今、出発の刻(たびだちのとき)

車中泊によるきままな旅
<名所旧跡を訪ねる>

能勢妙見山 本瀧寺(大阪府豊能郡能勢町野間中718)

2022年08月01日 | 神社・仏閣
訪問日 令和4年5月24日

能勢妙見山 本瀧寺(ほんたきじ)
妙見宗総本山の仏教寺院
天台宗系修験道の寺

行き先が決まらないときには、道路地図に記載された寺院を選ぶことがある
奥深い山道に入り引き返そうかと思うほど不安になるような場所にあった

大鳥居
参道入口にある鳥居
額には「大空殿」とある



「案内図」 妙見宗総本山とあるが聞いたことがない



先に進んでいいものか正直迷った



このような石垣もある



上には本堂らしきものと、社殿らしきものが目に入ってくる






手水舎



鳥居
鳥居の額には「能勢御瀧」とある



不動明王像



右手に「十三仏塔」がある






額には「白蛇大辯才天女」とある



末社



額には「護法殿」とある



大空殿
本瀧寺の本堂で、行基菩薩の建てられた「爲楽山大空寺」にちなみ、「大空殿」と名付けられている
参道入口の鳥居の額の「大空殿」と結びついた



昭和8年(1933年)12月の建立






額には「大空殿」



彫刻



内陣・中陣・拝殿に分かれている
本尊:釈迦如来
脇侍:妙見大菩薩・常富大菩薩



揚流観世音菩薩


















講堂



これまで訪れた事の無い実に不思議な寺院であった

撮影日 令和4年5月24日
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする