自宅からワイナリーまで電車を通す/ヴィラデストへの道

はるかに仰ぎ見る丘の上のワイナリーに心の中で鉄道敷設をする話

『プール・ル・ロワ』パティシエご夫妻の私にとって今年初のムース

2010-08-09 22:58:25 | 葡萄畑のパティシエ


人生で貴重な

『プール・ル・ロワ/王様のお菓子』

Sパティシェご夫妻の

これは推定『奥様』作の

2つの柑橘の乗った

『今まで人生でムースだと思って食してきたものとは
 根源的に違うねっとりムース』

それって前になんか一度

Sご夫妻がヴィラデストに来て
最初のうちに

なにかねっとり系のものがあって
口の中で他の材料と混然一体

絶妙食感になるので
驚愕した経験に似てる

だけどその時のそれ

忘れました

忘れるとは悲しい

あのときセメテ

3度は食べておけばなあ

そすれば覚えられたかも
しれないでもプールルロワのケーキ
新作回転速いです

早いとかくより

速いと書くべき

速度でした

つい安心してると
同じケーキには
もう会えないです

お客さんは
チーターと同じ速度で
横を走って

撮影しなければならない

感じ



キングチーターに乗らないと
中々横を走って

撮影まで出来ないですよね



初めて御夫妻が来られたとき

『きっとラトゥール級の生クリームが
 味わえるんだとも』

と思ったものです

それは毎週光速で変わる
無限種類の
イチゴケーキで

実現してもらいました



ああですから

もう一度

絶命覚悟で
一日5個

食しておかないと

一生の後悔

一生が数日の残余
になるかも
しれないどすが

コメント

早速『プール・ル・ロワ』Sシェフのツインカップいただきました◇

2010-03-20 19:25:54 | 葡萄畑のパティシエ


ヴィラデスト内

スイーツ部門
『プール・ル・ロワ』のケ^^-キ

ルロワ奥様の指導つきで
いただきました

なるほど

力のあるショコラケーキは
屈強で

またイチゴショートニングは
淡雪のようで

ああご指導には
ちゃんと意味があったのです



ああわたしが
健康だったら
キロカロリでなかったら

20才ラガーマンだったら

ケンタッキークリスマスバーレルの
カップで
セットで食べたいです

体重100キロだったら
屈強ヘヴィーチョコ
1バーレルぐらい
なんなく燃焼

あーいいなあ
ラガーサイズ



今年はレジよこの
パン売り場も体裁が変わって

今までフロントにあった
ウッドガラスケースが

後ろに行って

前のところは
平たい竹?ボードに

ボワッと開く
ボンネットじゃなくて

虫除け網?のコンビに
なりました

コメント

あっ☆葡萄畑のパティシエが写っている!

2010-01-17 21:41:28 | 葡萄畑のパティシエ


ヴィラデスト内
王様のお菓子プール・ル・ロワの

Sパティシエが写っている!

発見できましたっ!

ああ嬉しい
なんだかちょと
なつかし

まだヴィラデスト営業冬休みになって
24日なんですけどねー



今回はあとN醸造長も画像でてました

いい画像でよかった

あともう少し
ゴマゴマとした方たちも
写っててくれれば
よかったですのに

まあその

今度『自遊人』の
本社家屋

『ほたる舞う森の始まる所の家』

の特集号をやってもらう時に
またヴィラデストも出してもらって

そのゴマゴマの人々も
ごしょごしょ出してもらいたいです

コメント

ウチだってクリスマスやりました◇ルロワのウーバトリュフと桃カフェガトーの密度の濃いクリスマス

2009-12-24 19:25:41 | 葡萄畑のパティシエ


そのヴィラデスト最終

イブ・ディナーが
行われている頃

まあ悲しいという訳じゃない
我が家でも
クリスマスやりました

泣かれると
困るし

たしかに
ケーキはねんねん
サイズが小さくなって

マロンのホールじゃなくなって
去年のミニホールでも
なくなって



でも
ヴィラデスト・プールルロワ
Sパティシエ御夫妻の

ウーバトリュフと
ガトーの中では経験した中の
最高峰の桃カフェ特製ガトーだぞ

心の師弟コンビ?



それですっかり
クリスマスも
泣かれずに済んで終わって

ホッとしていましたら
知り合いの奥さんが

『いまガーデンプレイスなの^^-』と
画像テンプメールを
送って下さいました

エッ!じゃあ当然
ロブションへ寄ってくるのでしょーね

と返信しました
恵比寿まで行って
ロブション寄らないなんて
あり得ねー

と返信したのですが

なんだか
「通」の人に言わせると
というか
「達人」の見識は
どうも違うところにあるらしく

後で聞きましたら
天ぷらうどんを食して
帰ってきたようです

「いやはや超人だ」




検索で

ペレがバッジォとピクシーを
今見たい3人の選手のうちの
2人にあげた話と

マラドーナがW杯で
自分に負けて泣きじゃくる
ピクシーに
「泣くんじゃない
 君はこれからの選手なんだ」

と慰めたという話を

発見して
クリスマスを終わりました


コメント

人生の最後に◇じゃなかったヴィラデストカフェ営業の最後にルロワパティシエの苺ショートニングがあって

2009-12-23 23:56:01 | 葡萄畑のパティシエ


  12月23日

ヴィラデストは
営業の最後だし

今年の12月まで営業の
主目的のクリスマス・ディナーが
あるので

ディスプレイに
気合が入っていて

フラワーも豪華

クッキーそのほかの
積み上げも
どっさり
キレイ

目移りしながら
その中をウルウル
行きましたら

奥の王様のお菓子
『プールルロワ』のショーケースに

超久しぶりの
苺ショートニング

ていうか
ショートケーキがあり

たまらず
面談即決!☆

このさいごのときに
よく作ってくれました
Sパティシエ御夫妻



なんだか
いちごケーキ見ると
安心するんです

安定して幸福で



去年
Sご夫妻の苺ケーキは
沢山の
とても色んなカタチ

バリエがあり

追いかけるの大変!

色んな姿を
というより

あのレノン=マッカートニーの
作曲を次々に
見せてもらってる
みたいな感じでした

苺ショートだけ
取ってもですね

そういう感じだった

ユダンすると

もう同じものには
出会えないんだ

正直これには
まいったです

追いつけない

レノン=モーツァルトは
疾走しよるです



今年はざんねん
方針で

デザートとして以外は
生ケーキは
持ち出しがなくなって

うーん

『クルマで揺らせたら
 生クリームが崩れるッ!☆』と

目で言われたような
気がしました



でもとにかく
最後にこうして
いちご生クリーム
作って置いといて
くださって

なんて親切なんでしょう

あたたかい



それで有り難く

大事にいただきました

みなさん
お世話様です

コメント

黄色いミニトマトショートニングは水分が薄くならずに補填されるような全く新しい世界に踏み出した新食感

2009-07-23 22:11:54 | 葡萄畑のパティシエ


久々にヴィラデストへ行って

ケーキのウィンドに
鼻をくっつけるようにして

見ていたら

カフェのAYNさんに
これ新しいんです!

と黄色ミニトマトみかん
ショートニングケーキを
奨められて

見るからに愛らしくて

今日は絶対これだね!



ハイタッチする勢いで
決定しましたら

それはなんと
スッキリジューシーの
素晴らしさ!

イエローのミニトマトが
新食感!

甘さはずっと抑えられ
じつに適度
トマトからの水分が
薄くなるのでなくって
補填される感じ

バランスが素晴らしいんです

なんと適度な
判断でしょう

新境地

新しいケーキの世界に
踏み出したよう

あースバラサ

絶妙の甘さ
ジューシーさ具合

みかんとトマテの
2つのイエロー

ヴィラデスト
プール・ル・ロワ
J奥様の
作品です

あーAYNさんに
教えられて
注文できてよかった

これって

経験しないと
結構な
損失かも

イエロトマトの
ある間だけの
販売だそうです

短い!

みじかいなあ

夏はほんとうに
短い

あとチャンス
何回だろう

1回しかなかったら
記憶するしか
ないんだなあ

せめて3回

チャンスあると
いいですのに

コメント

フランボワーズの真っ赤なソルベとその次のスプーンで口に入るプリンのマッチングの絶妙さに絶句!

2009-07-02 21:27:41 | 葡萄畑のパティシエ


それで絶句!して

思わず25分前に会っていた
ヴィラデスト出身
元スーシェフの

M野野菜
Cさんにメールしてしまいました

以下その全文

『Cさん!Cさん!
今Sシェフのミニ瓶入り
 フランボワーズソルベ+プリン
 頂きました
  
 あのねソルベの酸味と
 冷たさの舌に
 次のスプーンでは
 ソルベにプリンがまじって来る
 その口に入ったときの
 プリンのとろ味が絶妙!
 超絶!
 甘く温かく感じる
 そのプリンの心地よさ
 凄いものだなあ
 偉い人はエライものです
 Cさん!無理言ってでも
 一回は経験しないと損失
 人生における重大な損失!
 SシェフとCさんの
 間柄なら作って貰えるでしょう?
 ああ重大な損失
 経験しないのは!』

◇◇◇

すみません

コーフンしたメールを
再録してしまいました

なんというか

あのフランボワーズと
プリンの混ざった
スプーンの

あの口に入った瞬間の
混ざり具合

考えられない
口で言ったじゃ分らない

口に入って見なければねえ



失礼しました



コメント

◇惜しい!『ワインの香りの街づくり』の番組で2カット数秒だけ出たSパティシエの勇姿!

2008-12-27 22:49:19 | 葡萄畑のパティシエ


ああ残念
丁寧に取材撮影してくれた

と思ったのになあ
撮ったものは使いたいとの意向
でしたのに

ああ残念!

やぱり30プン番組ではねえ

時間がたりないです

デレクターの困窮もわかります

まあよくぞ
ヴィラデスト仕事内容描写の
背景に
使っていただきました



ところで今日

年末雑事を一気に片付けたが

ご褒美に『クリュッグのロゼ』を
あげましょうね

と言ってもらう状況とてなく

いーやべつに
溜まってた書類
郵便出しなど
片付いたし

誰かがシャンパーニュを
ピンクのリボンで
持ってきてくれる
などと言う事は
これからはほとんど
考えないです



さらに
ところで

この数日
母親が鼻息がスースー
音を立てだしたので

お医者の若先生に
連れて行って

前回去年
鼻息スースーで
重大なことになってて

若先生に「よく気がつきましたね」
と褒められたのに

今回は
なんともなってないと
言われて

どうして?

レントギン撮ったのになあ
インフルエンの危険を冒して
行ったのになあ

何でもないんだと

不思議だ

そんなことあるんだろうか

あー
ワインの醸造と同じか?

前年と同じなのに
結果が違うとか
経過が違うとか

いかにも普通にありそうですよね

そうかも知れない

人体の化学変化は千差万別とも
人生ケースバイケースとも
いいますし

ワインと母親は
同じくらい
てごわいかも

コメント

プール・ル・ロアSパティシエ渾身の『古式バームクーヘン焚き火焼き!』到着!

2008-12-10 22:23:48 | 葡萄畑のパティシエ


去年に続いての

ヴィラデスト/プール・ル・ロワ

クリスマスに向けての
伝統の『薪火焼きバウムクーヘン』

☆ガトー・ア・ラ・ブロシュ」

あっ!そういう名前だったんだ!

それが只今到着しました!



11月の『撮影用』の分の
ホントの焚き火で直火焼きする様子を
見させてもらいましたが

その直射熱で
手のひらは真っ赤に腫れて
完全やけど状態

なんだかお顔も3倍くらいに
なるんです

あれはつらい

ダメージ大きく
一日3本が限界とも聞きました

さらに手のひらの腫れが引くまで
他の仕事も出来ないそうです

そんな
『渾身の古式バウムクーヘン』
本日到着しましたッ!

コメント

これが!その直火焼きッ!一緒に手のひらも焼けてるんです!

2008-12-10 22:00:50 | 葡萄畑のパティシエ


これを
エンエン
続けるんです

溶いた生地を
ペタペタぬって
再び直火焼き

古い時代の味を出すためでしょうか
飽くまでも原始的
シンプルな焼きにこだわって

千年前だか

いやどうでしょう
お菓子だから

お菓子なんて
食べられるようになる時代
なんて案外最近か?

ああ王様か

王様のお菓子の
『プール・ル・ロア』だから

じゃ300年前くらいかなあ

ルネッサンス!か!?

カトリーヌ・メディチか
こないだテレビで出てたゾ

イタリアから
フランスへフランス料理を
持ち込んだお姫様

きっとそのくらいの時代かな

はて

砂糖はあったのでしょうか???

コメント