猫のひたい

杏子の映画日記
☆基本ネタバレはしません☆

抱擁のかけら

2015-05-11 17:21:20 | 日記
2009年のスペイン映画「抱擁のかけら」。
失明した脚本家ハリー・ケインは、かつてマテオ・ブランコの名で映画監督を務めていた
時に因縁を持った富豪の実業家、エルネスト・マルテルの死を知る。おりしもマルテルの
息子のライ・Xが自分の映画のために脚本を書いて欲しい、と頼みにやってきた頃のこと
であった。14年前、マテオの事務所に俳優志願の美女レナ(ペネロペ・クルス)が訪れた
時全ては始まった。彼女の美貌にマテオは魅せられ、新たな映画の主演女優に抜擢した。
彼女がマルテルの秘書であり、愛人であることを知った上でのことだった。やがてマテオと
レナは愛し合うようになり、レナをつなぎとめておけなかったマルテルは、報復手段に出る。

悲しい愛の物語である。レナは実業家で富豪のマルテルの秘書であり愛人である。マル
テルは嫉妬深く、レナを束縛するが、レナは昔からの夢だった女優になりたいと、オーディ
ションを受けにいく。そこでマテオと出会ったことが不幸の始まりだった。
マルテルは親密な様子のレナとマテオを見て、2人が愛し合っているのではないかと思い、
息子を偵察に送り込む。レナが自分を嫌い、マテオと一緒になろうとしていることを知った
マルテルは、恐ろしい報復に出る。
終盤で、何故マテオが失明するに至ったか、当時レナを主役に据えて作った映画が酷評
されたのか、その真相がわかるのだが、ちょっとミステリーっぽくもあっておもしろい。
マルテルの嫉妬深さ、陰湿さは凄い。まああんなじいさんが若くてきれいな女を手に入れ
たら、手放したくないのだろう。
恋愛だけでなく、親子愛も描かれていて、いい映画だった。悲しい物語だが、ラストには
救いがある。
そして、スペインの家がかわいかった。カーテン、壁、十字架さえも洒落ていてかわいか
った。ヨーロッパの家はアメリカみたいに大きくはないけれど、趣きがある。



人気ブログランキングへ

映画(全般) ブログランキングへ


コメント