Cafe Bridge 粉闘記

bridgetの日記の続編です。
カフェオープンからの日々のできごとや思ったことをつれづれなるままに。。。

海から見る城ヶ崎海岸

2015-07-31 | 日記
29日(水)にジオツアーに参加しました。海から見る城ヶ崎海岸というツアーで、遊覧船に乗って説明を聞きながら、実際に見て、その後は座学で講義を受けました。
伊豆半島は、「南から来た火山の贈り物」というサブタイトル(?)で日本ジオパークに認定されています。世界ジオパークに申請中で9月にはその結果が出るそうです。
ジオパークとは、ジオ(地球)に残されている自然遺産のことで、地層、地形、火山、断層などを含む豊かな自然の公園のことです。









今日は写真のチラ見せのみ。
続きはまた明日書きます。


Comment

連続猛暑日

2015-07-27 | 日記
猛暑日が続いています。
毎日、広報伊東の無線放送が熱中症に気を付けてくださいと放送しています。
庭の草花にも水やりを欠かせません。何の写真かわかりずらいですが、朝の光と水遣りの水シャワーの図。
 

カンカン照りには弱いカフェブリッジですが、夏休みが始まったからか、今日は月曜日ですが、お客様がたくさんいらっしゃいました。
ヨークシャーサンドじゃなくて、早々にドライカレーが売り切れてしまいました。夏は辛いもの食べたくなりますものね。

夕方は、友人夫妻が花束とプレゼントを持って、来店してくれました。
今日は〇〇回めの私の誕生日でした。

A big thank you!



Comment

自転車世界一周の旅人

2015-07-24 | カフェ
今日は、お店が終わってから、近所のペンション 南回帰線さんでのトークショー(?)に行ってきました。

なんと自転車で世界一周をしてきた人のお話です。現在は北海道在住で、2008年から4年9か月かけて世界1周をしてきたのだそうです。

さすがに世界のお話全部は長くなるので、ほんの一部のお話でしたが・・・。

美しい映像とともに見たこともない世界の話はちょっとエキサイティング。
自分たちでなんでも体験できるわけではないから、こうやって体験してきた人たちからお話を聞いたり、写真を見たりしても、世界は広がります。

一人50キロぐらいの重さの荷物と自転車20キロ、合わせて70キロと共に世界中を移動するって、どんなかしら。
約5年も旅する時に持っていくべきものって、パスポート、現金、TCは別にすると、何でしょうね。
旅支度をすると、自分に必要なものって見えてくるかもしれないかな。断捨離はちっとも進んでいないので、再度、考えてみましょう。

自転車世界一周のお二人のサイトがありますので、ご紹介します。
ようことひろの自転車ぐるぐる世界旅
写真がすごくきれいです!
Comment

はらい給え、清めたまえ

2015-07-21 | カフェ
朝のお祈りをしているマスター ではありません。



左手の手の先には箒を持っているんですが、ちょうど鉄の柱で箒が隠れて、なにやら不思議な写真になりました。

はらいたまえ、きよめたまえ~



今度は箒じゃなくて、もっと長い竿をぶんぶん振り回して、朝のお祈り・・・じゃなくて、蜘蛛の巣退治。

夕方にはまたできちゃってるんですけどね。

今日も暑い1日でした。
熱中症には、くれぐれもお気を付けくださいね。
こまめに水分補給しましょう。
Comment

梅雨明け カンカン

2015-07-20 | カフェ
東海地方、近畿地方は、本日20日に例年より1日早く梅雨が明けました。
関東、甲信越地方は昨日19日に例年より2日早く梅雨が明けました。
梅雨明けとともに、夏のカンカン照り。
ブリッジさんは、カンカン照りには弱いんですよ。みんな海に行っちゃいますからね。
ということで、3連休最終日は穏やかに過ぎていきました。

楽しい出会いはいくつかありましたよ。

ケンブリッジ大学を卒業した日本人女性のお客様が偶然ご来店。
日本人でケンブリッジ大学を卒業した方にはあまりお目にかかったことがありません。日本人でオックスフォード大学の卒業生は何人もお会いしたことがあります。
お話を聞いたら、またびっくり。高校までは普通に日本にいらしたそうです。そんなことってできるんだ、可能なんだとびっくりしましたよ。
ただ、子供のころから2か国語はお出来になったそうで、それなら少し納得。手続きはとっても大変だったそうです。さもありなん。
カレッジの図書館の本は全部読んだということにもびっくり仰天。そんな人いるんだ!努力家なんだなぁと思ったら、負けず嫌いなんですって。
負けず嫌いのパワー、恐るべし。

これを読んでくれてる負けず嫌いさんがもしいたら、ここ伊豆に来たら、負けず嫌い魂(?)はどこかにおいて、の~んびりしましょうね。
負けるが勝ちっていうでしょ。
Comment

ケセラセラ♪が秘訣

2015-07-19 | カフェ
昨日はにわか雨で、にわか忙しでしたが、本日は海の日三連休中日ということで、皆様、ご来店ありがとうございました。

印象深かったお客様は・・・
先月のリベンジということで、いらしてくださったお客様。先月は、ヨークシャーサンドが売り切れてしまっていたので、リベンジで再訪してくださったとのこと。
今日も実は、危うしだったんです。その直前にオオゼイ様のグループがご来店で、たまたまドリンクだけだったので、もしこの方たちが皆様ヨークシャーサンドを召し上がっていたら、また売り切れちゃってたかも~だったので、ちょうどよかったです。召し上がっていただけて、私たちも嬉しい。

それからそれから、絶対に忘れないし、またお会いできて、本当に嬉しかったお客様。
95歳のご婦人です。お嬢さまとのご来店です。カフェブリッジの最高年齢のお客様です。
去年も一昨年も何度かおいでくださっていて、最近はどうしていらっしゃるかしら?と時折思い出していました。
伊豆高原で行われている展覧会を見にお出かけになったそうです。お昼はどこで何を食べる?とお嬢様がお母さまにお聞きになったところ、カフェ ブリッジに行きたいと仰ったとお聞きして、本当に嬉しくなりました。お店の名前も覚えていただけていた!感謝です。

95歳までお元気でいるコツはなんですか?とお聞きしたら、ケセラセラ、なるようになるから、くよくよしないことと教えてくださいました。


♪Que Sera Sera, Whatever Will be, Will be 先のことなどわからない♪

毎日を楽しく過ごしましょう。
Comment

新ヨークシャーサンド、近々お目見え予定

2015-07-18 | カフェ
今日も激しく変わりやすいお天気でしたね。
朝はピ-カン、いや雲はあったからピーカンではないが、すごく晴れていました。
お昼にいらしたお客様、伊東まで行ったんだけど、あっちはずっと晴れてたから、城ケ崎に戻ってきたら干しておいた洗濯物ずぶ濡れになっちゃってた!って。
川奈あたりで降り出したって。
11時ごろは、カンカン照り。11時30分すぎごろからかしら、降り出したの。
とともに、雨宿りのお客様も次々とご来店。 朝からの雨には弱いけど、にわか雨には強いブリッジさんなのでした。

さて、昨日はちょっとショックでコジュケイの説明もなしに書き進めてしまいましたね。
このあたりの方には、よーく知られている鳥なんです。
コジュケイというのは、見た目はウズラのような茶色い鳥です。鳴き声に特徴があります。
普段の鳴き声は、ちょっと来い、チョットコイって聞こえることで有名なんです。
you tubeなどでもコジュケイの鳴き声を聞くことができます。
昨日の車の中のは、チョットコイじゃありませんでしたけどね。

さて、タイトルに書きました、ヨークシャーサンドの新フレーバーは、ヨークシャーチョコナッツクリームと、ヨークシャーニューサマーオレンジクリーム。名前長!
最初のは、なんとお客様からのリクエストでできました。
先日、このチョコナッツアイスのアイスの代わりに・・・と言いかけて、いやいや、このフレッシュクリームマンゴーソース掛けのマンゴーソースの代わりに、ナッツとチョコレートソースをかけてください! とのリクエストをいただきました。
お客様、大満足。新メニューになるんじゃないですか?とまで仰っていただき、お客様がお帰りになってから、私たちも試食してみました。
うん!イケルね。

まかないで、食パンにフレッシュクリームとニューサマ―オレンジジャムのサンドをマスターが食べました。
イケル!
ということで、こちらはまかないから出来上がった新フレーバーです。夏限定になるかもしれません。

写真はこの次に。




Comment

鳥之将死、其鳴也哀

2015-07-17 | 日記
雨が降ったり、晴れ間が出たり、忙しく天気が変わる1日でした。
台風11号の被害が、皆様にはないことを祈ります。城ヶ崎海岸は時折雨が酷くなりましたが、被害はありませんでした。

今日、閉店後、買い物に出かける時、通りを一羽のコジュケイが歩いていました。何気なく見て、そのまま車に乗り込みました。
マスターが閉店準備で看板を下げている時に、マスターもコジュケイを一羽見たそうです。そのコジュケイは側溝に隠れていたようで、そこから急に出てきたそうです。

買い物から戻り、車から降りると、道路でカラスが何かをつついているのが見えました。むしられた羽が飛び散っているのも見えましたから、鳥が襲われたのです。
カラスは飛び去り、今度は4羽も5羽ものカラスが上空に集まってきて、ギャアギャア鳴きはじめました。襲う順番でも決めているのでしょうか・・・

私たちがその襲われた鳥に近づいてみると、まだ息があるのが身体の動きからわかりました。
呼吸に合わせて、身体が膨らんでいます。

うわっ、どうする? 首をやられていて、このままにしておけば、確実に上に飛んできたカラスたちの餌食。
どうする?自然の摂理だからこのまま?弱肉強食の自然の世界に、人間が手だしをしてはいけないか?
さっきのコジュケイみたい。でも、まだ生きてる・・・。

どうしたらいいのかわからないまま、タオルでくるんでカゴに入れて、動物病院に運びました。
車で7-8分ぐらい。
2-3分ぐらいのところ目を閉じたので、あぁ、間に合わなかったか、死んじゃった?と思ったら、身体を少し動かしました。
大丈夫、まだ生きてる。
動いたから顔を覗きこむと、やっぱり目は閉じたまま。
クワァッ!ポワァッ!
息絶え絶えな状態とは思えないほど大きな声で急に鳴いたので、思わず手が震えました。
顔を見ると、目も閉じてるし、くちばしも閉じているのに、どこから声を出したのかしら?
あんなに大きな声が出せる状態にはないはず。
ポォッ!  ポォッ!
また、身体を動かして、大きな声で鳴いた。

動物病院に到着して、すぐに受付で事情を話したら、すぐに中に通してくれました。
中ではコリーの治療中。
その奥のベッドに通されて、カゴをおいた時には、もう動かない。つい、さっきまで生きていたんだけど・・・
先生が診てくださって、首が折れているから、死んじゃったことの確認をしてもらいにきたみたいになっちゃった。
でも、すぐに診てくださって、本当にありがとうございました!!

車の中で聞いた、あの鳴き声はそれは大きな声だったんです。とてもそんな風に鳴ける状態じゃなかったのに・・・
あまりにも不思議で、まるで、病院に連れていってくれてありがとう、さようならっって言ってくれてるような気がしました。

タイトルは論語の中の言葉で、今の状況にぴったりのを見つけたので、そこからとりました。
「鳥の将に死なんとするその鳴くや哀し」
鳥の死にぎわの悲鳴には、悲痛な趣がある、という意味で次の句と対句をなしているそうです。
「人の将に死なんとするその言うや善し」
人が死を前にして言うことばには、偽りのない真実の言葉だという意味だそうです。
Comment

わさび情報もらえるかも!

2015-07-14 | 日記
ここ数日、めちゃめちゃ暑いんですが、皆様お元気でしょうか?
今日は火曜日で平日なんですが、次から次へとお客様がご来店くださって、適度に忙しい1日でした。
4年前にオープンしてすぐのころにいらしてくださったお客様がお友達と一緒にいらしてくださって、メニューが増えましたねって。オープンのころはヨークシャーサンドは4種類しかなかったわけですからね。ちなみに今は15種類です。

話は変わりますが、わさびの茎の三杯酢和えが美味しくて、毎年春にわさびの茎がスーパーで売られるのを待っていましたが、今年はとうとうお目にかかれませんでした。
とっても残念に思っていたのですが、本日、朗報がありました!
手に入るかもしれない。。。来年ですけどね。

夕方いらっしゃった女性3名のお客様。お一人が河津在住で、そのお友達2名が東京から訪ねていらっしゃったそう。
ヨークシャーサンドを召し上がって、美味しい!と。 河津からとお聞きしたので、この前、あんばたわさこ、食べましたよ~という話から、ワサビへと話は続き、思いきって聞いてみたのです。
わさびの茎ってどこで買えるんですか?って。

河津だと、知り合いや、知り合いの知り合いがわさび農家さんだったりして、毎年わさびの茎をた~くさんもらうのですって。農家さんは捨ててしまうらしい。
それで、たしかにどこで買えるのかと聞かれれば、売っているのをみたことはないと。
毎年桜の時期からだというから、河津桜といえば2月から3月ごろ??早春ということなのだわね。

それで、その方がどこで入手できるか調べて、教えてくださるそうで~す。
もしかすると、新芽ではないけれど早春でなくてもワサビの茎があるかもしれなくて、それも教えてくださるの~。

楽しみに待っています。



Comment

波しぶき

2015-07-12 | 日記
昨日は弘前から姪が遊びに来てくれました。青森空港を12:10発の飛行機に乗ると、夕方の4時過ぎには城ヶ崎海岸にいるんです。
早いです!夜中までたっぷりおしゃべりしました。

昨日、今日と梅雨の晴れ間です。暑かったですね。先週は雨続きでしたから、晴れると洗濯物も早く乾くし、嬉しい。
台風も近づいていますが、晴れ間を楽しみます。
今日はお客様も大勢来てくださいました。

今朝の海は波はそれほどあるわけでもないのに、波しぶきがすごかったです。
詳しくは知りませんが、今朝はお散歩中のご夫婦の方が足を滑らせて、レスキュー隊に救護されるという事故があったそうです。
海岸に行かれる方は、岩場ですので、どうぞ足元にお気を付けください。

      
Comment