にゃんのキッチン

塩分・蛋白質制限も創意工夫があれば関係なし!料理大好き!慢性腎不全と共存する僕の食事日記です(旧・食読日記)。

メキシカン風洋食!鶏肉とキドニービーンズのチリチーズ・ドリア

2008年01月28日 | レシピ:その他
本日のレシピ:鶏肉とキドニービーンズのチリチーズ・ドリア

日本と西洋の出会いにメキシコが乱入...そんな感じのドリア。タコライスが美味いのと同じ意味で美味しい一品ですよ♪



<作り方>
材料
・炊いたご飯:1合分
・玉葱:1/2個
・ニンニク:1片
・白ワイン:大匙1
・鶏腿肉:100g
・トマトペースト:大匙2
・トマトケチャップ:大匙2
・チリパウダー:小匙1
・キドニービーンズ(缶詰):カップ1/2
・塩・胡椒:適量
・小麦粉:大匙1
・バター:大匙1
・牛乳:2カップ
・溶けるチーズ:3-4枚

1)ベシャメルソースを作ります。鍋に小麦粉とバターを入れて弱火で滑らかになるまで炒め、牛乳を半量ずつ加え、滑らかになるまでかき混ぜます。トロッとした質感になるまで弱火で10分ほど煮詰め、塩・胡椒で味付けします。
2)フライパンにオリーブオイル大匙1(分量外)を熱し、みじん切りにしたニンニクと玉葱を炒めます。透明になって香りが立ってきたら、白ワインを加え、水分がなくなるまで炒めます。ご飯、キドニービーンズを加え、満遍なく油が回るまで炒めます。
3)ケチャップ、トマトペースト、チリパウダーを加え、全体に馴染ませてから塩・胡椒で味を調えます。
4)耐熱皿にご飯を敷き詰め、上にベシャメルソースをかけます。上にチーズをちぎって敷き詰め、180度に予熱したオーブンで15分、表面がこんがりと色づくまで焼けば完成♪


1/15

昼:しらすおろし
  鯖の立田揚げ
  ポテトハムサラダ
  冷奴
  味噌汁(少々)
  ご飯



なんか彩りが薄い...でもバランスはよいんですよね。

夕方:肉まん

夜:鶏肉とキドニービーンズのチリチーズ・ドリア
  赤キャベツとビーツのサラダ





ドリアが食べたくなりまして。
で、チキンライスを作っていたのですが、途中でふとキドニービーンズの缶詰が目に付いたので加えてみました。すると一気にチキンライスがチリビーンズっぽい顔付きになってきたので方向転換してメキシカン風に仕上げてみました。
まぁ、タコライスがあれだけ味がまとまっているのでそんなに失敗はあるまいと思っていたら、思っていた以上に美味しく仕上がって我ながらびっくりです。
チキンライスを作る場合はここからチリパウダーとキドニービーンズを抜いて、ミックスベジタブルを入れればいいってことです♪
付け合せは軽く茹でたビーツと赤キャベツをサワークリームとマヨネーズのドレッシングで和えたサラダです。さっぱりしてて美味しい♪


1/16

朝:ツナと卵のサンドイッチ

昼:鶏の治部煮
  しめじとほうれん草のお浸し
  赤米
  中華風ワンタンスープ
  シーザーサラダ
  なめこおろし



夜:鶏と豆腐のネギ鍋
  チリチーズドリア







昨日の残り物のドリアに加え、鍋にしました。
鶏がらで出汁を取って、大根、豆腐、鶏肉を煮込み、最後にさらし葱をたっぷり乗っけてしんなりさせたものを食べるという、いかにも冬らしい鍋です。狙いは中華風湯豆腐だったんですが、食べているうちに気がついてみれば単なる「水炊き」でした。道理で柚子胡椒が欲しいわけだ(笑)。


1/17

朝:卵とツナのサンドイッチ

昼:五穀米
  味噌汁(少々)
  ひじきとレンコンの煮物
  アジフライ&イワシフライ
  海草サラダ



うちの社員食堂、いつもは小鉢をいろいろそろえて食事にするんですが、定食だとこうなります。メインにご飯、味噌汁、小鉢一つでこれの場合は430。奥の海草サラダは別途購入で100。まぁ外で食べることを考えたらねぇ...

夜:出汁巻き卵
  焼き鯖寿司
  刺身盛り合わせ
  大根の煮物
  鴨ロース
  銀杏の素揚げ 他

この日は取引先の方と一緒に市ヶ谷にある和食店の「塁菜」に。
京料理をベースにした丁寧な和食で、非常に美味しくいただきました。
この店、「森伊蔵」を始めとするブランド焼酎がかなりそろっているので酒飲みにはなかなか楽しいお店です。


1/18

朝:ハムチーズサンド

昼:ワカサギフリット
  五穀米
  わかめと牛肉のスープ
  コーンサラダ
  明太子おろし



夕方:肉まん

夜:ブリの刺身
  牡蠣フライ
  フライドポテト
  ざる豆腐
  焼き鳥 他

 

翌日、姫様が高崎で行われる従姉妹の結婚式に呼ばれているので、前夜から前乗りすることになり、せっかくだからと着いていきました。
たまたま姫様の大学時代の友人が高崎在住とのことだったので、10時半ぐらいから高崎の居酒屋で一緒に食事をしました。
時間が時間だったので、深夜までやっているモンテローザ・グループの「うさぎの宴」に入ったのですが、思いのほか美味しかったです。


にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
 ブログ村「男の料理」カテゴリーに参加しましたー。


 ブログランキングにも参加!


 レシピブログのランキングにも参加してますー。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

根菜が美味しい季節!レンコンの海老芋挟み揚げ

2008年01月26日 | レシピ:野菜料理
本日のレシピ:レンコンの海老芋挟み揚げ

ねっとりとした海老芋のコクとレンコンのシャキシャキ感がよく合う一品です。お醤油でどうぞ♪



<作り方>
材料(2人分)
・レンコン(大き目のもの):5センチ分
・海老芋:中ぐらいのもの:2個
・塩:少々
・牛乳:大匙2
・片栗粉:適量
・一味唐辛子:少々

1)レンコンは皮を剥き、厚さ1センチ弱の輪切りにします。割れやすいので気をつけて!切ったレンコンは薄い酢水に晒しておきます。お湯を沸かし、ここにも酢を少々いれ、レンコンを軽く下茹でします。
2)海老芋は皮を剥き、たっぷりのお湯で柔らかく茹でます。茹で上がったら水を切り、手早くマッシュします。牛乳、塩一つまみ、一味唐辛子を加え、ある程度滑らかになるまで潰してしまいます。ここで水分を加えすぎると流れてしまうので注意!
3)茹で上がったレンコンの水気をふき取り、その上にマッシュした海老芋を適量乗せます。もう一つレンコンをその上に乗せ、軽く押さえつけます。海老芋が穴の中に入ってきて肉詰めみたいな感じになればOK。残りのレンコンと海老芋も同様にサンドイッチ状にします。
4)片栗粉をまぶしつけ、サラダ油で揚げ焼きにします。表面に美味しそうな色がついてきたら完成!


1/14

昼:ポークリエット
  ミニカンパーニュ
  スパゲティ・ペペロンチーノ





お昼ご飯に前日作ったリエットを出しました。
美味しい美味しいと喜んでくれた姫様の笑顔を見て、努力した甲斐があったもんだと思っちゃいました♪
後は定番のペペロンチーノ。フレッシュトマトを使って辛さ控えめに仕上げました♪

間食:アーモンドベリークロワッサン



この日の外出先のタリーズで食べた一品です。
クロワッサンの中にベリーソースが詰まってて、アーモンドクリームとともに焼き上げています。美味いわこれ。

夜:大根と豚バラ肉の甘辛炒め
  レンコンの海老芋挟み揚げ
  芹のお浸し
  新玉葱と海老のサラダ
  ご飯







今日は和食ナイトです。
まずはトップで紹介した海老芋とレンコンのはさみ揚げ。食感の取り合わせが美味しい一品です。
大根は下茹でしてから豚バラ肉と一緒に炒め、醤油、酒、味醂と赤唐辛子で甘辛く仕上げました。味醂でコクを出すからあまり醤油を使わなくても満足度の高いレシピなのです。大根が甘くて美味。
ちょっと青みが欲しかったので芹をお浸しにしてみました。ほろ苦い味わいが最高です。
ラストはそろそろ出回り始めた新玉葱を使ったサラダ。甘みを生かしてクリーム系のドレッシングと合わせ、ちょっと茹でた海老をアクセントで入れてみました。


にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
 ブログ村「男の料理」カテゴリーに参加しましたー。


 ブログランキングにも参加!


 レシピブログのランキングにも参加してますー。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

夜食やブランチにぴったり!本格派ポークリエット

2008年01月22日 | レシピ:肉料理
本日のレシピ:本格派ポークリエット

昨年末に買った本、「Charcuterie」に載っていたレシピを若干アレンジして作りました♪



<作り方>
材料(ラメキン2個分)
・豚ブロック肉(肩ロース):400g
・豚ブロック肉(バラ):400g
・玉葱:1個半
・セロリ:1本
・人参:1本
・ポロ葱:1/2本(外側2枚を剥いて取っておく)
・ニンニク:1片
・ローリエ:2枚
・タイム(フレッシュ):4枝
・イタリアンパセリ:4枝
・クローブ(ホール):4個
・黒胡椒(ホール):小さじ1
・塩:小さじ1
・ラード:適量

1)まずはスープを作ります。深めの鍋にオリーブオイル大匙1(分量外)を熱し、包丁の腹で潰したニンニク、皮を剥いて賽の目に切った玉葱1個、ポロ葱、人参とセロリの茎の部分を加えて炒めます。軽く色付いてきたら水2リットルを加え、弱火で2時間ほど煮込みます。
2)豚肉は3センチ角の角切りにし、一度茹でこぼしてから流水でしっかり洗っておきます。
3)残りの玉葱にクローブを刺しておきます。取っておいたポロ葱にタイム、ローリエ、セロリの葉、パセリとガーゼにくるんで軽く潰した黒胡椒を包み込むようにしてタコ糸で縛り、ブーケガルニを作ります。
4)鍋に豚肉、クローブを刺した玉葱、ブーケガルニと塩を入れ、スープをひたひたに注ぎます。このままスープを注ぎ足しながら約3時間、肉が柔らかくなるまで弱火で煮込みます。
5)肉をボウルなどに取り出し、フォークの先などで軽くほぐします。煮込んだスープは漉して取っておきます。
6)フードプロセッサーに肉を入れ、スープを注ぎながら少しずつ回し、粗いペースト状になるまで機械にかけます。
7)ラメキンに空気が抜けるよう押しながらリエットを詰め、表面を均します。上に溶けたラードを注ぎ、冷やせば完成♪

※冷蔵庫で4-5日は持ちます。
※ラードは豚の脂身などを火にかけたものでOK!


1/12

3連休を使って、静岡に住む祖母の顔を見に行きました。
僕は子供のころアメリカに住んでいたのですが、帰国すると滞在するのはこの祖母の家でした。懐かしい思い出がいっぱい詰まった家なのです...

朝:クラムチャウダー
  柿の葉寿司





この日の出発は朝10時。3連休の初日ということで新横浜駅は結構混んでます。なんか朝食にサンドイッチでもと思っていたのですが、売店を覗いてみたら棚はガラガラ...
唯一残っていた柿の葉寿司と、クラムチャウダーを姫様と分けて朝食です♪

昼:クリームコロッケ
  紅芯大根のサラダ
  大根と手羽先の煮込み
  イトヨリのフライ
  かき玉汁
  具沢山煮込みハンバーグ
  ご飯
  焼売



祖母と相談して、僕が食事面で一番厄介なので、食べられる惣菜を駅前で買っていくことにしました。
松坂屋静岡店に立ち寄って、「RF1」「まつおか」などでもろもろ惣菜を購入。後は新横浜で買った「崎陽軒」の焼売で彩り豊かな食卓の完成です。

今年米寿を迎える祖母はまだまだしっかりしていて一安心。到着したころに降っていた冷たい霧雨もやがて上がり、僕たちは祖父の墓参りをして帰途に着きました。



姫様のリクエストで、帰る途中、駅から10分ほど歩いたところにある伊勢丹静岡店に寄りました。
お目当ては「まるたや」という浜松のお菓子屋さんの支店です。ここは「チーズボックス」というチーズケーキが有名なのですが、関東には店がなくて、通販しか入手方法がないのです。姫様は浜松出身の同僚からこの店の話を聞き、このたびの訪問となりました。
もう一つの名物であるクッキーの「あげ潮」と「チーズボックス」を購入して大満足です。

夕方:明石焼き
   イチゴシュー





静岡~新横浜間は新幹線に乗れば1時間強であっという間です。とはいえやはり旅気分を味わうにはおつまみが欲しいので、伊勢丹の地下食品売り場で売っていた明石焼きをゲット。ちょっと冷めてしまったけれど、ふわふわの生地が美味です。
もう一つは駅ビルに入っていた「カフェ・デンマーク」のイチゴシュー。

夜:野菜の掻き揚げ
  串カツ
  ご飯
  焼き鳥の炒めもの







帰宅してみるとさすがに疲れたのと、新幹線の中でちびちびと食べ過ぎたせいであまり腹が減っておらず...せっかくなのでお土産を持参がてら姫様の実家でご相伴しました。

デザート:チーズケーキ



デザートはもちろんお待ちかねの「チーズボックス」。
正直、チーズケーキはチーズケーキと高をくくって食べたのですが、これが驚くほど美味い!どうやら「あげ潮」を崩したものをクラストに使っているらしく、それだけで十分贅沢なのですが、チーズ主体の下の層と、サワークリームベースの上の層のバランスがとにかく絶妙。
2500円と高いのですが、たまの贅沢にこの味でこの値段なら納得の一品でした♪


1/13

朝:スクランブルエッグ・トースト



この日、姫様は昼前からお出かけです。なんでも大学時代の友人と会うのだとか。久しぶりに留守番です...

昼:ターキーブレストサンド
  コーンチャウダー



買い物がてら、サブウェイでターキーブレストサンドでランチ。この後2時過ぎに家に帰り、暇だったのでトップで紹介したリエットを作りました。

このリエット、「料理人誕生」を書いたマイケル・ルールマンが共著した「Charcuterie」に載っていたレシピを僕なりにアレンジしたものです。この本はそれこそパテからサラミにいたるまで、肉加工品の詳細な作り方がびっしりと載っているステキな本です。写真も少なく、分厚いので読むのも一苦労なのですが、このリエットの味は脱帽ものでした。

夜:小エビのトマトクリーム・スパゲティ



姫様は夜の8時過ぎに帰宅。
冷凍庫にあった小エビを使ったパスタがディナーです。トマトの酸味、生クリームのまろやかさが海老の身の甘さとよく合う、なかなか美味しいパスタなのです♪


Charcuterie: The Craft of Salting, Smoking, And Curing

W W Norton & Co Inc

このアイテムの詳細を見る

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
 ブログ村「男の料理」カテゴリーに参加しましたー。


 ブログランキングにも参加!


 レシピブログのランキングにも参加してますー。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

風邪の季節にはこれ!スペイン風ニンニクのスープ

2008年01月21日 | レシピ:その他
本日のレシピ:スペイン風ニンニクのスープ

スペインの名物料理の一つ、「ソパ・デ・アホ」をアレンジしてみました♪



<作り方>
材料(2人分)
・ニンニク:4片
・玉葱:中1/2個
・ベーコン:2枚
・セロリ:1/2本
・ローリエ:2枚
・トマト:2個
・オリーブオイル:大匙1
・乾燥赤唐辛子:1本
・塩・胡椒:適宜
・卵:2個
・チキンストック:3カップ

1)芯を取り除いてみじん切りにしたニンニクとオリーブオイル、唐辛子を深めの鍋に入れて弱火にかけ、ニンニクの香りをじっくりと引き出します。
2)軽く色づき、香りが立ってきたら、ローリエと、薄切りにした玉葱とセロリ、細切りにしたベーコンを加えて炒め続けます。野菜がしんなりしてきたらトマトのザク切りを加えてざっと炒め合わせます。
3)唐辛子を取り除き、チキンストックを加えて弱火で15分ほど煮込みます。塩・胡椒で味を調えます。
4)耐熱皿に熱々のスープを入れ、その上にそっと卵を割りいれます。180度に予熱したオーブンないしはオーブントースターで卵の表面が固まるまで約5-10分焼けば完成。卵を崩しながらいただきます♪


1/9

昼:ひじきご飯
  鶏の竜田揚げ
  ポテトサラダ



朝一で打ち合わせのために出ていたので、帰り際に駅前の「地球健康家族 そうざいや」でひじきご飯と竜田揚げ、サラダを買ってデスクでランチ。

夜:スペイン風ニンニクのスープ
  きのこと豚肉のパングラタン



姫様がいまいち体調がパッとしないので、体を温めるディナーにしてみました。トップのスペイン風ニンニクのスープはスペインの定番料理で、調理中は刺激が強いかなと思うのですが、ニンニクをしっかり炒めることによって角が取れて香ばしさだけが残り、まろやかな風味に仕上がるステキなスープです。せっかくライオンヘッドを買ったのでここでも活用してみました♪
もう一品はきのこと豚肉を炒めてから生クリームで軽く煮込み、こんがり焼いたバゲットの角切りの上に乗せ、チーズを振ってグラタン風に仕上げた一品。


1/10

朝:ツナと卵のサンドイッチ

昼:カニ風味サラダ
  オクラおろし
  ご飯
  揚げ春巻
  温泉卵
  味噌汁(少々)



温泉卵をご飯に乗せるのが好き♪でも何故か卵かけご飯はいまいち。なんでだろ?

夜:フライドチキン
  ビスケット
  サラダ





なんか二人とも疲れていたので京はサボってケンタッキーにしてみました。制限のことがあるのでもちろんあまり多くは食べられないのですが、たまに無性に食べたくなるんですよね...
で、お腹を満たすために特大のサラダを作りました。ドレッシングはマヨネーズとクリームベースで、チャイヴとニンニク、玉葱を加えたランチ風ドレッシングです♪


1/11

朝:ハムチーズサンド

昼:モロヘイヤのお浸し
  明太子おろし
  大根のサラダ
  けんちん汁
  クリームコロッケ
  鶏の唐揚げ
  ご飯



夜:ピザトースト



手抜きシリーズでこの日はピザトーストにしてみました。
なかなか美味しそうなパンを見つけたので、ベーコン、ニンニク、トマトペースト、チーズ、オレガノでピザトーストの完成です♪


にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
 ブログ村「男の料理」カテゴリーに参加しましたー。


 ブログランキングにも参加!


 レシピブログのランキングにも参加してますー。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

具はお好みで!シンプル・ピロシキ

2008年01月20日 | レシピ:その他
本日のレシピ:自家製ピロシキ

ロシア料理2連発!具はなんでもOKなお手軽ピロシキ♪



<作り方>
材料(6-8個)
・強力粉:300g
・ドライイースト:4g
・砂糖:大匙2
・塩:小さじ1弱
・溶き卵:少々
・牛乳:150ml
・バター:30g
<以上、パン用>
・合挽き肉:150g
・玉葱:1/2個
・セロリ:1/2本
・ニンニク:1片
・イタリアンパセリ(みじん切り):大匙1
・ナツメグ:一つまみ
・塩・胡椒:少々
<以上、具用>

1) パン生地を作ります。小麦粉、砂糖、塩、ドライイースト、牛乳とバターをボウルで合わせ、かき混ぜて全体をまとめます。水分が多いようなら小麦粉を、逆に 足りないようなら牛乳を少しずつ足して、生地をまとめます。一まとまりになったら、体重をかけてしっかりこねます。ボウルに入れてラップをかけ、暖かい場 所で倍に膨らむまで1時間弱休ませます。
2)具を作ります。オリーブオイル小さじ1(分量外)をフライパンで熱し、みじん切りにした玉葱、ニンニクとセロリを炒めます。しんなりしてきたらひき肉を加えて炒めます。肉の表面が色づいたらパセリとナツメグを加え、水分を飛ばすように炒めます。最後に塩・胡椒で味を調えます。
3)発酵した生地をつぶしてガス抜きします。一まとめにした生地を二つに分けて、打ち粉をした台の上で直径15-20センチぐらいの大きさに丸く伸ばします。
4)生地の中心の片側に具を適量乗せます。そのまま生地を折り返して、縁を指先で餃子のようにまとめていきます。指先でしっかり生地を押し付け、くっつくようにします。爪楊枝などで上面にいくつか空気穴を開け、表面に溶き卵を塗ります。
5)オーブンの天板にベーキングシートを敷き、その上に並べます。180度に予熱したオーブンで約20分、こんがりと焼き色がつくまで焼けば完成♪

※生地は「スープのパン包み焼き」と同じなので、向こうを作って余った分で...などでも大丈夫ですよ♪


1/5

昼:スクランブルエッグのオープンサンド
  ピロシキ



朝ごはんは赤唐辛子入りのスパイシーなスクランブルエッグを乗せたトースト、そして昨日の残りのピロシキです。
ピロシキ美味しい♪

夕方:クロック・ムッシュ

姫様の所用に付き合って表参道に行き、その帰りにエチカのジャン・フランソワでクロック・ムッシュを買ってみました。
ここはクロワッサンが美味しいのでたまに立ち寄るのですが、このクロック・ムッシュもなかなかの優れもの。バゲットを使っているんですがホワイトソースとチーズとハムのバランスが絶妙です♪

夜:たこ焼き
  天むす



えー、馬鹿な話なんですが、この年になってDS Liteを買っちゃいまして...
そんなわけでこの夜は超手抜き。
姫様の妹が数日前からたこ焼きにやけにご執心だったのでおみやげにくくるのたこ焼きをたっぷり買っていってあげました。
後は地雷也の天むすなど。

ファイナル・ファンタジーIV楽しい♪


1/6

昼:エビフライ
  舞茸フライ
  玉葱フライ
  豚のとろとろ煮
  七草粥







冬休みの間およそ一ヶ月間、一時帰国していた姫様の妹が本日カナダに帰国です。
なのでランチはみんなでさようならランチ。
七草粥にエビフライなど賑やかな食卓になりました。

明日からは僕らも出勤ですよ...

夕方:たこ焼き



3日連続のたこ焼きはさすがに飽きてくるんですが...銀だこはやっぱり美味しい♪

夜:スパゲティ・ボンゴレ



明日からはまた会社。
休み最後の食事は姫様のリクエストのボンゴレビアンコです♪
パセリがなくてちょっと彩りが物足りない感じですが。


1/7

昼:鶏の唐揚げ
  青菜のおひたし
  なめたけおろし
  コンビネーションサラダ
  赤米
  味噌汁(少々)



新年最初の社員食堂...ですがメニューそのものは去年とあまり変わらず。
今読んでいる「ヨーガンレールの社員食堂」みたいなのに憧れちゃうのは...酷なんだろうけどね...

夜(新年会):
 フライドポテト
 コブサラダ
 たこの唐揚げ
 ごぼうチップス
 鰤のカルパッチョ などなど

夕方みんなで赤坂の日枝神社に初詣に出かけ、そのまま新年会に突入。4時なのに(笑)
会場は赤坂の銀座ライオン。すげぇ久しぶりに入りました。
味は...普通。フライドポテトはめちゃめちゃ美味かったです。サービスは...聞かないで。


1/8

昼:鶏のハーブ焼き
  かぼちゃコロッケ
  かぼちゃサラダ
  しらすおろし
  ブロッコリーの胡麻和え
  田舎汁
  五穀米



今日もぱくぱく。

夜:海鮮丼



海鮮丼にしました。
トッピングはカンパチ、鯵、大根、アボカド、煎り豆腐。美味しかったんですが体調よくないのかな...ちょっと残しちゃいました。


にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
 ブログ村「男の料理」カテゴリーに参加しましたー。


 ブログランキングにも参加!


 レシピブログのランキングにも参加してますー。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ほんわか温まる:きのことチキンのクリームスープ、パン包み焼き

2008年01月17日 | レシピ:その他
本日のレシピ:きのことチキンのクリームスープ、パン包み焼き

おなじみ、ロシアの名物料理です♪意外と簡単なんですよー。



<作り方>
材料(2人分)
・強力粉:100g
・ドライイースト:2g
・砂糖:小さじ2
・塩:一つまみ
・溶き卵:少々
・牛乳:大匙3
・バター:10g
<以上、パン用>
・マッシュルーム:1パック(10個ぐらい)
・鶏もも肉:100g
・玉葱:1/2個
・小麦粉:大匙1
・鶏がらスープ:200ml
・生クリーム:100ml
・サワークリーム:大匙2
・塩・胡椒:適宜
<以上、スープ用>

1)パン生地を作ります。小麦粉、砂糖、塩、ドライイースト、牛乳とバターをボウルで合わせ、かき混ぜて全体をまとめます。水分が多いようなら小麦粉を、逆に足りないようなら牛乳を少しずつ足して、生地をまとめます。一まとまりになったら、体重をかけてしっかりこねます。ボウルに入れてラップをかけ、暖かい場所で倍に膨らむまで1時間弱休ませます。
2)スープを作ります。バター小さじ2(分量外)を深めの鍋で溶かし、玉葱を炒めます。しんなりしてきたら小さく切った鶏肉とスライスしたマッシュルームを加えて炒めます。
3)鶏肉の表面が色づいたら小麦粉を加えて炒め続けます。全体的に油が回ってしっかりと炒め終わったら、鶏がらスープを少しずつ加えて煮込みます。
4)15分ほど煮たらサワークリームと生クリームを加え、さらに10分ほど煮ます。塩・胡椒で味を調えます。
5)発酵した生地をつぶしてガス抜きします。一まとめにした生地を二つに分けて、打ち粉をした台の上で器の直径より一回り大きくなるように丸く伸ばします。
6)スープを器に注ぎ、スープの縁に溶き卵を塗ります。器の口にパン生地をかぶせ、側面を器に指先でしっかりと押し付けます。生地の上面に溶き卵を塗ります。
7)180度に予熱したオーブンで約15分、こんがりと焼き色がつくまで焼けば完成♪パンを崩しながらスープと一緒にいただきます。

※もちろんライオンヘッドじゃなくてもOK!普通の耐熱器で深めのものならなんでも使えますよ♪


1/2

昼:ハムのサンドイッチ、唐辛子マヨネーズ



正月の朝はなんとなくだるくスタート。
姫様は10時のバーゲンに向けてとうの昔に家を出ています。
ピリッと気合入れるためにベーコンのサンドにピリ辛いマヨネーズを合わせてサンドイッチにしました。

夕方:コーンピザ(マルゲリータ)



前々から雑誌などの記事で読んで興味を抱いていたコーンピザのKONOPIZZAです。
横浜に買い物に行き、同じようにバーゲン巡りしている姫様たちと一緒に帰ろうとクイーンズ伊勢丹で待ち合わせしている時に偶然見つけました。
コーン状に巻いた生地にピザの具を詰めて、専用の機械でゆっくりと焼き上げるという、理屈だけ聞くと非常にシンプルなものなのですが、いざ試してみるとこれがなかなか。
僕が食べたのは定番のマルゲリータ。トマトソース、チーズと乾燥バジルという具で、味わいはピザそのもの。ジューシーな具をハフハフ言いながら食べるのはなかなかの快感です。生地もサクサクだし、なかなかのヒットでした。

夜:ミックスパスタのカルボナーラ



夜は先日、友人の彼女からいただいた「某有名店のフレッシュパスタ」の残りをいただきました。
2人前には微妙に足りなかったので、2種類のパスタを混ぜ、カルボナーラにしてみました。


1/3

昼:スパゲティ・アリオ・オリオ・ペペロンチーノ



前日の買い物で体力を使い切ってしまったのか、姫様がいきなりダウン(笑)。風邪というわけではなさそうなので一安心なのですが。
とりあえず昼ごはんはシンプルなペペロンチーノにしました。
我が家のペペロンチーノはいつもフレッシュトマトとアンチョビが入るのですが、この日は名前どおりのアリオ(ニンニク)、オリオ(油)とペペロンチーノ(唐辛子)だけです。
ところが作ったのが久しぶりだからかやたら辛く仕上がっちゃいまして。辛いもの好きな僕は平気だったんですが...

夕方:パルメザン・ショートブレッド・クッキー



午後は姫様が寝込んでしまったので、退屈を紛らわせるためにクッキーなんぞを作ってみました。
定期購読している「Saveur」という雑誌に載っていた、パルメザン入りのショートブレッド・クッキーです。要はバター、粉パルメザンと小麦粉のクッキーで、食感さっくりで香り高く仕上がりました。

夜:鶏飯
  鶏の唐揚げ
  ズワイガニ
  キャベツ、きゅうり、アボカドとりんごのサラダ









一日中具合の悪かった姫様ですが、実家の晩御飯が大好物の取り飯だと聞きつけてちょっと元気になりました。鶏飯&鶏の唐揚げと好物が二つ重なったおかげでそこそこ食事もできていたみたいだし、ちょっと一安心。
ズワイガニは前の晩、パン屋の友人が彼女と一緒に届けてくれたものです。ミソたっぷりで最高に美味かったです。


1/4

朝:トリュフ入りスクランブルエッグのサンドイッチ



だんだん冬休みも終わりに近づいてきてしまってさびしいことこの上無しです。
遅めの朝ごはん/昼ごはんはサンフランシスコで買ってきたトリュフピューレを入れたスクランブルエッグのサンドイッチ。美味しい♪

夕方:たこ焼き



昨年末に国立に行った際に、すごく楽しい「George's」という雑貨屋さんに入りまして。調べてみたらなんとたまプラーザからバスで10分ぐらい行ったところに大型店舗があるというので姫様と二人で足を伸ばして見ました。
その帰りにたまプラ「くくる」でちょっと一休み。
ここは昨年末に接客がひどくて大変な思いをしたところなのですが、今回はスタッフがまるで入れ替わっていてすごくスムーズでした。シフトによって当たりはずれが大きいってことなのかな。

夜:きのことチキンのクリームスープ、パン包み焼き
  ピロシキ





George's」で、ずっと欲しかったエミール・アンリのライオンヘッド・ボウルがセールになってました(1300円!)。思わず2個購入。
ライオンヘッドといえばフレンチ・オニオン・スープかこのパン包み焼きと相場が決まっている(僕の中では)のですが、さすがにこの時点で玉葱を炒め始めるのは嫌だったのでシンプルなパン包み焼きの方にしました。
ちょっと生地の発酵を強めにしちゃったおかげで膨らみすぎたのが失敗気味ですが、美味しくいただきました。
余った生地でピロシキを作りましたが、こちらも発酵しすぎて口が開いちゃいました...まぁサンドイッチと思えばいいんですけどね(笑)


にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
 ブログ村「男の料理」カテゴリーに参加しましたー。


 ブログランキングにも参加!


 レシピブログのランキングにも参加してますー。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

初めてのお節料理!

2008年01月14日 | パーティー
年越し2008~初めてのお節料理

前々から挑戦したいと思っていたおせち料理、今年初めてトライしてみました!結果は大満足。手間はかかるけどやっぱり手作りお節は美味い!




12/31

いよいよ年越しです。
この日は僕は昼間からお節の仕込み。夢中になっていて気がついたら夕方を過ぎていて食べるタイミングを逃してしまい、結局晩御飯だけになってしまいました。

 

どうせならすべて本格的に!というわけでかまぼこを手作りしているところです(やりすぎ?)。しかもよくある鱈とかではなく、甘鯛と真鯛を使ってます...



こちらは昆布巻き作業中。鰊がここまで小骨の多い魚だとは...どれだけ内臓守ってんだ。
と悪戦苦闘しながらなんとか一通りお節の作業は完了し、翌日を待つだけとなりました...

夜:お寿司
  中華風お節
  焼き鳥
  伊達巻
  コールドミート
  たらばカニ 他いろいろ

年越しそば:鴨南蛮





今年の年越しは初めて姫様の実家で過ごしました。
毎年賑やかだよという話は聞いていたのですが、なんと総勢17名!
2台のテレビで格闘技と紅白を交互に見ながらそれはもう大騒ぎ。

食事はこの日ばかりは料理はやめようということで買ってきたご馳走が並びます。

と言われても止まらないのが料理中毒の悪いところで、結局は年越しそばに鴨南蛮を作りました。鴨の脂の味がかつお強めで取った出汁とよく合って美味しくいただきました。でも騒ぎの中で写真撮るのを忘れちゃいました(笑)

そして2008年!


おせち料理

一の重
 栗きんとん
 いくら醤油漬け
 蕪の菊花仕立て、ゆず風味
 田作り
 数の子



こちらが一の重です。本当は黒豆とたたきごぼうも入るはずなのですが、黒豆は姫様の母上が煮て、別皿で出したのでお重からは割愛。たたきごぼうはなんとなくあまり好きじゃないので。
後は基本的に手作りです。数の子は戻しただけですが、いくらは塩いくらを買ってきて、醤油と日本酒、みりんの特製ダレに漬け込みました。蕪は甘酢に漬け込んでゆずの皮をあしらいに。栗きんとんは二度裏漉しして極力滑らかに仕上げました。

二の重
 自家製かまぼこ
 焼き豚
 鴨ロース
 鰊の昆布巻き
 海老の生姜蒸し
 牛肉の八幡巻き



一番気合の入った二の重です。
かまぼこは上の写真のとおり、甘鯛と真鯛を使いました。意外と簡単で(手間はかかるし、体力も使うけど)、それ以上に美味い!
魚の味がこんなに感じられるもんだとは正直思いませんでした。かまぼこを見直した一品です。
焼き豚は中華風の下味をつけて焼いてから、蜂蜜を塗ってさらに焼いて甘辛く仕上げました。鴨ロースは脂を出してから漬け汁に入れて蒸し、そのまま漬け込んでおいたものです。これも非常に美味でした。
海老は生姜と酒でさっぱりとしあげ、大好評だった牛肉の八幡巻きは味醂と醤油で濃い目の味付けです。
昆布巻きは若干鰊を戻す時間が足りなくて、硬く仕上がってしまったのが残念...

三の重
 お煮しめ



三の重は煮しめです。干ししいたけ、海老芋、京人参、新ごぼう、こんにゃく、レンコンと鶏肉です。時間の余裕があったのでそれぞれ別々に煮てみました。人参の飾り切りは2つやったところであまりの手間に断念(笑)...海老芋は姫様が剥いてくれたのです♪

黒豆&金時豆



お節に欠かせない煮豆は姫様の母上が作ってくださいました。
甘くふっくらと美味しい豆でした♪

思わず写真撮るのを忘れてしまったのですが、これ以外に姫様の母上が作った超具沢山の青森式お雑煮をいただきました。正月だなぁ♪

夜:ベーコンサンド



昼間お節をあれだけ食べれば当然というかなんというか、あまり腹が減るわけもなく、晩御飯はシンプルにベーコンのサンドイッチです。
2008年最初の晩御飯がこれってどうなんだ?


にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
 ブログ村「男の料理」カテゴリーに参加しましたー。


 ブログランキングにも参加!


 レシピブログのランキングにも参加してますー。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

きのこが香り立つ!ポルチーニのクリームリゾット

2008年01月13日 | レシピ:パスタ・麺
本日のレシピ:ポルチーニのクリームリゾット

マディラ酒でコクを出したシンプル&美味なリゾットです♪



<作り方>
材料(2人分)
・米:1カップ(普通の無洗米でOK)
・乾燥ポルチーニ:25g
・エシャロット(なければ玉葱):みじん切り大匙3
・ぬるま湯:200ml
・鶏がらスープ:400ml
・マディラ酒:大匙1
・生クリーム:50ml
・塩・胡椒:適宜

1)ぬるま湯に乾燥ポルチーニを30分ほど浸して戻します。ポルチーニは取り出して大き目のみじん切りに、戻し汁は目の細かい茶漉しで漉して取っておきます。
2)オリーブオイル大匙1(分量外)をフライパンで熱し、エシャロット(ないしは玉葱)のみじん切りと米を生のまま投入して中弱火でじっくり炒めます。
3)米が十分に透き通ってきたらマディラ酒を加えます。水気がなくなったらすぐに鶏がらスープ100mlを加えます。
4)スープが米に吸収されたらポルチーニの戻し汁とポルチーニを加え、水分がなくなったら随時鶏がらスープを足していきます。最終的にスープは若干残りますが、足りなくなるよりはましなんで(笑)
5)あまりかき混ぜないように水分を満遍なく含ませながら煮込んでいって、米に若干芯が残る程度の歯応えになったら生クリームを加えます。後は好みの歯応えになるまで(ちょっと硬めがお勧め)スープを加えすぎないように注意をして仕上げます。最後に塩・胡椒で味を調えれば完成♪

12/28

昼:寿司
  ピザ
  その他もろもろ



うちの会社は毎年最終日は昼過ぎから納会と称した打ち上げに各部署が突入します。そしてそのままみんなお世話になったところを練り歩いて、3時過ぎには三々五々で冬休みに突入するわけです。
今年は新しい部署に来てはじめての納会でした。
思えば3月に異動してからあっという間の9ヶ月。年初は戦線離脱もしたりしてどうなることかと思いましたが今年もなんとか無事に切り抜けました...

新しいセクションの納会メニューは近所のすし屋の出前にサルヴァトーレ・クオモのデリバリー。前の部署より豪華だよ(笑)

間食:ベニエ



帰宅途中に溝の口にある「カフェ・デュモンド」に立ち寄って、ここの看板メニューのベニエをいただきました。要は揚げドーナツで、もともとはフランスを起源に持ちつつ、アメリカに渡って、特に南部の方でお菓子として確立されたものです。ふわふわの食感はくせになる味わいです。
この「カフェ・デュモンド」はこのベニエが名物料理の一つであるニューオーリンズにルーツがあるチェーン店で、揚げたてベニエがいただけます。姫様が昔からよく通っていた思い出の味なんですと。

夜:ポルチーニのクリームリゾット

昼間の納会でちょっと食べ過ぎたので夜は控え目にシンプルなリゾット(といってもこれはこれで濃厚なのですが)です。
マディラ酒の香りがポルチーニの芳香とよく合うんです♪


12/29

昼:刺身定食
   刺身(ブリ、マグロ、甘エビ)
   味噌汁少々
   冷奴
   ご飯





実はこの日は僕の誕生日でして。
ちょっとノスタルジックな気分を盛り上げるべく、上京してすぐの、大学時代を過ごした国立の街を散策してきました。

お昼は富士見通りにある「葱や平吉 国立店」で刺身定食です。

15年以上ぶりに訪れた国立の街は駅が工事中だった他は基本的にあまり変化なく、昔の面影を残していました。
街全体としては、特に僕が住んでいた北側の国分寺のエリアはちょっとくたびれた感は否めず、街の開発のスピードに街そのものがついていけてない感じ。
でも20年以上前、初めて一人暮らしをした思い出の街です。初めて粉からカレーを作ったりして、料理をちゃんと本格的にやるようになったのもこの街でした。足が向かわなくなって久しいのですが、やはり僕にとっては特別な意味を持った場所なんですね。なんか自分の原点をちょっと再確認した感じです。

夜:牡蠣フライ
  海鮮クリームコロッケ
  ご飯
  イチゴのケーキ









誕生日のディナーは大好きなトンカツ屋「しお田」へ。
でも注文したのはトンカツではありませぬ。
以前からここのお店のたんぴんメニューが気になっていて、姫様と一度夜に来てゆっくりしたいねと話し合っていたので、せっかくの機会に<夜しお田>にトライしてみた次第です。
注文は青森の銘酒「田酒」に牡蠣フライ(小)、そして海鮮クリームコロッケ。後でご飯を追加。姫様はエビフライ定食です。
このクリームコロッケがとにかく美味!トロットロのクリームにゴロゴロと具が詰まっていて、海の幸の醍醐味がバッチリです。牡蠣フライもサクサクの衣が牡蠣のジューシーさとよくマッチして最高のディナーでした♪





デザートには立川で夕方買ったケーキをいただきました。「グラマシー・ニューヨーク」と同系列の「バズサーチ」のイチゴケーキ(姫様はプリンアラモード)はとっても美味しかったです♪


12/30

昼:海老チャーハン
  小龍包
  サンラータン

 


2007年もあと2日。後は何を食べておこうと頭を巡らせる日々です。
というわけでこの日のランチは今年幾度となく訪れた二子玉の「鼎泰豊(ディンタイフォン)」です。
ランチなので海老チャーハンとのセットに、大好物のサンラータンを追加で注文して二人でシェア。やっぱり美味いなぁ♪
ところでここの厨房ってガラス張りなので小龍包の製作過程が見えるのですが、生地伸ばすのに打ち粉がほとんどないんですよね...どうやってるんだろう?

夜:手打ちパスタ、牛肉のラグーソース



実は幸運なことに僕ら夫婦の友人の彼女が某有名イタリアン・レストランに勤めておりまして。この日は彼女のレストランが仕事納めだったので、保存の効かない食材はスタッフに分配されたそうで、そのおすそ分けでフレッシュパスタをいただきました。小麦の香りがぷんぷん香るこのタリアテッレを使って今夜はディナーです。



どうしよか思案した挙句、正攻法で行こう、ということで牛肉を赤ワインで煮込んだトマトベースの濃厚なラグーソースにしてみました。
茹で加減をちょっとミスってしまったのが残念なところなのですが、このパスタがとにかく美味くて。今度店に行かなくっちゃ。


にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
 ブログ村「男の料理」カテゴリーに参加しましたー。


 ブログランキングにも参加!


 レシピブログのランキングにも参加してますー。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

もちと豚のトマトチーズ焼き

2008年01月07日 | レシピ:肉料理
本日のレシピ:もちと豚のトマトチーズ焼き

鉄板焼き屋のおつまみみたいな一品ですが...



<作り方>
材料
・豚バラ肉(スライス):100g
・薄切り餅(しゃぶしゃぶ用):4枚
・トマトペースト:大匙1
・スライスチーズ:2枚
・オレガノ:小さじ1/3
・塩・胡椒:少々

1)餅を、縁が少しずつ重なるように一列に並べ、その上にトマトペーストを塗り、オレガノを振り掛ける。この上に適当な大きさに切ったスライスチーズを並べる。
2)豚肉を広げて隙間なく並べ、その上に<1>の餅をそっと乗せる。豚肉でグルグル巻きにする要領で餅を包む。
3)<2>に軽く塩・胡椒を振ってから、フライパンに入れて弱火にかける。ばら肉の脂が出てくるので揚げ焼きのようにして、表面がカリカリになったら完成。適当な大きさに切り分けていただきます♪


12/24

昼:エビフライ
  フライドポテト
  シェフのコブサラダ
  ご飯





友人のパン屋さんがクリスマス時期は毎年死ぬほど忙しくて(クリスマスケーキ作りで)、前日のクリスマス・パーティーにも参加できなかったので陣中見舞いに行くことにしました。
寒空の下、本人は地下の作業室でただひたすらデコレーションを仕上げ、店頭ではアルバイトの子達がケーキ販売。みんな浮かれてる中、結構な苦行で逆にこっちがしみじみですよ。
そしてケンタッキーの前には相も変わらずの長蛇の列。マーケティングの勝利だなぁ。

お昼は道すがらのデニーズで単品いろいろ。

夜:鯛飯
  ちりめんキャベツとベーコンのソテー
  ローストビーフ
  花鯛の湯霜造り
  アボカドとセロリのサラダ











2日ほど前に姫様の父上が釣りに行ってまして。
千葉沖での釣果は花鯛(チダイ)が50匹。
なのでこの日の晩御飯は姫様の実家で鯛飯です。出汁で炊き上げたご飯に焼いてほぐした鯛の身をたっぷりと混ぜた旨みたっぷりの一品ですよ。
ちりめんキャベツは我が家が提供。ベーコンと一緒に炒めてキャベツの甘みが活きた一皿に仕上げました。
ローストビーフは義弟の妻が持ってきてくれました。中心がレアな、牛肉のたたき風の一品で美味しくいただきました。
刺身は皮の歯応えがちょっと強かったので半分を湯霜造りにさせていただきました。さっぱりとした旨みが最高。
そしてラストのアボカドサラダもにゃんの作です。食感のアクセントでセロリを加え、チダイの刺身も少々加え、わさび醤油マヨネーズで和えたコクのあるサラダです。
みんなの持ち寄りでや豪華な食卓になりました♪


12/25

昼:鶏の竜田揚げ
  ポテトサラダ
  雑魚のおにぎり

クリスマス当日は朝一で会議があったので、帰社がてら駅前の「そうざいや:地球健康家族」でお惣菜を購入。

夜:ラザニア





夜は姫様のリクエストでラザニアを作りました。
ちゃんとベシャメルも作り、濃厚なミートソースも作り、上に乗せたモッツァレラは水牛のモッツァレラと超本格的。
焼き上げる際にフレッシュトマト(カゴメの「織部」)を加えたのでちょっと水分が多目だったのですが仕上がりは上々!美味しいなぁ♪


12/26

昼:赤米
  中華風春雨スープ
  鶏の唐揚げ
  ブロッコリーのサラダ
  ほうれん草のお浸し
  卵豆腐
  里芋の煮物



なんてヘルシーな献立♪

夜:餅と豚肉のトマトチーズ焼き

夜はなんかいまいち疲れてしまって(料理疲れ?)あまり食欲がなく、晩酌がてらトップで紹介した一品を作りました。
よくあるしゃぶしゃぶ用の薄切り餅を使ってのもちもちした食感のおつまみです。


12/27

昼:ご飯
  鶏の唐揚げ
  揚げ焼売
  かに風味サラダ
  オクラおろし
  温泉卵



今年最後の社員食堂です。
ご馳走様でした♪

夜:シンプルラーメン



今日もあまり食欲がなく、夜食にラーメンを作りました。
スープはカツオ出汁と野菜の低塩スープを半々で混ぜ、減塩醤油で味付けし、赤唐辛子で刺激を加え、最後にガチョウの脂でコクを出しました。トッピングは温泉卵と豚バラ肉。こってりなんですが低塩・低蛋白の不思議なラーメンに仕上げてみました♪


にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
 ブログ村「男の料理」カテゴリーに参加しましたー。


 ブログランキングにも参加!


 レシピブログのランキングにも参加してますー。
コメント (1)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマス・パーティー2007!

2008年01月04日 | パーティー
クリスマス・パーティー2007!

結婚してから3度目のクリスマスを迎えました。
そして今回のパーティーは総勢22名が参加。義妹の友人や姫様の親戚、妹の友人なんかも参加して、初顔だらけの賑やかなパーティーでした。僕は朝からひたすら料理するだけ。楽しかったー♪



今回は小学生から結構年配の方までえらく幅広かったので、あまり冒険はせず、シンプルなメニューにしてみました。パーティー向きなのはやはりフィンガーフードだろうということで、ハロウィンに続きフィンガーフード中心のメニューです。
では今年の力作を見てください!



一発目はオードブルのたこのガリシア風マリネ。本来は温かく提供するものなのですが、ここでは冷製前菜として提供しています。たこ、ニンニク、オリーブオイル、パプリカというシンプルな組み合わせですが、これがとにかく抜群に美味いのです♪



こちらは生ハムとスモークサーモンの盛り合わせ
一応定番メニューってことで。



これは姫様が作ってくれた一口カプレーゼ
以前、ミニトマトの中にモッツァレラとバジルを詰めたタイプを作ったことがあるんですが、見栄えとしてはこっちの方が上かな。モッツァレラは張り込んでブッファラ(水牛のモッツァレラ)を使ったのですが、ちょっと柔らかすぎたかも。



こちらはドライトマトとチーズのキッシュです。美味しかったのですが、贅沢を言えばもう一息生地が多くてもよかったかな。



これが本日の個人的な目玉。パテ・ド・カンパーニュです。
最近Michael Ruhlmanという作家の本(The Soul of a Chef, The Reach of a Chefなど)をよく読んでいて、その影響でパテに興味が出てきました。一度試作したら失敗気味だったので、丁寧に修正したら2度目はほぼ完璧な仕上がり。姫様にも大好評でした♪コンソメのジュレを添えていただきます。



先日コストコで姫様のご両親が購入したパーティー用のお皿。
前菜4点セットはこのように提供されます。



続いてはサラダ。
スモークサーモンとディルのポテトサラダです。
オリーブオイル、サワークリームとマヨネーズで和えてコクのある一品に仕上がりました。



こちらは僕の大定番、ニンジンとツナのマスタード・ヴィネグレットサラダ。彩りで入れている赤玉葱が食感のアクセントになってくれます。



これまたMichael Ruhlman影響シリーズ。
上記の「The Soul of a Chef」の中でクリーヴランドにある「Lola」というレストランを取り上げているのですが、そこのシェフのMichael Symonの得意料理で、鴨のコンフィ、とうもろこしのクレープ包みです。にゃん風のバーベキューソースでいただきます。これはさすがに美味かった♪



フィンガーフード主体にするために、今回は一口タルトを2種類焼きました。その一つを使ったのがこちら。ビーフシチューの一口タルトです。牛すね肉をたっぷりの赤ワインとフォンドヴォーで煮込んだビーフシチューを作り、タルトにマッシュポテトを敷き詰めた上にこのシチューを乗せました。コクのあるソースと柔らかい肉、香ばしいタルトの組み合わせが最高でした♪



同じくタルトを使った、コーン、アボカドと鶏の一口サラダです。
とうもろこし、アボカド、パプリカ、セルフィユと鶏のささ身をマヨネーズとレモン主体のドレッシングで和えたサラダをタルトに盛りました。彩りがステキでしょ?



こちらは一転していまいちな一品。チキンとポテトのチーズグラタンです。ポテトをマッシュして、ベシャメルと合わせ、クリーミーな味わいを狙ったんですがどうも柔らかいだけのグラタンに仕上がってしまいまして。



こちらは先日のハロウィン・パーティーでも好評で、姫様の妹からリクエストがあったマッシュルームの肉詰めチーズ焼きです。これは相変わらず大好評でした。



こちらもまた好評だった一品で、シーフードのガーリックマヨネーズカナッペです。
先の一口カプレーゼとこの一品は最近買った「ピカピカ・ピンチョス」という料理本からヒントをいただきました。アレンジでチャイヴを混ぜたので、ちょっと爽やかな風味も加わって喜んでいただきました。



そして肝心のメインなのですが、仔牛のロースト、マッシュルームマディラソースにしようとしたのですが見事に惨敗。肉に火が通り過ぎて硬くなってしまいました...残念。多品目作るときは、火加減が大事なものは作るな、という教訓でございます。

↓こちらは仔牛肉にマッシュルームと胡桃を詰めているところ。
 料理としてはいいアイディアだったんだけどなぁ。





今回はデザートも作りました。
チョコレート・へーゼルナッツのケーキです。
定期購読しているSaveurから拝借したレシピなのですが、小麦粉を使わずにひたすら濃厚に仕上げるケーキはこの食事の後だとちょっと重すぎたかもwww

以上、クリスマス・メニューとなる15品でした!

・たこのガリシア風マリネ
・生ハムとスモークサーモンの盛り合わせ
・一口カプレーゼ
・ドライトマトとチーズのキッシュ
・パテ・ド・カンパーニュ、コンソメジュレ添え
・スモークサーモンとディルのポテトサラダ
・ツナとニンジンのマスタード・ヴィネグレットサラダ
・ビーフシチューの一口タルト
・コーン、アボカドと鶏の一口サラダ
・チキンとポテトのチーズグラタン
・マッシュルームの肉詰めチーズ焼き
・シーフードのガーリックマヨネーズカナッペ
・仔牛肉のロースト、マッシュルームマディラソース
・鴨のコンフィ、とうもろこしのクレープ包み
・チョコレートとヘーゼルナッツのケーキ



にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
 ブログ村「男の料理」カテゴリーに参加しましたー。


 ブログランキングにも参加!


 レシピブログのランキングにも参加してますー。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加