会津の重ちゃん日記

日常の出来事、地方紙の記事、街中散策して見聞したことを発信。

チラシの読み方

2021-04-06 17:09:20 | Weblog

2021年4月6日(火)曇15.0℃ 0.3

『チラシの読み方』

  コロナの変異種による感染が大阪府や宮城県などで広がっている。感染を心配するあまり、桜祭りなどのイベントやスポーツ観戦などが中止になっている。このような状況下にあっても小中学校の入学式が感染防止の手立てをしっかりして挙行されたニュースは心温まるものである。いつもの日より折りこみチラシが多い。

 新聞に折り込まれる特売のチラシは雑然と商品を列記しているように見えるが、実はレイアウトには法則性がある。一般的に、人間は四隅に目が行きやすいといわれている。つまりチラシを見る際に、人間の目線は「左上」→「右上」→「左下」→「右下」の順に「Z」を描くように動くことが多いという。この「Z」の法則に基づいてスーパーのチラシなども作ら れていることが多いらしい。

 チラシを開いたら、まず左上を見よう。この部分にお店が一番注目してほしいと思っている主力商品が大きく掲載されている。さらに、右上、左下、右下にも特売品の情報が置かれているということになる。また、赤や黄色の大きな文字で書いてある商品や、吹き出しで紹介されている商品も、お買い得品とみていいだろう。

 チラシを見たときにお買い得かどうかの判断をするためには、その商品のいつもの価格を知っておくことも必要だ。「九十八円均一セール」となっていても、普段は九十八円以下というケースもあるからだ。

  庭の片隅にアズマイチゲが咲いていた。

 

コメント

椿餅が桜餅になってしまった

2021-04-03 18:14:37 | Weblog

2021年4月4日(日)雨20.0 ℃7.8

『椿餅が桜餅になってしまった』

  3月中に市内のあちこちで桜は咲いていたのだが、会津若松市の桜の開花は、鶴ヶ城内にある基準木のシダレザクラが咲き市長が開花宣言をしたときである(4月2日)。例年だと家族連れ、団体などで楽しく花見(飲酒を伴う)をしていたはず。今年はコロナ禍で感染防止策をこうじた静かな花見。椿餅食べ煎茶で家飲み。

 椿餅は「つばいもちひ」あるいは「つばきもち」と呼ぶ。椿(ツバキ)は、花が咲き終わった後もつややかな緑の葉を残す。この葉で挟んだ餅が椿餅。平安時代にはあったそうだが、いつでも食べられるわけではなかったらしい。椿餅は和菓子の起源ではないか、という説があるそうだ。今ではだれもが手が届くお菓子だが、そのおいしさと見た目の美しさを愛した人が多かったという証拠だろう。

 市内には昔から熊野屋、日本一本店、長門屋、吉田屋などの和菓子屋がある。懇意にしている日本一本店に椿餅を買いに行ったらなかった。代わりに桜餅を買った。桜の葉の塩味とあんこの甘味がぜつみよう。好きな和菓子だ。

 

 

 

暖かい陽射しがふりそそぐ庭には真っ赤な椿が咲いていた。

コメント

桜の開花予想

2021-04-01 17:31:51 | 草花と花木

2021年4月1日(木)晴16.9℃  8.4

『桜の開花予想』

  桜前線の動向予想は、この時期の風物詩だ。NHKだけでなく民間のテレビ局の気象士がそれぞれの資料をもとに予想を発表している。日本気象協会でも全国九十地点での桜の開花日や満開日の予想を発表している。その予想地点に「日本三大桜」がある。日本三大桜とは、「三春滝桜」(ベニシダレザクラ、三春町)、山高神代桜(エドヒガンザクラ、山梨県北社市)、「根尾谷淡墨桜(同、岐阜県本巣市)である。

 同協会の予想では、それぞれ開花日は三月下旬から四月中旬にかけて。同教会では、地元自治体や住民などから過去の開花日や満開日の記録を聞き取り調査して、独自の予想方法を考案したという。今年は昨年の晩秋から暮れにかけての気温や三月の気温が桜が咲くのによい気候だった。例年より早い開花となった。各地の桜の名所はコロナ禍でイベントなどが中止や縮小、桜の下での花見の宴はできない。それぞれ工夫しながら花見を楽しみましょう。

我が家には桜の木は無いがっサクランボの鉢植えが3鉢ある。蕾が膨らんでいる。満開になったら虫たちが花粉をつけてくれるのを期待する。

コメント

コロナ禍の卒業式と入学式

2021-03-31 16:57:05 | Weblog

2021年3月31日(水)晴16.9℃  8.4

『コロナ禍の卒業式と入学式』

  昨年A大の大学院に入学した孫がコロナ禍で入学式がなくオンライン授業で過ごした。令和2年度最後の今日1年生の入学式だった。明日からは2年生。対面授業も始まると聞いた。サークルなどで学友との触れ合いはあったようだが、きちんと大学に行き授業を受けることができて喜んでいた。卒業式が?入学式が?いつもと違う経験をした高校生や大学生が多くいるだろう。コロナ禍における境遇を嘆かず、どうすべきかを考え、授業だけでなく、幅広く体験をし、充実した生活を送ってほしい。

庭にはショウジョウバカマがすくっと伸びていた。

 

コメント

腰痛で悩みながらつい無理してしまう

2021-03-29 17:57:12 | 健康

2021年3月29日(月)晴22.3℃  9.9

『腰痛で悩みながらつい無理してしまう』

  腰痛がひどくて杖を頼りにしないと活動ができなくなってしまった。悲しいことだが残念でならない。筋肉を付けようとサプリを飲んだり、肉や豆類のタンパク質を食べたりしている。また、生き生き百歳体操などで筋肉の衰えをカバーして努力。その他スクワットの回数を多くして頑張ったら、左脛の肉離れを起こしてしまった。今はスクワットをやめて杖を頼りにしながら歩くなど軽い運動を続けている。今まであちこちの整形外科を巡って診察を受けているが・・・・。

 

 今日は朝から気温がどんどん上昇し初夏を思わせるようなよい天気だった。腰痛がひどくなったので今年は家庭菜園をどうするかと悩んでいる。昨年植え付けておいた菜花(茎たち)が青々と葉を広げているのを見ると茎を折って収穫し、夕食にはお浸しにして食べた。甘くておいしい。採れたての新鮮な野菜の魅力に腰痛を忘れてしまう。2ヵ所の畑を1ヵ所にして作物も少なくして続けようかな?

 

 

コメント

東京五輪。パラリンピックの意義

2021-03-28 11:28:40 | 時事

2021年3月28日(日)雨17.3℃  4.5

『東京五輪・パラリンピックの意義』

 新型コロナウイルスの影響により延期された東京五輪聖火リレーは25日、Jヴィレジ(楢葉町-広野町)をグランドスタートし、百二十一日間かけ全国47都道府県を巡る「希望の灯」の旅路が本県から始まった。浜通り、会津、中通りと3日間、26市町村の計51.71㌔を265の走者枠で計299人のランナーが聖火を通じて思いを運んだ。

 

東日本大震災と東京電力福島原発事故からの復興加速、新型コロナウイルスの感染終息など県民の願いをのせたともしびは、7月に開催する五輪本番に向かって全国へ。

テレビ・新聞などは東京五輪・パラリンピックは開催の方向へスタートしたと報じているが、国民のアンケートでは、延期とか中止の意見も多い。復興五輪というが、何が復興? わからない。商業主義が前面に出ているオリンピックを見直すよい機会である。開催する都市に新たな価値を創出し、レガシ(遺産)として残すこと。何がレガシ?わからない。

 改めて東京五輪・パラリンピックの意義を国民の一人として考えてみたい。

 

コメント

早春の香り

2021-03-25 17:43:29 | Weblog

2021年3月25日(木)曇17.3℃  3.0

『早春の香り』

 昨日は春うららの快晴だった。家の中にじっとしていられなかった。庭の枯枝、落ち葉など拾ったり、パンジーなどの鉢をブロック塀に掛けなおしをしたりして気持ちよく過ごした。今日は寒い一日となった。

「春は名のみの風の寒さよ」

(早春賦)暦の上では彼岸を過ぎたといえまだ寒い日もある。それでも関東では、街を歩いていて、どこからともなく甘い香りがしてくるのがちょうど今頃だ。ジンチョウゲの香は,遠くからでも匂ってきて春が来たことを知らせてくれる。会津はもう少し後になる。

 人間は情報の87%を視覚で得て、匂による情報はわずか2%に過ぎないという。ただ、臭覚は他の知覚とは違って、大脳辺縁系という喜怒哀楽などの感情や食欲などの本能行動をつかさどる脳にダイレクトに繋がっているそうだ。それで匂いによって過去の記憶や感情が呼び覚まされ、強い郷愁を感じることなどがあるわけだ。

 この効果をうまく利用しているのがアロマテラピーで、香りによってリラックスや集中力、眠気をなどを引き出す療法だ、ジンチョウゲのアロマはないようだが、香りで一足先に味わうのなら、ベルガモット、ゼラニュウム、ローマンカモミールなどがいい。華やかでフローラルな香りが気分を引き立たせてくれる。

コメント

春先の天気は?

2021-03-22 15:59:33 | Weblog

2021年3月24日(水)快晴18.3℃  -1.8

『春先の天気は?』

 枕元に射し込む朝日に”春眠暁を覚えず”と布団に潜り込むわけにはいかなかった。福島民報「あぶくま抄」にこの時期の天気について次のように書いていたのでお借りしました。

『春先は朝晩と日中の寒暖の差が大きく服を選ぶのに難儀する。うっかり厚着をして出かけると汗ばんでしまう。風が強い日には一気に体感温度が下がり、肌寒い。最高温度が5度変わるごとに服装も変わるとされる。25度以上なら半そでシャツ、20~24度は長袖、15~19度だとジャケットなど羽織るものが必要になる。個人差はあるのだろうが、おおよその目安として心に留めておけばあれこれ迷わずに済む』

これを一応の目安にして日常生活をしていこうかな

コメント

キネティックチェーン(運動連鎖)

2021-03-20 16:59:40 | 健康

2021年3月20日(土)晴17.6℃  0.4

『キネティックチェーン(運動連鎖)』

 長い間地区の保健委員会に属し、4月には地区の名所旧跡などのウオーキングコースガイドをして来た。昨年はコロナ禍で実施しなかった。今年は感染拡大防止の手立てをこうじて実施する予定。その準備として「運動教室」を開催した。20名参加。強い体力づくりと「フレイル」を運動で予防する。健康運動士 宗像 由香里先生の軽妙な話術と指導で楽しく受講できた。腰痛がひどいので無理しないでできることをやってみた。

 

 

 

 実技の他にキネティックチェーンについて話した。くわしくは下記のホームページを閲覧してください。

 キネティックチェーンとは運動連鎖を意味します

例えば、コンタクト競技で押し合う(アメフト、ラグビーなど)ことを強化したいのであれば、「押す」トレーニングをします。

走るのが早くなりたいのであれば、走るために必要な、「地面を押す」動作と「足を持ち上げる」動作のトレーニングをします。

この動作をと鍛えるトレーニングを、ファンクショナルトレーニング、もしくはアスレティックトレーニングなどと呼びます。

このファンクショナルトレーニングでとても大切なのが「キネティックチェーン」という考え方です。

 

コメント

たるみの改善

2021-03-19 17:45:03 | 健康

2021年3月19日(金)晴14.7℃  0.7

『たるみの改善』

 早いものです。もう春彼岸になっていた。長い間脊柱管狭窄すべり症で腰痛がひどく苦しんできた、竹田総合病院や会津医療センターの医師の診断を受けたり、あちこちの整形外科医の診療を受け治療に専念した。プールでのストレッチや歩行訓練などを行った。コロナ禍でプールにはいけなくなった。

  動かずにいると筋肉量はどんどん減ってしまう。同時に筋肉や皮膚を支えるコラーゲンやエラスチンの量も減少するため体はたるみを生じる。たるみは顔だけでなく全身で起きる。足が太くなったと思ったら内ももの皮膚を後ろから引っ張てみると、「太った」のではなく「たるんでいる」と実感する。

 筋肉量を増やすことで基礎体温が上がり、免疫力を向上させる。もちろん、たるみも改善できる。そのためには地道なトレーニングや食事の見直しが大切だ。

 厚労省は、一日のタンパク質の推奨摂取量を男性60~65㌘ 女性50㌘としている。三食バランスよくとる。

 筋肉は動かして使うことで増える。動かずにタンパク質を摂取するだけでは贅肉になったしまう。今日はお天気がよく庭の福寿草は満開で広がっていた。クロッカスもあちこち顔を出し咲いていた。春ですね。

コメント