にゃんのキッチン

塩分・蛋白質制限も創意工夫があれば関係なし!料理大好き!慢性腎不全と共存する僕の食事日記です(旧・食読日記)。

犬友と一緒にアフタヌーン・ティー♪

2011年04月30日 | パーティー

GW最初の日は、ジェイミーの犬友さん達と一緒に近所のドッグランへ。

ひとしきりワンコ達を遊ばせてから、場所を我が家に移してアフタヌーン・ティーでゆったりとした午後を過ごしました。

まずはアフタヌーン・ティーといえばスコーンは欠かせません。
バターたっぷり、砂糖をほんのり効かせ、軽く温めてからいただきます。
口の中でほろほろとほどけていく感じがたまらん♪



そしてスコーンの付け合わせといえばこの2つ。
左側がサッと煮て作ったイチゴジャム。
あまり煮詰めず砂糖控えめで果物の風味を生かしています。
そういえばジャム作りでイチゴを煮ていると突然色が濃くなる瞬間があるんですよね。なんか不思議と嬉しくなる瞬間です♪
右側は市販品のクロテッド・クリーム。
何年か前までは本当に入手が難しかったんですけどね...便利な世の中になりました。



そしてこれまたアフタヌーン・ティーの定番、胡瓜のサンドイッチです。
薄い胡瓜だけなのになぜか美味しい♪



次の2品は軽くトーストした薄切りバゲットに自分で具を盛るセルフサービス・カナッペです。
一つ目はチキンサラダのカナッペで、セロリと鶏胸肉、イタリアンパセリのみじん切りとマヨネーズが入っています。
ほんの数滴タバスコを垂らして軽く辛味をつけました。



もうひとつがこちらのカニとアボカドのカナッペです。
ズワイガニのほぐし身、アボカド、ライム果汁、玉ねぎ、セルフィユをさっと和えています。
ライムの酸味がいい味出しています。本当は香菜使いたかったんだけど何故かどこも売り切れ...



もう一品、フムスと野菜スティックを用意しました。
フムスはひよこ豆とゴマ、ニンニク、レモンとオリーブオイルのペーストで、中近東の定番料理です。
我が家のパーティーでは定番料理の一つ。



これ以外に写真撮るのを忘れたブリーチーズ、ポークリエットなんかがありました。
久しぶりに思う存分料理ができたし、ワンコ達も楽しんだみたいだし、楽しい一日となりました♪



君らも楽しかったかい?


にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
ブログ村「男の料理」カテゴリーに参加しましたー。


レシピブログのランキングにも参加してますー。

コメント (4)   トラックバック (1)

どっしりした味わいのフムス

2011年04月16日 | レシピ:野菜料理

本日のレシピ:フムス(ひよこ豆のディップ)

中東では定番のディップがこのフムスです。
ひよこ豆とゴマの濃厚なペーストをレモンの酸味で引き締めるんですが、とにかく美味い!
ベーグルチップスを添えてもいいですし、野菜スティックと一緒に食べてもいけます。
サンドイッチソースの隠し味としてもOKの万能ディップです。



<作り方>
材料(1カップ強)
・ひよこ豆(ガルバンゾ):120g(缶詰、1缶)
・練りゴマ:大匙1.5
・レモン果汁:1個分
・オリーブオイル:大匙2
・塩:小匙1/3
・胡椒:一つまみ
・ニンニク:1片
・水:適量
・パプリカ:少々

1)水以外の材料を全部フードプロセッサーに入れ、ペースト状になるまで回します。
2)水を小匙1ずつ足し、質感を好みに調えます。
3)塩味を調え、皿に盛り、オリーブオイルを回し掛け、パプリカ粉を少々振れば完成♪


4月2日の食卓より

・鶏肉と香菜のフォー




妻の風邪が案外と長引いていて、食事も食べやすい、シンプルなものが中心になっています。
体力があまりない時、やっぱり食べやすいのは麺類ということで、この日はフォーです。
葱と生姜でしっかり風味をつけた鶏ガラスープにフォーを入れ、ほぐした鶏肉、豆板醤とごま油で和えたさらし葱、そしてたっぷりの香菜をトッピング。
身体があったまります♪


4月3日の食卓より

・パン各種




家からちょっと歩いたところにしばらく前にOHPADOというパン屋がオープンして、一度開店直後に行ったんですが商品がほとんど売り切れていたんですよね。
ジェイミーの散歩でちょっと遠出したい気分だったので久しぶりに訪れてみることにしました。



この日はさすがに充実した品ぞろえで、しかもかなり美味しそう!
ドイツパンの影響が多分に感じられるラインアップなんですが、ちゃんとフランス系のパンや、スコーンなんかも置いてありました。
特にドイツ風の折り込み生地はフランス風のクロワッサン生地とは違ってパリパリのサクサク。
デニッシュの食べ応えがかなり楽しかったです♪



こちらはシンプルな海老カツサンドです♪
ふわふわのパンに具がよく合ってます。


夜:カサゴと浅蜊のリングイニ



アクアパッツァにリングイニを合わせてみました。
カサゴがボロボロなのは病気中の妻のために浅蜊の殻をはずし、カサゴの身を分けているから。
レモンとケイパー、イタリアンパセリを効かせ、メリハリのある味に♪


4月5日の食卓より

・ホットドッグ




手抜きの晩ご飯はホットドッグです。
オニオンとピクルスを刻んだものをホットドッグバンズに挟み、茹でたソーセージを乗せ、仕上げに低塩ケチャップとマヨネーズ。
オニオンのザクザクとした食感がナイス。


4月6日の食卓より

・ねぎと豆乳のにゅう麺




最近、妻の体調もあって麺類が多いのですが、この日はにゅう麺です。
豆乳仕立てのつゆにして、豆腐、葱、豚肉少々、そしてにゅう麺。
実はあまり個人的ににゅう麺は得意じゃないんですがやっぱりあまり好きでないことを再確認。
カッペリーニもあまり好きじゃないから細麺がイマイチなんですかね。


にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
ブログ村「男の料理」カテゴリーに参加しましたー。


レシピブログのランキングにも参加してますー。

コメント   トラックバック (1)

花見2011@目黒川

2011年04月13日 | パーティー

今年はどこもかしこも花見や桜祭りの類がのきなみ中止や規模縮小ですね。
毎年足を運んでいる桜祭りも例外ではなく、妻の体調が悪いということもあって結局行かず。

花見弁当も作れないのでちょっとストレスに感じていたところ、会社の上司の自宅での花見に誘われました。
絶好のチャンスということで料理担当に立候補(笑)
桜満開の目黒川沿いという圧倒的に素晴らしい立地の一軒家に10人ほどが集まり、のんびりした花見となりました。
天気はいまいちだったけど、静かな雨に濡れる桜の木もまた風情があっていいもんです。



メニューはパーティー仕様のシンプルな内容。

まずはディップ2種。
左側はフムス、右側はサーモンのリエットです。
フムス、作るのは簡単だし、こういうちょっと中近東風のものって意外性があるので重宝します。
かといって特別なスパイスを使うわけでもないのであまり苦手な人はいないしね。
この日も結構評判でした♪



続いてはクラブケーキのレモン&ディル風味です。
クラブケーキを焼きあげたものに、レモンの皮とディルのみじん切りを混ぜたクリームをトッピングしています。



さらに分かりやすいピンチョスを一品。
角切りのパンチェッタ、ウズラの卵、ローストしたパプリカを串に刺して、チポートレ入りのマヨネーズを添えました。
チポートレの辛味がちょっと刺激的♪



これは塩麹に漬け込んだ鶏もも肉をロール状にして蒸し上げ、スライスしたものに、春菊のソースを合わせています。
春菊のソースは鶏ガラスープで春菊を茹で、ハンディブレンダーでピューレ状にしたものです♪
塩麹はちょっと前に仕込んだもので、この日は初のお目見えでした。まだ真価はよくわからず。



さらにもう一品、塩豚を焼いたものを白髪ねぎと合わせた一品を出したのですが写真を取るのを忘れてしまい...

そしてメインの主食はパスタです。
フジッリに、海老のトマトクリームソースを合わせてみました。
美味しそうにみえないんですが、実はなかなかの出来でした。
ソースにレモンの皮を加えて爽やかな香りを加えてみたのがポイント。



というわけで今年の花見は弁当ではなくパーティー料理となりました。
最近、震災の影響もあって集まりが中止になっていたりしたので若干ストレスがたまっていたんですが、すっかり解消♪
昼過ぎからさんざん飲んでいたので、7時過ぎに家に帰るとあっという間に寝てしまいました(笑)
楽しかった!


にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
ブログ村「男の料理」カテゴリーに参加しましたー。


レシピブログのランキングにも参加してますー。

コメント

重曹で大変身!スパゲティで作るビックリ減塩ラーメン

2011年04月10日 | レシピ:パスタ・麺

本日のレシピ:スパゲティで作る減塩ラーメン

先日、こんな記事を読みまして。
要は「スパゲティを重曹入りのお湯で茹でるとラーメンっぽくなる」という話で、気になって仕方ありません。
というのもラーメンは高塩分食の代名詞みたいなもので、大体一杯分食べると一日の定量です(涙)
自分で工夫して薄めのスープを取っても肝心の麺が結構な塩分量なのであまり意味がなく...

基本的にはラーメンもスパゲティもうどんも小麦粉&水でできています。
違うのはうどんはそこに+塩で小麦粉にグルテンを形成させ、あのコシを出し、ラーメンは塩&かん水で独特の食感や香りを生み出しているんです。
スパゲティは小麦粉&水のみなのでスパゲティでラーメンっぽいものができるのなら、かなり低塩ラーメンができるのでは?と思ったわけです。

で、実験してみました...



<作り方>
材料(2人分)
・スパゲティ(1.4mm):140g
・鶏ガラスープ(市販品・無塩のもの):300ml
・長葱:1本
・生姜:1センチ分
・豆板醤:小匙1/2
・ごま油:小匙1
・卵:1個
・塩(やさしお):小匙1/2
・豚肉(肩ロース・塊):400g
・減塩醤油:大匙2
・昆布:5センチ分
・日本酒:100ml
・味醂:大匙1
・重曹:大匙1

1)具を作ります。小さめの鍋に昆布、日本酒、みりんと減塩醤油を加え、煮立たせてから豚肉を加えます。
煮汁を絡めるように豚肉を弱火で煮込んでいきます。肉に火が通り、煮汁がトロッとするまで煮詰まったらそのまま冷まします。
2)長葱1/2本は斜め切りにして水にさらし、水気を切ってから豆板醤、ごま油で和えておきます。
3)卵は水から茹で、沸騰した時点から4分茹で、冷水にさらして冷ましてから殻を剥いておきます。
4)鶏ガラスープに水200ml、長葱1/2本と生姜を加え、煮立たせます。塩小さじ1/2を加えます。
5)たっぷりの水に重曹を加え、沸かします。ここにスパゲティを加え、指示された時間通りに茹であげます。
6)<1>の煮豚の煮汁小匙2程度を丼に移し、ここに<4>のスープを半量注ぎます。味を見て必要に応じて醤油または煮汁で味を調えます。
7)<6>に茹であがったスパゲティの水気を切って加えます。トッピングで煮豚の薄切り、半分に切った卵、葱を盛っていただきます。驚きますよ♪


3月27日の食卓より

・チーズベーコンエッグトース




ちょっとボリュームのある朝食はベーコンを焼いた上に卵を落とし、さらにチーズを乗せて蒸し焼きにしたものをさらにトーストに乗せました。
なんというか雑なクロックムッシュという感じで、ガッツリいただきます♪

・ボルシチ
・ライ麦パン




しばらく前に買ったビーツをまだ使っていなかったことを思い出し、ボルシチをつくることにしました。
牛肉と香味野菜を圧力鍋で煮込んでベースのスープにするのですが、こうすると塊のもも肉がホロホロにほぐれます♪
ビーツの土臭さが牛肉の香りと相性抜群。



付け合わせのパンは田園調布の「ベッカライ・シュタインメッツ」のパンです。
小さなお店で、パンも1種類しかないのですが、このパンの美味いこと!
やたらともっちりした食感は加水率が高いのかな。
ボルシチとも相性抜群であっという間に食べてしまいました♪


3月28日の食卓より

・中近東風ミートボールサンド



先日買ったフロマージュ・ブランが少々余っていたので、中近東風のサンドイッチを作ってみました。
具となるミートボールは合挽き肉にクミン、コリアンダーとパプリカ、ニンニクを加えて焼き、ここに玉ねぎのみじん切りを加えてレモン果汁をジャッと。
さらにパセリのみじん切りを足して軽く煮込んでみました。
平焼きパンを焼いて、ここにレタスとミートボール、フロマージュ・ブラン。
食べるとやたらと手が汚れるけど幸せな一品です♪


3月30日の食卓より

・ソラマメとベーコンのサフランリゾット




妻がのどの痛みを訴えるなかで晩ご飯に作ってみました。
ベーコンのみじん切りを加えたシンプルなリゾットに、仕上げに蒸し焼きにしたソラマメとサフランをプラス。
サフランのエキゾチックな香りとソラマメの風味が案外よく合うんですよね。


4月1日の食卓より

・シンプルピザ




先日平焼きパンを焼いた際の生地が余っていたのでパンピザにしてみました。
トマトソースにベーコン少々、チーズたっぷりで焼き上げていただきます♪
見栄えは良くないけど、こういうのが幸せ♪


にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
ブログ村「男の料理」カテゴリーに参加しましたー。


レシピブログのランキングにも参加してますー。

コメント (2)

クラブケーキ、レモンとディルのソース添え

2011年04月07日 | レシピ:魚料理

本日のレシピ:クラブケーキ、レモンとディルのソース添え

アメリカ東海岸・ボルチモアの名物料理はカニの肉をたっぷりと使ったクラブケーキです。
ここではつなぎにマッシュポテトを少々加え、成形しやすくしています。



<作り方>
材料(2人分)
・カニの缶詰:120g(身の部分)
・ジャガイモ:中2個
・玉ねぎ(みじん切り):大匙3
・セロリ(みじん切り):大匙3
・赤パプリカ(みじん切り):大匙3
・イタリアンパセリ(みじん切り):小匙2
・ニンニク:1片
・塩・胡椒:少々
・小麦粉:少々
・フロマージュ・ブラン(または水切りヨーグルト):100ml
・レモンの皮(すりおろし):小匙2
・ディル(みじん切り):小匙2

1)ジャガイモはたっぷりのお湯で茹でて、マッシュしてから冷ましておきます。
2)みじん切りにしたニンニク、玉ねぎ、セロリ、パプリカはオリーブオイル少々(分量外)で炒め、しんなりしたら冷ましておきます。
3)<1>のジャガイモ、<2>の野菜、カニの缶詰、イタリアンパセリをボウルで合わせ、塩・胡椒を少々加え、よく混ぜます。
4)空気を抜きながら<3>のタネをパティ状に成型し、小麦粉をはたきます。フライパンにオリーブオイル少々(分量外)を熱し、中までじっくり火を通すようにゆっくりとこんがり焼きあげます。
5)フロマージュ・ブランとディル、レモンの皮を混ぜ、塩で味を調えたソースを添えていただきます♪

※フロマージュ・ブランの代用にできる水切りヨーグルトはざるの上にキッチンペーパーを敷き、その上にヨーグルトを置いて30分以上放っておくだけ。濃厚な酸味は癖になりますよ♪


3月21日の食卓より

・イングリッシュマフィン
・ソーセージとジャガイモのハッシュ、目玉焼き添え




週末のブランチは冷蔵庫の整理を兼ねたアメリカンな朝食。
”ハッシュ”は一言でいえばジャガイモや玉ねぎなどをベーコンと炒めたもので、焼いているうちにベーコンの脂が出てきて揚げ焼きに近い感じになっていきます、それをジャガイモだけで作り、さらに本当に揚げるとマックでおなじみの”ハッシュブラウン・ポテト”になるわけです。
材料は作る人や地方によって随時変わるので、変幻自在。
ここではソーセージ、パプリカ、ジャガイモ、ニンニク、玉ねぎなんかで作りました。
ちなみにこのソーセージ、友人のパン屋サンレッドの近くにある「ホームデリカ TAICHI」で買ったもの。
本当に見過ごしてしまいそうな小さな店なんですが、外見からはとてもそうとは見えない、自家製ソーセージを各種作っている肉屋です。
名物は「成瀬ギョーザソーセージ」。名前の通り、中身が餃子味。まんま餃子味。
敢えて餃子をソーセージとして食べる必然性はともかく、ソーセージの味自体は美味しかったです♪

・クラブケーキ
・フルーツトマトのサラダ、オリーブ添え
・マッシュルームのクリームスープ




晩ご飯はトップで紹介したクラブケーキです。
何故かといえば今話題の二子玉川RISEに行ってきたんですね。
で、ここのフードショーの中にある「オカッテ」という店が各地の優れ物を扱っている食材店なのですが、なんと国産フロマージュ・ブランを扱っているのです。フロマージュ・ブランは名前のまんまフレッシュチーズで、牛乳を固めただけのもので、どちらかといえばヨーグルトに近い感じの乳製品です。
これを使いたくて、逆算して晩ご飯になりました。
料理の素材としても魅力的なものがこんなに近くで手に入るなんて幸せ♪

副菜としてフルーツトマトを輪切りにして、オリーブを散らし、オリーブオイルを回し掛けただけのシンプルなサラダです。
トマトの甘みの中でオリーブのほのかな苦みがいいアクセントとなります。



マッシュルームを安く売っていたのでポタージュにしてみました。
たっぷりのキノコをエシャロットと炒め、ピューレにしてから生クリームとチキンストックで伸ばします。


3月22日の食卓より

・マッシュルームとひき肉のトマトソーススパゲティ




前の日のポタージュの残りのマッシュルームを使って、バジルを効かせたトマト味のミートソースを作りました。
ソフリットをじっくり炒めて甘みを引き出し、ひき肉で旨みアップ。
いつものミートソースにマッシュルームがどっしりした存在感を足しています。


3月23日の食卓より

・鶏のから揚げ
・サラダ
・レンコンきんぴら




この日の晩ご飯は超手抜き。
一から十まですべてが近所の美味しい惣菜屋の総菜です。
それを全部皿に並べて「カフェ風」と言って出してみました(笑)


3月24日の食卓より

・温玉うどん




あまり食欲がないので、シンプルなうどんです。
茹であげた半生の讃岐うどんに温泉卵&たっぷりの葱。醤油少々を垂らしていただきます♪


3月26日の食卓より

・スクランブルエッグトースト




たまにはこんなシンプルな朝食もね♪


にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
ブログ村「男の料理」カテゴリーに参加しましたー。


レシピブログのランキングにも参加してますー。

コメント

とろけるよ!蒸し豆腐の春菊ソース

2011年04月04日 | レシピ:その他

本日のレシピ:蒸し豆腐の春菊ソース

蒸した豆腐は湯豆腐とも冷ややっことも違う、ある意味官能的なほどの滑らかな食感が加わります。
濃厚な味わいにさらに春菊のほのかな苦みを合わせた、ちょっと幸せな一品です♪



<作り方>
材料(2人分)
・絹ごし豆腐:1丁(なるべくいいものを)
・春菊:3本
・昆布:5センチ
・醤油:小匙1
・ごま油:小匙1/2

1)水100mlに昆布を入れ、火に掛け、沸騰したら火を止めて5分待ってから昆布を取り出します。この出汁で春菊を茹でます。
2)フードプロセッサーに春菊、醤油、ごま油と昆布出汁大匙2を加え、滑らかなピューレ状になるまで回します。
3)スプーンで耐熱容器に豆腐を適当に移し変え、耐熱容器ごと強火で10分ほど蒸します。
4)豆腐から出た余分な水を捨てて、<2>の春菊ソースを回し掛け、さらに3分ほど蒸せば完成♪


3月18日の食卓より

・クリーミースクランブルエッグ
・ソーセージ
・フルーツトマト
・トースト




震災直後からパンがどこに行っても買えません...
あまり電気を使いたくないのでホームベーカリーも控えているので、やっと近所のスーパーにパンが並んだのをいいことに1斤だけ購入。
久しぶりのパンはBill's風のスクランブルエッグ、たまプラーザの自家製ソーセージ店「シュタットシンケン」で買った美味しいソーセージ、フルーツトマトにカマンベールチーズ、小岩井の発酵バターでいただく朝食プレートにしてみました♪

・レンコンの海老詰め焼き
・蒸し豆腐
・鶏肉とキャベツのサブジ




晩ご飯は和食です。
まずはミンチにした海老にニンニクを少々混ぜ、レンコンの穴に詰めてから小麦粉をまぶして揚げ焼きにしたものです。
レンコンのサクサクした食感は海老のぷりぷりした食感とよく合うんですよね。
食べる直前にちょっと醤油をたらせばたまりません。



トップで紹介した蒸し豆腐の基本形です。
シンプルに蒸し上げた絹ごし豆腐に醤油をかけて頂くだけ。
滑らかな食感は陶然とします♪



何故か副菜はインド料理。
キャベツと鶏肉、新玉ねぎをカレー粉で蒸し煮にしたサブジです。
仕上げに軽くトマトを加えて酸味をプラス。案外ご飯とよく合うのです。


3月19日の食卓より

・ニラ玉炒め

・蒸し豆腐の春菊ソース



ノープランでスーパーに行って、「そういえば最近ニラを食べていないな」と急遽ニラ玉炒めになりました。
味付けはシンプルに塩・胡椒なのですが、豚肉を白ワインで揉んでおくと味に深みが出てなかなかよいです。



トップで紹介した蒸し豆腐、出来上がりはこんなんです。
あんまり美味しそうにみえないのがなんなんですが、これがめちゃめちゃ美味いんですよ。
だまされたと思って是非。


3月20日の食卓より

・フレンチトースト
・ソーセージ
・リンゴ
・シリアル




昨日のパンの残りはまずは朝食にフレンチトーストにしていただきました。
僕のフレンチトーストは卵1個に牛乳150ml、そしてサトウ50gをよく混ぜたものにパン3-4枚を漬けこみます。
汁を全部吸ったらバターでじっくり火を通すようにゆっくりと焼きあげ、外はカリッと、中はとろとろに仕上げます。
バターと蜂蜜でいただきます。
できればベーコンやソーセージなど、ちょっとしょっぱいものがあると味が引き立ちますよ♪



ついでにシリアルも。
サクサクが美味しい♪

・豚肉と野菜のサンドイッチ



割と遅めとなった昼御飯は豚肉と玉ねぎを炒め、チェダーチーズを加えて溶かし、
たっぷりの野菜とともにパンにはさんだサンドイッチです。
ポイントは「たっぷりの野菜」。

・茄子と鶏肉のクリームカレー



これ、なかなか優れものの一品です。
ちょうど今家にあふれている本や雑誌の電子化を進めていまして、その作業の途中で目にとまった料理をアレンジして作ってみました。
茄子をたっぷり炒め、鶏肉や各種スパイスと合わせ、あとはスープでじっくりと煮込みます。
仕上げに生クリームでとろりと仕上げると、どこか上品なカレーの完成♪


にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
ブログ村「男の料理」カテゴリーに参加しましたー。


レシピブログのランキングにも参加してますー。

コメント (2)

酸味とコクで美味さ倍増♪レモンバターとんかつ

2011年04月01日 | レシピ:肉料理

本日のレシピ:レモンバターとんかつ

家の近所にある定食屋の人気メニューからヒントを得て作ってみました。
薄めの肉をさっくり揚げて、熱々のうちにいただきます♪



<作り方>
材料(2人分)
・豚肉(生姜焼用厚切りロース肉):120-150g
・塩・胡椒:少々
・小麦粉:適宜
・卵:1個
・牛乳:1/2カップ
・パン粉:適宜
・レモン果汁:大匙1
・無塩バター:大匙1

1)卵は溶いてから牛乳と混ぜて卵液を作っておきます。豚肉の筋を切り、軽く塩・胡椒してから、小麦粉→卵液→パン粉の順番で衣をつけます。
2)フライパンに1センチほどの深さに入れたサラダ油を熱し、豚肉を順番に揚げ焼きにします。肉の厚さが薄めなので、表面がさっくり色よく揚がったらOK。
3)別の小さな鍋でバターを溶かし、ここにレモン果汁を加えてよく混ぜ合わせます。
4)さっくりと揚がったとんかつを適当な大きさに切り、皿に並べて<3>のレモンバターを満遍なく回しかければ完成♪


3月13日の食卓より

・レタス香菜チャーハン




大震災から2日が経ち、いつまで経っても収まる気配のない余震に加え、報道で震災の被害の大きさが明らかになって来るに連れ、なんとなく日々の活動もトーンダウンしつつあります。
買い物に行ってもスーパーの棚は空っぽだし、目に見えないパニックが町全体を飲み込んでいるような感じです。

なるべく冷静を保とうとしつつ、淡々と日々を過ごすべく努めています。

この日のお昼ご飯は冷蔵庫の余り物で作ったチャーハンです。
豚肉、卵、葱、レタス、香菜で味付けは塩のみでシンプルに。

・レモンバターとんかつ
・レンコンのトマト煮
・レタスと人参、新玉ねぎのマンゴーサラダ




晩ご飯はトップで紹介したレモンバターとんかつに加え、ザク切りにしたレンコンをトマトで煮込んだ一品です。
ほのかに効かせたオレガノの香りがいい感じ。



ザク切りにしたレタス、千切りの人参と新玉ねぎを合わせ、すりおろしたマンゴーとバルサミコをベースにしたドレッシングで和えてみました。
マンゴーの甘みとバルサミコの酸味がいい感じ。


3月15日の食卓より

・海老のトマトクリームパスタ、レモン風味




会社もついに一週間の自宅待機命令が出てしまいました。
こんな時だから妻やジェイミーと一緒にいられるのはありがたいんですけどね。

晩ご飯は我が家の定番の海老のトマトクリームパスタで、ちょっとひとひねり加えてみようと、レモンの皮をすりおろして加えました。
爽やかなレモンの香りがソースの濃厚さとよく合う、なかなかの一品にしあがりました♪


3月16日の食卓より

・ビーフストロガノフ




周りが揺らいでいる時こそ、普通のものが恋しくなります。
晩ご飯は我が家の超定番、ビーフストロガノフ。


3月17日の食卓より

・ポークカツのピザラップ




冷凍庫に眠っていた作り置きのポークカツをサッと揚げ焼きにし、トマトソースを少々乗せ、チーズを乗せて軽く焼いてチーズを溶かします。
レタス、トマトと一緒に温めたトルティーヤに巻いてかぶりつきます。

ちなみに節電のためにオーブンはしばらく使用禁止なので、調理はすべてガスコンロで行っています。
魚焼きコンロが案外使える(笑)

・豆乳鍋



初計画停電に備え、この日の晩ご飯は事前に準備しておけばカセットコンロで調理できる豆乳鍋です。
...と思って、停電開始時刻を待っていたのですが一向に電気が消える気配がなく。
改めて調べたら計画停電区域から外れていました。
もともと節電はかなり意識してやっているのですが、なんかちょっと拍子抜け。


にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
ブログ村「男の料理」カテゴリーに参加しましたー。


レシピブログのランキングにも参加してますー。

コメント