自宅からワイナリーまで電車を通す/ヴィラデストへの道

はるかに仰ぎ見る丘の上のワイナリーに心の中で鉄道敷設をする話

とは言えレニエ大公と結婚したグレース◇その当日の寂しそうな姿と言われる写真

2015-10-01 17:33:54 | ヴィラデストワイナリー






孤独そうでした

と友人は言う





アップにして見れば

寂しそうというより

怖いくらいの
目つきだ





ちょっと

サイズ戻してみました

このくらい





レニエ大公



こういう
王族の人って

恋人にしても

妻にしても

それ
おもちゃと

同じで

遊んだあとは
おもちゃ箱にいれて

クルリと
背をむける

それは
おもちゃ、人形、機関車と
同じで

彼らにすれば
当たり前で

冷酷、酷薄という事でもない

そういう常識で
育てられて来たんだ

おもちゃに
悲しみがあるとは

よもや思うまい



仕方ないんだ

王族
富豪
歌舞伎役者?




遊ばない時間は

グレースは箱(部屋)に入れられて

一人で一人で一人で一人で

日常の時間を過ごす



今回知ったけど

フランス語も出来ず
出来るようにもならず



心の読めない侍女
数名と過ごすだけ



よく

保った

よく心保った

相当偉い



家内で波乱あったかも
知れないが

破綻よく
心破裂よく保った



考えるよりずっとつらい事だったと思う
いま私たちが考えるより



よく
保ったなあ





大公

こうしてみれば

なんら非難される処はない
ルックス

それに
この発言

一時映画復帰の話が正式に
あった時に示した

この理解



この時はモナコ国民の反対と
偶然起きたフランスとの国家同士のトラブル

これをグレースがパリに
行ってモナコ公国を守護

それで国民には
受け入れられたが

映画の話は
消滅



でもまあレニエも
まるきり鬼じゃない





なあ

この顔
クラーク・ゲイブルと言えなくもない

このまま

この通りの
幸せ

でもよかったのになあ



まあでも
繰り返しますが

相手が

王室
歌舞伎役者
富豪

では無理か







まあ

手紙を読む彼女



メールもネットも
スカイプも

ないもんなあ





それで

これでグレースの

大きな二人の男性との

話は終わりました



愛を求める

全部の努力が

実は相手への攻撃に
なっていた

という
身につまされる話でした



じつにうまく上手に自然にあざといぐらいに

ごめんなさいと

泣ければなあ



それが
関係を築く唯一の
スイッチだと

神様が創ってくれてあっても

それが
出来ないんだなあ

グレース







ところで

ハリウッド時代の
着せ替えモデル映画時代の画像

夫と
くつろぐのに

わざわざカメラの方に
体を向ける

と岡田准一ほかの方々に
笑われていましたが



長い夫婦生活

個人的には
これはありです

私には
不自然じゃ

なかった







話するときは

顔を向けるんだ



はい
おまけ終わります





************



コメント   この記事についてブログを書く
« きのう容れものに豆腐を用意... | トップ | グレース・ケリーの父との確... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ヴィラデストワイナリー」カテゴリの最新記事