猫のひたい

杏子の映画日記
☆基本ネタバレはしません☆

ブラック・ウォーター

2019-06-18 21:31:04 | 日記
2008年のオーストラリア映画「ブラック・ウォーター」。

オーストラリア北部へ旅行に来たリー(メイヴ・ダーモディ)と姉のグレース(ダイアナ
・グレン)とその恋人アダム(アンディ・ロドレーダ)は、ガイドと共にマングローブが
生い茂る沼地へと入り込む。そこで釣りをしていると突如ボートが何かにぶつかって転
覆する。川に投げ出された一同がそこで目撃したのは、巨大なクロコダイルであった。

この手の動物パニック映画はよくあるが、本作が他と違っているのは、実話を基にして
いるということだ。2003年に実際に起きた事件だという。実話だと思うと恐ろしい。
姉妹と姉の恋人は川釣り体験ツアーに参加し、ガイドと共にボートに乗り込むが、何か
がボートにぶつかって転覆してしまう。ぶつかってきたのは巨大クロコダイルで、ガイ
ドはすぐに犠牲になってしまう。グレースとアダムは木に登るが、リーはひっくり返っ
たボートにしがみついたままだ。そのままではまたワニが襲ってくるからと、リーは命
がけで泳いで木に登る。しかしこれからどうすればいいのかわからない。木を伝って陸
地へ上がっても道に迷うだろうし、ボートで帰るにしてもまたワニに襲われる。3人は
木の上で途方に暮れる。
こういう映画だと、大体おバカな高校生や大学生が次々と巨大ワニに襲われるというパ
ターンが多いと思うが、この映画は登場人物が3人だけで、舞台のほとんどが沼地なの
で地味である。でもそれがかえってリアルな緊迫感をもたらしている。いつどこからワ
ニが現れるかわからない。助けを呼んでも来ない。絶望的な状況だ。それでも、やはり
ボートを元に戻して帰るしかないと、ボートのロープを手繰り寄せて何とか近づけよう
とする。
実際の事件も3人で、木の上に20時間以上いたそうだ。さぞ怖かっただろう。体力も消
耗するし。人間は巨大な動物には勝てない。死体もグロテスクだったし、色々とリアル
な感じでなかなかおもしろかった。



ふわ~あ。


















映画評論・レビューランキング

人気ブログランキング

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ブラック・ダイヤモンド | トップ | 泣くな赤鬼 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (鳥天)
2019-06-18 22:27:48
おバカ高校生がでてくるのだと、あんまり感情移入できないから怖くないよね(*´艸`)
ニャンズお久しぶり、まだふっくらして見えるから、毛替わりこれからかしら?
Unknown (杏子)
2019-06-19 02:12:20
>鳥天さん
コメントありがとうございます。そうそう、あまり怖くないですよね(笑)
ニャンズは今盛んに毛が抜けてますよ。もう床のあちこちに毛玉が落ちてます(^^;)

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事