あびこ雅浩の日記

仙台市議会議員あびこ雅浩の活動日記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

決算審査調査特別委員会 全体会3日目

2017-10-12 | 国際・政治
共産党ならびに社民党会派より質疑あり。
全体会の最後は、市民ファースト仙台の安孫子と木村議員が質疑

私からは「市民意識調査アンケート結果」「重点事業自己評価」の照らし合わせ。
・47のアンケート結果項目の中でアンケート評価が30%台と低い項目が8項目あり。
・教育では、生き抜く力の涵養/地域ぐるみで応援/多様な体験活動となっているが、何も仙台市教育委員会としては相当力を入れて行っている事業にも関わらず、市民アンケート評価が低いのは残念なこと。
・環境では、環境負荷の低減 低炭素都市づくりが低い。市民と環境行政の架け橋として開設している青葉山の せんだい環境学習館たまきさんサロンの実績はどうか。
・経済では、起業化支援並びに成長産業の育成誘致が低いが、起業後のフォローが肝要であり、また昨今のフィンランドプロジェクトの実績はどうなのか。
・農業では、市民と農業の交流では、新たに民間委託始めた 農業園芸センターの実績と東部地区農業の再生について。また6次産業の推進と担い手不足の解消について質疑。
・最後に市長に、これら施策事業毎の質疑を踏まえて、これから任期中一番大きな本市の計画である 次期「基本計画」の策定に向けては、どのような時代観、市民観、東北観を持って(基本認識として)臨んでいくのか伺いました。

木村勝好議員からは、
・仙台城の大手門/丑寅櫓の再建の課題について
・仙台市営バスの経営悪化と市民の足の確保について
これらを木村議員ならではの質疑の詰め方により展開。
☆具体な内容は是非、市議会録画中継をご覧ください。

以上、3分科会を含めて3日間の全体会質疑を終了して、委員会決定に入り、共産党会派から国民健康保険会計と市民利用施設利用料金の値上げにについて反対があり、起立採決多数により決算委員会付託議案は全て決定となりました。4時30分閉会。

決算審査調査特別委員会 全体会2日目

2017-10-11 | 国際・政治
公明党会派より1名(持ち時間50分)
・行革プランに取組む姿勢
・マイナンバー制度の浸透
・保育所建替えガイドラインの進捗
・発達障がい児緊急対応事業、一時保護
・東部津波被災地区の復興事業、集団移転被災者への支援
・青葉山公園整備
・土嚢ステーションの設置
・発達障がい児童支援環境
・スクールカウンセラー
・いじめ問題への対応、第三者機関の整備、オンブズパーソン制度の提案
・就学援助金の支給時期
・河川管理、緊急点検、流木除去、砂防ダム
・諸支出金、市営バスへの
・国保事業,介護保険事業、被災者医療費減免事業について
・協働推進事業の進捗、反社会的団体とは。共産党は該当するか?
・増員保育士加算を小規模保育所にも導入を

ここで、共産党より及び公明党の双方から議事進行あり。後日委員長が議事録を精査し議会にはかると整理。

市民フォーラムより2名(持ち時間43分)
・歳入、臨時財政対策債、土木費の減少、市営住宅は将来的に民間借上に
・定禅寺通りの活用 音楽ホール整備については知事とトップ交渉を。
・職員カイゼン コンテストの活用を、賞金制にも
・中央卸売市場の公的機能と設置者の責務
・公共施設総合マネジメントの進捗
・旭ヶ丘に整備する障がい福祉センターにも地域ニーズを踏まえて合築を
・文学館、障がい者支援ウェルポート仙台の運営状況と活用
・公設民営方式を進めるべし。国際センターの運営を学べ。
・コミュニティソーシャルワーカーの役割りと12モデル地区
・企業主導型保育所は商店街に整備推進を
・いじめ不登校対策しながら1400人超の不登校生徒がいる.別室登校
・標準学力テスト、習熟度別学習、
・子どもにとっていい学校とは、逞しく生きる力育成プログラムもいま一つ

共産党より3名(持ち時間38分)
・公立保育所の民営化、待機児童の(入所保留数の)解消
・公立運営を放棄し民営化路線を進めることに反対
・本市は政令市中福祉予算が少ない、扶助費の中身を確認
・財政調整基金も貯め込み過ぎている
・一方で公債費比率は高い問題点
・本会議で過去の革新自治体は借金ばかり増やしたと批判あったが誤った評価だ

以上、本日 共産党の途中で延会。4時40分了

決算審査調査特別委員会 全体会1日目

2017-10-10 | 国際・政治
定例議会の後半は、平成28年度決算を審査する特別委員会が開かれ
3つの分科会で審査した後に、3日間の全体会審査が行われました。
各会派持ち時間制による全体会審査の質問項目を紹介します。
我が会派「市民ファースト仙台」は3日目最後に登場。

決算審査調査特別委員会 全体会1日目
各会派からの質疑項目を紹介します。

自民党より6名(持ち時間105分)
・青葉山公園センター整備について
  地元産木材の活用を
・戊辰戦争/明治維新150年の取り組みについて
  博物館にて特別展示、講演会の開催を予定
・広報費より北朝鮮の人権侵害への取り組み、過去のシオカゼ放送への市長の所見
・教科書選定について 東京書籍を指摘
・歳入/歳出 計上収支比率の高さと財政の硬直化 臨時財政対策債の増加
  基金残高 国会議員の立場から代わり地方自治体の財政環境について市長の所見
・JR岩切駅前の踏切、仙山線中江踏切について、部分着工を早急に
・中体連の野球会場の確保(コボパーク宮城の使用)について
・まちづくりへの基本認識について
・国家戦略特区への本市の取り組み
・救急体制の構築、搬送時間の短縮化
・市立病院87年の歴史と経営改革プラン 市民病院としての使命と健全経営
・職員の倫理規定、コンプライアンスの遵守
・広域水道事務について宮城県との連携をどうする

以上、本日16時15分延会。

予算審査特別委員会11日目

2017-03-09 | 国際・政治
予算審査特別委員会11日目(予備日を使用)
【会派総括質疑】続き
以下に、委員会中の私のメモにより主な●質問内容をご紹介します。
〈公明党会派〉
震災から6年。被災者の心の復興
●時間の経過とともに被災者の状況が様々となり心のケアの重要性について

観光振興
●インバウンドの目標数と観光資源の磨き、政宗公生誕450年アピールグッズの提案
●観光客への被災地ツーリズム案内への取り組みについて

分譲マンションの実態調査
●分譲マンションへの支援の拡充
●マンション居住者の町内会加入について

〈共産党会派〉
復興交付金
●復興交付金の使途について

復興公営住宅
●全入居者への家賃の減免について

復興基金の使い道
●復興基金は被災者の生活支援にこそ使うべき
●福島からの被災者への仙台市独自支援について

市庁舎建て替え
●広く市民から幅広い意見を受けて判断していくべき

教育予算の減少
●県から市へ教職員給与移譲に合わせて教育費予算を減額させた

交通事業
●交通局は無策で経営悪化を指をくわえて待っているだけでないか

奥新川キャンプ場の廃止
●生活道路である北沢林道も市は切り捨てるのか

放射能汚染廃棄物の焼却処理
●前回は520tを焼却し、この次は県下3万6000tを市が焼却処理することを阻止する

仙台パワーステーション
●石炭火力発電所の建設を容認する仙台市の横暴は許さない

マイナンバー
●市民の個人情報の漏洩対策に緩慢な市の姿勢は到底看過できない

〈社民党会派〉
臨時財政対策債

県費負担教職員の権限移譲

地域密着型通所介護事業所

保育現場の労働環境

協働まちづくり推進助成事業


〈輝く仙台〉
石炭火力発電所
●出力3万キロW以上を環境アセスの対象基準とした理由について

政宗公生誕450年に関連した東北連携の取り組み
●米沢市、高畠町、三春町、岩出山等、所縁の自治体への視線について

施政方針
●例示した2都市、ボローニャ/ポートランドに対する認識について
●将来にも持続性ある仙台市の適正規模について

〈アメニティー仙台〉
青葉山公園庭球場
●立地・環境・規模の3条件で国内屈指の庭球場の移転について

JR仙石線・福田町駅のバリアーフリー化推進
●乗降客数3000人以上の駅で未整備は2駅しかない。駅利用者には災害公営住宅居住者や被災者も多く駅のバリアーフリー化早期着手をJRに強い意志で要請すべきである

以上で、決算審査特別委員会に付託された全議案への審査を終了し決定へ。

28年度一般会計補正予算や29年度一般会計予算の一部、都市改造事業特別会計予算、介護保険事業特別会計予算、自動車運送事業会計予算、ガス事業会計など12議案について共産党会派は反対、多数決により全議案は委員会決定となる。

相澤和紀委員長、加藤和彦副委員長、11日間の委員会運営を大変お疲れ様でございました。

予算審査特別委員会10日目【交通事業】続き

2017-03-08 | 国際・政治
市民フォーラム仙台から1名
木村勝好議員
市営バスの経営状況
●仙台市営バスと他の政令市の公営バスの比較について
他の政令市では、横浜、川崎、名古屋、大阪、京都市、神戸の6市が市営バスがある。
平均乗車密度は仙台9.5に対し他政令市13.0、平均営業係数は仙台147に対し他政令市108と大きく異なる。バスの系統数は仙台が232、他政令市の平均は108であり、京都、大阪、神戸はいずれも仙台の3分の1の82~86系統数(路線数)となっている。
●仙台市営バス232系統の中で黒字路線と赤字路線の状況について
黒字路線はゼロであり、全て赤字路線となっている。ワースト3は作並駅への八森線、八乙女と旭ヶ丘駅を結ぶ東黒松線、田子と高砂駅を結ぶ余目線が営業係数(100円の利益を上げるのに金額比)は2230、958、544となっている。
●営業収益に対する一般会計補助金額の割合について
仙台市は一般会計から32億円を入れており割合は42%であるが、他の政令市では平均7.6%で京都市は1%未満、横浜市は1.6%となっている。
●他の政令市でバス事業と鉄道事業との両方を営んでいる状況について
仙台市同様にどちらも営んでいるのは横浜、名古屋、大阪、京都、神戸の旧5大都市のみである。
●将来、資金不足比率が20%を超えて経営健全化団体に陥ってしまう危険性について

   #最後に市長から市民の足は守らなければならないという趣旨の答弁にて質疑を閉じた。質問のポイント・組み立て方・詰め方は、さすが木村節であり、質疑モデルとなるもの。

公明党から1名
バスと地下鉄の乗り継ぎ
●八木山動物園公園駅のバス結節の状況について
●次回、バスダイヤ改正時の利用者要望の反映について
●全市的な乗り継ぎ時刻表の作成について

次に【水道事業】に入り

社民党から1名
仙台のおいしい水「ごくり*きらり せんだい」
●販売実績、アピール活動、映画「さばいばるファミリー」について
●水道メーター交換の談合情報について
急遽、入札を延期し公正取引委員会へ通報した
●水道メーター交換取り替えについて
メーターは計量法により8年毎の検査をすることになっている。市内48万戸のメーターは毎年6万戸程度を更新しており、経費はメーター代と交換作業代とで計4億5千万円。水道事業収入の1%程度のコスト比率となっている。
●安心安全な水道水の安定供給について
水道水をそのまま飲める国は世界で15ヵ国程度と言われているが、仙台市では国基準より厳しい水質管理数値をもって杜の都のおいしい水の品質管理に務めていきたい。

共産党から1名
配水管整備事業
●事業費予算と国庫補助について
61億1000万円余であるが政令市のような規模の自治体には国庫補助なし。
●本市の水道管の中で法定耐用年数を超えた管路について
403キロメートルあり、逐次、更新工事を進めている。

人材育成と技術継承
●大震災の断水からの復旧を記録した「水道復興の記録」を評価。市内23万世帯50万人の断水を3週間で完全復旧させたスーパー水道マンの活躍。宮城沖地震を教訓としてブロック化配水システムを築いた。それらを継承する技術職員の育成について

みやぎ型管理運営方式
●村井県政が進める広域水道の民営化(コンセッション方式)は大問題であり、業界団体と一緒になって進めようとしているみやぎ型管理運営方式の阻止へ仙台市は物申すべし

【会派総括質疑】
自民党会派より
経済分析
●本市経済の現状認識と今後の見通しについて

歳入の確保
●市民税の積算根拠、家屋評価額の減少と固定資産税の関係について

沿岸部災害危険区域の利活用
●住民登録人口の推移
震災後の707名が現在は92名となっている。
●災害危険区域の利活用の考え方、400年前慶長三陸大津波後の政宗公の考え方

国際姉妹都市交流
●市長が施政方針で取り上げた米ポートランド、伊ボローニャと姉妹都市になっては

ガス事業の民営化
●民営化に向けた取り組みについて
事業者の動向と全国的な自由化の動向を視て準備を進めていきたい。

都市計画
●コンパクトシティの考え方と外縁部に住宅地形成した誤謬について
政令市移行前からの経緯もあるが現在は、集約型の都市形成に方針を転換している。

県市調整会議
●これまでの協議について
一回開催したが交流人口の拡大に関しての意見交換を行った。
●県と市の救急医療システム統合についての協議

地域防災計画の見直し
●計画の見直し時期について
県の計画見直し内容を確認した上で、市としての計画見直しを進めていきたい。

災害対応法制の見直し
●実務検討会における協議状況について
課題の整理について意見交換を行なっているところ。

市立病院の跡地売却
●市の所有土地処分の仕組みについて
市が委託した土地鑑定評価額をもとに価格審議会に図り公募価格を決定している。
●土地価格から差し引いた土壌汚染対策費の根拠について
●審査基準としての価格評価を全体の4割と低くした根拠について
●価格上限を44億円に設定した根拠、価格評価の基準を36億円とした根拠について、長町の移転用地は91億円で購入しているが
●市立病院跡地が非課税法人でなかったなら税収は、
固定資産税と都市計画税で年3100万円の税収となる。
●市有地の売却と税収を

市民フォーラム仙台
岡本あき子代表

施政方針での市長の思い
●「山また山の中に一筋の陽光を見る」と本市の市民力の可能性について
●目指す都市として例示した欧米2都市のまちづくりを市職員が共有することについて

県費負担教員人件費の移譲
●移譲に伴って仙台市独自の教育環境づくりをしていくことについて
●いじめ・貧困・学習等への対応に追われる教員の負担感の緩和について

まちづくりの方向性
●まちづくりの視点を重心にした市役所本庁舎の現地建て替えについて
●市内5区の地域特性とまちづくりについて(5区長が答弁)
●学院大移転元(泉区、多賀城市)地域への対応について

青葉山公園整備
●国際センター展示棟にネーミングライツを提案
●仙台城址と青葉山公園計画には歴史考証重視か観光資源創出重視かについて

インバウンド・交流人口の拡大
●コンベンションとインバウンド双方施策の促進について
●東京五輪イタリアホスト都市としてキャンプ誘致について

政策プロセスの公開
●企画提案型方式による選定過程の透明性確保について
●市の重要施策の策定における透明性の確保について

   #会派各議員の質疑の回答も踏まえるなど会派総括質疑らしい質疑。市議会屈指の女性スマート議員として存在感を示したの評価あり。

以上、本日17時18分延会。明日は総括質疑続き5会派の予定。