レンレンのひとりごと…

毎日のお弁当・手作り料理・手しごと・おでかけ。
そして、ひとりよがりな日常のプチエコと3匹のニャンたち…。

平家物語の悲恋の尼寺 苔の祇王寺

2017-12-12 |   ├ 近畿

瀬戸内寂聴さんの小説の舞台となった祇王寺。
ランチをいただいた寿楽庵で伺った、寂聴さんが自分の小説『女徳』の舞台ともなったこの祇王寺の近くに寂庵を開いたというお話。
恋愛小説、しかも私が生まれる前に出版された小説。
ご縁がなく読む機会もありませんでしたが、祇王寺を訪れちょっぴり興味を持ちました╰(*´︶`*)╯

 

 

祇王寺は竹林と楓に囲まれたつつましやかな草庵です。
『平家物語』にも登場し、平清盛の心変わりによって祇王と妹の祇女、母刀自が入寺し余生を過ごした尼寺として知られています。
祇王寺は昔の往生院の境内にあり、往生院は法然上人の門弟良鎮によって創建されたと伝わっています。
山上山下にわたって広い寺域を占めていた往生院も後年は荒廃し、ささやかな尼寺として残り、後に祇王寺と呼ばれるようになりました。

 

 

草庵の仏檀には、本尊大日如来、清盛公、祇王、祇女、母刀自、仏御前の木像が安置されています。
祗王、祇女の像は鎌倉末期の作で、作者は不詳ですが目が水晶で鎌倉時代の特徴をよく表しています。

草庵の内部は撮影禁止でした。
この写真は、草庵の外から撮ったものを拡大してみました。
豆粒大だった仏像でしたが意外にハッキリ写ってる…恐るべしiPhone!

 

 

宝筐印塔~祇王の墓と清盛公の供養塔

 

正面向かって左の宝筐印塔が祇王、祇女、刀自の墓。
右の五輪塔は清盛公の供養塔で、いずれも鎌倉時代に作られたものです。

 

 

水琴窟

草庵の入り口にあります。

 

 

祇王寺のご朱印

書き置きのご朱印(初穂料300円)です。

 

 

竹みくじ

ちょっと珍しかった竹みくじ(200円)。
緑の苔をバックに緑のものが結ばれており、一瞬何これ?ってマジマジ見たらおみくじだったという。

 

 

苔庭

 

 

 

 

草庵、竹林に囲まれたお見事な苔庭。
あまりの美しさに時を忘れて見入ってました。

 

 

詳細

祇王寺
京都市右京区嵯峨鳥居本小坂町32
http://www.giouji.or.jp/
TEL : 075-861-3574
時間 : 9:00~17:00(受付16:30))
拝観料 : 300円(大覚寺・祇王寺(2カ寺)共通拝観券:600円)
備考 : 祇王寺~大覚寺まで徒歩約25分
アクセス : 嵯峨嵐山駅・嵐山駅より徒歩20分

山号 : 高松山
院号 : 往生院
寺号 : 祇王寺
本尊 : 大日如来
宗派 : 真言宗大覚寺派

 

 

 

伊勢・京都の旅~関連記事

 

 

ランキングに参加中♪ クリックしていただると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へにほんブログ村 料理ブログ 保存食へ

コメント

熊野の天空の城~赤木城跡

2017-11-21 |   ├ 近畿

天空の城という言葉にそこはかとなくロマンを感じてしまう私。
熊野の山奥にもそんなお城が存在するんです。

やはりこちらも日本橋の三重テラスで熊野市の観光案内をしていたお姉さんに是非にとオススメして頂いた赤木城跡です。

 

 

築城の名手・藤堂高虎が一揆を鎮圧するために築いた赤木城。
中世山城の要素と近世城郭の要素の両方を持ち、築城当時の遺構がよく残っていることから、1989年に国の史跡に登録されました。

 

 

駐車場から登って行くと現れはじめる自然石を用いた石垣。
頂上までもそんなにかからずに登る事が出来ました。

 

 

修復もされたんでしょうけど、お見事な石垣。
これだけ残っているのはなかなか圧巻。

 

 

中世と近世の築城法が混じった城跡だそうだ。

 

 

頂上に登ってみて感じたのは、思ったほど高い山の上ではなかってこと。
それでも山の頂上に作られた城は、峰にそって石垣がなされ山の上にぽっかり浮かびあがったかのようにも見えます。
高い山の上じゃなくともなかなか幻想的な天空の城でした。

 

 

秋から冬にかけて峠から霧が滝のように流れ落ちる「風伝おろし」と呼ばれる現象が発生。
朝霧に包まれた幻想的な赤木城跡をみる事が出来るそうだ。
撮影スポットは城跡から少し離れた高台らしい。
いつかそんな写真が撮れたらいいなぁと地図が載っていたので埋め込んでみました。

 

 

詳細

赤木城跡
熊野市紀和町赤木字城山
備考 : 駐車場、トイレ有
アクセス : 紀勢自動車道・熊野大泊ICから車で約40分

 

 

 

お伊勢めぐりと世界遺産熊野を 丸っと堪能♪~関連記事

 

 

ランキングに参加中♪ クリックしていただると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 

コメント (2)

日本の原風景~丸山千枚田

2017-11-20 |   ├ 近畿

丸山千枚田は、紀和町丸山地区の斜面に幾重にも描かれた棚田で、日本の棚田百選にも選ばれています。
1枚あたりの平均面積が約10坪ととても小さな田圃が1340枚の日本でも最大規模の枚数を誇る棚田です。
こちらも三重テラスで熊野市の観光案内をしていたお姉さんに是非にとオススメして頂いたスポット。

 

 

棚田をバックに愛車の赤チビちゃんとパチリ。
小さな車に乗り換えてから小回りも利くし燃費も5割良くなった頼もしい相棒♡
前の車と比べると、写真に写る頻度が激減してるけどね^^;

 

 

丸山千米田
熊野市丸山
http://kumano-furusato.com/senmaida/index.html
TEL : 0597-97-1115(熊野市地域振興課)
備考 : 無料駐車場15台、トイレあり
アクセス : 熊野大泊ICから車で約40分

 

 

 

お伊勢めぐりと世界遺産熊野を 丸っと堪能♪~関連記事

 

 

ランキングに参加中♪ クリックしていただると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 

コメント

道の駅海山から熊野古道 馬越峠登り口へ

2017-11-18 |   ├ 近畿

伊勢から熊野へ向かう途中で立ち寄った道の駅海山。
休憩所とトイレ、売店と併設された食堂があるだけの小さな道の駅です。
売店では特にこれといった珍しいものもなかったので、写真すら写していないという…(-_-;)

 

 

土曜日の午前中だというのにお客さんもまばら。
特産物がないとこんなものなのかな?
ただ2~3組のハイキングの服装をしたカップルを見かけました。
どの人たちも山を下って来た雰囲気。
登山道でもあるのかしらと後から調べて見ると、ここから10分くらい歩いた先に熊野古道馬越峠登り口がある事が分かりました。

 

 

当然、写真を撮っていませんのでグーグルマップのスクショを。
道の駅に車を停めて熊野古道で朝のハイキングをしていたのですね。
なある程、本格的にはチョッとと思っていたけど、かじりだけ味合うにはこの手があったのですね。
いつかは歩いてみたいと思っていたので、この手で熊野古道体験をしてもいいかもと思ったのでした。



 

道の駅海山
三重県北牟婁郡紀北町海山区相賀1439-3
http://michinoeki-miyama.com/
TEL : 0597-32-1661
時間 : 9:00~19:00(10~4月18:00))
アクセス : 紀勢大内山ICよりR42で約40分

 

 

 

お伊勢めぐりと世界遺産熊野を 丸っと堪能♪~関連記事

 

 

ランキングに参加中♪ クリックしていただると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 

コメント

世界遺産 鬼ヶ城とさんま寿司

2017-11-01 |   ├ 近畿

国の名勝であり、天然記念物でもあり、日本百景にも選定されていて世界遺産でもある鬼ヶ城。
とは知らず、何の知識もないまま観光看板に釣られて立ち寄った鬼ヶ城。

 

 

熊野灘の荒波による浸食や地震による隆起によって生じた階段状に並んだ大小無数の海食洞が約1キロ続いています。

完徹で移動の後、外宮、内宮、別宮と早朝のお伊勢参りでへろへろだったのでこの位置からの見学で済ませましたが、千畳敷へ続く遊歩道や山頂のハイキングコースもありました。

 

 

沖に見える小さな島は魔見ヶ島(マブリカ)。
ダイビングや釣りの人気スポットだそうです。

 

 

下を見るとなぁる程、これが荒波による浸食か!

 

 

お土産や軽食が食べられる立派な鬼ヶ城センターもあったんだけど私の目をひいたのはこちら、熊野漁協水産直売所。

 

 

旅行の2日前に三重テラスで、熊野へ行ったら是非食べて下さいとオススメいただいたさんま寿司。
店内の一番目立つ所にどんと並べられていましたヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

 

 

その他にもまぐろ丼や海鮮丼、しらす丼などありましたが、ここは迷わずオススメのさんま姿寿しに決定!

 

 

さんま姿寿し(450円税込)

醤油とワサビはご自由にどうぞ状態でした。
イートインスペースはありませんが、店外にはベンチがありそこで食べる事が出来ます。

 

 

ひかりものが大好物な夫婦。
想像通りの美味しさに舌鼓♪
お昼にはちょっと早い時間だったけど、朝食を食べ損ねてたので余計に美味しかった~♡
みっちりと〆られたシャリは結構なボリュームです。
猫食い夫婦なのでシェアして丁度良い量でした╰(*´︶`*)╯

 

 

店舗情報

熊野漁協水産物直売所
三重県熊野市木本町1835-7(鬼ケ城センター入り口前)
http://www.city.kumano.mie.jp/jizakana/smartphone/kumano_gyokyou.html
TEL : 0597-89-0933/080-2657-9567
時間 : 10:00~15:30
休業 : 無休

 

 

お伊勢めぐりと世界遺産熊野を 丸っと堪能♪~関連記事

 

 

ランキングに参加中♪ クリックしていただると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 

熊野漁協水産物直売所魚介・海鮮料理 / 大泊駅熊野市駅
昼総合点★★★☆☆ 3.2

コメント

東名・新東名・伊勢自動車道~深夜のサービスエリア

2017-10-19 |   ├ 近畿

深夜の東名高速道路。
3車線をトラックが並行走行。

宿泊を伴う旅行は深夜に高速を走る事が多いですが、普段走る明け方とは様子が違ってました。
いつもは中央道が多いわが家。
東名の長距離は数年ぶり。
新東名が出来、サービスエリアが充実されてますが実は東名はが苦手。
理由はトラックが多いのと景色が単調だから。
今回は深夜に走ったので景色に関しては問題なかったのですが、このトラックが厄介。

ご覧のように3車線をふさいでいますが、3台のトラックの前は車が1台もいません。
すっかすかの空いた道が続いています。
追い越そうと追い越し車線を走行していると、この車間でスッと追い越し車線に入りこんでくるんです。
何故にこのタイミング?と不思議なくらい追い越す寸前に車線変更してきます。
そして10数分くらいこのまま3台の並行走行。
伊勢自動車道に入るまでずっとこんな感じでした。
中央道ではない光景だったので東名での日常なのでしょうか?

まぁ慌てる旅でもないし、気ままな夫婦二人旅。
安全運転で1時間半~2時間をめどにサービスエリアで休憩しながら伊勢へ向かいました。

 

 

0:20、足柄SA到着
一面の霧でぼんやり\(◎o◎)/
トイレに行って建物の中を一巡しリフレッシュ♪

 

 

1:30、静岡SAに到着。
数軒のお土産屋さんは開いてます。
そこで息子へのお土産にうなぎパイを買いました♪
とっても心残りだったのが、三ヶ日みかんキャラメルを買い忘れた事!
その後、立ち寄ったSAやお土産屋さんでは売っていなくてショック…(T_T)

 

 

3:00、岡崎SAに到着。
コンビニとお土産屋さん、カフェテリアが1軒が開いてましたが人気がなくてひっそり。
そういえば東名のSA、ほとんど夜ばっかりだわ。

4:40、安濃SAに到着。
ここまで来るとSA、PAあれどっち?ないくらいの規模。
フードコートが1軒開いてるだけ。

 

 

深夜のおやつにオススメ!

深夜のドライブ、しっかり夕食を済ませていても小腹が空いてきます。
でも甘いお菓子やスナック類は食べたくない。
そんな時に食べていたのがこちら、ニコニコのり「のりサンド」。
アーモンドとココナッツの2種類。
パリッパリの味付け海苔とナッツ類が絶妙なコンビネーション。
美味しくって手が止まらなくなるの。
しかもお腹の中で海苔が膨らむのかな?
腹持ちもイイのよ♪
しかも低カロリーで1袋100kcal程度。
ちなみに私はアーモンドが大好き♡

コンテストの賞品の詰め合わせの中に入っていたのですが店頭では見かけた事がない。
でも大丈夫!オンラインショップで購入することが出来ます♪
3000円以上送料無料なので、早速10個まとめてポチりました。
かなり美味しいのでみなさんも是非お試しを~♪

ニコニコのりオンラインショップ
http://www.niconico-nori.co.jp/nicouma/

 

 

お伊勢めぐりと世界遺産熊野を 丸っと堪能♪~関連記事

 

 

ランキングに参加中♪ クリックしていただると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 

コメント

京都・嵯峨野のお寺めぐり

2017-10-04 |   ├ 近畿

お伊勢、熊野めぐりの翌日、日曜日はのんびり京都・嵯峨野を散策しました。
宿泊先である息子宅の東大阪市から高速で一気に移動。
1時間ちょっとで化野念仏寺の真ん前の駐車場に車を停め、嵯峨野のお寺さんを5時間かけてめぐりました。

 

化野念仏寺

土曜サスペンス劇場、殊に山村美沙シリーズではお馴染みの化野念仏寺。
あの情景を一度お目にかかりたかったのよ。
もっと壮大かと思ったら割りと小じまんりしていて、映像で見るあれ以上でも以下でもありませんでした(´ε`*)
それでも無縁仏の石仏はお見事で圧巻でした。

化野念仏寺のブログ記事はこちら
✔惹きつけられるように化野念仏寺へ

 

 

左上:寂庵、右上:六体地蔵
中:二尊院
下:宝筐院

寂庵は瀬戸内寂聴さんが開いているお寺さんです。
私、知識不足で全くその事は知りませんでした。
ランチに入ったお食事処のお庭が寂庵のお庭と隣り合わせで、そこの女将さんが「今日は寂聴さんが寂庵に来ているから是非寄られたらいかがですか。」と流暢な京都弁で教えて下さったの。
折角の機会だったので寂庵にも参拝してきましたが、残念ながら寂聴さんにはお会いできず(-_-;)

二尊院、宝筐院は門前のみ。
京都はお寺さんがいっぱい。
隈なく全部回るのは体力的にも金銭的もきついのよ…。

寂庵のブログ記事はこちら
✔ 瀬戸内寂聴さんのお寺さん寂庵へ

 

 

伝統的建造物群保存地域のせいか町並みはとても風情があります。
通りに面した建物の部分は時代劇にでも出てくる門前町そのものですが、建物の脇から後ろにかけては普通のお家だったりして…。
まるでテレビのセットみたいねとおっさんとふたり観察しまくってました(*≧∀≦*)

それでもランチに入った寿楽庵は、築140年の古民家でした。
懐かしい雰囲気のお座敷の店内から望む裏庭の奥に広がる竹林。
そこは瀬戸内寂聴さんの寂庵だそうだ。
是非にと勧められながらにしん蕎麦をいただく。
初めて食べたにしん蕎麦、いと美味しゅうございましたヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

休憩に立ち寄ったいっぷく処つれづれでは季節外れの氷をいただきました。
心地良い気候ですが、歩き疲れた身体には冷たい氷がとっても美味しく感じました。

寿楽庵のブログ記事はこちら
✔ 嵯峨野の築140年の古民家でいただくにしん蕎麦

つれづれのブログ記事はこちら
✔ 嵯峨野散策は抹茶氷でひとやすみ♪

 

 

清凉寺

今から1000年以上も前、平安時代に創建されたお釈迦様がご本尊のお寺さん。
明版一切経(大蔵経)を納めた輪蔵を回してきました。

清凉寺のブログ記事はこちら
✔ 嵯峨釈迦堂「清凉寺」のご朱印と一切経

 

 

滝口寺

『平家物語』の斎藤時頼(滝口入道)と建礼門院の侍女横笛の悲恋のお寺。
新田義貞の首塚もあります。

滝口寺のブログ記事はこちら
✔平家物語ゆかり悲恋の滝口寺

 

 

祇王寺

祇王寺は竹林と楓に囲まれたつつましやかな草庵で、『平家物語』にも登場し、平清盛の寵愛を受けた白拍子の祇王が清盛の心変わりにより都を追われるように去り、母と妹とともに出家、入寺した悲恋の尼寺。
庭一面の苔が美しすぎる~!!

祇王寺のブログ記事はこちら
✔ 平家物語の悲恋の尼寺 苔の祇王寺

 

 

檀林寺

承和年間(834~848)、嵯峨天皇の皇后・橘嘉智子(檀林皇后)により洛西嵯峨野に創建、開山は唐僧義空。
京都で最初に禅を講じた寺として知られる。
昭和39年(1964年)に皇后の遺徳を偲んで現在地に再興したが、平安期の檀林寺とは直接関係がない。実質的には骨董屋であり、寺としては機能していない。(出典:ウィキペディア)

がぁ~ん!!
本物のお寺さんじゃなかったの?
今知ったわ。

檀林寺のブログ記事はこちら
✔ 嵯峨野の怪しげなお寺「檀林寺門跡」

 

 

檀林寺から車を停めている化野念仏前の駐車場まで歩いている間にあった水神さんと点々をあった祠。

水神さんのブログ記事はこちら
✔ 嵯峨野路で立ち寄った水神さん

 

 

京都の銭湯 天然温泉 天翔の湯

嵯峨野めぐりの〆は温泉♪
天然温泉の銭湯を見つけたので、地元のおばあちゃんたちに交じって入ってきました╰(*´︶`*)╯

天翔の湯のブログ記事はこちら
✔ 京都の町中に源泉掛け流しの銭湯*天翔の湯

 

 

伊勢・京都の旅~関連記事

 

 

ランキングに参加中♪ クリックしていただると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 

コメント

お伊勢めぐりと世界遺産熊野を 丸っと堪能♪

2017-10-01 |   ├ 近畿

昨日はお伊勢めぐりをして日本最古の神社と温泉を堪能してきました。

行きの高速道路・サービスエリアのブログ記事はこちらから
✔ 東名・新東名・伊勢自動車道~深夜のサービスエリア

 

 

お伊勢さん、内宮、外宮、伊勢市内の別宮3社の御朱印をいただきました。
伊勢神宮をまだ薄暗い5時半から外宮、月夜見宮、倭姫宮、 月読宮、内宮の順に参拝しました。

神宮のご朱印めぐりのブログ記事はこちらから
✔ 伊勢神宮の内宮・外宮・別宮~市内5ヶ所のご朱印

 

 

内宮参拝の後は、まだ人通りが少ない参道やおかげ横丁を散策したり赤福本店で温かいほうじ茶と出来立て赤福で一服したり♪

赤福のブログ記事はこちらから
✔ お伊勢参りの後は赤福でほっと一息♪

 

 

猿田彦神社にも参拝。

猿田彦神社のブログ記事はこちらから
✔ パワー絶大!みちひらきの神様~猿彦田神社

 

 

鬼ヶ城を見学して名物さんま寿司を食べました。

道の駅海山のブログ記事はこちらから
✔ 道の駅海山から熊野古道 馬越峠登り口へ

さんま寿司のブログ記事はこちらから
✔ 世界遺産 鬼ヶ城とさんま寿司

 

 

先日三重テラスで教えてもらった日本最古の神社、花の巌神社を参拝。
産田神社の御朱印も一緒にいただいた後は新姫のアイスに舌鼓♪

花の窟神社のブログ記事はこちらから
✔ 日本最古の神社「花窟神社」と産田神社のご朱印

 

 

こちらも三重テラスでオススメしてもらった丸山千枚田と天空の城・赤木城跡へ。

丸山千米田のブログ記事はこちらから
✔ 日本の棚田百選~丸山千枚田

赤木城跡のブログ記事はこちらから
✔ 熊野の天空の城~赤木城跡

 

 

熊野神社本宮にも参拝。
昨日はたくさんの神様にご挨拶が出来て幸せでした♡

熊野神社のブログ記事はこちらから
✔ 熊野本宮大社

 

 

最後は世界遺産の中の温泉、そして日本最古のの温泉と言われいるつぼ湯につかってきました♨︎
つぼ湯は数年前からずっと行きたかった温泉!
念願叶って大満足♪
つぼ湯がある湯の峰温泉には湯筒があって、近くのお店で買った玉子やトウモロコシを茹でて食べました。

つぼ湯のブログ記事はこちらから
✔ 世界遺産登録の日本最古の温泉!湯の峰温泉「つぼ湯」

東光寺(湯ノ胸薬師)のブログ記事はこちらから
✔ 湯胸薬師東光寺のご朱印

 

この後は大阪の息子のお家へ。
久々の親子水入らず。
大大満足なひと時を過ごしました。
今日は嵯峨野めぐり中♪

 

 

お伊勢めぐりと世界遺産熊野を 丸っと堪能♪~関連記事

 

 

ランキングに参加中♪ クリックしていただると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 

コメント (2)

和食 ユネスコ 無形文化遺産登録

2014-01-30 |   ├ 近畿

昨年末、世界各地の伝統文化などを保護するユネスコの無形文化遺産に

日本の「和食」の食文化が新たに登録されました。

 

和食無形文化遺産決定を受け産経新聞社から「特報」が配られました。
産経新聞の「特報」記事(MSN産経ニュース)はこちらからみられます。

 

私が和食に強い関心を持ったきっかけは、

花嫁修業(今では死語?)でお茶を習っていた時にさかのぼります。

社中で大きなお茶会があり、そこで生まれて初めていただいた茶懐石です。

高価できれいな器に上品に盛り付けられた素朴だけど下拵えに手間をかけた料理。

味だけだけはなく美しさやおもてなしの心にも魅了されました。

 

以来、形から入る私は会席膳や松花堂弁当箱、小鉢や浅皿などの器を買い足して来ました。

どれも安物で数も家族分だったり、旅先や窯元で購入した1こ買いのぐい飲みなどですが。

普段はこれらはあまり陽の目を見ませんが、時たまなんちゃって懐石(会席)料理もどきで料理を楽しんでいます。

 

 

 

とは言ってもやっぱり家庭では真似できないのはお店の料理。

今までで特に印象に残っているのが、以前訪れた近江八幡の京料理 宮前

 

こちらは都膳(1,785円)。

私がいただいた2012年は1,575円でした。

とてもリーズナブルな平日のみのランチです。

 

「和食」の特徴である、

多様で新鮮な食材とその持ち味の尊重栄養バランスに優れた健康的な食生活

自然の美しさや季節の移ろいの表現正月などの年中行事との密接な関わり

この膳一つで見事に表現しています。

料理だけではなく、器や盛り付け、窓から見える日本庭園、微かに流れる琴の音など

五感全てが満たされるランチでした。

 

「自然を尊ぶ」という日本人の気質に基づいた「食」に関する「習わし」を、

「和食;日本人の伝統的な食文化」と題して登録された事に、

これからも日本人としての誇りを持ち続けていきたいと思います。

 

 

京料理 宮前
滋賀県近江八幡市本町1-8
0748-33-0150
昼 11:00~15:00 (LO14:30)
時間 夜 17:00~22:00 (LO20:30)
定休日 毎週水曜日 (お問い合わせ下さい)
http://www4.ocn.ne.jp/~miyamae1/

※ お料理の詳細記事はこちらです。

 

 

 

ランキングに参加中♪ クリックしていただると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 

 

 

ブログで口コミプロモーションならレビューブログ レビューブログのモニターに参加しています。

 

 

コメント

伊勢うどん ふくすけ

2012-05-17 |   ├ 近畿

お伊勢参りの前に腹ごしらえ。
伊勢に行ったら是非伊勢うどんを食べたかったんです。
釜揚げうどんに濃い汁を混ぜて食べるうどんと漠然と思っていたんですが、
未知の食にちょっとしたカルチャーショックを受けました。

 

 

おかげ横丁のほぼ中央にある伊勢うどんの「ふくすけ」。
とても混んでおり、店外に置かれた腰掛スペースでも多くの人が伊勢うどんを食べていました。

 

 

初めての食べ物は無難にオーソドックスなチョイスを。
と言うわけでお腹が空いていたけど大盛りでもなく、
海老天がのっかってるのもグッとガマンしてメニューの一番先頭に書いてある<伊勢うどん>を注文しました。

 

 

食べ方よく分からなかったのでお店の方に要領を教えてもらい、ザクっと混ぜて頂きました。

わぁ~初めての食感。
まるでふやけた小麦粉だんごみたい。

帰宅してからWikiを見たら、
1時間弱茹でて柔かくしたうどんにたまり醤油に出汁を加えた汁をかけるものとの事。

好みが別れるところでしょうが初めての伊勢うどん、不思議な食の体験をしました。

 

 

ふくすけ
三重県伊勢市宇治中之切町52 おかげ横町内
TEL 0596-23-8807
営業時間 10:00~18:00(L.O.17:30) 毎月一日は早朝3時から営業あり
定休日 無休
http://www.okageyokocho.co.jp/shop/fukusuke.html

 

 

 

 

 

ランキングに参加中♪ クリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 

ふくすけうどん / 五十鈴川駅
昼総合点★★★☆☆ 3.1

コメント