猫のひたい

杏子の映画日記
☆基本ネタバレはしません☆

ザ・ファブル

2019-07-05 22:16:03 | 日記
2019年の日本映画「ザ・ファブル」を観にいった。

どんな相手でも6秒以内に殺す。"ファブル(寓話)"と呼ばれる謎の殺し屋(岡田准一)
は、裏社会では誰もが「伝説」と恐れその存在の真偽さえ訝しがられる男。だがファ
ブルを育てあげたボス(佐藤浩市)は、あまりにハイペースで仕事をこなし続ける彼に、
ある指令を与える。「1年間、一般人として普通に暮らせ。休業中に誰かを殺したら、
俺がお前を殺す」ボスには絶対服従の彼は佐藤明(アキラ)という偽名を与えられ、相
棒のヨウコ(木村文乃)と兄妹のふりをして大阪の街へ。ボスのツテで裏社会組織の社
長、海老原(安田顕)に世話になりながらも、生まれて初めての一般社会に溶け込もう
と真面目に努力するアキラ。毎日暇を持て余し飲み歩くヨウコとは対照的に、ボスか
らもらったインコを大事に育てたり、アルバイトをしてみたり。しかしある時、アル
バイトを紹介してくれた清水ミサキ(山本美月)が誘拐、監禁されてしまう事件が起き
る。ヨウコと共にミサキの救出に向かうアキラだったが、そこに「絶対に殺してはい
けない」というボスの鉄の指令が立ちふさがる。

漫画の実写化。伝説の殺し屋ファブルは、ボスから1年間の休業を命じられる。その
間に誰かを殺したら、ボスがファブルを殺すと言われる。子供の頃からボスの元でサ
バイバル生活を送り、殺し屋になるための訓練を受けてきたファブルにとって、一般
社会は新鮮だった。アルバイトをしながら普通の生活を満喫するファブルだったが、
そんなある日事件は起きる。
岡田准一のアクションはすごかった。ファブルは身体能力や動体視力が非常に優れて
いるのだが、この人の運動神経も相当いいのだろう。だがアクションと言っても銃撃
戦がメインで、ちょっと食傷気味。この辺りは日本映画だから仕方ないか。誰と誰が
争って、誰が誰を撃っているのかよくわからない程の銃撃戦である。
ファブルはボスから普通に暮らせと命じられたため、「普通」という言葉をよく使う。
「ミサキちゃんには世話になった。助けるのが普通だ」といった調子で。焼き魚を頭
から食べたり、枝豆を皮ごと食べたり、超絶猫舌だったり、普通ではないところがた
くさんあるファブルは、ユーモラスだった。「仕事」の時の完璧さやスピード感と対
照的でおもしろい。
物語自体はまあまあおもしろかったが、こんなものだろうな、という感じ。岡田准一
の裸が何度も見られるので、彼のファンにとってはお得だろう。




映画評論・レビューランキング

人気ブログランキング








コメント (4)   この記事についてブログを書く
« ベストセラー | トップ | ザ・ビーチ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (いごっそう612)
2019-07-06 06:04:41
ちょっと気になっていた映画です。
なるほど、レビュー参考になりました。
レンタル待ちにします。
Unknown (杏子)
2019-07-06 13:50:20
>いごっそう612さん
コメントありがとうございます。おもしろくなくはないんですけどね。レンタルでいいと思います。
ただ私は原作を読んでいないので、原作を知ってる人にはおもしろいのかもしれませんね。
Unknown (エレナ)
2019-07-06 23:57:47
杏子さんの解説は最後の〆が洒落てますよね^^。ストーリーもそこそこ面白そう~?な感じでしょうか。
Unknown (杏子)
2019-07-07 01:36:58
>エレナさん
コメントありがとうございます。そうですね、そこそこおもしろいって感じですね。
日本映画だからこんなものでしょう( ̄▽ ̄)

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事