美容外科医の眼 《世相にメス》 日本と韓国、中国などの美容整形について

東洋経済日報に掲載されている 『 アジアン美容クリニック 院長 鄭憲 』 のコラムです。

血液型と性格

2010-01-08 20:10:17 | Weblog

 

血液型と性格

 

日本や韓国の雑誌の特集にしばしば登場するのが、血液型性格診断。恋愛の相性から仕事上のつき合い方まで様々なものがあります。世の中、思い通りに行かないことも多く、ついつい何かに頼りたくなるのは人情。星占いや生まれ月、姓名判断などが結構人気のコーナーであるのは肯けるところです。しかし、もし欧米人やその他の国の人に血液型を尋ねて、性格との関連の話などすると 多分怪訝な顔をされると思います。実は、この血液型性格診断とは ある意味日本独自のもので、その影響を受けた韓国、台湾でのみ認められているのです。

そもそもABO式血液型は1900年オーストリアの生物学者によって発見されたもので、赤血球中のA抗原、B抗原の有無によって人間の血液を4種類に分類したものです。この発見によって輸血が安全に行われる様になりました。しかし、これはあくまでも2つの抗原のみに対しての分類であって、血液は他の多くの抗原によっても分類できるのです。例えばRhプラス、マイナスなどもその一つでしょう。そして 血液型研究が盛んだった当時のヨーロッパで、ドイツ人のハイデンベルグ大学の教授が様々な動物の血液型を調べ、チンパンジーなどの高等な動物にA型が多いという発表をしました。これが、黒人や黄色人種より白人種にA型が多いという結果と相まって、A型=白人が優秀であるといった 人種差別、優生学者を喜ばせたということもあったそうです。(これはアボリジニにA型が多いとわかって彼らの思惑は崩れましたが・・・)

この後、1927年に日本の学者が血液型と性格の関連性に関する研究を発表し、これが現在の血液型性格診断の始まりになっています。しかし、この研究での調査法は、現在で考えると簡単なアンケートと問診程度で、被験者の数も30人余りと少なく、結果の解析もかなり主観的と言え、科学的というには、お粗末なものでした。それにも拘らず、日本軍によって兵士の適正診断に使われ精鋭部隊を作ろうとした試みまであったように、その後もひろがって行きました。さすがに今では、科学的根拠のないものと考えられるようになりましたが、その人気は衰えないようです。

「科学じゃなくても、目くじら立てず、楽しめば良い。」と言うでしょうが、気になってしまう私は、やはり●型のせい?でしょうか。

 

 

 

アジアン美容クリニック

コメント