Cafe Bridge 粉闘記

bridgetの日記の続編です。
カフェオープンからの日々のできごとや思ったことをつれづれなるままに。。。

ベビー服と小物 第2弾

2015-08-31 | カフェ
この夏、カフェブリッジでは意外な物をお取り扱いしていました。
それは、アメリカのベビー服。
これが意外に人気がありまして、お友達のお子さんの出産祝いや、お孫ちゃんへのプレゼントにと皆様楽しんでお買い物をしていらっしゃいました。
今回秋冬物と小物が数点到着しております。
今までは女の子用ばかりでしたが、今回は男の子用のロンパースも入荷しました。



秋は発表会やいろいろなイベントがあったりしますから、イベント用のプレゼントとしても喜ばれそうですよ。
大特価で販売中!

  

Comment

晩夏

2015-08-30 | カフェ
今日の城ヶ崎海岸は朝から豪雨。ものすごいザーザー降りでした。
夏休み最後の日曜日、残念なお天気になってしまいましたね。
子供の頃は2学期の始まりは9月1日と決まっていたものでしたが、最近はそうでもないようで、すでに学校が始まっているところもあるみたいですね。

今、真夜中ですが、またまたすごい豪雨になってます。なんか年々、異常気象といいますか、気温にしても雨量にしても、あきらかに30年前40年前とは違ってきていると感じます。日本は、というか地球は、どうなってしまうのかしら・・・?

さて、今日のカフェは、朝から雨でお客様が少ないだろうとは思っていました。 それでも、お電話で営業してますか?とお問い合わせいただいたり、雑誌で見ました!とわざわざご来店くださったり、午後には雨宿り的ではないお客様がまったりまったりカフェタイムを過ごしてくださいました。雰囲気がいいから長居しちゃったよと仰ってお帰りになった素敵な初老のご夫婦。どうぞどうぞゆっくりしていらしてください。 まったりカフェ、好きですよ。

夕方、閉店ごろになって、太陽が出てきました。看板を下げようとしたら、ちょうどご近所さんとばったりお会いしたので、一緒に散歩に行きました。
こんなに近くに住んでいるのに、久しぶりに吊橋まで行きました。


昨日も今日も、今頃の時期は夏と秋が混在していて、まだ8月なんだけど、ちょっともの悲しい感じがします。
今聞いているのは、♪ユーミンの 「晩夏~ひとりの季節~」。
この歌の出始めは、「ゆく夏に名残る暑さは・・・」というのですが、ゆく夏という言葉が今にぴったりです。
「ゆく夏」がうっかり「逝く夏」に変換されて、逝く夏となるとますます寂しい感が増します。


夏から秋へ、新しい季節に向けて、寂しがってばかりいないで、元気に過ごしていきましょう。

Comment

エゴマの葉

2015-08-28 | 日記
自給自足を目指して、昨年伊豆に引っ越していらした方がいらっしゃいます。
伊豆高原にはたくさんの玄人はだしの農家さん、というのか、畑づくりがとっても上手な移住組の方がいらっしゃいます。
そういう方たちから時々採れたてのおいしい野菜をいただくと、私もマスターも小確幸。

イギリスで庭づくりが上手な人を、She has green fingers. 緑の指を持っているという言い方をします。
アメリカでは green thumb 緑の親指、 フランス語でも la main verte 緑の手  les doigts verts 緑の指 という言い方をするそうです。

緑色の指を持つ方から(英語的な意味でですよ)、エゴマの葉とモロヘイヤをいただきました。
エゴマの葉は初めてです。

その方が言うには、ご近所にエゴマの葉を差し上げても、臭いから食べられないと言われてしまったそうで、ご丁寧に佃煮風レシピを教えてくださいました。
こうすれば、臭いがきにならないからって。

なんの、なんの。においが気にならないどころか、私たち、このにおい好きです!美味しいし、すっきりした味わいです。
生でサラダに入れていただいています。
赤紫蘇の風味というのかしら。エゴマはシソ科だから、見た目は大葉にそっくりだし・・・。


エゴマは古く縄文時代から日本で栽培されていたそうです。最近はエゴマ油が健康にいい!と注目されていますが、なんでそんなに古くからあった植物なのに広まらなかったんでしょうね。

エゴマの葉にはミネラルが多く、ビタミンC、Eが多く含まれていて、これらは抗酸化作用が強く若返りビタミンだそうですよ。体内の活性酸素を抑えて、老化防止にも効果があると聞けば、来年はエゴマ育てますよ! 私の指もマスターの指も緑色じゃないけれど、緑の手袋をしてガンバリマショウ。


Comment

すべてはお客様の「美味しい!」のために

2015-08-25 | カフェ
今日は開店前からお客様がおいでくださいました。3世代仲良しのとっても素敵なご家族でした。
おばあちゃまは去年9月に一度ご来店くださっていました。
11時まではガーデン席でお待ちいただいて、ヨークシャーサンドのご用意ができるまで、先にお飲物を召し上がっていただきました。
小学生のお子様たちもヨークシャーサンドを「おいしい!」と。

その後のお客様たちも、小さなお子様からも「おいしい!」が聞こえてきて、私たちはとってもとっても幸せな気持ちになりました。

それから、今日は3度目の正直ではありませんが、前回2回ともヨークシャーサンドが完売してしまって、召し上がれなかったお客様がお友達を連れて、3度目のトライでご来店くださいました。有り難いです。ありがとうございました。
こちらのお客様たちからも、「美味しかったわ、御馳走さま」のお声を聞かせていただき、またまた幸せな気分にしていただきました。

今日は皆さんからの「美味しい!」を聞かせていただいて、頭の中に浮かんだ言葉は、何かのキャッチコピーのようですが、タイトルに書いた言葉です。

すべてはお客様の「おいしい!」のために。





Comment

出世魚

2015-08-24 | カフェ
稚魚から成魚になるまで違う名前で呼ばれる魚のことを、成長に伴って出世するように名前が変わる魚として、出世魚と呼ばれています。
縁起のよい魚としておめでたい席や門出を祝う時に使われるそうです。
この前、座学で聞いた富戸で盛んだったボラ漁のボラもその一つです。

おぼこ → すばしり → いな → ぼら → とど

「いなせなお兄さん」というと、粋なという意味で使われますが、この言葉の語源がこの鯔(いな)の背中の鯔背(いなせ)から来ているんだそうです。語源由来辞典によれば、
江戸日本橋の魚河岸のお兄さんたちが結っていた髷が鯔背銀杏という鯔の背中に似た形の髪型で、そのお兄さんたちが粋でさっぱりした気風だったからということらしいです。

それから、「とどのつまり」はって言う言葉の由来は、このとどから来たそうです。ぼらが最終的にとどになる。結局という意味。

さて、本題です。タイトル画像と下の画像。とあるお魚の幼魚です。その名は新子ちゃん。


シンコ → コハダ → ナカズミ → コノシロ

コハダは知っていましたが、その幼魚がシンコ。大きさは4-5センチぐらいで小指より小さいぐらいです。
今日、お客様にお土産にいただいたんです。
小さく握ってあって、上にチョンと酢で絞めたシンコちゃんに、白ごまでお目めもつけて、青い紅葉が涼し気で。
何度も言いますけど、これ小指より小さいんです。

美味しくいただきました。御馳走様でした!
魚のことは名前もあまり覚えられませんが、美味しいものは大好きです。

カフェ ブリッジは、2011年9月生まれですから、もうすぐ4歳です。名前は変わりません。
伊豆では、出世とか関係ないですからね~。
Comment

捕り物帳

2015-08-23 | カフェ
今日の閉店後、買い物に行って帰ってきたら、店の前はリンリンリンリン虫の音の大合唱でした。
リーンリーンもあまりにもたくさんの虫たちの大合唱は、まるでサイレンかと思うほどで、車から降りると、何事?地震の前兆?って思ってしまうほどでした。
季節が夏から秋に移り変わろうという時期、まだまだ残暑もありますが、それでも確実に風や空や空気からちょっとずつ秋が近づいているというか、夏が終わっていくのを感じます。


今日はたくさんのお客様にご来店いただきました。かなり早い時間にヨークシャーサンド完売してしまいました。
目当てに来てくださった方、ごめんなさい。カレーも完売でした。

そんなこんなで、かなりバタバタしていた営業時間中に、なんとお客様と一緒に入ってきたのか、ハチが一匹、ブーンブーーンと店内に侵入。
まだ蜂がコーヒーカウンターの中にいるうちに、マスターに虫取り網を取ってきてもらいました。このままだと、最悪被害者は私だけだから、今のうちになんとかしなきゃ。
おっ、うまい具合にハチは出入口のドアの方に向かった!
まずい、そっちのドアは開かない方のドア。そのガラスの辺りをブンブンブンブン。
ちょっと待って。そのドアも開けましょう。
入口ドアを右も左も全開にしたら、ガーデン席のお客様がびっくりして、何事??
その瞬間に、マスターが虫取り網で捕獲。念のため、ガーデン席から少し離れたところで虫取り網に殺蜂薬を噴射して一件落着。

今日は忙しかったけれど、その合間に蜂退治もできるほどに成長いたしました。


写真は1枚目はススキの穂が出てきたもので、2枚目はアグリモニー(キンミズヒキ)が黄色い花から種のようなものになって、洋服にくっつきやすくなったもの。
Comment

友達の友達はみな友達!

2015-08-18 | 日記
今日は嬉しいお客様が来てくれました。
高校時代の友人と、そのお友達が東京から来てくれました。
高校時代の友人の別のお友達が昨年から伊豆高原に引っ越してきていて、前述の2名様がそのお友達を訪ねてきてくれたのです。
そのお友達の方も春にカフェ ブリッジを訪ねてきてくれていて、またお会いしたいなと思っていた矢先に3人で一緒にカフェ ブリッジに訪ねてきてくれるというお知らせが来たので、テレパシー(!)かと思っちゃいました。
そんなことありませんか? 電話しようと思っていたら、電話がかかってきた!とか・・・。
シンクロニシティ(共時性、同時性)というらしいです。意味のある偶然。
偶然に意味がある!なんか素敵。 

いろんな偶然に出会って、楽しく過ごしたいものです。





Comment

雨宿り

2015-08-17 | カフェ
今日はものすごい天気でした。
明け方から、あまりにも強い雨音で目が覚め、だんだん雨は弱まり、一旦は日が差してきたものの、またまた土砂降り。

そして、弱まったかと思うとまた土砂降りの繰り返しでした。

土砂降りとともにお客様がいらっしゃって、あっという間にほぼ満席になりました。
皆さん、ランチを召し上がりながら雨が弱まるのを待っていました。
なんだか梅雨みたいな1日でした。

台風も発生しているようだし、このまま一雨ごとに少しずつ涼しくなっていくのかしら。
今年の夏は猛暑続きでしたから、少し身体を休めてあげてくださいね。


Comment

やんもの里花火大会 8/14/2015

2015-08-15 | 日記
昨日、八幡野港で行われたやんもの里花火大会に、今年も行ってきました。毎年、見に行きます。


毎年、書いていますが、ここの花火大会は最高です。
小さい港での花火大会なので、花火が近いし、なんといっても音楽の選曲がいいです。
うるうるしそうな感動的な仕上がりなんです。


毎年8月14日、何曜日でも同じです。これはきっとお盆で地元に帰ってくる人たちも見られるようになのかなと思ったりします。
お盆に打ち上げられる花火、夜空をきれいに彩っていました。


Comment

お忘れ物にご注意くださいませ

2015-08-11 | カフェ
お盆休みだからなのか、ここ数日、カップルさん大勢いらしています。
ヨークシャーサンドも早目に完売してしまって、すみません。
数週間前にいらしてくださったお客様、その時は前のお客様でヨークシャーサンドが終わってしまったのですが、今日、再度ご来店くださったのに、前の前のお客様で終わってしまいました・・・ごめんなさい。

暑いからか、ここ数日、特にお忘れ物を数点お預かりしております。まだ近くにいて、戻ってきてくださった時には、こちらもホッとします。
お客様がお帰りになったらすぐにテーブルを片付けて、お忘れ物がないか確認するべきなのですが、時として、すぐに片付けられない時があります。
そんな時に限って・・・。

明日12日(水)と13日(木)は定休日です。
お忘れ物に心当たりのある方は、忘れ物の品名、特徴と連絡先をお店の留守番電話までご連絡ください。



写真は全然関係ないんですが、最近、画家の堀氏からもらった猫車とスコップ。
猫車ってご存知かしら?手押し一輪車。工事や農作業用の一輪車のことで、猫のように狭いところにも入れるからとか、ごろごろ音を立てるからとか、ひっくり返した形が猫の丸まった形に似ているからとか、猫車の名前の由来は諸説あるようですよ。

田舎暮らしには、都会暮らしでは全然使わなかったものが、とっても便利だったりします。
Comment