美容外科医の眼 《世相にメス》 日本と韓国、中国などの美容整形について

東洋経済日報に掲載されている 『 アジアン美容クリニック 院長 鄭憲 』 のコラムです。

肥満症・ダイエット (内科) 13

2008-03-25 13:36:28 | 医学用語集
BMI

最も一般的な肥満判定の基準が BMI という身長と体重から割り出される指数である。
BMI = 体重(Kg) ÷ 身長(m) ÷ 身長(m)
という計算式で求められる値である。判定は以下のようになる。
BMI 18.5未満 痩せ、低体重
BMI 18.5~25 正常範囲、普通体重
BMI=22が最も生活習慣病になりにくいとされている
BMI 25~30 過体重、日本人の場合24~29あたりとも言われる
BMI 30~ 肥満、35以上は高度肥満



マジンドール(サノレックス)

食欲抑制薬として市販されているマジンドールは、放出されたノルアドレナリンの再取り込みを抑制することによって、食欲を抑える。



メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪の過剰な蓄積を起因として、様々な生体機能の異常とそれに伴う生活習慣病のリスクが高まっている状態のことを指す。具体的には、糖尿病(対糖能異常)、高脂血症、高血圧が集積し、動脈硬化性疾患が起こりやすくなる。
メタボリックシンドロームの状態に陥ると、それぞれの疾患が相互に悪影響を及ぼしてしまう。肥満が万病の元と言われる所以である。
コメント   この記事についてブログを書く
« 肥満症・ダイエット (内科) 12 | トップ | 高血圧 (内科) 01 »

コメントを投稿

医学用語集」カテゴリの最新記事