にゃんのキッチン

塩分・蛋白質制限も創意工夫があれば関係なし!料理大好き!慢性腎不全と共存する僕の食事日記です(旧・食読日記)。

コスモスを観に長野へ行ってきました

2007年09月27日 | 食事
コスモスを観に長野へ行ってきました。

日帰り小旅行(野菜買い出し)シリーズ第2弾は群馬~長野~山梨へ。




9/20

昼:鶏肉のパン粉焼き、バルサミコソース
  パスタサラダ
  オニオンスープ
  温野菜
  発芽玄米



本日の社員食堂ではとある部署の販促企画で200食が無料提供。
その分、他のメニューを取りやめていたこともあって当然のように長蛇の列です。
謳い文句としては「ヘルシー&フィットネス」なんですがこれがまた微妙な内容で。
字面はいいんですけどねぇ...

夕方:クッキー

夜:ホットドッグ
  コールスロー









ホットドッグとコールスローって書くといかにも適当なジャンク飯のような感じなのですがちゃんとした晩ご飯なのです。
ソーセージはなるべく添加物の少ないものを選び、それに加えて肉にスパイス等を加えて自分で成型して焼いたハンバーグっぽいものの2種類を用意。ザワークラウト、ピクルスと玉葱のみじん切り、ケチャップ、マスタード、ハラペーニョにキャベツのカレー炒め(これは藤原伊織著『テロリストのパラソル』より拝借)と付けあわせをてんこ盛りにしてみました。楽しくて美味しいなんて最高ですよね♪


9/21

昼:鶏の唐揚げ
  かにクリームコロッケ
  ケンチン汁
  麦ご飯
  明太子おろし
  水菜サラダ



今日のランチは彩りがステキ♪

夜:ホットドッグ





今夜もホットドッグ。といっても昨日の残りのソーセージとパンを片付けただけですが。
下の写真は姫様と一緒に食べようと思って作ったチキンのトマトシチューなんですが、結局食べずじまいで...


9/22

朝:胡桃パン

夕方:オリーブパン

夜:ソーセージのトルティーヤ巻き

この日は諸般の事情によりこんな感じ。


9/23

朝:朝定食
   焼き鮭
   串カツ
   ご飯
   味噌汁



先日の「吹割の滝」に続く近隣小旅行シリーズです♪
今回の行き先は妙義山→内山牧場→コスモス街道→清里を予定。また朝の6時に出発ですよ(笑)
残念ながら生憎の雨模様で、ちょっと路線変更が多い一日でしたが、買い物を満喫して(といっても食べ物ばかり)、今日もえらく楽しかったです。

朝ごはんは三芳のサービスエリアです。
前回はビュッフェでしたけど、今回は「まい泉」の朝定食(この前あんな目にあったのに)。
串カツと焼き鮭というちょっと病気持ちにはヘビーな内容なのですが、この日はなんかもうあまりそういうことを含めてあまり考えたくない気分だったのでなんでもいいやとこれにしちゃいました。味?いやぁ、超イマイチ。やっぱまい泉は微妙だなぁ。

おやつ:蒟蒻の味噌田楽
    下仁田コロッケ



雨足はどんどん激しくなり、妙義山の麓にある道の駅「みょうぎ」に着いてみると靄と雨で何も見えず。
しかも道の駅の裏山が土砂崩れを起こしていて警戒モード(笑)。雨なので農作物もあまり充実しておらず、ちょっと残念な気分です。
とはいえ、靄がかかった山もまた幻想的な雰囲気で、個人的にはキライじゃないんですが。

その後、ネギやこんにゃくで有名な下仁田に向かい、道中立ち寄ったドライブインで田楽とコロッケをいただきました。こんにゃくは...まぁこんにゃくです。コロッケは名物のネギ、椎茸、こんにゃく入り。揚げたてだったらもっと美味しかったのかな...ちなみにここの椎茸、大きくて肉厚で美味しそうなのですが、昨年秋の椎茸栽培以降、まったくもって椎茸のハードルが上がってしまって、そんじょそこらのしいたけでは驚かなくなっている自分がいます(笑)





下仁田からは山を一つ越えて長野入りです。そして足元がぬかるんでいると思しき内山牧場のコスモス畑は捨てて、コスモス街道を走ってコスモス祭へ。台風の爪あとを感じさせはしますが、やっぱりキレイですね。
下の方の写真はコスモス祭の産直コーナー。他にもただで豚汁配ってたり、なかなか楽しかったです。



コスモス街道を抜けると次の道の駅「ほっとぱ~く・浅科」へ。
ここは産地直送の野菜が多く、キャベツ(80円)、丸茄子(4個100円)、名古屋コーチンの卵(8個300円)などを購入。ヨーグルトが濃厚で美味しかった♪





道中、「びっくり市」という市場に遭遇。どうやら卸売りと小売の中間のような形態のお店で野菜がやたら安い値段で売っています。興奮しまくって買い物し、桃一箱、葡萄、茶豆、セロリなどを購入。どうするんだ、こんなに(笑)

昼:盛り蕎麦
  天ぷら





お昼ごはんは清里のちょっと手前にある「さと」という蕎麦屋でいただきました。
リゾート地の蕎麦屋ってあまり印象がよくないので構えながら注文したところ、これが大当たり!
薫り高い細めの蕎麦は旨みたっぷりだし、普通のそばつゆの他に出てきた胡桃と胡麻のタレも実に美味。天ぷらは薄めの衣でサクサクに揚げてあって上々の出来。素晴らしく充実したお昼ご飯でした。

おやつ:ソフトクリーム



清里そのものはちょっとうらぶれたリゾートって感じでちょっと残念でした。
季節が季節だからかもしれませんが、悪い意味で時代に取り残された感じがして軽井沢とは極めて対照的...近所にあるキープ牧場にも行ったのですがここもまた微妙で...

清里からはこの日最後の道の駅「南きよさと」へ。
ここでは友人のためのお土産に地ビールを購入。

夜:ロースカツ定食(小)
  シーザーサラダ







そしてこの日最後の食事は高速に乗る手前にあったトンカツ屋。
25キロの大渋滞とのことだったので、どこかのサービスエリアで味気ない食事をするよりはと入りました。これがなかなかのヒット。「かつ栄」というお店で、値段は決して安くはないのですが、肉のサイズを三段階で選べるし、すり胡麻もついてくるし、接客もいいし、店は清潔だしとかなり高レベル、高速脇にある店とは思えないほど充実した食事でした。

そしていざ高速に乗ったら情報通りの大渋滞...結局家に着いたのは12時。やっぱり18時間コースでした。疲れたけど楽しかった!


にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
 ブログ村「男の料理」カテゴリーに参加 しましたー。


 ブログランキングにも参加!< br>

 レシピブログのランキングにも参加して ますー。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

茄子と豚肉のハラペーニョグラタン

2007年09月25日 | レシピ:野菜料理
本日のレシピ:茄子と豚肉のハラペーニョグラタン

辛くて美味い!ちょっと一風変わったグラタンです♪



<作り方>
材料(3-4人分)
・豚バラ肉:100g
・茄子:5個
・ドライトマト:6枚
・ハラペーニョの酢漬け(みじん切り):大匙1
・ピクルス(甘め・みじん切り):大匙4
・玉葱(みじん切り):大匙2
・マスタード:小匙1
・オリーブオイル:大匙1
・ニンニク:2片
・モッツァレラ・チーズ:100g
・塩・胡椒:適宜

1)ハラペーニョ、ピクルス、玉葱、マスタードとオリーブオイルを小さめのボウルで合わせてしっかりと混ぜ合わせます。
2)フライパンにオリーブオイル大匙1とニンニクのみじん切りを加え、弱火で香りを引き出すように炒めます。香りが立ってきたら薄切りにしてアク抜きした茄子を加え、軽く塩・胡椒してから手早く炒めます。茄子に火が通り始めたらドライトマトのみじん切りを加え、絡めながら茄子がしんなりするまで炒めます。
3)豚肉は軽く塩・胡椒してから手早く炒めます。
4)耐熱皿に茄子の半量、豚肉、ハラペーニョ・ミックス、残りの茄子の順番に重ね、上にモッツァレラ・チーズを散らします。180度に予熱したオーブンで15-20分、チーズにきれいな焦げ目が付けば完成です♪


9/17

朝:スクランブルエッグ
  トースト





前の日に買った「シニフィアン・シニフィエ」のパン・ド・ミーを軽くトーストしてから無塩のカルピスバターを塗っていただきました。ついでにスクランブルエッグ付き。これだけでこんなにも幸せな気分になれるなんて!

昼:たこ焼き

たこ焼き食べるのも久しぶりだー。
二子玉のくくるにて。

夜:茄子と豚肉のハラペーニョグラタン
  パン
  枝豆
  スパゲティ・ボンゴレ







晩ご飯は久しぶりのボンゴレ。
「カロリーが高いから」とここ1月ほどブロックしていた姫様からの無言有言のプレッシャーについに屈してしまいました。やっぱり美味いなぁ。
もう一品のハラペーニョグラタンがなかなか秀逸な出来。
いわゆるキューバンサンドと呼ばれる、ローストポーク、ハム、ピクルスとチーズを挟んでパニーニ風に押し焼きしたサンドイッチからヒントを得たこの一品、ハラペーニョがちょっと多すぎて姫様にはハードすぎたようですが、素晴らしく美味な組み合わせでした。サンドイッチにしたら美味そう(って軽く本末転倒気味な感じで)。


9/18

昼:鶏のパン粉焼き
  カボチャコロッケ
  かぼちゃサラダ
  しらすおろし
  五穀米
  中華風サンラータン



サンラータンが意外と美味。
でもこれの出現率って異様に低いんですよね...

夕方:肉まん

夜:茄子と豚肉のハラペーニョグラタンサンド
  ケサディーヤ





お分かりの通り、前の晩のグラタンをサンドイッチにしてみました。使ったパンはPECKの無塩パン、トスカーナ。アルミホイルで包んで、グリルパンで焼き目をつけました。ちょっとさすがにボリュームたっぷりすぎたかな。
夜食にはハラペーニョをたっぷり挟んだケサディーヤなんぞつくってみたりして。


9/19

昼:鶏の唐揚げ
  サツマイモ天ぷら
  赤米
  野菜の澄まし汁
  卵豆腐
  トマトサラダ



「本日のスープ」がまた意味不明な野菜汁。どうやって作るんだ、これ。

夜:キューバンサンド
  トマトときゅうりのサラダ
  ジャガイモのローズマリー風味ロースト







「キューバンサンドをヒントにしたグラタン」→「キューバンサンドをヒントにしたグラタンを挟んだサンドイッチ」と続いたので当然のようにこの日は「本家本元のキューバンサンド」、と行きたかったのですが、ローストポークを作る気力も時間もなかったので普通に薄切りの豚バラ肉を炒めただけの具です。ここにピクルス、チーズ、マスタードを挟み、ホイルに包んでからグリルパンで押し焼き。なかなか美味しくできましたよ♪
ローズマリー・ポテトはきたあかりにオリーブオイルとフレッシュ・ローズマリーをまぶし、ただひたすらオーブンで焼いただけ。それだけで美味しくなってくれるんだからありがたやありがたや。
サラダはヨーグルトベースのドレッシングで仕上げています。さっぱりと美味しい♪


にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
 ブログ村「男の料理」カテゴリーに参加しましたー。


 ブログランキングにも参加!


 レシピブログのランキングにも参加してますー。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

薫り高い味!ポルチーニと豚肉のクリームパスタ

2007年09月22日 | レシピ:パスタ・麺
本日のレシピ:ポルチーニと豚肉のクリームパスタ

ポルチーニをたっぷりと使った贅沢なパスタです♪



<作り方>
材料(2人分)
・乾燥ポルチーニ:20g
・豚バラ肉:80g
・水:1カップ
・生クリーム:100ml
・パスタ:160g
・エシャロット:1個
・塩・胡椒:適宜
・オリーブオイル:小匙1
・乾燥タイム:一つまみ

1)ポルチーニは小さめのボウルで水に浸し、戻しておきます。戻し汁は捨てないように!
2)フライパンに油を引かずに豚バラ肉を並べ、弱火でカリカリになるまで炒めます。肉から出た脂を捨て、豚肉は細かく刻んでおきます。この辺りでパスタを茹で始めます。
3)フライパンでオリーブオイルを熱し、みじん切りにしたエシャロットを炒めます。エシャロットがしんなりしてきたら先ほどの豚肉、粗みじんにしたポルチーニ、タイム、塩・胡椒と、目の細かい茶漉しなどで丁寧に濾したポルチーニの戻し汁を加えて軽く煮込みます。
4)更に生クリームを加え、軽くとろみが出る程度に煮詰めたらOK。塩味を調え、茹で上がったパスタを加えて絡めれば完成!多少ソースを煮詰まりすぎていたらパスタの茹で汁を加えて伸ばしましょう。


9/14

朝:ハムサンド

昼:野菜コロッケ
  白身魚のフライ
  コーンサラダ
  豚汁
  麦ご飯
  明太おろし



夜:アボカド入りハンバーガー
  フライドポテト
  オニオンリング



 

晩ご飯は以前から気になっていた渋谷の「パクッチ」へ。
以前店の前を偶然通りかかって、「IN-N-OUT BURGER」に触発されて始めた店、との謳い文句が気になっていたのですが、なかなか入る機会がありませんでした。
注文したのはグルメバーガーのポテトセットにアボカドをトッピングして、さらに単品のオニオンリング。
なんか今時禁煙席のない店は本当にありえないと言う気持ちでいっぱいになるんですが、そ れはともかく、ここのハンバーガーは確かに美味い。野菜がたっぷり入っているので、アメリカのダイナーで出てくるような、シャキシャキの野菜の感触と肉の香ばし さのコントラストがよく味わえますし、ソースの渾然一体具合もかなり本格的。ピクルスもちゃんと甘いやつを使っていてこだわりを感じさせます。バンも旨み があるパンを使って、しっかり断面をトーストしてるし、アメリカの片田舎のダイナーっぽいグチャグチャ感がステキです。
マイナス面は付け合せのシューストリング・ポテト。揚げが足りなくてふにゃふにゃ。連れが頼んだサラダもレンコンチップスが乗って目先の新しさを演出しようとしているのですが、肝心の中身は普通のアイスバーグレタスであまりこだわりを感じられず。
オニオンリングはバタータイプの衣で、個人的にはパン粉タイプが好きなのですがそこは個人の好みなのでいいとして、これだけはしっかりと熱々に揚げてあって美味でした。
禁煙席作って、もうちょっとポテトに気を遣えばもっともっと通いたくなるのになとちょっと残念な気分。


9/15

朝:スクランブルエッグとハムのトースト



朝はシンプルなオープンサンドです。
スクランブルエッグにちょっとだけマヨネーズを混ぜるとこれがまた美味いんだ。

昼:野菜サンド
  鶏肉とキノコのクリームスープ



 

お昼は外出ついでに表参道のアンデルセンに行きました。
ここ、1階は普通のパン屋で、2、3階がちょっと小奇麗なレストラン、B1がサンドイッチ・カフェになってます。
そのカフェの方で野菜サンドとスープをいただきました。
サンドイッチはライ麦パンに野菜がぎっしり詰まった、実に美味しいサンドイッチでした♪
スープはイマイチ。

夜:ポルチーニと豚肉のクリームパスタ
  野菜サラダ
  クラムチャウダー





夜はトップで紹介したポルチーニのパスタに加え、野菜たっぷりのサラダとなぜか急に食べたくなったクラムチャウダーです。
サラダを盛ったボウルは先日入手したローゼンタールのガラスボウル。
大胆なガラスのカットがサラダを引き立ててくれます♪


9/16

朝:トースト

朝2:クロワッサン

昼:ターキー、アボカドと野菜のサンド
  フライドポテト
  オニオンリング



 

三宿にあるサンドイッチ&ハンバーガー・カフェ、「FUNGO」で昼食です。
僕が食べたのはこの日のランチセットだったターキーアボカドべジサンドのセット。
フライドポテトとシーザー風サラダ、ドリンクがついて1500円です。ちょっと野菜が少なめだったのと、フライドポテトがしょぼかったのが残念でしたが、それ以外は総じて満足です。
要はホームワークスフランクリン・アベニューみたいな感じのサンドイッチ屋なのですが、店内は清潔感があるし、店員も非常に感じのいいお店です。
サンドイッチは非常に種類が豊富で、バーガー類も充実。サイドやサラダ、デザートもあるのでメニューを見ているだけでもなかなか楽しいです。サイドで頼んだオニオンリングやフライドポテトは美味しかったし(付け合せのポテトチップスは湿気てたけど)。
敢えて言えばパンの種類が選べるのはいいんですが、トーストの希望も聞いてくれると嬉しかったな。

夕方:クロワッサン
   パン
   チーズ











この日は美味しいパン屋めぐりがテーマです。
そんなこんなで行ってきたのは三宿の「シニフィアン・シニフィエ」と奥沢の「クピド」。
とりわけ衝撃的だったのはシニフィアン・シニフィエ。
いやぁ、こんなパンは初めてです。
住宅街のど真ん中にある店は空間をゆったりと取っているから店内はものすごく贅沢な雰囲気。そこで出しているパンがこれまた素晴らしく美味いのです。オリーブオイルやチーズを合わせるのがもったいなく思えるほど味の濃いバゲットや、トーストしただけで幸せになれるパン・ド・ミなど、まさにこれ一つで食事になるようなパンばかり。
確かに値は張るのですが(バゲット1本が450円)、その価値は12分にある幸せなパンでした。
奥沢のクピドは一転してアットホームなお店。ハード系のパンをスライス売りしてくれるというのも高評価です。バゲットはシニフィアンとは対照的な柔らかい口当たりの逸品。まるで方向性が違うのですが、同じように幸せな気分にしてくれるパンでした。

家に帰って、色々並べて食べる幸せときたら!

夜:りんごと豚の煮込み
  バゲット(シニフィアン・シニフィエの!)





夜は豚肉とりんごをシンプルに煮込んだ料理です。
ちょっと味がぼんやりしちゃたのでまた今度改めて改良版に挑戦したいと思います...
シニフィアン・シニフィエのパンが美味い!


にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
 ブログ村「男の料理」カテゴリーに参加しましたー。


 ブログランキングにも参加!


 レシピブログのランキングにも参加してますー。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

濃厚で美味い!色々お肉のトマトシチュー

2007年09月19日 | レシピ:肉料理
本日のレシピ:色々お肉のトマトシチュー

骨付き肉をたくさん煮込んだ、旨みたっぷりのシチューです♪



<作り方>
材料
・豚のスペアリブ:500g
・骨付き子羊肉:500g
・ニンニク:2片
・玉葱:1個
・ジャガイモ:小4個
・ニンジン:1本
・ローリエ:2枚
・トマト水煮:2缶
・トマトペースト:大匙3
・オレガノ(乾燥):小匙1/2
・バジル(乾燥):小匙1/2
・イタリアン・パセリ(生・みじん切り):大匙1
・赤ワイン:1カップ
・塩・胡椒:適宜
・チーズ(モッツァレラ、グリエールなど):カップ1

1)玉葱をザク切りにし、肉と合わせ、塩・胡椒を振ってから満遍なく混ぜ合わせます。そのまま耐熱皿に移し、200度に予熱したオーブンで約1時間、こんがりとした焼き色が付くまで焼きます。
2)深めの鍋でみじん切りにしたニンニクをオリーブオイル大匙1で炒め、色づいてきたらトマトペーストを加えます。トマトペーストの色をオイルに移すように香ばしく炒めたら、赤ワインを加えてアルコールを飛ばし、さらにトマトの水煮缶とハーブを加えて煮込みます。
3)鍋に焼きあがった肉と玉葱を加え、1時間ほど弱火で煮込みます。煮詰まってきたら都度水を足します。
4)皮を剥いて一口大に切ったじゃがいもとニンジンを加え、塩・胡椒で味を調えながら煮込みます。ニンジンに火が通ったら仕上げにチーズを加えて完全に溶かし、さらに10分ほど煮込んで味を馴染ませたら完成♪


9/11

昼:鶏の唐揚げ
  浅蜊のサフランスープ
  五穀米
  しらすおろし



なんかやけに寂しい食事だな。

夜:ネギ焼き
  冷奴







テレビが壊れました。
1996年に買ったのでもう11年以上熱心に働いてくれたテレビ君だったのですが、日曜の夜に電源を入れたら「ブツッ!」と小さな音がしてそのままうんともすんとも言わなくなっちゃいました...いい機会なので新しいのを購入、37インチの地上デジタル対応テレビですよ。
その新しいテレビが本日配達され、いよいよ大型テレビライフになりました。
素晴らしいですね、もう。早速『ロード・オブ・ザ・リングー王の帰還』を観てみたら止まらなくなってしまい、結局寝たのは午前3時...

そして今日の晩ご飯は軟白ネギをたっぷり使った豚肉入りのネギ焼き。ネギ焼きうめぇ。
マヨネーズ、唐辛子ビネガーと醤油を合わせた特製ソースがなかなか美味でした♪


9/12

昼:納豆
  オクラと玉葱のお浸し
  黒米
  コーンチャウダー
  シーザー風サラダ
  なめこおろし



夕べテレビに浮かれて夜更かししたもんだから眠くて...

夜:茄子と豚肉のスパゲティ
  ルッコラとトマトのサラダ
  パン
  枝豆







定期購読しているSaveurの最新号が届きました。今号はシカゴ特集なのですが、その中にあったレシピでものすごく美味しそうな肉のトマト煮込みというものがあったので、ちょっとアレンジしながら何日かかけて作ってみることにしました。といいつつ、晩ご飯も作らなくてはならないのでこの煮込みのソースを一部流用してパスタソースにしてみました。
肝心のパスタは姫様が春先に買ってきた幅広のタリアテッレ。これがまた美味いんだ。茄子と豚肉の旨みが印象的な、濃厚な一品に仕上がりました。
ついでにミニトマトとルッコラをオリーブオイルとバルサミコで和えたシンプルなサラダと、東急フードショーBoulangerie La Terreで買ったバゲットにエシレバターを合わせたディナーです。


9/13

朝:ツナ卵サンド

昼:ロースカツ定食
  オクラおろし
  ご飯
  ポテトとズッキーニのポタージュ
  サラダ



うちの社員食堂が何を血迷ったか黒豚ロースカツなるものを出してきました。しかも揚げたて。いつもとは一味違うランチでした。

夕方:カレーパン

夜:シリア風チーズとほうれん草の餃子
  リフライドビーンズ
  アボカドサラダ
  ミニトルティーヤ
  豚肉と子羊のトマトシチュー









木曜日なのにやけにゴージャスな晩ご飯です。
シリア風の餃子は本当はFatayerという、ペイストリー生地を使った一口スナックです。
ハルミチーズを使うのが本式なのですが、ここでは手抜きして餃子の皮とカッテージチーズを使って焼き上げました。やっぱり皮が薄すぎてちょっとつまらない...今度ちゃんと作ってみよう。
帰りがけに寄ったフードショーでマルコのミニトルティーヤを買ったので、タコス風に仕立ててみました。
キドニービーンズをトマトペーストとともに炒め、クミンやコリアンダーで味付けしたリフライドビーンズと、アボカド、玉葱、香菜、サワークリーム、トマトとレモンをさっくり混ぜ合わせたアボカドのサラダで美味しくいただきましたよ。
もう一品のシチューは豚と子羊のスペアリブをトマトでガンガン煮込んだ美味しいシチューで、肉がばらばらにほどけるまで煮込んだので姫様でも行けるかなと思っていたのですが甘かったです。あっという間に羊だってばれちゃいました。美味しいのにな。


にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
 ブログ村「男の料理」カテゴリーに参加しましたー。


 ブログランキングにも参加!


 レシピブログのランキングにも参加してますー。
コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

2種類のソースを添えたサイコロステーキ

2007年09月16日 | レシピ:肉料理
本日のレシピ:2種類のソースを添えたサイコロステーキ

生姜の効いたトマトソースと、胡桃が濃厚な香り立つ香菜ソースという2種のアジア風でいただくサイコロステーキです♪





<作り方>
材料(2-3人分)
・ステーキ用角切り肉:200g
・塩・胡椒:適宜
<トマトジンジャーソース>
・トマト:大1個
・生姜(すりおろし):大匙1
・ごま油:小匙1
・減塩醤油:小匙1
・乾燥赤唐辛子(フレーク):小匙1/3
<胡桃と香菜のソース>
・香菜:1束(みじん切りにしてカップ1/2ぐらい)
・胡桃一掴み:1/2カップぐらい
・オリーブオイル:小匙1
・粗塩・胡椒:少々
・水:大匙1

1)肉に軽く塩・胡椒をしてから、強火で牛脂を溶かしたフライパンに投入して、表面に焼き色をつけます。そのまま耐熱皿などにいれ、オーブンに移し、180度で10分ほど、中心がほんのりレアになる程度に火を入れます。
2)トマトソースはごま油を熱したソースパンですりおろした生姜を炒め、香りが立ってきたらザク切りにしたトマトを加えて水分を引き出し、煮詰めます。ソース状になったら火から下ろして唐辛子と醤油を加え、混ぜ合わせれば完成。伸ばしたければ少々ごま油を加えればOK。
3)胡桃は軽くトーストしてからザク切りし、すり鉢にみじん切りにした香菜、粗塩、胡椒と共に加えて丁寧に摺ります。ペースト状になったらオイルと水を加え、全体を馴染ませるように混ぜ合わせます。塩味を整えれば完成。
4)サイコロステーキに2種類のソースを添えてお好みでどうぞ♪


9/8

朝:茹でとうもろこし



朝はシンプルに茹でたとうもろこしに醤油を絡めただけ。美味い美味い。

昼:豚の香菜チャーハン



土曜のランチは久しぶりのチャーハンです。
ネギがなかったので、その代わりに香菜のみじん切りをたっぷり使い、生姜をしっかりと効かせた豚肉と卵のシンプルなチャーハン。パラパラに仕上がって美味しかった♪

夜:フライドポテト
  蛸のフリット
  トマトサラダ
  チーズ盛り合わせ
  ポークリエット
  パン

 

 

夜は姫様のご両親とそのご友人一行と一緒に横浜のジャズ・クラブ、モーション・ブルーに行ってきました。ブルーノート東京系列のこの店、日によってはブルーノートと同じアーティストを2割ぐらい安い値段で見ることができるのでとてもお得です。夜景はブルーノートより遙かにきれいだし。
この日の出演者はアメリカの新進ジャズ・ピアニスト、エルダー。超絶テクニックと深い音楽性が魅力の素晴らしいピアニストです。まだ20歳と言う若さなのにそのメロディ・センスはとにかく抜群で、酔いしれました。

夜食:フライドチキンのサンドイッチ



モーション・ブルーではおつまみの連続だったのでどうにもお腹が空いてしまい、家に帰ってから無塩パンにフライドチキンを挟んだサンドイッチを作っちゃいました。


9/9

朝:生ハムとチーズの無塩パンサンド



日曜の朝も無塩パンのサンドイッチでスタート。横浜のポンパドウルで買った無塩パンです。ここは週に3度しか焼いていないので入手できないこともあるのですが、普通に入手可能な無塩パンのなかでは一番美味しいのです。
本日の具はコッパとモッツァレラ・チーズ。

昼:フィレオフィッシュ
  フライドポテト
  サラダ

姫様のご両親と一緒にお出かけです。
姫様の祖母君のお見舞いを2箇所梯子した後、港北に移動して最近オープンしたキッチン用品専門店、「Pantry Magic」に行ってきました。ここは香港を中心に東南アジアで展開しているキッチン用品店で、一般家庭からセミプロユースぐらいまで対応可能な豊富な品揃えです。思いのほか小さい店だったのですが、なかなか楽しかったです。特に海外の雑誌の値段がかなりリーズナブルでした。
入っているのは港北に新しくできた商業施設の「みなも」の中なのですが、これがまた不思議なテナントの顔ぶれで...しかもあまり飲食店もなく。他が充実していたらもっと頻繁に足を運ぶのにな。

夜:太刀魚のバター焼き
  冷奴
  茶豆
  空芯菜ときのこの炒め物
  秋刀魚の一夜干し
  ご飯・味噌汁











夜は姫様の実家へ。
Pantry Magicの後に立ち寄ったOKストアで太刀魚が安かったので買ってバター焼きにしました。淡白な味わいは美味しいのですが、ちょっと水っぽかったですね。近いうちに新鮮なのを食べてみたくなりました。その他のメニューは姫様の母上に作っていただきました。


9/10

昼:赤米
  小エビと玉葱のサラダ
  納豆
  ナメタケおろし
  春巻



夜:2種のソースのサイコロステーキ
   ・トマトジンジャーソース
   ・香菜と胡桃のソース
  焼き茄子
  キノコのガーリック醤油ソテー
  ご飯





ここしばらく忙しかったり外食したりが続いたので久しぶりにちゃんとした食事を作った気がします。
この日のメインはサイコロステーキ。
先日OKストアで買ったA4等級の山形牛です。適度に刺しが入ってはいるものの赤身の美味しそうな部分を、軽く塩・胡椒しただけでサッと焼きました。鉄のフライパンを使ったので焦げ目もいい具合について、これをオーブンでじっくり中まで火入れします。
ソースは香菜と胡桃のソースと、生姜を効かせたトマトのアジアンソース。美味かった!
副菜としては秋の訪れを感じさせてくれる茄子とキノコ。
茄子は皮を剥いて包丁で切れ目を入れてから焼いただけのシンプルなものを焼き浸しにして、生姜でいただきました。キノコはエリンギとシメジをニンニク、赤唐辛子、醤油で手早く炒めただけの一品。秋はここら辺が美味くなってくるからいいですね♪


にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
 ブログ村「男の料理」カテゴリーに参加しましたー。


 ブログランキングにも参加!


 レシピブログのランキングにも参加してますー。
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

秋は茄子の訪れと共に...豚肉と茄子のトマトソースパスタ

2007年09月11日 | レシピ:パスタ・麺
本日のレシピ:豚肉と茄子のトマトソースパスタ

秋は茄子!



<作り方>
材料(2人分)
・スパゲティ:160g(ここではイカ墨のフェトチーネを使用)
・茄子:2本
・豚ロース肉:80g
・ミニトマト:20個ぐらい
・ニンニク:1片
・乾燥唐辛子(フレーク):小匙1/2
・オレガノ(乾燥):小匙1/3
・塩・胡椒:適宜

1)フライパンにオリーブオイル小匙1とみじん切りにしたニンニク、赤唐辛子を加え、弱火でゆっくり加熱します。
2)香りが立ってきたら、豚肉を加え、中火に上げて豚肉に焼き色をつけるように炒め、別皿にとっておきます。
3)スパゲティを茹で始めます。一方でフライパンにオリーブオイル大匙1を加え、厚め(1.5~2センチ)の半月に切った茄子を加えて強火で手早く炒めます。茄子に焼き色が付いてきたら、縦に割って種を取り除いたミニトマトを加え、サッと混ぜ合わせます。オレガノと先ほどの豚肉を加え、塩・胡椒で味を調えたら中火に落としてトマトの水分を引き出すようにして全体を馴染ませます。
4)パスタの茹で汁でソースの濃度を調整し、茹で上がったパスタとソースをあわせれば完成!


9/5

昼:鶏の胡麻衣揚げ
  卵豆腐
  ほうれん草のお浸し
  中華風スープ
  赤米
  公魚のフリット



しつこいようですがウチの社食で唯一と言っていいほど美味いのがこの鶏の胡麻衣揚げ。

夜:海老カツ
  フライドポテト
  ご飯
  豚のトロトロ煮
  サラダ



会社の友人の父親が亡くなってしまい、そのお通夜に行ってきました。
学校の先生だったらしく、ものすごい人数で、これだけ多くの人に送られるのだからきっといい人生だったのだろうと勝手に思ってみたりしました。お葬式って切ないですよね...

帰り道にやはり訪れていた会社の人と駅前のスタンドバーでちょっとつまんでから帰宅。
10時過ぎに姫様の実家に行って豚肉のトロトロ煮をいただきました。美味しいな♪

夏休みの間帰省していた姫様の妹も金曜日にはカナダに戻ってしまいます。
また静かになっちゃいますね...


9/6

昼:鶏肉とオクラのクリーム煮
  パン
  ガスパッチョ



会社の同期で、今は結婚して退職、札幌に引っ越してしまったヤツが夏休みで実家のある東京に戻ってきていたので一緒にランチしました。
場所は四ツ谷にある「マヌエル・カーサ・デ・ファド」というポルトガル料理の店。ランチセットはポルトガル名物のバカリャウという干し鱈の料理か鶏の煮込みだったのですが、干し鱈は塩分が高そうだったので鶏肉に。ジャガイモ、オクラと一緒にクリームで煮込んだだけのシンプルな料理なのですがとても素朴な味わいで楽しみました。鶏肉が手羽元の部分だったのですが、腿肉を使ってしっかり焼きを入れたらもっと美味しくなるんじゃないかな...今度家で試して見ましょう。
ここは自家製のパンがとても美味しく、ガスパチョも酸味がいい具合でとても楽しいランチになりました。

夕方:肉まん

夜:寿司
  野菜天ぷら
  枝豆 などなど

 

 

翌7日、約2ヶ月の間帰国していた姫様の妹が留学先のカナダに戻ってしまうので、最後のディナーということでみんなでたまプラーザの金沢まいもん寿司に行ってきました。
間の悪いことに台風9号が上陸寸前...店はガラガラでいつもより2時間近く早く店仕舞いするそうで。
そんな中バクバク寿司を食べたわけですが、ここはノドグロが食べられるのがやっぱり嬉しいですね。ホント、日本一美味い白身魚だわ。そしてここは実は天ぷらが非常に美味しい店だったりします。
これから静かになるなぁ...


9/7

昼:イカリング
   大根としらすのサラダ
   明太おろし
   ワンタンスープ
   五穀米



夜:豚肉と茄子のトマトソースパスタ
  鰯のマリネ
  茹でとうもろこし





今週最後の食事はシンプルなパスタ。
そろそろ茄子が美味しくなってきたので、茄子と豚肉、フレッシュトマトを炒めたシンプルなソースをスパゲティと合わせました。
一緒に新鮮な鰯をレモンで締めてからオリーブオイルに浸したフレッシュなマリネと茹でたとうもろこしで完成です。

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
 ブログ村「男の料理」カテゴリーに参加 しましたー。


 ブログランキングにも参加!< br>

 レシピブログのランキングにも参加して ますー。



コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

あっさりと優しい味!ズッキーニと鶏肉のラザニア

2007年09月08日 | レシピ:パスタ・麺
本日のレシピ:ズッキーニと鶏肉のラザニア

シンプルであっさりとしたラザニア風グラタンです♪
携帯のカメラなので写真がイマイチ...



<作り方>
材料(2-3人分)
・ズッキーニ:大1本
・鶏ひき肉:100g
・生クリーム:100ml
・ラザニア:4枚(乾麺のままでOK。ソースの水分でやわらかくなります)
・玉葱:中1/2個
・モッツァレラ・チーズ(フレッシュ):1個(直径10センチ弱のもの)
・塩・胡椒:少々
・チキンストック:50ml
・ナツメグ:一つまみ

1)ズッキーニは5ミリ幅の薄切りにして、オリーブオイル少々を熱したフライパンで手早くソテーし、皿にとっておきます。
2)玉葱をみじん切りにして、オリーブオイル少々で炒めます。透き通ってきたら鶏ひき肉を加え、ほぐしながら炒めます。
3)鶏肉の色が変わったらチキンストック、ナツメグ、生クリームを加え、軽く煮詰めます。塩・胡椒で味を調えます。
4)耐熱皿に薄くオリーブオイルを塗り、ズッキーニを半量敷き詰めます。その上に適当な大きさに割ったパスタ、鶏肉の半量、パスタ、鶏肉の残り、ズッキーニの順に層にして敷き詰めて行きます。
5)最後に薄切りにしたチーズを表面に並べ、180度に予熱したオーブンで25分、焦げ目が付くまで焼けば完成!


9/2

朝:軽井沢パン
  トマトとモッツァレラの揚げパン
  茹でとうもろこし







11時過ぎに目覚めると結構全身が軽い筋肉痛で(笑)
前の日に買ったとうもろこしのうち、ゴールドラッシュという品種のものをサッと茹でていただきました。
さすがに前の日の朝取りとうもろこしに比べると甘みは少なくなっていますが、それでもそこらのスーパーで買うよりは遙かに美味い!
とうもろこしの他には軽井沢のフランス・ベーカリーで購入した食事パンと、ASANOYAの惣菜パンのなかで僕が一番好きなトマトとモッツァレラの揚げパンを軽く温めていただきました。贅沢な朝食だ。

昼:生ハムとモッツァレラのサンドイッチ



プリンターが故障してしまったため、姫様の父上のご好意で川崎のさくらやにまで運んでいただきました。
帰宅後、軽くお腹が空いたのでサンドイッチを。
前の日に軽井沢のASANOYAで買ったほうれん草とチーズ入りのパンに、モッツァレッラと生ハムを挟んで軽く焼いたシンプルなサンドイッチですがこれがまたなかなか美味でした。

夜:ズッキーニと鶏肉のラザニア
  ローストビーフのサンドイッチ(半分)
  枝豆

夜はまたまた姫様の実家へ。
例によってズカズカと人様の台所に上がり込んで、前の日の朝市で買ったズッキーニを使った変わりラザニアを作ってみました。サッパリとした味わいはなかなか美味しかったです。


9/3

朝:ハムチーズサンド

昼:鶏の唐揚げ
  焼売
  赤米
  ケンチン汁
  コンビネーションサラダ
  ナメタケおろし



なんか天気が落ち着かない毎日ですね...

夜:ごぼうの唐揚げスペイン風
  トマトサラダ
  蛸のガリシア風
  海老のガーリック煮
  黄金パエリア
  焼きパプリカのマリネ
  豚肉のバイオレットマスタードソース
  きのこのバスク風
  チョコレートドーナツ

 

 

 

この日は僕と姫様、後は二人の妹それぞれの計4人の食事会。
スペイン料理をということで、神保町にある「マジョルカ」というお店に行ってきました。
地下1階にある狭い店なのですが、壁には一面に海の絵が描いてあり、なかなか開放感があります。
店もキレイだし、出だしはなかなか好印象でした。
料理はパエリアと、メイン料理2-3種類以外はいわゆるタパスというスペインの小皿のおつまみ。
とりあえず先にパエリアを注文しておき、後はタパスを色々注文しました。確かに美味しい。ガーリックオイルで煮た小海老はプリプリだし、卵の黄身を絡めて食べるきのこのバスク風やぶどうの果汁とマスタードで作ったソースで和えた豚肉も美味い。
肝心のパエリアは水分少な目のタイプで、魚介がたっぷり、お焦げもしっかり出来ていて、それを取るためにもんじゃ焼きの”はがし”をつけてくれる気配りも。
だがいかんせん塩があまりに強い!
健康な人がビール片手にガンガン行ってもちょっと塩辛いかな、と思うほどの味の濃さは塩分制限を受ける身にはちょっと辛かったです。味自体は決して悪くないので余計残念。聞くところによるとシェフはかつてフレンチを目指したこともあったそうで基礎がしっかりしているのがよく分かります。
あと難点を言えばメニューがボロっちいのがちょっとね。もう少し気を遣えばいいのに。


9/4

昼:黒米
  納豆
  しらすおろし
  かぼちゃサラダ
  かぼちゃコロッケ
  タンドーリチキン

うちの社員食堂、厳しい料理は多々あれど、このタンドーリチキンはその最たるものだな。

夜:刺身
  サキイカ天ぷら
  オイルサーディンのピザトースト風
  海老天巻き
  鯖の燻し焼き
  合鴨のロース 他

夜は会社の飲み会です。
九段下にある「円座」というお店に行きました。
味は普通。ところどころアイディアを凝らしているのですが、印象としてはアイディア先行であまりプロっぽくないって感じの料理です。
サキイカの天ぷらとか美味しいのは美味しいんだけど、なんか料理自慢の素人みたい(ってそりゃ僕か)。盛り付けも大味だし。
接客もイマイチだし、あまり好きな店ではありませんでした。残念。

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
 ブログ村「男の料理」カテゴリーに参加しましたー。


 ブログランキングにも参加!


 レシピブログのランキングにも参加してますー。
コメント   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

群馬県は吹割の滝に行ってきました

2007年09月05日 | 旅行
滝に行ってきました。

群馬県の沼田市にある、「吹割の滝」に行ってきました。
そしてそのまま軽井沢へ。朝6時に出発して18時間、400キロを超える超ハードな日帰り旅行です...




8/31

昼:焼きソバ
  五穀米
  春巻
  焼売
  ワンタンスープ
  冷奴

喉がイガイガする...もともとアレルギー体質気味なのですが、ここ数日は如実に体の抵抗力が落ちてきているような気が...気をつけねば。

夜:ニース風サラダ
  鶏肉のカレーソテー、ヨーグルト風味
  枝豆







体調が悪い時は野菜とスパイスだ!ということで鶏肉のカレーソテーと巨大なニース風サラダにしてみました。といってもニース風なのはツナとジャガイモ、ドレッシングに加えたアンチョビぐらいで残りはごく普通のサラダなのですが。
鶏肉の方はカレー粉をまぶして油で揚げ焼きにしてから、ヨーグルトとサワークリーム、塩・胡椒を加えて軽く煮込んだ爽やかな後味の一品です。なかなか美味しく出来ました。


9/1

朝:鶏の唐揚げ
  スクランブルエッグ
  串カツ
  チキンフリカッセ
  とろろご飯
  サラダ
  白身魚のフライ



本日の出発は朝6時、姫様のご両親の友人が大型車を出してくださって、計5人での小旅行です。
車が発進するや姫様は早くも爆睡モード...

そして最初の食事は7時半ぐらいに高坂サービスエリアで。
ここのレストランの朝食はビュッフェスタイルです。味自体はご飯があまり美味しくなく、全体的に塩気が強かった点を除けば可もなく不可もなく。典型的なSA飯です。サラダバーがあったのが嬉しかったです。

食事を終えたら後は群馬に向かってひたすら走るだけ。
そして沼田インターで関越道を下りたところで今回のもう一つの目的である道の駅へ。
正直、あまり期待していなかったのですが、ついてみたら野菜が凄い!朝取りの新鮮野菜がとにかくひたすら安いのです。我を忘れそうになりましたが、とりあえず持ち歩いてもあまり影響がなさそうなのを購入。これだけ野菜を買って1200円程度(後、国産蜂蜜が1200円)ですから素晴らしい!





そしてすっかり興奮しながら10時過ぎに吹割の滝に到着。さすがに涼しい!
吹割の滝そのものはものすごく澄んだ清流で、力強く落ちていく滝と、周囲の切り立った山の斜面の構図が素晴らしかったです。近くにこんな素晴らしいところがあるんですね...



朝2:茹でとうもろこし
   焼きとうもろこし



吹割の滝のすぐ近くで売っていたとうもろこし。香ばしくて甘くてたまりません。もう他ではとうもろこしは食べられないかも...



ここでは冷やしトマトも売っていました。水が冷たい!



野菜販売所も併設。カボチャ祭です。

昼:舞茸天ぷら
  天ぷら盛り合わせ
   (海老/カボチャ/茄子/獅子唐)
  蕎麦
  温泉卵
  枝豆
  ソフトクリーム



 

お昼は再び道の駅へ。
天ぷらと蕎麦で、美味しくいただきました。
天ぷらの衣はもう少し薄めでもよかったかな。後蕎麦が冷えすぎ。
でも景色は抜群でしたし、のんびりと食事を楽しめました。

吹割の滝を見学し、お昼も食べたところで次にどこに行こうかという話になり、まだ昼過ぎなので軽井沢に行こうということになりました。生憎雨が降り始めてしまったのですが、それもまた風情とひたすら軽井沢を目指します。

途中で立ち寄ったのが有名な「白糸の滝」。この日は滝尽くしですね。



国道145号線をひた走り、山間の道を抜けるといきなりやたらおしゃれな町並みが登場。
軽井沢のメイン通りは小じゃれた店が多い割りにみやげ物や然とした店が思いのほか少なく、ちょっと好印象です。といいつつ、やたらとジャムを売ってる店が多いのは土地柄?

ここでのお目当てはASANOYA本店。東京では自由が丘やミッドタウンにも出店しているパン屋で、結構美味しいので一度本店に行ってみたいと思っていたのでした。

 

旧通りのど真ん中にあるお店はレストランやイートインコーナーも併設されていて、えらく賑わっています。なんでもスペイン製の石窯でパンを焼き上げている のだとか。ここでは姫様が大好きなレーズンパン、僕の好物のモッツァレラ・チーズとトマトの揚げパン、後はほうれん草とチーズを練り込んだパンを購入。
ASANOYAの向かいには「ジョン・レノンが愛したパン」と言う権利的にチャレンジャーなキャッチコピーのフランス・ベーカリーがあります。目玉のフラ ンスパン(写真で見るとバゲットというよりはバタールっぽい)は残念ながら売り切れでしたが、実に美味しそうなテーブルパンを購入。

夕方:コロッケ



さらにちょっと歩いていくと、軽井沢コロッケという、揚げたてコロッケを出す小さな店があり、ここでコロッケを購入。本当に揚げたてで、美味いのなんのって。

他にこまごまとマヨネーズやコールラビなどを買って、軽井沢旧道をあらかた見物し終えたところで、姫様が軽井沢にある大型アウトレットモールの存在を思い出し、急遽そちらへ向かうことに。
ほとんど濃霧のような霧雨の中、到着してみるとこれがとにかく巨大なアウトレットモールでして。
何を考えてるんだといいたくなるぐらいの規模の敷地内に詰め込まれた店の数々が圧巻でした。南町田のグランベリーモールが近所の商店街に思えるほどでした。その割りに決して安くない辺り、何を意図したモールなのかよく分からないのですが...
あまりの広さにさすがに疲れてしまい、結局7時過ぎに退散。負けた...

夜:手羽先唐揚げ
  サラダ
  天むす
  呉豆腐 他



 

結局東京に戻ったのは10時半。
食事をしようと思っても普通の店は大概閉まってますし、これから作るのもゴメンです。
というわけで二子玉にある「鳥良」で晩ご飯に。やっぱりここの手羽先はクセになる♪

自宅にたどり着いたのは11時半。
出発してから18時間近くが経過しています。車を運転していたわけでもないのに疲れきった僕たちは、そのまま深い眠りへと落ちていきました...あー楽しかった♪


にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
 ブログ村「男の料理」カテゴリーに参加しましたー。


 ブログランキングにも参加!


 レシピブログのランキングにも参加してますー。
コメント   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

最強!鶏の柚子胡椒マヨネーズ焼き

2007年09月02日 | レシピ:鶏料理
本日のレシピ:鶏の柚子胡椒マヨネーズ焼き

本当に美味しいです!是非お試しを♪



<作り方>
材料(1人分)
・鶏もも肉(皮無し):80-150g(食欲しだいで)
・塩・胡椒:適宜
・マヨネーズ:大匙1
・柚子胡椒:小匙1
・減塩醤油:小匙1
・日本酒:小匙1/2

付け合せ
・ルッコラ:一掴み
・オリーブオイル:大匙1
・バルサミコ酢:小匙1

1)小さめの小鉢でマヨネーズ、柚子胡椒、醤油と日本酒を混ぜ、滑らかになるまで練り合わせます。
2)鶏肉に浅い切り目を格子状に入れ、塩・胡椒を軽く振っておきます。
3)フライパンに少量の油を熱し、鶏肉を片面ずつしっかりと焦げ目をつけるように焼きます。中まで火が通らなくても大丈夫。
4)一旦肉を取り出し、片面に<1>の柚子胡椒マヨネーズを満遍なく塗り、オーブントースターで表面に焦げ目が出来るまで焼けば鶏肉は完成。
5)ボウルでオリーブオイルとバルサミコを合わせ、そこに水洗いして水気を切ったルッコラを加え、満遍なく和えます。皿にルッコラと鶏肉を盛り合わせれば完成♪


8/27

昼:赤米
  卵とえのきのスープ
  なめこおろし
  オクラのお浸し
  焼きソバ
  鶏の甘酢餡かけ

オクラのおひたしが思いのほか薄味でなかなか美味しかったです。
一番美味いのが小鉢ってどうなんだ。

夜:ピタパンのサンドイッチ
   ファラフェル
   鶏もも肉のグリル







日曜日、麻布十番祭に行った帰りに、広尾の麻布ナショナル・スーパーマーケットに行ってきました。場所柄客の7割が外国人というこのスーパー、輸入品の品揃えは半端ではありません。見てるだけで楽しくなるのですが、ここでなんと大好きなピタ・ザ・グレイトのピタを売っているのを発見!ここのピタは本当に美味しくて、そこら辺で売っているぺらぺらのピタとはまるで別物です。

なので早速買い込んでみました。



ピタと言えばやはりファラフェル。というわけでひよこ豆を潰してからスペイスやら何やらを加えて揚げ焼きに。後は鶏もも肉のグリル、レタス、赤玉葱の輪切り、ブロッコリー・スプラウト(アルファルファみたいなヤツ)を添えれば完璧!ぴタパンを半分に割って、中の空洞に好みの具を好き勝手に詰め込んで(なんか手巻き寿司みたい)、がぶりとかぶりつけばもう最高!!ソースはマヨネーズと「オークスハート」のチリビネガーを混ぜたソースです。ヨーグルトソースにし忘れたのですが、これだけでも十分美味しかったです♪


8/28

昼:鶏の胡麻揚げ
  掻き揚げ
  ポテトとズッキーニのポタージュ
  コンビネーションサラダ
  五穀米



ウチの社員食堂、大して美味しくないんですけど、たまにデリ・ビュッフェに出るこの鳥の黒胡麻揚げだけは別。衣に黒胡麻をたっぷりと混ぜていて、醤油の味と胡麻の香ばしさがなかなか素敵な組み合わせなのです♪

夜:ひよこ豆のカレー
  茄子とトマトのカレー
  ナン





会社の同僚が夜に行くクッキングスクールに通ってまして。なんでもこの日はキーマカレーを作ると聞いたらなんか突然カレーが食べたくなり、カレー2種類です。
一つはひよこ豆と玉葱をベースにしたごくシンプルなカレーで、もう一つはトマトと茄子を軽く煮込んだフレッシュな味わいのカレー。面倒だったのでカレー粉の配合は両方とも一緒にして、トマトと茄子のカレーににはちょっとシナモンとカルダモン、フェンネルを追加。こちらにはヨーグルトも加えてみました。
付けあわせはご飯ではなくナン。そこらのスーパーで普通に売ってるデルソーレのナンが思いのほかちゃんとしていたのでそれを軽く炙り焼きにして一緒にいただきました。
暑い時のカレーは美味しいな♪


8/29

朝:ハムチーズサンド

昼:納豆
  冷奴
  鯖の立田揚げ
  サラダ
  野菜スープ
  麦ご飯

写真撮るの忘れた。
季節の変わり目か妙に寒い日が続くのでイマイチ体調がよろしくないです。風邪に発展しないように気をつけねば...

夜:オニオングラタンスープ
  パン
  ポークソテー、コリアンダーヨーグルトソース
  サラダ







冷蔵庫に香菜がたっぷりあったのでコリアンダーソースを作りました。
すりおろしたニンニク、みじん切りにしたたっぷりの香菜、塩・胡椒、オリーブオイルとヨーグルトを混ぜるだけのシンプルなソースなのですが、これが軽くソテーしただけの豚肉によく合うのです。
付け合せのサラダはトマト、赤玉葱、きゅうりとコーンをマヨネーズと粒マスタードで和えたシンプルなサラダ。美味いよー♪


8/30

昼:ミルフィーユカツ
  サラダ
  赤米
  味噌汁(少々)
  菜の花お浸し
  しらすおろし



ミルフィーユカツ(薄切り肉を何層にも重ねて揚げるカツ)は恵比寿のキムカツ(トンカツと思えない値段設定がステキです)が有名ですが、実は僕自身大学の頃から作っていたのであまり凄いアイディアだとも思えず...まぁ、そういうシンプルな発想をビジネスにできるのが才覚というものなんでしょうね。そんなカツ、うちの社員食堂でもたまに登場するのです。

夜:茄子の南欧風グラタン
  鶏の柚子胡椒マヨネーズ焼き
  ルッコラのサラダ



姫様が柚子とんがらしを使った料理を食べたいと言うので、前にも作った柚子胡椒ロールでも作ろうかと思ったのですが、それではあまりに芸が無いので、マヨネーズ焼きにしてみました。
付け合せはルッコラをバルサミコとオリーブオイルだけで和えたシンプルサラダです。
副菜には茄子の南欧風グラタン、歯応えが残るように厚めに切った茄子をニンニク、玉葱、トマト、ドライトマト、ケイパー、生ハムと一緒に炒め、モッツァレラ・チーズを乗せてオーブンで焼くだけ。茄子が美味しい季節になってきたのでオススメですよー♪


にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
 ブログ村「男の料理」カテゴリーに参加しましたー。


 ブログランキングにも参加!


 レシピブログのランキングにも参加してますー。
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加