自宅からワイナリーまで電車を通す/ヴィラデストへの道

はるかに仰ぎ見る丘の上のワイナリーに心の中で鉄道敷設をする話

初めて行った事務所棟はお相撲のMかご部屋・竹かご部屋・ゴマかご部屋?☆

2007-10-31 22:43:08 | それならしかたないね


きょう用事があって
初めて
ヴィラデストの
「事務所棟」に行きました

電話で
「Mイ」さんは
「ドアを入って こうしてこうやって
右を向いて 左に行って ぐるっと周って
こうすると 私のいる部屋にこられます」
ホホホ

ゲームの中の女王様のような
ことをおっしゃいました

多分ダイジョブだろうと
見当をつけて
行って見ましたが

やっぱり
駄目でした

てか

ドアいっぱいあるし
そのドアが開かない

それであっさり私はあきらめて
人に頼ることにして
ケットラのKYO&SUMIねえさんに
聞きますと

ご親切にSUMIねえさんは
部屋まで案内してくださいました

すると

なんということでしょう
あの難しい棟内の通路を
SUMIねえさんはヒトツも迷う事も無く
考えて立ち止まる事も無く
無事Mイさんのいる部屋まで
連れて行ってくれました

「普通の方には難しいんですよねえ」
という意味のことをねえさんは仰いました

ああよかった
ついたついた

はじめて見る事務所棟内
用事は簡単に済んだあと
私はしみじみ見回して
Mイさんに聞いてみました
「ゴマさんの机はどちらですか?」と

そしたらですね
どうもほかにも幾つも部屋があって
ゴマさんの部屋はもっと奥の奥の奥ゥーの方なんだそうです

その途中にも部屋があって
ご重鎮方の部屋が並んでいるそうなんです

そうかー
事務所棟は部屋別かー

私は思いました
じゃあお相撲みたいだ

今いる
「Mかご部屋」

電話をするといつもまず
最初に出るCHIKUさんの
「竹かご部屋」?

それとなんと言っても
ゴマさんがチンザしていらはる
奥の奥の
「ゴマかご部屋」
ですね

そっかー
部屋別総当りかー

そりゃー
大変だ
きっと部屋頭はつらいでしょう

でもじゃあ
誰がゴマ籠部屋の所属か
とか

そこまでは聞けませんでした

分ったのは
M籠部屋に所属の方
役1名様だけで
それは美しいパソコンの待ち受け
じゃなかった
壁紙画面で分りました

それで
私は外へ出てから
振り返って
幾つも並んでいる
棟の窓を見て

「あれが 松かご部屋 これが 竹かご部屋
そしてあれがきっと ゴマかご部屋」と
目で探して見るのでした
コメント

☆この傘寄り添ってませんか?

2007-10-30 21:15:13 | 大・中・小・豆




そう見えますよね

こちら向きなら
荷物を抱えてる
薄グリーンの彼の後ろに
そっと寄り添っている感じ

もし向こうむきなら
彼の左そでが
守っている感じ?

確かにカップルだって
分りますよね
持ち主も

若い20代カップルでも
黄金のシャルドネ・カップルでも

それぞれに
美しいです

イカンのは
どの年代かなあ?
おばちゃん?
おっさん?

いやいや
それぞれに
いいはずですから  ぬ?

雨のお祭りの日の
ヴィラデストの玄関のガゾーでした
コメント

パンのムンク!

2007-10-29 20:56:40 | 大・中・小・豆


今年のワイナリー祭りは
絵画がテーマで
スタッフの皆さんが
仮装なさいましたが

その絵画の中でも
とくにポスターにも
使われたのは「ムンク」でした

それでこれは
パンのムンク!

なんとなく
そう見えませんか?

ワインのおつまみ?のこのパン
けっこうほかにも
子ムンク孫ムンクに見える顔が
ありました

きっと
つくるときに
パンのミヨさんが
「ムンクムンク」とこねたんだと
思います

陶芸の「菊ねり」じゃなくて
パンの「ムンクねり」
があるんだと思います

こんど聞いてみよう
むんくむんく

おいしく練れそうです
コメント

逃げたッ!^^

2007-10-28 21:02:49 | それならしかたないね


素晴らしい雨上がりの
快晴にめぐまれた
日曜日のヴィラデスト収穫祭

わたしは
どーしても
用事があって
行けませんでしたが

もう4時で撤収が始まってから
駆けつけてみました

するとガーデンに注ぐ日ざしは
本当に素晴らしく
雨で洗われたガーデンに映えて
光はまさに「今季最高のコンディション!」

そこへ
黒のエプロンドレス?の襟を直しながら
カフェのOちゃんさんがトコテコトコと
出てきました
なぜかビニールハウス方面から

そしたらその
今季最高の光のコンディションの中で
照らされて
Oちゃんさんは
今季最高の素晴らしさ

それですかさず
デジコメを向けると
「逃げたッ!」

さすが若いと動きが速い!

めげずに私は微速で追って
今日この光のコンディションに居る事が
どんなに貴重なことか!

それを懇切丁寧に2秒で説明
かってのコスモスの中の
Tねえさんに出会ったときの話を持ち出して
0・5秒で説得

(すみません本ブログ2007年3月20日
≪もし一生写真を撮らせないなら、それでいいが、もし1枚だけ撮らせる!と言うのならそれは今だ!≫参照お願いしますお願いします)

大体!
ただ今!
力強く主張します
女性のみなさんは
光のコンディション
光の都合のことを少しも
考えてくれない

いつでも
おなじに美しく撮れると
思っているのかなあ

今日みたいに
特別な光の日に
自分のコンディションも良好な
美麗さでひょこっと出てきて

今だ!今なんだ!
といっても
少しも聞いてくれない

今撮らないで
いったいいつ
撮るんだろう?

それをあらかじめ
伝えるのが上手な今で言うと
ブラピ氏とかデップ氏とか
写真家でいうとアラーキ氏とかが
あらかじめ全員にインプットしておいてくれたら
さぞ物事は簡単だっただろうに

それで
それでもOちゃんさんは
5枚目にコクンとうなづいて
ちゃんと撮らせてくれました

あれ?
うなづいてくれるなら
これを20年前にやっていれば
よかったなー
と私はマタマタ思いました
この間も思いました

実際
数十年前にやっていればねえ

☆☆☆

それで
そのあと
Oちゃんは
重いデカ長靴を6本
指で持って
はるばる数十m歩いてきて
力尽きてひと休みする
ところを見せたり

また
「落穂ひろい」の催しのデカ看板を
ほかの荷物と一緒に持ち上げ
ポテンと倒したり
する姿を見せてくれて

この時はさすがに
駆け寄って
持ってあげました

なんというか
色んなものを
いっぺんに
持つのでしたね



ああいい日ざしだった
撤収の作業中

これだけでも
来たかいがありました
コメント (1)

雨で室内が主のワイナリー祭りの手縫い採寸豪華の王様王妃様のあたたかい灯りの一枚を確信犯でどうぞ

2007-10-27 22:40:39 | ヴィラデストワイナリー


気持ちを
こめられて
おそらく
手縫いされた
この日のための
衣裳で

というか
本当は
毎日着てる?この衣裳で

あたたかく
カフェに君臨する王ご夫妻

どうしても
画像アップしたくって

王様王妃様のときは
ご夫妻は
公的な側面があるから

と勝手に判断して
登場していただきました

雨の日の
お祭りも本当に
ウォームな灯りのカフェ内で
なかなか良いでした

お2人
ふんわり
ですよねえ
コメント

ワイナリー祭り土曜日はドスドス降りの中で始まってしかしケフタご飯の秘密の受け渡し所を作る想像を始め

2007-10-27 20:11:14 | ヴィラデストワイナリー


前日の
いやな天気予報のとおり
2007年度ヴィラデスト・ワイナリー祭りは
ドスドス降りで始まりました

えらいことに
なりましたねー

なるほど
これはツライ

と思いましたが
カフェの中へ行ってみると
満席ぐらいのお客さんは
ほのぼの
席について
とっても良い雰囲気

王様も
グレード・アップされた
採寸・手縫いの衣裳で
いらっしゃるし

じゃあ いいじゃん
とてもいい雰囲気でした

いっぽう外のテントでは
やっぱりキビシかったですね
さむいし

ところがそこへ
ウエッブマスター・ゴマさんが
持ってきてくれた
テフテフ?ポテトが
おいしかったですね

当たりのイモだったのかなあ
とにかくおいしかった

ルロワ・パティシエの
パリンヤと音のするワッフルのチョコ味
思わず
「オイシイーッ!」と叫びました
初めて牛肉もらった
「綿の国星」?のネコみたいですね

CHIさんが煙モクモクで焼いてた
Sラくんパパと焼いてた
ケフタ?
ヒツジ肉ケフタ御飯
これがまた美味しかった
CHIちゃんは去年もモクモク系で
いつでも煙の中にいて
けなげですが
これだけうまければ
価値あるじゃん
と思いました

いつでもあればなーこのケフタ
とその場で言いました
毎日カフェにあればいいですのにウマイ!

でもちょっと雰囲気がそぐわないものでしょうか?
そうかもしれないが
おそらくそうなんでしょうが

それなら
あのチューボー脇から
パン工房方面に下りた辺りに

秘密の
トルファン・コーナーとか
つくって

ひそかに
肉焼いて
捕まらないように
受け渡す

というのはどうでしょー

ご飯のほしい方は
炭焼き小屋の裏まで行って
受け取って
ひめこ沢の方へ走っていって
そこで食す

とかいうのはどうでしょう

たまに一人
捕まる
というほうが
いいかな

数人捕まったりすると
話題になるかも

なにしろ
うまいからな

捕まっても
食べたいです
コメント

いよいよいよワイナリー祭りになっちゃいましたね☆

2007-10-26 22:24:14 | ヴィラデストワイナリー


とうとうとう
ワイナリー祭り

ヴィラデスト収穫祭に
なってしまいました

もう1年のレストラン営業
終わりが近いです

貧乏性
心配性
小心者

のワタクシは
3月18日に
営業が
始まったトタンに
もう終わる心配をし始め

ちょうど小学生のときの
夏休みの
残り日数を数えた
ときみたいだなあ
と思いました

そーそー
それはワタシばかりでなく
BMW-X3の奥様も
そうだったと仰いました

だから
一人じゃない

とも思えます

それはともかく
ヴィラデスト営業も
そうして
カウントダウンに入られました

毎年そうですが
冬の間
どうすればいいですかねー

良く考えて
見たいです

ところで
お祭り前日の今日は
雨のドス降りで

困ったなあ

ワイナリーお祭り
始まってから
雨ってなかったんですけど

パラパラならいいですけど
ドスドス降りではねえ

満員電車のように
カフェ建物内に
ぎっしり詰まって
立ってるような
事しかないですよね

でもそれも
思い出かなー
台風の合宿みたいで
楽しいかも

とカフェの
あややさんと
話しました

ちょうどカフェに入るときに
明日のリハーサルに行く
スタッフの皆さんと
色々なところでぶつかり

その皆さんの
気合の入りよう!

役作りで
気合一発
頭を丸められたSパティシエ!
もおられて
驚愕!

ととと
でもSパティシエ
元々
丸刈りに
けっこう近かったような
記憶も?

まあそれで
画像はそのみなさんが
最終リハーサルをされているはずの
あの有名な
「ゴマさん事務所棟」
灯りついてますよね
きっとあの2階のとこでねえ
コメント

空想☆ヴィラデスト妹さまは葡萄の女神?

2007-10-25 22:14:18 | 妹様のゴーン!ゴマ様のゾーン!インプレ


玉さん御主人が
最初に葡萄畑に
苗を植えたとき

神様は
それを愛でて

ワインがかならずや
素晴らしく出来るように
ワインの女神を
お遣わしになり
御主人の身近に
そっと送り込んだ

その方は
普段は
何食わぬ顔で
スタッフの一人として
ワイナリーでカフェ・レストランで働き

夜になると
ひそかに
ワイン蔵で
本当の仕事をしているのです

☆☆☆

その方って
もしかしてあの方ですか?

玉御主人は
ハハハと笑って
「あのね あの人は妻の妹でね
昔からずっといるんだよ」
とおっしゃる

だが本当にそうだろうか

神様が作為して
玉御主人の記憶と
古い写真を操作して
そう思わせているだけなのでは
ないか?

奥さまは首を傾げて
「あのこは私の妹で
子供のときから一緒に暮らしてきたのよ」
と仰る

ほんとうにそうだろうか?
神様は奥様の記憶も脳内も
操作して
そう思わせているだけでは
ないでしょうか?

本当は
奥さまには妹はいなくって
今のあの方は
玉ご主人が
初めて葡萄を植えた
あの夜に天から降りてきたのではないのか

妹さまは
微笑んで
語らない

あの時初めて降り立ったなんて
もう言えない
神様の作ったとおりに
演じるだけ

そして夜中にそっと起きて
ワインの子供たちに
愛を注ぐのであると

その姿は
まるでイエスとヨゼフに
慕われた聖母のよう

命ある人間のうち
ただひとり
その姿を隠れ見た
N醸造長は
震える声で
言葉すくなに
聖母子の姿を
語られました

「こわかったよー」
とも

☆☆☆

本日
10月25日
夕暮れにヴィラデスト・カフェを
立ち去りぎわ

ショップを通過する際に
きれいどころのお3人が
偶然私を見送るかのように
整列しておられ

そのうちお2人の
たおやかな微笑みと
こぼれるような笑顔で
辺りはパッと明るくなったようで

わたしの心は癒されました

0・5秒後
お3人目のあの方の
振り向いた方の
崇高な笑顔で

かわいそうに
私の心は
ポアンカレ破砕をおこして
くだけてしまいました

「ポアンカレ破砕」?昨日テレビで見ました

ああかわいそうなワタクシ
気の毒なコブタ

それで私は
ポアンカレの破片を拾い集め
正直にあの方に
差し出したのでした

☆☆☆

ところで
玉御主人さま

ヴィラデストには
もうお一人
女神がおられると
お聞きになりましたか?

それなら
あれでしたら

どうでしょう
胡麻も植えてみたら
よいのでは?

◇◇◇
コメント

美しいスウェーディッシュ・カラーの風景☆

2007-10-24 22:26:20 | 葡萄畑のパティシエ


少し前の
雨の日に
ヴィラデスト・ワイナリーの
奥のスペースに
立っていますと

突然
目の前が
鮮やかな
スウェーディッシュの風景に
なっているのに
気がつきました

グリーンのウッドの倉庫のこちらに
同じくグリーンのサーブ・スウェーデン車が置かれて

もう
かの国に行った
そのままのようであります

このサーブ900シリーズは
発売当初のイメージカラーが
このグリーンでした
グリーン好きのワタクシは
自分のクルマのように
感じたものです

はて?

いったい誰が
この美しいクルマを

と思いましたら
思い続けて
いましたら

ある日それは
分りました

あの

葡萄畑のパティシエ
その方が

流れるように
運転して
このコーナーに入ってくるのを
目にしました

やっぱりなあ

そういう人が
乗るクルマですよねえ

はてさて
サーブ900も
しあわせな

それでは
じゃあ
ワタクシも
脳内の街角で
運転することに
致しましょう
コメント

☆棚からお餅が落ちてきてそのままパフンと食っちゃったライコネン君はチャンピオンになっちゃいました☆

2007-10-23 21:29:17 | それならしかたないね


このあいだ終わった
エフワンで
ライコネン君を
応援していましたが
ひとつ問題があって

遅い

とりわけ
遅い

応援していて
はがゆいんだ

遅いからなあ

ライバルの
ルーキー・ハミルトンクンは
天駆けるようで
最近のはやりの言葉で言うと
「生きるステージが違う」
みたいな感じ

それで
ライコネン君に
言いました

もういいから
勝つのはいいから

一回
笑ってみたら
どうかと

もう付き合い長いのに
一回も笑った顔を
見たことがない

そんなことって
あるかなあ

ボソボソしゃべるばかりで
不機嫌そうに

そんなニンゲンを
応援する事に
意味があるだろうか?

とまでこちらは思って
もう勝つのはいいから
1回笑ってみたらどうだと

どう考えても
勝つより笑う方が楽だろうと

そうしたら
ベルギーGPに勝った

そうかー
笑うより勝つのが楽なのか
ライコネンクン

考えられん連中だ

だがそしたら
日本の冨士グランプリで
大負けして

もうどうにもならんくらいの状況に
追い詰められたら

最終戦のブラジル・グランプリ前の
インタビューでついに笑ったね

でも苦笑

苦笑かー?
クショーねえ

よくよく歯ー見せて笑う事は
のどコンチ見せて笑う事は
いやなんだなー

勝つほうが楽なんだ

とあきれたら

そのグランプリで
勝っちゃった

2連勝!
ここへ来て最後っへ

そしたら
「天駆けるはずのハミルトンクン」が

さすがに年間制覇が掛かったら
カッコンカッキンに緊張して
2連敗

ライコネンクンは
棚からお餅で

チャンピオンに
なっちゃった

やれやれ
あんなのがねえ

てか
さすがに笑ったかなあ
のどテンコ見せて

せいぜいフッフッフ
ぐらいかな

笑うより
勝つのが楽な
連中だから

連中ってライコネ君一人だけですけど

あとは
普通のちゃんとした方たちです

普通でなかったのは
笑わずに
涙を拭いて
走っていった後姿の
セナ

ぐらいだな

あとの人は
皆ちゃんと笑うと思います
たぶん
コメント