Cafe Bridge 粉闘記

bridgetの日記の続編です。
カフェオープンからの日々のできごとや思ったことをつれづれなるままに。。。

小野市長へ申し入れ

2018-11-17 | メガソーラー
11月17日(土)の伊豆新聞。さきほど配達されました。(我が家には夜中に来るのです)



中田県議と八幡野区長代行が小野市長に「河川占用許可に対して慎重な判断をしてほしい」という申し入れをしたという記事です。
そもそも条例で不同意である事業ですし、違法着工している事業なのですから、先日市と県の立ち入り調査があったばかりなのに、河川占用許可を下そうとするなんてどうかしていると思うのですが、河川については宅造許可で事業者が出している申請図書(書類)に疑義があるわけだから慎重にするようにとの申し入れです。私たちはFacebookはやっていませんが、中田県議のFacebookに詳細が出ているのでリンクを貼らせていただきます。
Comment

11月の第三木曜日

2018-11-16 | 日記
今年もこの季節がやってきました。11月の第三木曜日。

昨年、一昨年に引き続きBeaujolais nouveauの日本語表記の揺れについてみてみました。ワイン好きの方には申し訳ないですが、味の比較ではなく、表記の比較だけです。伊豆新聞によりますと、味の方も今年の出来はいいそうですよ。

Beaujolais という言葉とnouveau という二つの言葉のそれぞれの表記と、つなぎ方の組み合わせの検証です。
ボージョレ、ボジョレー、ボジョレの3つと、ヌーボー、ヌーヴォー、ヌーボ、ヌーヴォの4つ(今回はヌーボは見つからなかったので3つ)と、・中黒有、無し。

1.ボージョレ・ヌーボー    (2文字目が長音記号 ボージョレ / 中黒・有 / ヌーボー )
  サッポロビール、伊豆新聞

2・ボジョレー・ヌーヴォー      (5文字目が長音記号 ボジョレー / 中黒・有 / ヌーヴォー )
  エノテカ、アピタ、スーパーナガヤ、良酒倉庫
  昨年8番形式ボジョレー・ヌーボーだったスーパー ナガヤは今年は2番形式になりました。
  一昨年7番形式 ボジョレ・ヌーヴォーだった 良酒倉庫は2番形式になりました。

3・ボジョレーヌーヴォー     (5文字目が長音記号 ボジョレー / 中黒・無し/ ヌーヴォー )
   サントリー
サントリーでは2016年から提案しているというボジョパを今年も推進しているようですが、伊豆だからかもしれませんがボジョパはやはり広まっていないように思えます。東京では流行っているのかな?   

4.ボージョレ・ヌーヴォ      (2文字目が長音記号 ボージョレ / 中黒・有 / ヌーヴォ )
   アサヒビール

5.ボージョレ・ヌーヴォー      (2文字目が長音記号 ボージョレ / 中黒・有 / ヌーヴォー )
  東急ストア、スーパーあおき、マックスバリュ

一昨年は2番形式 ボジョレー・ヌーヴォー だったスーパーあおきさんですが、昨年は5番形式ボージョレ・ヌーヴォー で、今年も同じく5番形式ボージョレ・ヌーヴォーです。
一昨年は6番形式 ボージョレヌーヴォー  マックスバリュが、昨年は5番形式ボージョレ・ヌーヴォー 、今年も5番形式ボージョレ・ヌーヴォーです。つまり一昨年は2番、6番だったのが、去年から5番に変更になったのが2社。

6.ボージョレヌーヴォー やまや    (2文字目が長音記号 ボージョレ / 中黒・無し / ヌーヴォー )

7.ボジョレ・ヌーヴォー        (長音記号無し ボジョレ/ 中黒・有/ ヌーヴォー )
 アピタのチラシの中の1本だけ、ピエールポネル ボジョレ・ヌーヴォーというのがありました。 
 アピタの他のワインは2番形式ボジョレー・ヌーヴォーでした。

8.ボジョレー・ヌーボー         (5文字目が長音記号 ボジョレー / 中黒・有 / ヌーボー )
 今年は見つけられませんでした。

9.ボジョレー・ヌーヴォ         (5文字目が長音記号 ボジョレー / 中黒・有 / ヌーヴォ )
  昨年は見つけられなかったタイプ。下の楽天市場の中で発見しました。

10.ボジョレー ヌーボー        (5文字目が長音記号 ボジョレー / 中黒・無し / ヌーボー )
  9番同様、昨年は見つけられなかったタイプ。下の楽天市場の中で発見しました。

楽天市場のあるページでは何種類もが混在していました。
https://item.rakuten.co.jp/tochikame/1003000174/
大きく3番形式ボジョレーヌーヴォー。9番形式 ボジョレー・ヌーヴォ  2番形式 ボジョレー・ヌーヴォー 10番形式 ボジョレー ヌーボー
スーパー店内でも混在しています。


3年続けて検証してみてわかったのは、去年と同じ結果ですみませんが、やっぱりゆれているということで、まだどの表示になるか定着していないということです。
しかし、サントリー、アサヒビール、サッポロ、エノテカはそれぞれ別形式ですが、毎年同じ形式ですので、社内表示が決まっているのでしょう。

2番形式 ボジョレー・ヌーヴォー が、エノテカ、アピタ、ナガヤ、良酒倉庫の4社。
5番形式 ボージョレ・ヌーヴォー が、東急ストア、スーパーあおき、マックスバリュの3社。
マックスバリュでは店内ポスターは5番のボージョレ・ヌーヴォーでしたが、放送はボージョレではなくボジョレーと言っていました。東急ストアの放送はボージョレでした。ヴォかボかは日本語的にはあまり発音の差がないですが、長音の位置ボジョレーかボージョレかは、いつか定まるのでしょう。だって、日本語では長音の位置が違えば違う意味の言葉になることはありますから。
例:クール(涼しい) と クルー(乗組員)

その昔の話ですが、カルセール麻紀さんだと思っていましたが、ずっと後になって、カルーセル麻紀さんだとわかってちょっと驚いたというのがマスターと私の両方ともが思ったことでした。二人揃っての勘違いということもありますが。
それと、実際のようにやってみる計画のことを、昔はシュミレーションと言っていて、最近はシミュレーション、どっちも言うかな?

マスターが気に入っているこういう言葉の違いは、ジイジとじじい なんですよ。ジイジは孫のいるおじいさん。ジジイは孫がいるとかいないとかではなく年老いた男性を罵っていう言葉。嫌な感じのおじいさん。バアバとばばあっていうのもありますね。年の重ね方、気を付けなくっちゃ。


Comment

晩秋の桜

2018-11-12 | メガソーラー

今日は11月12日。 今年の立冬は11月7日でしたから、暦の上では冬です。まぁ、11月ですから晩秋ですが、あまり寒くない日が続いています。暑いのも寒いのも苦手ですから、過ごしやすくて嬉しいですけど・・・。

先日、伊豆高原の伊豆オルゴール館の横に桜が咲いていました。桜の里にも10月桜が咲いていると思いますが、10月に咲く🌸が十月桜の他にも何種類かあるんですよね。こちらは外来種と伺いました。


メガソーラー関連、早く結論が出てほしいものですが、カフェのお客様にもたくさんの方がたから署名のご協力をいただきまして、大変感謝しております。次回提出は12月19日ですので、引き続き署名のご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

産経新聞のシリーズの記事ですが、(17)にも伊豆高原のメガソーラーのことが出ています。ご参考までにご紹介します。伊東市、どうなってしまうんだか・・・。




Comment

市長初めての現地視察、県の調査

2018-11-07 | メガソーラー
今日11月7日はメガソーラー関連で動きがありました。漁協の4回目の審尋、訴訟を支援する会の2回目の審尋。こちらは裁判なので詳細はわかりませんが、まだ仮処分決定には至らず、次回に持ち越されたとのことです。
先日来皆様からご協力いただいております、裁判所宛ての工事の仮差し止め処分の要請署名、第一次の提出をしたそうです。11月6日時点で9563筆の署名が集まりました。1か月と少しの短期間で、これだけの署名が集まりましたこと、ご協力くださった皆様に厚く御礼申し上げます。引き続き署名を集めて参りますので、まだご署名いただいていない方、ご協力いただける方、どうぞよろしくお願い申し上げます。署名の詳細及び署名用紙のダウンロードはこちらです。

そして、もう一つの動きは小野伊東市長が事業地の視察に訪れたこと、市と県の立ち入り調査が行われたことです。こちらはテレビの報道が入っていますので、そちらをご紹介します。 小野市長、事業者に対してもっと強い態度で臨んでください!

まずは、しずおか第一テレビのnews.everyから。



伊東市のメガソーラー建設問題で、市と県は今日現地の立ち入り調査を行いました。着工後初めて小野市長も調査に同行しました。今日は伊東市と県の職員ら12人がメガソーラー建設の準備として敷地内で進む道路工事現場に入り調査を行いました。


事業者側は今年8月に木の伐採作業を開始、本格的な工事に入りました。これに対し伊東市はメガソーラー規制条例に違反するとして工事の中止を求め、行政指導を行っていますが、事業者は違反にはあたらないとして事業を進めています。


調査では工事の進捗状況と建設に反対する住民から情報提供のあった土砂の流出状況を重点的に確認しました。


小野達也伊東市長:個人的な感想も含めますけれども、荒々しく工事が進み大変残念に思っています。今後の指導につきましては条例に厳正に対応していただきたいということをこれからも進めていきたいと考えております。

また、県では土砂や伐採した木などについて適切な処理がされていなかったため、是正するよう指導を行うということです。


県経済産業部 西島潔理事:指導を重ねます。その結果、それが改善されな意場合は、そういったこと(許可取消し)もありうるということです。
一方事業者側は、「今後も県と市の許可のもと工事を進めていきます。」とコメントしています。

SBSテレビ イブアイしずおかの動画ニュースはこちらです。



伊東市で企業がメガソーラーの建設工事を始め、住民が反発している問題で、11月7日小野市長が現場を訪れ、工事の状況を確認しました。
 工事の状況を確認したのは、小野市長をはじめ伊東市や県の担当者などです。現場は伊東市八幡野の山林で、民間企業が約40ヘクタールを伐採し、ソーラーパネルを設置する計画です。
 土砂の流出など、環境の悪化を懸念する住民グループと企業側が、これまで衝突を繰り返してきました。しかし企業側は8月、工事に着手しました。
 伊東市としても企業に対しメガソーラー規制条例に違反していると、これまでに複数回行政指導を出しています。しかし企業側は条例が施行される前に工事に着手していたと主張し、工事を進める構えです。
 また伊東市では、他にも2カ所でメガソーラー計画が進んでいて企業が10月、県に事業許可の申請をしました。現場は伊東市の水源、松川湖の近くで、水質に影響することをやはり住民が心配しています。
 小野市長は複数のメガソーラー問題に対処していくことが求められています。(2018.11.07 SBSテレビ イブアイしずおか)

Comment

産経のシリーズ(16)

2018-11-04 | メガソーラー
以前ご紹介した8月から何回か連載されている産経の記事ですが、11月4日配信分でまた伊豆高原のメガソーラーのことがとりあげられていましたのでご紹介します。

事業者とともに事業を進めている人が、伊東市職員の対応について「あまりに住民よりだ」と詰め寄ったことがあると書かれていました。
伊東市職員の対応が住民より?!?!?!?!?!?!?!?!?!?
そうあってほしいものです。「あまりに住民より」とはどの口が言う?という気がします。

2018.11.4 08:00 産経ウエブ
【太陽光発電は人を幸せにするか】(16)業者は工事を強行 決め手がない伊東市は住民と業者の板挟みに


Comment