Cafe Bridge 粉闘記

bridgetの日記の続編です。
カフェオープンからの日々のできごとや思ったことをつれづれなるままに。。。

レッドモヒカン その後

2018-06-09 | ガーデニング
先日?の形から首がニョキーっと伸びて姿(頭)を現したレッドモヒカン(6月4日記事)その後益々モヒカンっぽくなりそうな感じです。まだまだ進化中。


6月5日 10:31


同日 16:28




6月8日



6月9日 この先が楽しみですよ!




半分、青いのも。こちらは別種。


平年より早く梅雨入りして、今日は夏日、明日からまた大雨。台風も来ているようですし、皆様もお気をつけてお過ごしくださいませ。
Comment

レッドモヒカン (アリウム)

2018-06-04 | ガーデニング
今日は暑い1日でしたね。暑すぎたからか、陽ざしが眩しかったからか、未確認物体が庭を横切りました。マスターが、今、なんかテラスの階段の下を何かが横切った・・・と。その言葉に続いて外に出てみると。
怯えて、壁の隅っこに頭をくっつけてどこにも行けなくなったモノが。

丁度お客様でいらしていたGENハットのゲンちゃんが教えてくれました。
モグラの小さいのでヒミズというのだそうです。森に逃がしました。大きさを比較するものがないんですけど、この子は体長10センチぐらいなんです。ヒミズというのはこちらに来て初めて遭遇しました。

メガソーラーの話ばっかりでしたから、ちょっと珍しいお花の写真を撮りためていたのを時系列に並べます。

にょき~っと伸びだして、これはもしかして、昨年秋に植えた球根が育ったのかイマイチ自信がなかったけど、不思議な形に??のような形に茎が伸びてきています。2-3球植えた気がしたけど、しっかり伸びてきたのはこれ1球。いや、植えたのが1球だけだったか?記憶が曖昧。
5月6日


5月21日  6日から21日まで日にちがありますが、茎がぐんぐん伸びていました。?印はそのまま。
鶴かフラミンゴか。鳥のようなたたずまい。嘴(くちばし)みたい。


5月25日  鳥的な風情はそのままに、顔を少し持ち上げて。


5月26日  もはや、鳥的とはいえずむしろ野菜のような、玉ねぎのような。


6月1日 半分、赤い。嘴(くちばし)のようだった部分は空洞、意外や意外。なぜあの形だったのか。


6月2日 全脱皮。レッドモヒカン誕生。クロホウシと色が合うかなと思って、ここにアリウム レッドモヒカンの球根を埋めたのだけど、こんなに首長さんだとは知らなかった。


6月4日 なんか頭頂部がちょっと突き出てきた感じ。

真上からも撮影。


写真では大きく見えますが、丸い部分は直径3センチぐらいでわりと小さいです。
観察を始めてかれこれ1か月経ちました。明日からも見守ります。
Comment

春爛漫 その3

2018-04-03 | ガーデニング
最初の3枚は同じチューリップです。1枚目が朝、2枚目と3枚目が昼、夕方は朝より細く閉じていました。
花が開いたり閉じたりすることを、傾性運動と呼ぶそうで、チューリップのように温度で開いたり閉じたりすることを温度傾性というそうです。
17度から25度で開き、8度から15度前後で閉じるそうです。














どれも特別なチューリップなのですが、秋の嵐の時に名前の札が飛んでしまって、名前がわからなくなってしまっています。

Comment

春爛漫その2

2018-04-01 | ガーデニング













Comment

先週の庭仕事

2017-11-07 | ガーデニング
もう1週間前になりますが、ハロウィーンの夕方、京都からガーデニング大好きな友人が訪ねてくれました。
このブログではすでにおなじみですが、京都とイギリスを半々に暮らしているご夫妻です。
10月までの連日の雨とはうってかわって、快晴、気持ちのいいガーデニング日和でした。
水曜日は1日Kさんご夫妻と、マスターと私の4人でそれぞれに庭仕事をしました。
マスターは、前から気になっていた金木犀の伸びた枝を切りました。
3年前にいただいた蘭の鉢植えが根詰まりしていたので、株分けをしました。
ガーデンシクラメンときれいに並んでいます。

Comment

我が家の収穫 2

2017-07-09 | ガーデニング
我が家でズッキーニとミニトマトが採れたことを前回書きました。
今日は、胡瓜となすのお話です。







胡瓜はこの前3本収穫済みですが、ちょっとウカウカしていたら、巨大になってしまいました。
ナスは初めてのナス1号です。

胡瓜がどれだけ巨大かといいますと・・・


このお皿、ケーキ皿ではなくカレーとかを食べる直径30㎝ぐらいの大きなディナー皿です。
それをはみ出るぐらいの大きさになってしまいました。
ま、採りそびれて大きくなってしまったものは仕方ない。早速、きゅうり、ナス、みょうがにしょうがも加えて、古漬け風浅漬けにしました。
美味しい、美味しい!

ミョウガは、マスターの弘前の実家の庭から持ってきたミョウガです。持ってきたのは、何年前だったかしら。。。4年前かな。今年初めてミョウガがとれました。
ミョウガのあの食べる部分はなんていうんでしょうね。
「やさいのひみつ 食べているのはどの部分」というサイトに出ていました。

ミョウガはブロッコリーやカリフラワーと同じ、花のつぼみを食べる野菜だそうです。
玉ねぎが、レタスやホウレンソウと同じ、葉を食べる野菜というのはちょっと意外でしたが、そういえば、いただく玉ねぎにはあの丸い部分の上に茎がついていますね。サイトの説明では葉のつけねの太った部分と書いてありますが、葉のつけねというより茎のつけねという感じですね。

というわけで、今年の夏は美味しい夏になる気がします。

Comments (2)

我が家の収穫

2017-07-07 | ガーデニング
去年までは、よそからいただくばかりで、自分の庭から野菜が採れることはなかったのですが、今年は大玉ミニトマトがよくできました。

すでに何個も食べちゃってますが、最初の1個を採った時、マスターの一言。
「勝った!」

「え?? 何に勝ったの?」

「カラス」

そうでした。去年は、明日が食べごろと思ったその日に、必ずカラスに食べられていたのでした。

今年は、少し色づいたところで、採ってしまいます。家の中で数日置いておくと、真っ赤な美味しそうな色に変わります。


写真の左側が少し早目に収穫済みトマト、右側が収穫後数日家の中で放置されたトマト。

そして、トマトの上側にあるのが、ズッキーニ。
下の写真は少し前の写真で、最初に花が咲き始めたころの写真です。

最初に咲いていたのは雄花ばかりでした。
ご存知でした??一つの株から雄花と雌花が咲くんですが、どちらも1日花だから、うまくタイミングが合わないと、受粉できない><
雄花は冷蔵庫で2-3日保存できるらしいので、タイミングが合わない時は、雄花を取って冷蔵庫に入れて、翌日雌花が咲いたら受粉させてあげるんだそうです。ズッキーニの人工授粉ですね。

我が家のズッキーニはなかなか雄花と雌花のタイミングが合わず、人工授粉をしてあげようと思ったら、大雨が降ったりで、結局自然に任せています。
虫くん、よろしくね。
来年は2株ではなく、5株ぐらい育てたら、雄花と雌花の咲くタイミングがうまくいくんじゃないかしら。
というわけで、まだ写真の1本しか採れていません。

ズッキーニの雄花と雌花は簡単に見分けられますが(誰でも一度みればわかります)、ウチの庭に来た蘇鉄が、ソテツ君♂なのかソテツちゃん♀なのか、判明するまでにはまだ数年かかりそうです。(蘇鉄は雌雄異株なのだそうです)ある程度大きくなって、花が咲くと、その花の形でわかるのだそうです。


Comment

レモンとミカン

2016-10-14 | ガーデニング

いで湯っこ市場 (JAあいら伊豆)へ行ってきました。

この前、おじさんに教えていただいたように、穴を掘って、土の準備をしたお話を9月30日に書きました。今年は台風、雨が多く、なかなか作業が出来ず、マスターがヤキモキしていました。土を作って2週間ですが、植え付けベストの3月でなければ10月とのことでしたので、いで湯っこ市場に苗木を見に行ったのです。




植えようと思っていたミカンの名前がわからなくなってしまいました。マスターと私の中では同じものを考えていたのですが、それがハルカだったか、セトカだったか、キヨミだったか。まぁ、JAの人に教えてもらえばいいや。
色がニューサマーオレンジのようにレモン色だけど、大きさはニューサマーオレンジより大きいミカン。

いで湯っこ市場で、農家のオジサンに教えてもらって一緒に清見とレモンの苗を探しました。
清見は一本だけ見つかりました。レモンも見つけました。偶然だったけど棘なしレモンの苗でした。

植え方や育て方の注意事項を聞いて、苗木を車に積んで一旦帰宅。
帰りの車の中で、何気なくマスターが呟きました。
「前に、お隣のIさんから清見オレンジをもらったことあったよね。」
「うん、あった、あった。」
「あれ、美味しかったけど、色はオレンジ色だった気がするんだよね。」
「ん~、そういえば、そうだ、確かにオレンジ色だった。美味しかったけどね。」
「もしかして、今回探してたのは、ハルカだったんじゃないかな~?」
「ん~、そういえば、そうだったかもね。でも、結果的には、レモン色の実が2本並ぶんじゃなくて、レモン色とオレンジ色で良かったかもね~。ハルカは今度別の所に植えよう!」

とりあえず、車から降ろしたところ。


見えるかな?根っこの直径、約30センチ。


準備しておいた穴に水をたっぷり張って。


ミカン様、御新居へどうぞ。


培養土をかけて、引っ越し完了。

2本とも完了。雑草と見間違うほど小さい!

左がレモンで右が清見。実寸サイズでは、レモン1.8mぐらい、清見は1mぐらい。

来年の春が楽しみです。

Comment

桜流し と マウントタコマの謎

2016-04-08 | ガーデニング
城ヶ崎海岸は木曜日1日中雨、風が強かったです。
「花散らしの雨」は、もともとは別の意味だったそうで、私の意味していたのは「桜流しの雨」でした。
桜言葉というのか、川面に散って浮かんだ花びらのことは花筏(はないかだ)というそうです。道路に散った一面の花びらの様子には名前はなさそうですが、まるで雪が降った後のようでした。
金曜日、今朝の道路。


時間が逆になりますが、水曜日の城ヶ崎海岸駅からの桜並木の眺め。


本当は遠くに大島が見えていたのですが、映ってませんね~。
こちらの写真だと桜の色がよく出てないけれど、大島が少~し見えますね。


ここ数日、桜のことや花のことばかり書いているじゃないかって?春ですからね。
一昨日紹介しそびれたアプリコットビューティ。


それから、マウントタコマのミステリー。
火曜日にビフォー・アフターを載せたチューリップ。確かに5輪あったのに、今朝みたら一つ!


こちらが火曜日のちょっと乱れ姿の5輪。


茎も葉っぱもない!どういうことかなぁ???
雨? 風? 動物?(including human being?!)
春のミステリーだわ。




Comment

チューリップたち

2016-04-05 | ガーデニング
伊豆高原の桜並木を見てきました。見事に満開でした。閉店後に行ったので、暗くて写真は撮れませんでした。

さて、ここ数日の雨でせっかく咲いたチューリップたちも頭を垂れてしまったものもありますが、いくつかご紹介します。
カルガリー


ダイナスティー



ブライトパロット


メルローズ




マウントタコマのbefore

after


名も知れぬチューリップたち


ノースポールに咲いているかのように見えるソフトクリームコーン




まだ何種類かの蕾が膨らんでいるので、開花が楽しみです。





Comment