はエアコンで涼しいので、外へ出た時の温度差がハンパではありません。

体調に気をつけなくては。

      

昨日、宮翁がご持参下さった『海尻巌詩集に寄せられた言葉』を読むうち、

この『海尻巌詩集』を読みたくなった。昭和50年刊である。わたしのひっくり返った書庫を探し

てみた。たしか、宮翁さんから預かってるのが有った筈と。

しかし無かった。わたしの勘違い。有ったのはこれ。

Img262

『続 海尻巌詩集』でした。

表紙絵は、氏の奥様のちぎり絵だと。

1994年刊である。前詩集より19年後のもの。

前にも読んだはずなのだが、わたしはあまり覚えていない。我ながら記憶力が悪いですね

え。

改めて読んでみると、いいですねえ。人肌のぬくもりのある詩が並んでいます。そして哀し

み、幽かなユーモア。

但馬出石出身というのも親しみを感じさせます。但馬ことばが、むきつけではなく使われてい

ていいです。

      

明石の渡辺信雄さんという人から手紙。

偶然わたしのこのブログを見て、と。

氏をわたしは何かの会で何度かお見かけしているが、言葉を交わしたことはない。

これもブログの縁ですね。

ありがとうございます。

同封されてた詩誌『ア・テンポ』38に載っている氏の詩です。

Img261 ←、ポチッして読んで下さいね。

なかなか丁寧に書かれています。

    この場所に立つよう

    なぜ選ばれたのか…

この2行が、この詩の中では多少大げさに感じますが、それこそがこの詩のねらいでしょう

か。

お手紙でのお問い合わせの件、この場所からお返事させていただきます。

わたし、画家近藤康二氏のこと存じ上げません。あまり画家さん知らないのです。

この人の絵、写真で見た感じでは、清潔感のあるいい絵ですね。

      

koh・satoは今日も近所の優しいおばちゃん、koyaさんのお家へ長時間お邪魔でした。

いつもいつもご迷惑をおかけして申し訳ありません。

      

今日は、用海公民館での子ども将棋教室の日だったが、家内がまだ頸椎症の治療中の上、

娘が肩脱臼で孫ともども里帰り中。で、わたしが孫二人を風呂に入れてやらねばならず、将

棋会を休ませてもらう。

      

明日、23日(金)の「輪」のおすすめ定食は

「手づくりハンバーグ」です。

よろしくお願いいたします。

コメント (2)

宮崎修二朗翁

2010-07-21 16:39:15 | 日記

   Cimg0066_2    

昨夜から来ているkohが、朝から店に出て来てウロウロ。

また奥へ引っこんで、しばらくしてまた出てきた。

それはいいのだが、さっきと同じお客さんがお二人、まだおられた。

すると、

「まだおるのん?!」

「こら、お客さんになんちゅうことを! ごゆっくりと、と言わなあかんやろ」

と言っても5歳の子にはわからないか?

お一人が、「そうか、帰らなあかんなあ…」

しかし、そのお客様、それから一時間、雑誌を読んでおられた。

いいのである。立て込む昼時(今は暇でそんのことはないが)とは違うのだから。

ゆっくりして頂いたらいいのである。

      

神戸新聞朝刊「正平調」に柳田國男の『遠野物語』のことが。今年が出版100年になるのだ

と。

この柳田であるが、縁のあるのが、我が、宮崎修二朗翁である。

翁は、柳田の研究に欠かせない『故郷七十年』に深いかかわりを持つ。

柳田に直接会って話を聞いた人は、今はもうほとんどおられないのでは?

翁はその数少ない貴重な人である。

と思っていたら、なんと、午後、扉を開けて入って来られたのが、当の宮崎修二朗翁だった。

記事のこと話すと、「切り抜きを下さい。明日の講義に使います」と。

翁、色んな雑誌を持って来て下さった。

その中に、これは貴重な『海尻巌詩集に寄せられた言葉』というのが。

Img257

表紙は、冨士正晴氏のハガキでしょうか。

内容は、海尻巌詩集への感想文。足立巻一先生初め多くの人の文が。

今は「先生」と呼ばれる人の若書きも。面白い。

そして、修二朗翁がこの本を入れて来て下さった袋にメッセージが。

Img258_2

翁は、海尻氏のお人柄を大変評価しておられる。清冽なのは海尻氏の心のことだろう。

そして次のコメントも怖いですね。

Img259

書いたものは、何十年も経ってから、誰に読まれるか分からない。

文章は、心して書かねば、と思う次第です。

      

明日22日(木)の「輪」のおすすめ定食は、

「冷めん定食」の予定です。

よろしくお願いいたします。

コメント (4)

kiyo_koh_sato

2010-07-21 07:33:16 | 日記

     Cimg0066

昨夜、食事後、kiyo_koh_satoを迎えに行く。

しばらくうちで面倒をみるため。

tetuちゃん、一人で不便で淋しいでしょうが、ふつつかな嫁ですみません。

スープの冷めないところのtetuちゃんママも、孫二人拉致してきたみたいですみません。しば

らく淋しいでしょうが、お許しください。

今朝、地震ありましたねえ。

ガタガタと鳴って、おやっ?これ、おかしいと思ったら、グラグラッと来ました。

やはりあの経験をしているので身構えましたよ。

TVのニュースでは奈良が震源地で、震度4だったと。こちらは2ぐらいでした。

      

今日21日(水)の「輪」のおすすめ定食は、

「焼き魚・シャケ」です。

よろしくお願いいたします。

コメント (4)

竹中郁と三島由紀夫

2010-07-20 16:28:23 | 本・雑誌

昨日、ゆっくりブログが書けなかったので、今日、昨日の分を。

神戸新聞の記事から。

先ず、正平調。三島由紀夫が海を守る話の枕に使われていた。その三島の署名。

Img247 「輪」では、生で見れます。

三島由紀夫と神戸を代表する詩人、竹中郁とのエピソードを紹介します。

これは竹中のハガキ。Img251これも「輪」で見れます。

興味深いエピソードとは、竹中が昭和56年7月号の『神戸っ子』に「奇才の人」と題して書いて

いる文章である。

氏の死後、昭和60年に足立巻一先生が尽力して出された『私のびっくり箱』から。

Img249

Img250←例によって、ポチッ、してくださいね。

いいお話ですねえ。

      

次、目にとまった記事。

Img245

「ほのぼの君」で有名な漫画家、佃公彦さん死去、と。

わたしが昔、米屋だったころ、『ほのぼの』という雑誌があった。それは、全国の米屋へ向け

た販促用の雑誌で、わたしは、得意先の数だけ毎月買って、お得意さんに配布していた。

その表紙を毎号飾っていたのが、佃氏の「ほのぼの君」の絵だった。

そして、

その雑誌に毎号、詩を載せておられたのが、神戸の詩人、伊勢田史郎さんだった。わたし、

そのころ、それほど詩に興味はなかったが、その透明感のある詩には魅かれた。

そんなことを、この記事から懐かしく思い出した。

      

明日21日(水)の「輪」のおすすめ定食は、

「焼き魚・シャケ」の予定です。

よろしくお願いいたします。

コメント (2)

マンション12Fより。

2010-07-19 23:14:05 | 日記

娘のkiyoが肩脱臼で、食事の用意など持って家内と大阪へ。

2,3週間不自由ということだが、小さい子が二人いるので大変だ。

阪神野田のマンション12階。

ベランダからの景色。南方面。

Cimg1780

ドーム球場と入道雲。

Cimg1779 Cimg1781

真下の路地では夏祭りの賑わい。

Cimg1784  

家並の隙間からも、鐘、太鼓が賑やかに聞こえました。

Cimg1786 Cimg1788

別の大通りでは大きなダンジリが。屋根に人が乗っています。

手前のいっぱいの架線はJRのものです。ジャマですねえ。

Cimg1790   Cimg1791

すぐそばでは大きなマンションが建設中。これ何階でしょうか?

Cimg1793

これは西空。ぼちぼち夕焼けです。

Cimg1797

そして南方面の夜景。

Cimg1801

これは梅田方面。

Cimg1804

家内は食事の世話などで忙しかったが、わたしは暇で、滉とオセロをしたり、写真を撮ったり

でした。

      

明日20日(火)の「輪」のおすすめ定食は、

「手づくりハンバーグ」の予定です。

よろしくお願いいたします。    

コメント (4)

脱臼

2010-07-19 10:07:48 | 日記

      

kohの母kiyoが救急車で運ばれたと、朝一番のメール。

昔に何度かやっている肩脱臼である。kohにいきなり飛び乗られたらしい。

わたしは経験ないが、あれかなり痛いらしいです。

2週間ほど、自由が束縛されると。えらいことである。

ちょっと様子を見に行ってきます。

コメント