自宅からワイナリーまで電車を通す/ヴィラデストへの道

はるかに仰ぎ見る丘の上のワイナリーに心の中で鉄道敷設をする話

◇スミザー氏はデカかった!

2009-05-31 23:19:27 | ミシェール・レノン


朝の番組に出てくる
ポール・スミザー園芸家は

白い花の草が
自分で植えたのじゃなくて
ヒョーンと出てきて

多分塾生がいたずらで
植えたのだろうけど

でもとても気に入っていると

言っていて

それでその草花の長さを
伝えるのに

僕の身長が
184・5センチだから
と言って

おお
想像よりでかかった

さすが英国人

180ジャストで
想像してました



そうなると
この画像のねえさんの店に
招待するのに

今招待したい男性は

建築家のクマさんで

辰巳拓郎のあのワイン番組の
ゲストで
初めて見たときは
背がでかい

という情報だけで
実際は伝わらなかったが

今日ウィリアム・メレル・ヴォーリスの
番組のゲスト解説で出てきたのを見たら

そのヴォーリスの
あたたかい心を汲んだ

気持ちのこもった
解説をしてくれて
すっかり好きになってしまった

クマさん

たしか隈さんだと思う

本名だから
呼ぶときはどうしても
クマさんになるんだな



だから

ぜひ

招待したいものだ

あともう一人

元ヴィラデストの
イッパさん

そのカップルの彼のほう

このお店にどうぞ行ってみて
話したら
イッパさんはちゃんと
行ってくれました

でも後で聞いたら
女性の友だちと2人で
行ったのだそうです

僕は連れてってもらえませんでした

と彼はポツンと
言いました

そのとき

よしそれなら
おじちゃんが連れてってやるぞ

と私は思ったのです



それでこの三人

全員身長
185センチだ

みんなデカイ

ねえさんの店に
入るかなあ?

ギチギチ

テーブルを4つ
くっつけて

椅子の間を1.5m
空ければ良いかも知れない

ワンプレートランチは
カレラには量が足りない
でしょうけど

まあそれは
いいでしょう

キロカロリすくなくても
急にバタッと
倒れる訳でもないですから



まあデッカイ男3人て
確かにねえさんの店
始まって以来です

ドイツの
紳士とその子息の
長身のお二人
というのは
あったんですけど

コメント

それでそのヴォーリス建築家の千件の作品は滋賀県琵琶湖の周りに沢山◇じゃあ近江兄弟社は?

2009-05-31 22:44:40 | ミシェール・レノン


そのくまさんの
解説した番組

あの静かな声の
いつも冷静な
ガクトの兄さんみたいな

カン尚中教授の
番組で

ウィリアム・メレル・ヴォーリス

若い青年時代に
来日し

なにかの教師で
なにより宣教師で

明るく愉快な
人柄だったって

それで作る建築は
住んでこころよい

その人柄のような
建物で

装飾は過多にならず
お金のかからない
工法で

ちゃんと効果をあげていると

それでやっぱり
日本人にも気持ちは伝わって
千件の注文を
完成させたと

現在そのうち百件が残っていると



いままで
洋風建築として
幾らかは耳に入っていましたが

きょうこうして
生い立ちから
写真で見せてもらって

初めて個人として
ヴォーリス氏を
知りました

まあ1964年?まで
健在だったんだなあ

もう少しでお話も
出来たでしょうに

戦争の時も
アメリカに帰らずに
ニホンに帰化したヴォーリス氏

相当な苦労や傷心はあったでしょうに

でも1964年なら
またアメリカ人と
打ち解けて
傷も癒えた時間があったでしょう

それが救いであります

ヴォーリスの快活な心に対する



アッじゃあ
名前もらった方がいいかな
ワタクシ

真ん中の
メレルでも
もらいましょうか

トン・メレル・スミザー?

まあすっかり
洋風になって

スーザン・アントン子と
良い勝負



ところで滋賀県で
宣教師で
塗り薬を作って
ヒットしたっていうと

それって
メンソーレータム?
近江兄弟社?

だといいなあ

少しでも面影
残っていてもらいたいです

コメント

遠くから約2名のまごがお祝いに駆けつけてくれて◇

2009-05-31 22:14:13 | 大・中・小・豆


朝から村の
河川掃除で

草刈りブンブン持って
参加しましたら

村のおじさん方は
もう6時前から
作業されていて

あっという間に
終了

トタンの雨で
さすが村人は
やることが適確



本日は母親の
お祝いの日で

まご2名が
来てくれました

いいまごだなあ
今更ながら
こんないい孫が
我が家にいたものか

と感心



そしたら
おみやげの
京都「鼓月」の桃山の
上質なおいしさに
感動

まごより
お土産に大きく
感激していては
申し訳ない

しかし
桃山

ははー
上等な店というのは
凄いものだなあ

本社を見たら
伏見とかいてある

じゃあそれ
まさに
桃山

安土桃山時代!

秀吉の
まさに桃山なのでは

そーかだからだ
凄いなあ

今までの人生の
桃山は
桃山でなかったんだ

よっくわかりました


コメント

ジーロデ軽井沢行きました◇ていうか雷電くるみの里まで来るって言うから

2009-05-30 23:55:28 | 目の覚める様な車たち目なんか覚めない車達


9時半に
雷電に行って待ってました

軽井沢プリンス浅間に
8時に行くのはちょと
キツかったです

それでくるみの里

そしたらそこで

ヴィラデスト・ワイナリー
葡萄畑の重鎮

TKおじさんに遭遇!

エエッ!クラシックカーに
趣味あったんですか!

と聞きましたら
そうではないと

おじさんは
超高級デジカメ・カメラを
買ったのです

うわー
超高級だ!

おじさんは
めざとくアルファロメオを
見つけて
走って行かれました

ンゴイなあ!



ロールスロイス・ファントム!
そのムーミン谷のモランのような
鬱蒼とした姿

古いブガッティも
2台も来て
元気に走っていました

完動品なんですね

いったいに
全車コンディション
よかったみたいです
エンジン音

ブッチン!
カチン!!

とか余分な音がするのは
愛嬌のウチで

そりゃシャーシー
機械部の構成がダイレクトだから
60年代以前は

現役のときも
けっこうあのガチン
したんじゃないかなあ
ゴッチン音



ところで画像は
やっと年代が過ぎ
クラシックに入れて貰える
ようになった
有名な911ポルシェ

やはりポルシェは
このシルバーかなあ
戦闘機の面影を残した
シルバーじゃなくて『銀』の
イメージがいくらか
残ってます

遠くからも
目を惹きました



コメント

フレンチ・ブルーのブガッティってクラシックの基本?原点?うわぁこの車輪の角度!

2009-05-30 23:33:12 | 目の覚める様な車たち目なんか覚めない車達


クルマの美しさ
うんぬんて

ここから始まったのかなあ?

ブガッティで
ブルー

それで
アルピーヌA110が
出て受け継いだのかなあ
このブルー

どうでしょー

A110の画像は次に出ます

ウチの古い車庫ガレージの
あった頃

国籍も型番も問わないから
めずらしく霧の出た朝に

もんもん
もやに霞んだ
フレンチブルーのクルマが
一台欲しかった

その原点がコレね
ブガッティとA110

2年前に
その空想が盛り上がったときは

エートなんだつたかな

なんでもこだわらない
プジョー・シトロエンと
シルバーにブルーの写りこんだ
ジャガー・クーペで
想像したのでした



いまも
なにもこだわらないから
もやの朝に
ブルーのクルマ
ほしいです

コメント

このA110がよく出場してくれました◇ルノー・アルピーヌA110

2009-05-30 23:32:02 | 目の覚める様な車たち目なんか覚めない車達


ほんとに今回
出場してくれて
有り難い

いなくても
全然普通のアルピーヌ

しかもブルーで



昔のカーグラフィックTVの
タイトルバックが

数々の名車が美しく登場した
名作の画像で

その中で
ユーミンの亭主
ルージュの伝言の
「ママから電話でしかあって
 もらうワ、マイダーリン♪」

のそのマイダーリンの本人
松任谷正隆氏の
胸躍る

勇気百倍の
テーマソングの

その最高潮に盛り上がった
時点で

このアルピーヌA110を
登場させたのは
まったく正解でした

カーグラフィックの
判断に敬意を表したいです

その時はアルピーヌ
白でしたけど

白も素晴らしいです

コメント

最近ねえさんの店で若い女性と一緒になる事が連続しているワタクシは芯からいっぱいいっぱいで◇

2009-05-30 23:31:45 | ミシェール・レノン


おかしいなあ
今までおじさま族
ばかりだったのになあ

どうしてだ

若い超美人の
女性なんて
事態は
今までなかったぞ

例外はのぞいて



たしかに
たしかに

4回目となると
少し慣れてきて

自分で何言ってるか
分らないような状況は
過ぎてきた

しかしアップアップは
変わらない

どうしたもんだ



それで自然に

お店の前に
停まっているクルマなどから

店内の状況を
想像するようになった

警戒するようになった

雨の日は傘だ

うーん

皆さんは
どう思いますか?



この傘のなんと
女性らしく
しとやかなことか

えい

傘に持ち主が
似ているとも限るまい

逡巡を押し留めて
入ったら

心配は当たったが
その若い女性の1回目の人
だったので
やや安心

やっぱりね
2回目だとダイブ助かります

それに
この日の話題で
私は三遊間をライナーで抜いた
会心の2塁打を放ったように

話がウケて
一安心

ああよかった

やっぱりあれですね
人間慣れるんですね

楽しくお話して
ランチ過ごしました

まあでも帰り
クルマにすわったら
5キロやせたような気がしました
シートのへこみ具合で



コメント

森の中の珈琲店カワンルマーには今シャクナゲが咲いて◇

2009-05-30 22:59:13 | カワンルマー


この頃
季節はもう初夏なので

軽井沢カワンルマー珈琲店でも
ついアイスカフェオレを
頼みます

最初お願いしたら

その苦味の『上質感』

が感じられて
ホントに上質なものを
飲んでいる感じ

なんだか
世間で出されるものと

『一線を画する』

のが良く分りました

へー

違うんだなー

と思って
お店のおねえさんに
3回連続で
注文しました

結構アイスカフェオレは
作るの手間がかかって
申し訳ないようでもあり

でもどうしても
3度続けて飲みたくて

注文しました

満足



でもしゃくなげの
飾られたこの日は

久しぶりに
お奨めのホットを注文しました

スマトラ・マンデリン

柔らかい
こんな感じの
テーブルの上の花のような
味がしました

そしたら今回は
その印象で良いんだそうです

なにぶん
言われると
ソウ感じて

なんとなくその気に
なりました

コメント

今日ヴィラデストでは女王様=奥様お手植えによる新ブルーベリー畑の植樹が◇

2009-05-29 22:41:35 | ヴィラデストワイナリー


ヴィラデストの上の畑では
奥様はじめ
女性の重鎮方が
集まっておられて

それはブルーベリーの
苗を植えておられるのでした

私は偶然
ルリカケスを捜して
そこへ行き合わせました

自ら
奥様もお手植えをして
いらっしゃって

一区画ブルーベリー畑に
なるような様子でした



それで前に奥様に聞いたのですが

書かれた文章かな?

ブルーベリーはね
幼い木のうちは
実はもちろん
花も摘んでしまわないと

木が大きくならないのですって

その影響が得に大きい
熟練の栽培者の方に
教示されたそうです

それをもう一度
きょう奥様に聞いて見ましたら

やはり
どうしても
そうなんだそうです



それは
本当になんというか

むごい

事で

だって
実がなるのが楽しみで
一年苗を植えて
三年待っているのにです

それをどうも
あと三年ぐらい?
ひょっとして五年?
花を摘み続けて

待たなければ
ならないんですと

それは『絶対矛盾』と呼べるような
事柄です私には

待てば大人になったその年に
沢山どっさり
ウワッというほど
良い実が山のように
採れるんだと
言うんですけどねえ

熟練農業者の方は
そのように厳しく
言うんだそうですけど



でもなあ

だからガーデニング農業としては
それはつらいでしょう

だから数を植えることかなあ
それぐらいしか
対策は思い浮かびません
花を摘む5本
実をならせる5本みたいにねえ



ウチにある8本は
摘んでないので
確かに小さいままです
おっしゃる通りです

ヴィラデストは高地冷涼だから
今植えているのでしょうけど

平地のウチも
まだ間に合うかも知れない
キホン品種の
バークレイ、ブルーレイ、ブルークロップ
で良いから
2980円大苗
4本でも至急追加するべきか

苗木専門通販とりよせ
でなくとも
ブルーベリーの大苗だけは
品質いいようだから

そうすれば
ヴィラデストのように
ブルーベリーの女王

でなくとも
ブルーベリーの
侍従長ぐらいには
なれるかも知れない

コメント

二葉屋ワインShopには明るい5月の花の奥様と竹野内豊+唐沢寿明似のイケメンセールスが

2009-05-28 23:54:38 | 出会ったワイン&ワイナリー


石橋コレクションのワインを
こんどは買おうと思って

再び
あの立派な姿と対応の
日焼けしたテニスプレイヤーの
ような御主人のお店にまいりました

そしたら
御主人はお留守で

そこには
話すより先に笑顔と
明るい声の出る

まあ!素晴らしい奥様と

スックとした立ち姿の
竹野内豊+唐沢寿明そっくりの

セールスの方が
いらっしゃいました

私考えたのですが

自然でお客に不愉快な思いをさせない
立派な対応をなさる
御主人のもとには

やっぱりそういう
人たちが
集まって来ているのでしょうか

こちらが
知らなかっただけで



奥様も
竹野内くんも
それぞれの遣り方は
違えど

こちらに
ワタシに
キチンと向き合って

少しも難しい思いをさせない

爽やかな
対応をして下さりました

有り難いです

こういう人たちも
いるんだ
自分が知らなかっただけで



それで
石橋コレクションの
ドイツワインは

別に超高級だけではなく
千円台から
あるということで

お二人が確認済みという
このワインを購入いたしました

RH1?
良く分りません
なんという生産者なのでしょう
聞いたはずですが
記憶がないです

葡萄品種名も聞きました
短い名前
聞いた事のない
品種

ラベル
エチケット
を見ても何だかさっぱり

それで分らないまま
桃カフェへ持って来て
桃さんと
半分こしました

キンキンに冷やしていいそうです

そしたら
びっくり!

ちゃんと味がある

なんだか力のない
意味のない白ワインと違う

香りあって甘い

あれ?トロッケンて
辛口って言われて来たんですけど

そーか
ドイツワインは辛口でも
ほんのりトロンしてるんだな

じゃあその次のお奨めの
わずかに甘いという
もう一本は
かなりの甘さなんだろうか

まあ次回のお楽しみ



とにかくキンキンに冷やした
このトロッケンは
充分な満足感を覚えたのでした

コメント